スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイライン

レイライン

最近、不可知さんから教えてもらった言葉です。

意味は、WIKIで調べると、
古代の遺跡には直線的に並ぶよう建造されたものがあるという仮説のなかで、その遺跡群が描く直線をさす。レイラインが提唱されているケースには古代イギリスの巨石遺跡群などがある。
となっています。

日本の場合は神社の位置に関連性があるようです。
詳しいレイラインについては、まだ調べていないのですが、最近、古代神社の成り立ちに興味を持っていますので、ネットサーフィンしていたときに、気になるものを見つけました。

中央構造線パワースポットの関連性です。

中央構造線は、地理で習った日本を南北に分断する断層ラインです。
この中央構造線付近にはパワースポットが並んでいるというものです。

パワースポットと言えば、ゼロ磁場で有名な分杭峠
私は行ったことはありませんが、物凄い気が漂っているらしいです。
詳細は次のサイトをご覧ください。

<分杭峠情報サイト>http://bungui.fineup.net/

ゼロ磁場というのは、磁気が無いのではなく、強力な磁気のプラスとマイナスがバランスして「ゼロ」になっている所らしく、物凄い気を感じるところのようです。

この分杭峠がある場所が、中央構造線上とのことです。

中央構造線は、断層が日本を南北に真っ二つにしているわけですから、おそらく大陸プレートの関係で、断層下から地球内部の磁気が放出されていると推測されます。

その磁気がバランスしているところがゼロ磁場の分杭峠なのではないでしょうか?


そして、最初のレイラインというべきこの中央構造線上には有名な神社が位置しています。

中央構造線

図の赤線が中央構造線
青線はフォッサマグナです。

中央構造線上の長野県あたりの緑の点が分杭峠です。

そして黒い点は、東側から順に有名神社をポイントしました。

鹿島神宮
香取神宮
諏訪大社
豊川稲荷(神社ではなく寺院とのこと)
伊勢神宮
幣立神宮


これ以外にも幾つかの神社がライン上にあるようです。
諏訪大社に至っては、中央構造線とフォサマグナの交点に位置しています。

これは偶然なのでしょうか?

否、偶然ではないはずです。

神社を建てた昔の人々はゼロ磁場の事を知っていたはずです。

これらの神社の歴史は相当古く、比較的新しい伊勢神宮で2000年前。
鹿島神宮は約2700年前。
幣立神社は建造年代はよく分かっていないようですが、3000年以上前のはずです。

要は、古代日本の倭人の流れを汲む人々は、そういった特殊な場所を知ることができる技術を持っていたようです。
ゼロ磁場の場所は、神聖な場所として神社に選ばれたのでしょう。

逆に歴史の新しい神社(1000年前以内)は、このような特殊な位置にはないのでしょうね。

また、中央構造線上の神社だけでなく、有名な神社には大抵、巨大な御神木が存在します。
これらの御神木は偶然に巨大になった訳ではないようです。

やはり磁場が影響しているようです。

さらに、磁気を増幅させるために、御神木の下には水晶が埋められているようです。

磁気は人間にも植物にもいい影響を与えるようです。


影響されやすい私は、近いうちに幣立神宮と高千穂神社を見学してみようと思っています。
高天原の舞台とされる両神社は、日本で最古級の神社のようです。
また、パワースッポットとしても有名なようです。
どのようなパワーがあるのか、期待しております。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル :

コメント

非公開コメント

ゼロポイントなる場所はもしかすると、我々が神様と認識される、エネルギー体が辛うじて出現できる足場かも知れませんね?
ただ我々がアカデミックに検証できるようになっただけで、…
なんちゃって。

羽根ライン

東経137度11分に整列するハネの名称は、地磁気と無関係?縄文時代の倭人テクノロジーに由来するのかも。本日記事の地図で、諏訪神社と伊勢神宮のあいだの点は何神社でしょう?フォッサマグナ沿いに住む知人が、盛んにUFO写真撮ってました。雲に包まれた大母船が地上に接近したり。
昨年は伊勢神宮,戸隠神社参拝。今年は白山、榛名、諏訪方面参拝したいですね。九州四国方面探査期待してます。

