スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アセンションの真実

さて、浅川氏とペトロ・ホボット氏対談に関する第4弾、アセンションについてです。

私が謎や不思議を調べるきっかけになったのは、浅川氏の著書からです。
まだ、1年経過していません。

浅川氏の著書はこれまで7冊読んでいます。
また、HPもほとんど閲覧しました。

浅川氏の主張している事は、判明していない部分も多いものの、私は概ね真実に近いのではないかと思っています。

しかし、私が1点だけ浅川氏の意見に賛同しかねるのが、アセンションです。

一般的なアセンションについては、賛否両論がありますが、批判的な意見が圧倒的ではないのかと思います。
それは、浅川氏も主張しているように、何の裏付けもない、いいかげんな意見の人たちが、
「2012年に地球はアセンションして、人類は幸せになる」といった軽いノリで本が出版されたり、HPに書かれたりしているからではないでしょうか。

まさに、新興宗教の勧誘と変わらないのではないでしょうか。

ただ、そういった批判をしている浅川氏の意見についても、私は疑問を持っています。
今日は、その点を考察してみたいと思います。


そもそもアセンションとはどういうことでしょうか?

ウィキペディアで調べると、上昇、即位、昇天、となっています。

一般的には、キリストの昇天を指しているようです。

<WIKI:アセンション>
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

アセンションを主張する人たちは、
イエスが神界に次元上昇した再現が、2012年の目覚めた人類にも訪れる、
そして目覚めた人類は5次元の世界に次元上昇する、
と煽っています。

キリスト教をほとんど知らない私は、全くバカバカしくて話にならないといった感じです。
つい最近までは、イエスは実在の人物ではないとさえ思っていました。
(キリスト教徒からはお叱りが来そうです)


浅川氏が考えているアセンションは、一般的に言われている次元上昇でなく、波動の上昇としています。

浅川氏とホボット氏の対談本から転載します。

~転載開始~

浅川 これまで地球は3次元の星として存在し、そこに住む人類も3次元の存在として生きてきました。しかし、地球もかなり長大な歳月を経たので、波動が上がって5次元の波動に変わる時が来た。それがアセンションということではないかと考えています。
 そうなれば、3次元の人間が5次元の地球に住むわけにはいかないので、3次元世界で十分に学んで波動を上げる準備が出来た人とそうでない人は別々の世界でくらすことになる。前者は生まれ変わった地球か別の5次元の星へ、後者は地球に代わる別の3次元の星へ行くことになる。
そして、そのアセンションのときはまもなくやってくる ― そのように私は考えています。


ホボット そのような出来事はこれから3000年以内には起こりません。

浅川 えー! 5次元に移行しないのですか? アセンションは起こらない?

ホボット 私の情報ではアセンションは起こりますが、一気に起こるのではなく、さまざまな段階を経て徐々に起こります。そして、それには3000年くらいかかるということです。

~転載終了~

ホボット氏は浅川氏の主張する近いうち(2012年前後)にアセンションが起こることを否定します。

しかし、浅川氏は、対談本の中でこの段落以降、アセンションの見解について必死になってホボット氏に食い下がっていきます。

浅川氏は、このときの様子を講演会で語ってくれました。
「本では穏やかに書いているが、実際は興奮してどなりちらすような口調でホボット氏に迫った」そうです。

最後には、浅川氏が「5次元とは、3次元、4次元といった幾何学的な次元ではなく、波動のことである」と迫り、
無理やりホボット氏に「アセンションが間もなく起きる可能性がある」と言わせたようなニュアンスで書かれています。

講演会で浅川氏は、
「本には(アセンションについて)あいまいに書かれているが、オフレコでは、ホボット氏もアセンションの可能性を話していた。ホボット氏は、自分がアセンションに言及すると影響が大きいので、本には書かないようにと話していた。」
と裏話をしていました。

また、浅川氏は「近いうちにアセンションが起こり、人類は地球に住めるもの、住めないものに選別されるはずだ。」と話していました。


これらに対する私の意見ですが、浅川氏の考えるようなアセンションは、それが波動の次元上昇だとしても起こり得ないと思います。

それは、人類がアセンションによって選別されているからです。


対談本でのホボット氏の語ったアセンションを紹介すると、

「4次元や5次元への移行は個人個人に起きることです。個人の波動が上がればその世界が上の次元にあがることになります。」
「近いうちに波動的な移動が行われます。」
「ただ、宇宙は人間にタダでは何もしてくれなないということを理解してください。宇宙は人間にいろいろな経験をしてほしいのです。」


ということです。

ホボット氏のアセンションに対する考えを一言でまとめるなら
「人類はアセンションするチャンスがきている」
ということではないでしょうか。


しかし、私はそのチャンスは、2012年どころか3000年たっても実現させることができないと思っています。

それは何故か?

