スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縄文のビーナス

一昨日、滋賀県東近江市の相谷熊原(あいだにくまはら)遺跡にて、国内最古級となる縄文時代草創期(約1万3000年前)の土偶1点がほぼ完全な形で見つかったニュースが流れていました。

これまでなら、何気なく気にも留めなかったニュースですが、私にとっては、まさしく旬な話題ですので傾聴しました。

見つかったのは、女性の頭のない上半身部分の土偶で、高さ3・1センチ、最大幅2・7センチ、重さ14・6グラムと大変小さなものです。

縄文ビーナス2

~産経新聞より転載開始~
ふっくらした胸に、わずかにくびれた腰—。滋賀県東近江市永源寺相谷町の相谷熊原遺跡で見つかった土偶は、豊満な女性をリアルに表現した1万3千年前の“縄文のビーナス”だった。子孫繁栄や安産のシンボルといわれる土偶。スタンプほどの大きさしかない超ミニサイズの人形に、古代人たちの深い祈りが込められていた。

 今回の土偶は頭部が表現されておらず、首の部分に1ミリ大の穴が空けられていた。調査担当の県文化財保護協会によると、現代のひな人形のように頭部を棒状の芯ではめ込むタイプではなく、穴を空けることで頭部そのものを表現した可能性があるという。縄文時代初めに誕生した当初の土偶は、頭部がなく胴体だけで表現されているものが一般的だ。今回の出土品は乳房が強調されていたことから、子孫繁栄を願うシンボルだったとみられる。顔が明確に表現されるのは、縄文中期(約5千年前)になってからという。

 縄文文化に詳しい渡邊昌宏・大阪府教委参事は「とても小さい土偶で、女性がお守りとして肌身離さず大切に持っていたのではないか」と推測。「女性が『乳がたくさん出ますように』と祈りをこめたのかもしれない」と、縄文人の心情に思いをはせる。

 縄文初期の日本列島は、氷河期の終焉(しゅうえん)とともに海水面が次第に上昇し、それまで中国大陸と陸続きだったのが現在の姿になったころとされる。一方、地質学者らの研究によると、今回の土偶や竪穴住居跡が見つかった約1万3千年前は、地球規模で再び一時的に寒冷化し、現在より平均気温が10度以上も低かったとの説がある。京都大大学院の泉拓良(たくら)教授(考古学)は、こうした気候変動に着目。「急激な寒冷化によって、縄文人は寒さをしのぐため、深さが1メートルもある半地下式の竪穴住居を築くようになった」とし、「深くて大きな竪穴住居を築くには、集団で作業をしなければならず、人が集まることで新たな文化が芽生え、土偶が生み出されたのではないか」と推測する。
~転載終了~


1万3000年前というと、正史では旧石器時代が終わり、約1万年続く縄文時代の草創記に当たります。
農耕文化はなく、狩猟文化の真っただ中とされ、大変低い文化とされています。

しかし、縄文式土器や土偶は、以前、触れたように学校で習うような低い技術で作られたものではなく、相当高い技術が含まれているようです。

<縄文の叡智>http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-17.html

これは、長野県棚畑遺跡で1986年に発見された、約5000年前のものとされる初代縄文のビーナス
縄文のビーナス

こちらも有名な、新潟県馬高遺跡で1936年に発見された約4500年前とされる火焔土器です。

火焔土器

これらの土器や土偶を見ただけでも相当高い技術があった事が伺えます。
特に火焔土器は、その技術はもとより、大変な神秘性を醸し出しています、

縄文時代は約1万年も長く続くことから、時代を特定していく事は非常に難しいと思われます。
従って、初代縄文のビーナスや火焔土器が4500年~5000年前と言われていますが、もっと古い可能性もあります。

今回発見された縄文ビーナスが1万3000年前、私が木内氏や不可知様からの情報をもとに推測してきた日本の起源の時期と一致します。
西方から日本にやってきた倭人が、従来からいたアイヌ人と混血していったのが縄文人の始まりのようです。


これを独自に調査・研究した方がいらっしゃいます。
村田静枝氏です。
彼女の著書「縄文のフィロソフィー」は1996年に発刊されていますが、人類の遺伝子分析や地名、黒曜石の移動、風習や生活様式の相似点などから、縄文人のルーツとその文化の高さを理路整然にまとめてあります