Re: タイトルなし

先物太郎さん

まずは体験してみます。
これまでも知らず知らずに体験している可能性がありますが。
神社に入ると神聖な気分になるのはその影響でしょうね。

calseed

Re: 羽根ライン

> 東経137度11分に整列するハネの名称は、地磁気と無関係?縄文時代の倭人テクノロジーに由来するのかも。

なるほど、確かに古代UFOなるものは、磁場と関係あるシステムかもしれませんね。
それが羽根ラインですか。
羽根ライン以外でも「羽」のつく地名は古代の飛行場だったと竹内文書に書かれていました。
例えば羽田。

>本日記事の地図で、諏訪神社と伊勢神宮のあいだの点は何神社でしょう?

漏れていました。豊川稲荷ですが、神社ではなく寺院だそうです。

>フォッサマグナ沿いに住む知人が、盛んにUFO写真撮ってました。雲に包まれた大母船が地上に接近したり。

UFOも磁場と関係しているのでしょうね。
話しは変りますが、昨日、中国でUFO騒動があったらしですが。

> 昨年は伊勢神宮,戸隠神社参拝。今年は白山、榛名、諏訪方面参拝したいですね。九州四国方面探査期待してます。

まずは九州から巡り、今後は伊勢、熊野にも行ってみたいですね。

calseed

Re:羽根ライン(追申)

不可知さん

昨日の東京kittyアンテナさんのUFO記事は興味深いです。
レイラインという単語まで出て、シンクロしています。
私はロズウェル事件は金星人と思っています。
http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/

calseed

他ブログの記事

ご紹介有り難う御座います。中国の最新情報以外は既知でした。
 昨晩はアークチュルス方向に呼びかけを行いましたら、不思議な光点が2回出現しました。UFOコンタクトにもテクニックがあるようです。知人でテレパシーを受けている人がいますが、精神性とリンクしているため、コンタクトを望んでも人それぞれの段階があるようです。チャネリング情報はほとんどがダメ。大抵は事実と決定的な間違い情報が混在していてかえって混乱の元になってます。

初めまして。

こんにちは。初めてコメントいたします。宜しくお願い致します。
私は幣立神宮には月参りできるくらいの距離に住んでおります。
地元に住んでいながらこの神社を知ったのは去年のことでした。
それもヒョンなことから・・・
ゼロ磁場だったとは知りませんでした。
この神社はいろいろな言い伝えがあるようですが
何度挑戦しても場所が分からずいけない人や
呼ばれるように参拝する人もいらっしゃるようです。
相性でもあるのでしょうか、不思議な神社です。
とても素晴らしい巨木やおいしいお水も頂けます。
是非行かれたときには楽しんでいらして下さい。
それでは、いきなり
長文すみませんでした。

補足

ユダヤ人のゲノム(DNA)解読した論文がnature誌最新号に出たようです。まだ読んでませんが。

Re: 他ブログの記事

さすがに事情通ですね。
以前、アトランティス時代にはドーナツ状の航空システムがあったという話しがありましたが、これは磁気を利用したUFO型の飛行システムかも知れませんね。
地球上(3次元)での動力源が磁気。その名残りが羽根ラインだったりして。

ユダヤDNAの件は、先日、どこぞの学者が発表したものですね。

calseed

Re: 初めまして。

夢みるナンバー1さん

コメントありがとうございます。
私も幣立神宮を知ったのは1ヵ月程前です。読み方さえ知りませんでした。
ゼロ磁場という言い方が適当かどうかは分かりませんが、たいへんな気を感じるそうですね。

この幣立神宮は皇室もひっそりと参拝しているようですが、とてつもない秘密が隠されているようです。
今度訪問記事を書きますが、現在の神道を覆すような内容ですので、すべては書けませんが、書ける範囲で謎ときしようと思っています。