ホボット氏が体験したアセンションが、すべての人類に要求できるような、生易しいものではなかったからです。

浅川氏は、講演会でホボット氏はこれまでの人生で3回アセンションしたと話していました。

その一つのアセンションが、宇宙人の基地、タジキスタンの標高4500メートルの山奥にあるシャンバラに行ったときの様子でした。

シャンバラに入った瞬間、ホボット氏は自分の体が足から少しずつ透明になっていくのが見えたそうです。

そして、次第に体が消えていき、頭のてっぺんまで消えた瞬間、別次元に移行し、自分の体も別次元の目で見る事が可能になったそうです。


これが、ホボット氏が体験したアセンションです。

私は、このようなアセンションを、すべての人類が体験できると思えません。
3000年たってもあり得ないでしょう。

人類の歴史は500万年。
高度な文明を持ってからも少なくとも数万年経過しています。
その間、ホボット氏の体験したようなアセンションは起こっていないはずです。
そう簡単に起こるはずがありません。

ただし、昔のアトランティスやムー時代のように、言葉はなくテレパシーを使っていた時代には、3.5次元など波動の高い次元が把握できたとも言われています。

従って、3000年後に、そのような真のスピリチュアル能力に目覚める人が、今よりも増える可能性は十分あると思います。

しかし、全人類がアセンションすることはあり得ないでしょう。

この点は、是非、不可知さんにご意見をお聞きしたいと思います。


私は、3次元である地球こそ、創造主が作った唯一の理想郷の実験台だと思っています。
ホボット氏も3次元で生命体がいる世界は地球しかない、と話ています。

わざわざ作った3次元をアセンションさせてなくす必要はないはずです。

しかし、これまで人類は、期待を裏切り、創造主が思い描いた理想郷の世界を自らのエゴにより破壊してきました。
その結果が、創造主の怒りにふれ、その都度カタストロフィーによる文明崩壊が3、4回繰り返されてきた事ではないかと考えています。

従って、私は、真のアセンションとは、今後、創造主の怒りによって起こされるかもしれないカタストロフィーにより、犠牲となる人類の魂が、その後、地球ではなく別次元で暮らしていく事ではないかと思います。


現状の危機的な地球を放っておくと、現在考えられている呑気なアセンションとは異なり、恐ろしいアセンションが待っているような気がしています。

このようなアセンションを起こさない事が、創造主から人類に求められているのではないでしょうか。


ちなみに、浅川氏によると、ホボット氏もそのような危機的な可能性があることをほのめかしたそうです。

これがアセンションの真実ではないでしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル :

コメント

非公開コメント

みろくの世

大変興味深い記事でした。
キリスト教徒にとってアセンションは馴染み深いのでしょうね。
ここ数年のスピブームで2012年のアセンションが語られていますが、今回のホボット氏の考えにはある程度共感できます。
問題は魂の選別があるか、ということでしょうか。

様々な宇宙人情報ではこれを肯定する説が既にいくつか出ていますね。最近では浅川氏が対談したカヴァーロ某氏。脱落魂は消滅すると説きます。
他にも、選別(判定)は既に完了しているとする本も読んだことありますし、「波動の法則」では進化しない魂は今回、分解されてしまうと説いています。