縄文のフィロソフィー―超古代の日本人は世界で活躍していた縄文のフィロソフィー―超古代の日本人は世界で活躍していた
(1996/01)
村田 静枝

商品詳細を見る


村田氏の分析力の凄いところは、ほぼ世界中の人類の遺伝子型を分析し、縄文人が世界のルーツであるとしている点です。

いわゆるモンゴロイドの遺伝子型を持った人種が、西はエジプトからアジア全域、そして南北アメリカ大陸に広がっているようです。
木内氏の言う倭人とモンゴロイドがほぼ同じと考えてよさそうです。

ただし、村田氏の説の異なるところは、縄文人が世界中に広がっていき、世界各地の人種の起源となっているとしている点です。

村田氏によると、日本人はモンゴロイドの中でも特殊で、気候の寒暖両方に耐えられる遺伝子型を持っているそうです。

一旦、モンゴロイドが日本に集まってきてアイヌと混血し縄文人となったが、彼らは時代を経る従いベーリング海峡から北米へ渡るもグループがあり、彼らがインディアンの祖先になり、さらに南方に進んでマヤやアステカあたりの文明に関わったとしています。
エクアドルでは縄文式土器と同じような文様の土器が見つかっているそうです。

また、今から約1万年から1万2000年前や、約6000年前、そして約4000年前といった時期には、日本から逆にアジアやエジプトに渡っていた痕跡が見られるそうです。

この理由の一つとして、それらの時期には温暖化による南極や氷河が融けだし、水位が高くなり大洪水が生じたためではないかと分析しています。
それを避けるため、一部の縄文人が南太平洋の島々や東南アジアに渡って行ったと推測しています。

これらの地域に、日本の地名と近い発音のものが見られること、また、これらの地域の人種の遺伝子型が日本人と近いなど、裏付け理由があるようです。

ちなみに、私は、約6000年前、あるいは約4000年の大洪水がノアの大洪水ではないかと推測します。

これまで、日本人のルーツ倭人について書いてきましたが、一旦日本に集まった高度な文明をもった人々が世界中に広がっていったというのは、この本で知りました。
この本によって、日本が世界の雛型である事が、より確証が持てたました。


新たに発見された1万3000年前の縄文のビーナス。
世界が新たに時代に突入する事を暗示しているような気がしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメント

非公開コメント

縄文海進

地球温暖化(太陽活動による)で海面上昇すると、関東平野ではさいたま辺りが海岸になりますね、縄文時代がそうでしたから。首都遷都が東北方面に検討されるでしょう。3500年前、スサノオをリーダーとする勢力が在ったらしい。古い神社には何らかの記録が秘蔵されているかも、未発見のままで。15000年以上前の日本には全く別の人々が居た、ということでしょうか。国内各地山奥にある巨石遺構は縄文以前なのか、縄文時代のものなのかよく分かりませんが、これも追究していくと驚異的な事実に行き当たるかも知れません。興味がありますが、なかなか現地へ行く機会はありません。

Re: 縄文海進

不可知様

> 地球温暖化(太陽活動による)で海面上昇すると、関東平野ではさいたま辺りが海岸になりますね、縄文時代がそうでしたから。首都遷都が東北方面に検討されるでしょう。

近い未来(数十年後)、そのようになると予想されている言う事でしょうか?


>3500年前、スサノオをリーダーとする勢力が在ったらしい。古い神社には何らかの記録が秘蔵されているかも、未発見のままで。

恐らく出雲を中心に活躍されたのですよね。その後、オオクニヌシが大陸から出雲にやって来て大陸系が力を増して行き、535年を境に完全に大陸系が支配するようになった。
と推測しておりますが。

>15000年以上前の日本には全く別の人々が居た、ということでしょうか。国内各地山奥にある巨石遺構は縄文以前なのか、縄文時代のものなのかよく分かりませんが、これも追究していくと驚異的な事実に行き当たるかも知れません。興味がありますが、なかなか現地へ行く機会はありません。

人類としてはアイヌだけだったのではないでしょうか。
ただし、地球外生命体の可能性はありますよね。やはり龍が鍵を握っていると思っています。
巨石を調べてみたら、九州には阿蘇以外に、佐賀にも巨石があるようです。
今度、観察してみようと思います。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策