calseed


No title

二本の青い線の上のほうにたぶん

諏訪大社 と
弥彦神社 が黒い点とできますね。

ちなみに私は彌彦神社の麓に住んでいます。

Re: No title

かづ23さん

コメントありがとうございます。
弥彦神社もパワースポットとして有名なようですね。
古い神社は磁場の強い場所に建てられているのは間違いないようです。

本日は阿蘇の南の幣立神宮に行ってきました。
驚愕のパワースポットでした。
今度レポートします。

calseed

すんません

さっき、幣立宮のところでナンバー1さんのお名前出してきますた。
とっくにこちらにいらしてたです。すんません。とんちんかんなことしてまった。

ところで、レイライン。イギリスのも記事にしてちょんまげ。
LEY とか、LAY とか、とにかく最後に…レイと読める地名を繋ぐと面白いそうです。
ちなみに、今から10年ほどまえ、イギリスの子分のオーストラリアでもレイにまつわる面白いことがあるかと、みんなで…レイとなる地名をめっけて、線で繋いでみますた。
したら、なんと、山火事が起きる場所がずらりと並んでますた。
で、それらの点とシドニーのハイドパークのオベリスクを結んで延長すると、豪、米軍の基地と、UFO目撃情報が多発する山に繋がるので、びっくらしたことがありますた。
日本のそれも、何かに繋がってるんでないかと思いますた。
面白い発見あったらおせーてください。おちん。

鋭い!

大変鋭い考察だと感じました。

古代日本列島が石川県白山系地質学上「(飛騨帯)という」
を中心に4億年ぐらい前に徐々に今の形を整えた始めていたころ
中央構造線は日本列島を形造るエネルギーの背骨中央神経(脊髄)であったように
思います。
私も丁度先週、情報に詳しい長野県の中央構造線博物館の
ネット記事を調べていました。

詳しくグーグルで拡大していくと「幣立神宮」の3km位北西を通っている。
こちらは活断層上ですから、20cm/年のズレ×1.5万年=3kmで説明がつきます。
一方、全長1000kmの内、西日本では、伊勢湾~紀伊半島東の180kmのみ不活動
この近辺では、その地層の露出の一部といわれているパワースポット
二見の夫婦岩(大)も推定線から200m程南だし、三ツ石は誤差わずか10mぐらいでしょうか。
長さ1000km観測ではその程度の横幅は超誤差範囲内。真上といってもいいでしょう。

神宮に於いては構造線が通っているのは正確には外宮ですが、境内強大パワースポットといわれる
三ツ石そのものが、中央構造線の岩盤系露出の一部で、日本列島に息づく、シェンロン神経(脊髄)
エネルギーの露出点で【地下深く根付く巨大アンテナ】の先端ではなかろうかと私は妄想を膨らましております。
イメージ的には、地中に埋まっているタケノコの皮の先端を拡大して顕微鏡で見た産毛の1本の様な。
そんな記事、ネットにはどこにも無いんですけどね。

鹿島神宮、香取神宮、伊勢神宮しか無かった三大神宮全部がその延長線上であることは意図的でしょうね。
一方神社本庁のくくりで、幣立神宮が幣立神社的扱いなのが過去軋轢の匂いがしますね。
遥か昔にさかのぼると我々が目にする伝承される国造り物語は僅か2000年余りですが、
文明人が鳥居を結界として「社」を建てる前、霊的に敏感な古代人が、信仰の対象としていた物理的に
「磐座(いわくら)」と呼びますね。一般には「神が宿る大きな岩」と考えられています。

こうなってしまうと、太古の状況等、霊能者でない我々にはことの真偽は解らないのですが
霊能者の語っている2万年前程度まで遡れる伝承地としては、白山奥宮、玉置神社、白山中居神社、伊雑宮
等が有りますが、大っぴらに世間で1.5億年前と伝承される平地での神社は幣立神宮しか聞いたことがありません。

前記神社の主祭神は基本「天照大神とご両親イザナギ・イザナミ」+一部その直系のご先祖、国常立太御神
同じ磁気エネルギー系を祭る。でも幣立神宮に至っては、更に宇宙根源神まで遡る。怪しすぎ!。

またゼロ磁気エネルギー地区ですが、まったくおどろおどろしいことは何もなく
これは中央構造線の様に国常立太御神(日本列島)のエネルギーと称される
強力磁場エネルギーとは逆に磁気干渉を受けない無重力の科学実験と同様に考えると解りやすいと思います。
我々は磁気の塊であることは全てが電気エネルギーで動いていることから想像が難しくないと思いますが
普段でも地球の引力地磁気に干渉を受けてますよね。で、病気ってつまりはそんな磁気エネルギーの
滞留で起こるわけですが、外部の干渉を一切遮断すると本来脳がコントロールしたい100%のエネルギー
伝達が可能になるわけですよね。無重力で植物育ててみようだの結晶だのと同じ。