地球では宇宙的な周期が重層していてエネルギーが高まり、地球の”波動”が上昇しているという説があります。霊能ブログでは昨年9月と今年6月に地球の波動が上昇し、今後2年間でもう5回上昇すると主張しています。転生の区切りが来ているため、過去数千年間の輪廻転生の総決算が迫っているとも。
霊能者サイドの本には「弥勒の世」の到来が語られています。人が精神的に進歩して半霊半肉状態になるという話は、ホボット氏の3次元と4次元に跨っている人間が出てくる、という話と重なります。全人類が3000年後にはそういう状態になる、としても、今後も地球に転生を続けられる魂は限られてくるのでは、とも思うのです。今いる67億人すべてが同時期に同じ進化過程を辿るとは思えません。

「真のアセンションとは、今後、創造主の怒りによって起こされるかもしれないカタストロフィーにより、犠牲となる人類の魂が、その後、地球ではなく別次元で暮らしていく事」とありますが、それもありかなと。

光の12日間

10年以上前にゲリー某氏の本を読んだ時は単純にあり得ないと思いました。しかし、地球の波動上昇現象、太陽のエネルギー上昇現象にリンクしてなにか人体に(神経系統に)異変(進化?)が起こるのではないかと密かに注目しています。同氏によると2011年11月~12月。その時が来れば真偽判定可能となります。

 今回「遠い記憶」far-memoryさんにアトランティスの前世を指定してリーディングをお願いしたのも、無関係ではありませんでした。うすうす気づいていたにせよ、文明の終焉を過去に体験していた、という事実と直面するのはかなり深刻です。この1万年間、転生を重ねて魂レベルで進化したかどうかが問われているように思えるからです。そして、今生また相似的体験をするのか越えられるのかどうか、、。

 未来予測に関して、私はやはりブライアン某の「未来生療法」で語られている集合意識的観点からの未来が妥当と思えます。人類は苦難を乗り越え進歩する。

追伸:私の次男もリーディングしてもらいましたら、古代ローマ、シーザーと同時代の高官とか。そしてアトランティスで科学者、私と知り合いだった可能性も。(今は普通の新米ビジネスマンですが)。魂の転生経路として、アトランティス~古代エジプト~古代ローマ~近代現代米国 という流れがあるように思いました。
 

Re: 光の12日間

不可知さん

いろいろと貴重なご意見ありがとうございます。

このアセンションを解明するには、まず、宇宙の原理、次元の原理を解明する必要がありますね。
そうでないと良く理解できません。

霊能ブログを初め、スピリチュアルの権威と言われる方が、アセンション、または次元・波動の上昇等、いろいろな事を話したり、書いたりしていますが、私が納得できないのは、この宇宙の原理、次元の原理を説明していないからです。
ベースが分からないのに波動だの次元上昇だの分かるはずがありませんからね。

その点、ホボット氏は、不十分ながらもそのベースをついてきています。
それが、私が感銘している理由です。

ゲーリー某の最近の著書を読み、光の12日間も読みましたが、やはり良く分からなかったです。
そもそも、彼は予言をはずしすぎています。(笑)

「未来生療法」は読みました。
確かに妥当な未来と思いますが、その前にふるい落としが来るのでしょうね。
今年後半あたりから始まるかもしれません。

一つお願いがあるのですが、秋山氏の著書で不可知さんが推薦されるのもを2、3冊教えていただけませんか。
読んでみようと思います。

calseed



No title

足から消えていくのは、
高山病で頭が朦朧としたから
とも、考えられますね。

地球は流刑地で在ると言ってた
大昔の人達の話は最近どうなったの
でしょうか。

余所様の土地に行っては侵略の為
武力闘争を仕掛ける白人、赤人。

黄人とはいえ、人を騙すのが
当たり前の大陸の黄アジア人。

日本人との違いは何なんでしょうね?

参考図書

「秋山真人の優しい宇宙人」・・実体としての宇宙人とコンタクトして
               学んだ内容を詳述。なんとかチャネリング                              本とは一線を画します。        

「スピリチュアル前世リーディング」・・・輪廻転生の意味、それを探求することの意味。現代文明のカルマと未来像を解説。他の霊能者・サイキックが言っていない驚愕の情報をさりげなく書いています。

内容の真偽は直感で判断して頂きたいと思います。

Re: No title

おいちゃんさん

> 足から消えていくのは、
> 高山病で頭が朦朧としたから
> とも、考えられますね。

おもしろい考え方ですね。

> 余所様の土地に行っては侵略の為
> 武力闘争を仕掛ける白人、赤人。
>
> 黄人とはいえ、人を騙すのが
> 当たり前の大陸の黄アジア人。
>
> 日本人との違いは何なんでしょうね?

これは、オリジナルかどうかにつきると思っています。
日本人はオリジナルの血が残っている。

赤人はほとんどない。
黄アジア人はオリジナルが薄い。

白人はもう一方のオリジナル系ですが、倭人系とは全く正反対の野蛮で凶暴な性格?
いかがでしょうか?

創造主は地球に2種類の異なる人種を与えて、遊んでいるのだと思います。

calseed

Re: 参考図書

ありがとうございます。
読んでみます。

calseed

Re: No title

dorozyさん

コメントありがとうございます。
アセンションの分析力素晴らしいですね。
周波数の話は理解できます。

しかしながら、冷静に考えてみると、人類全員が高い周波数を見えるようになることは当面(数千年?)ないと考えています。
それは、これまで人類が誕生して以来、していないからです。
イエスもアセンションしていないようです。

ただし、超能力者と言われているような人たち、異なる周波数が見える人たちが、今より増えていくことは確かだと思います。

まずは、人類が資本主義という名の洗脳から目覚めることが必要だと思います。
アセンションの第一歩はそこからではないでしょうか?

calseed




単純に一種の分岐点

まず、あまりに物理的にビックバンおも遡る時間軸が大きくて誤差は解りませんがコルマンインデックスはあながち全て否定はできないと考えます。第1サイクル…「細胞の形成」 164億年~8億4000万年前
解りやすく説明するなら、根源神→宇宙監督神の意志として
霊体を例えば極端な長い時間軸で変化の少ない物質石砂利と同化して半物質しようと考えます。この実験に要した時間が宇宙時間軸で上記第一サイクル。
この場合手足を持った石砂利=人間と表現します。。 
やがて一瞬の期間で肉体⇔霊界を繰り返す魂の存在として人間があるとすれば、
次元上昇は単なるくくりなおしとして一旦元に戻してみよう、つまり
「魂だけにもどしてみるか」って高波動の霊的意志と考えます。
地球波動と人間の霊的波動の調和に失敗し、12000年毎に
地球上で一掃する作業も地球地質学的にもたしょう年度のズレが
あってもあながち不正確とは言えません。伝承観点ではユダヤ教も含めてキリスト系は直近6000年までしかうまくつたえきれてないですからね。
ごめんなさい。ごたごた長くなりました。

確実な事:地球ハーモニクス(波動の上昇)は急速に始っています。太陽光の2012年の強烈照射も確実でしょう。で、地球上に
生息していくわけですから、人間も徐々に順応していかなければ
生き延び辛いですよね。霊的にどうだというより、徐々に3.5次元などと表される人間個々の波動が上がっていけば、より細かいものが
大きなものより認識できる範囲が広がるので、霊・神・宇宙について知覚できるようになる。エネルギーの側面からは、神智学で
良く語られているとおりです。

3000年(キリスト教系1/2スパン単位)の根拠が、勉強不足で良く
解りませんが、3000年後に一気に何か特別なことが来るということでは無く、2012年を起点として一部の人に半物質へのが帰還が始まると考えてみてはどうでしょうか。
人の一生なんて語りにくいほど短すぎて宇宙時間軸で一瞬です。
また悲しいのは今まで認識できなかった分野がハイパーな人類として知覚できるようになったとしても霊格の上昇とはかならずしも
一致しませんよね。ですから、人間的修行(感謝を基準とした神の存在認識)は未来永劫続けるとして、どの宗教・宗派民族であるか等人類の考えなど全く意図としない、地球環境と霊魂としての人との共存のマッチングを図る最初の臨界点の始まりが2012で。それがその後どれだけ続いていくのか解りません数千年?10万年?
キリスト教系は啓蒙の一種として告知しているんでしょうね。
もちろんスピ世界全体では、日本国土=神道の結界にいる我々でも神道系からも同様な観点は出ていますね。神道の場合は、少なくとも白山王朝を基礎とした15000年位のもう少し古い基準で全体を語っている所もあるのでより個人的には腑に落ちますが。