つまり外的磁気の干渉を一旦排除→強力にオリジナル磁気を発動できる地という捉え方。
ざっくり一言で言うと「本来の力を一旦取り戻し最大限発揮できるスポット」

人間れレベルで言うと、力強い肉体・精神力の持ち主には何も作用しない<普段からコントロールできている。
そうでない何かしら病気系の人←リセット効果大。
個人的には「良い気」と謳っているのは観光誘致目的の軽言。
霊的には良き磁気求めてくる他人が落とす病的磁気に被爆。

と思いますので健康な人が「分杭峠」に行くのはお薦めしません。
禊が常時行われていない雑誌が特集しているパワースポットも同様。

重病の人はは肉体がもつ恒常性が強ければ劇的に治るかもしれませんので試す価値はありそうです。

○神の磁気的エネルギーはこの地にあれば常にオリジナル磁気を外部干渉受けることなく常時100%発露。
奥が深い!

Re: 鋭い!

Yoshihitoさん

ありがとうございます。
Yoshihitoさんは、不思議分野に大変造詣が深い方ですね。
私なんぞはこの分野に興味を持って1年足らず。日々勉強しながらブログを書いている俄か知識ですが、Yoshihitoさんのコメントを見ると相当な知識がないと書けない内容ですね。
不可知さんに通ずるものがあります。
是非、不可知さんと議論していただき、私の探求している謎解きに貢献していただきたく存じます。

私のスタンスは、木内さんのオフレコ情報を基本ベースにしています。
そこから、その他情報を繋ぎ合せ、真実に近づいていきたいと思っています。

もちろん、勘違い等あるでしょう。
そのあたりをご指摘していただければと思います。

calseed

脱帽

私はお払い箱ですね(笑)。しばらくはYoshihitoさんの独壇場で、知っとうや?が一層盛り上がることを期待します。

Re: 脱帽

やはり世の中にはいるんですね。
不可知さんに対抗できる人はいないと思っていました。(笑)
ここ2、3日、アクセス数が連日最高を更新しています。
読者が多くなると下手な記事書けないですね。
どうしましょう?
プレッシャーですよ。

calseed

大丈夫

心配ないですよ、calseedさん、今まで通りのペースで。記事に触発されて素晴らしい意見表明コメントを読ませて頂けるのは無上の喜びです。正しい正しく無いは別として、多角的観点を学べますから。人の知らない情報を遠慮なく開示して頂くように導き、このブログを目にする人々が少しでも何かに気付くきっかけになる場を提供されている事に敬意を表しますよ。

で、全然話しが変わりますが、最近旧友のある会社社長からM&Aを受けてると相談されました。私の年商(5000万!?)の200倍ある会社なので中々エキサイティングな話しですが、しかし、ビジネスの世界も熾烈ですね。ぬるま湯に浸かっている身には良い刺激でした。

Re: 大丈夫

そうですね。
今まで通りのペースでしかブログ書けません。
私は狭く深く追求するのではなく、広く浅く、いろんな謎が解ければいいので。
専門性は不可知さんやYoshihitoさんなどコメンテーターにまかせます。(笑)

不可知さんも零細と言え、立派ですね。ぬるま湯なんかではないですよ。経営者ですから。
実は、私は1年間だけベンチャー企業の社長をやったことがあるのですが、見事に失敗しました。(笑)
経営者は尊敬できます。

M&Aについても過去も関わりましたし、現在も少し関係する仕事をしています。
ビジネスの世界も大変ですが、こんなブログを書いていると最近は気楽に仕事できるようになりました。
世界恐慌が来るなら早く来い!なんて。

会社の周りの人は、私がこんなブログ書いている事を知ったらびっくりするでしょう。
完全に矛盾していますからね。(笑)

次は秋山氏関連の記事を書きます。
明後日くらいまで待ってください。

calseed

女優も…

年寄りですが連れて行ってハネムーン
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策