確実な事は物理的にある日突然、全ての人間が同時期に次元上昇していくことは無い。もちろん霊的にも説明がつきません。





追伸:アセンション

あと、もし何か起こって「幸せになる」と捉えるから底が浅い話になってしまうのではないでしょうか。
波動周波数が上がる=良心VS悪心は個人の行いも含めて全く関係なく
単純に根源神に向かう神に近づくってことですよね。
で、神は人的表現で「愛」の塊ですから、より愛を具現化することに
傾倒していける。ただそれだけですね。それが喜ばしいと感じる
納得です。

もう一方は、ひと括りにネガティブに「悪」と表現されることが多いですが、解り辛いですね「陰」てことですね。影がなければ光は見えない、つまり他の存在を認識して肯定しないと、愛の認識は希薄になるということです。両方含めて神の摂理。だから良い悪いなんてないんですよ。目の前にで起こることへの個人レベルでの認識の差異

根源神が古代宇宙ができる前自分の分霊で全てが「愛」で変化なく退屈だったとする考えに最も賛同します。

で、仕方なく自我を作り競争する中で優劣の想念ができて、正:負に磁気が分かれた。
それをどっちに寄って良い悪いと不毛の意見を交わしているのが人間ではないでしょうか。
確かに魂を抹殺する戦争、修行の場を狭める環境破壊良くないと思います。
でも人の死生なんてもう少し大きな霊的存在からすれば1瞬でどうにでも握れるので、
そもそもが小さな話です。 繰り返しになりますが、「悪いと感じることがが無いと
我々の認識は低く、愛は見えない造りなっていると思えるのです。

我々はポジティブ側(愛)内在神が仕込まれて生まれてきているので、
好き嫌いで判断すると「破壊は嫌い」と考えがちなだけです。
例えば、戦争けしからんといって厚く井戸端しているうちに、マイナス想念磁気が
たまりすぎて、地球が耐えられなくなり、良く古代うわさされている天変地異で
大陸が沈んでみんな一旦死滅してやり直しになったら、呆気なくて笑えますよね。

物理的にも存在していくとは、「破壊⇔再生」のサイクル循環は必ず必要です。

そんな中でアセンションとはむしろ現状打破「破壊」側でしょう。
もし、本当に2012年12月に霊的奇異が少しでも起こったら
物理学者と科学者は理論が根こそぎ崩壊して、腰抜かすでしょうね。

Re: 単純に一種の分岐点

Yoshihitoさん

コメントありがとうございます。
深い洞察興味深いですね。

私は、2012年に向けて太陽活動の活発化、宇宙エネルギーの増大していくという理論は理解できます。
しかし、波動については可能性は感じるものの、未だ理解できません。誰も証明していないからです。
ましてや人類の波動が上昇していく理由が分かりません。
私は、創造主がわざわざ3次元の理想郷を造ったと考えているので、アセンションは必要ないと思っています。

あるとしたら魂のアセンションでしょう。
そのきっかけが2012年ではないかと思っています。

calseed

諦めない理想郷存続、同感です。

calseed さんへ
全く同感です

地球上に生きる者にとって物理的な
アセンションなんて全く必要なく
宇宙意識が司る3次元での
理想郷実現の実験場としての地球の存在価値の存続。
----------------------------------------------------

私は地球上に存在する生き物が仕方なく、地球波動との
同調に関して、少しだけ地球の意思側に沿った流れを
上層(神)エネルギーが決めた。
その格差の収容だと思います。

物理的に地球内部からも地球のすぐ外側の電離層も
含め、太陽の電磁波によって振動数が上がり、高温化して
いることは異論ないと思います。
(個人的にはそんな中にあって二酸化炭素の蓄積なんて
とても小さな出来事で、排出権をめぐる経済活動に過ぎない
とすら思っております。)

地球にも寿命がありますから、
楽園構築失敗→大陸沈下→文明再構築→楽園構築失敗の
ループの流れで近年来てはみたものの、
このスキームでは際限無いなーと考え

かといって、古代の様に全球凍結や全球火山活動
からやり直ししたとして、自己の寿命に対して時間が
かかり過ぎるし、意図した通り進むとは限らない。

波動振動数(低)物質 低くなっていく順に 気体→液体→個体
波動振動数(高)霊体 高くなっていく順に 霊魂→神族→根源神

それぞれのひと塊は単なる巨大磁気 違いは振動数のみ。

なので、人間は物質(肉体)と霊魂のハイブリッドですから
成人して社会活動しながら生きていることがその
物質:霊魂の均衡のとれた5:5の中間に位置していると仮定すると

振動数が上がっていくことは、
肉体<霊魂の方向に進んでしまうということです。

地球上に生きる以上、地球に合わせたハーモニクスでないと
生命維持活動が難しいのではないかと考えております。

で、結果的に希望はしていないものの、本人の意志に反して
半透明人間になっていく。

振動数が上がっていく過程でいままで感知できなかったいわゆる
神族・根源神側の意識がおぼろげながらも見えてくる。
この方向っていいんじゃない、って振動数の高いエネルギー体
(神霊)が判断したのではないでしょうか。

なので中途半端な3.5次元とか称されるなんとも中途半端な存在に
ひとまずなる。逆にいえば、キリスト教系が主張する一気の
上昇局面が無いと予測することで、地球心霊はまだ、
3次元に近い位置での理想郷実現を諦めてないともいえるでしょう。

また、
肉体=時間軸の中での作業 霊魂=時間軸無しでの作業

ですので、霊魂に近づくとは時間的感覚が希薄になっていくことでも
あります。

今、スピの世界で、大体24時間と感じていたものが、2010年現在
18-19時間位になっていると語っている所が主流ですよね。

そんな中で、生き延びて気が狂わないで生活できている我々は
立派に波長振動数上昇に順応しているともいえます。

逆に肉体的にも精神的にも同調できず、世の中「不定愁訴」の
人でこれから数年以内に世界中あふれてきたら、
進化でなくやり直しのベクトルですすんでいるのですから、
『いよいよ本当に来るな』と感じてこの流れを心底信じても
よろしいのではないでしょうか。

みんながこぞって「進化」と表現するから解りづらいんですよ、
地球での生物存続を諦めない「微調整」って考えでいってみましょう。

その為の準備は?皆さんにお任せします。

諦めない理想郷存続、同感です。








No title

はじめまして

アセンションについて、錯覚されているとしか思えません。
地球アセンション(宇宙としてのアセンション)と自己マインド宇宙のアセンションがあります。

宇宙の構成は
ⅩUMU 負次元宇宙 見えない未知(ファジー)の
UMU 正次元宇宙 根本宇宙
OUMU 反次元宇宙 オーム宇宙
JUMU 亜次元宇宙 マインド宇宙

四元素宇宙というべきものです。

UMU 正次元宇宙の宇宙第二周期の第八OUMU オーム宇宙周期(天の川銀河宇宙)のJUMU マインド宇宙(太陽系)にいます。

太陽、月、地球がセットです。地球はハートチャクラの位置にあって、アセンションの要です。

何を基準に認識するかは、自己マインドレベルのアカシーに委ねられます。
地球周期レベルでは2010年9月23日から 4.5次元領域、自己マインドレベルでは、2010年10月10日から 3.5次元領域に入ります。アセンション第五ステージに入ります。

アセンションは宇宙の摂理です。
生物である以上、二芒種族種(ニ元性を持った意識生命体)の宿命です。

すでに、弥勒の世の骨子は出来上がっていて、ワンダーラという使命をもった人達が先行してアセンションし、最終調整している段階です。

今回のアセンションの総責任者は、白山菊理媛です。
今現在チャンネリングできない人はいないのですが、自覚がないだけです。ヒーラーアチュウメントにより、誰でも直接繋がることが出来ます。
直接お尋ねになってください。

宜しくお願いします。

Re: No title

かじかさん

コメントありがとうございます。
批判的でもまじめなコメントは歓迎です。

コメント内容については、私の知識不足で即座に答えられません。
どなたかご意見していただければ幸いです。

白山菊理媛は存じ上げませんが、調べてみようと思います。

私が否定的なアセンションの考え方は、
2012年にアセンションがおこり、アセンションに対応できる人は新たな世界、進化した地球に残る。
対応できない人は別の星に行くことになるという事です。

2012年まで待てば分かることですね。

今後ともよろしくお願いします。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策