スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勾玉の謎

不可知様からリクエストがありましたので、勾玉(まがたま)の目的について推測してみます。

imagesCAQMCUD7.jpg

勾玉とは、写真ような形をした数センチくらいの大きさで、縄文時代初期(約12000年前)から古墳時代(約1500年前)までの遺跡から発見されるものです。

国内だけでなく、朝鮮半島でも見られるようですが、存在した時期は、約2600年から約1800年前くらいまでの間と日本より大幅に短くなっていますので、勾玉が日本発祥の道具で、朝鮮半島に伝わったと言う事が推測できます。

<WIKI勾玉>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%BE%E7%8E%89

その勾玉の目的ですが、教科書では古代日本の装身具の一つで、祭祀に使われたとされています。

ユニークなその形は、WIKIを見てみると
①動物の牙をかたどったもの、
②太極図をあらわしている、
③母親の子宮内の胎児をかたどったもの

等の説があります。

他にネット上では
④太陽と月(三日月)が合わさったもので宇宙真理の表現
、といった推測もありました。

それでは、これらを検証してみます。

まず、①動物の牙説ですが、縄文時代が教科書で習うような低文明ならいざ知らず、大変高度な文明であったという説を支持する私は、この説は論外です。
そもそも縄文時代から古墳時代には、肉食の習慣はなかったようです。

※参照 
<縄文の叡智>http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-17.html
<日本の起源>http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-46.html


次に②太極図説ですが、私はこの言葉自体知りませんでしたが、この図は見たことがありました。

太極図

WIKIで調べると太極図は易で使われるもので、中国で11世紀頃に発祥したものとなっています。
場所、時代が全く異なりますので、この説もはずします。


次に③を飛ばして④太陽と月の宇宙真理説を考えてみます。
この説には、私は大変魅かれるものがあります。

これまで何度も触れてきたように、月は約15000年前に外部の彗星が地球に捕獲されて誕生したものという木内説を支持しています。
(私がこのブログを始めた原点です)

その前提だと、月誕生後の人類は、月がかつての繁栄していた文明を壊滅させた張本人ですから、月を閻魔大王のような罪を裁く神と恐れていたはずです。

従って生命のエネルギー源の太陽神の信仰と、悪神の月を鎮めるための儀式として勾玉が使用された、ということは十分説得力があるように感じます。

しかし、勾玉の形を良く見ると、太陽部分が小さく、三日月との組み合わせというには無理がありそうな気がします。
従って、この説も違うような気がします。


そうなりますと、③子宮内の胎児説が残ります。
確かに勾玉を見ると胎児に見えます。

そもそも勾玉は、天皇家の三種の神器の一つ八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)となっているように、天皇の装飾品であり、古墳から発掘されていることからもこれを身につけることができたのは、相当身分の高い人に限られていたようです。

<WIKI八尺瓊勾玉>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%B0%BA%E7%93%8A%E5%8B%BE%E7%8E%89

古事記は、内容が改ざんされていると言われていますが、天皇の祖先は神とされるアマテラスとしています。

このアマテラスの一族は約5000年前に実在(ヒミコ、邪馬台国説あり)したという話しもあります。

さらに歴史を遡って、15000年以上前の先史文明。
この頃は、世界を支配していた2つのグループの一つが倭人。
この倭人が月の大洪水により、一部しか生き残らなかった。

その後、倭人は、ギリシャ、エジプト、シュメール、そして12000年前に縄文にたどり着いたと推測しています。

先史文明の支配者のDNAがアマテラスに引き継がれ、それが初期の天皇に繋がっている。

※参照
 <西暦535年>http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-43.html

この神の使者、神道の斎主としての天皇のDNAを引き継いできた証として、胎児をかたどり、天皇を崇めたと考えられないでしょうか。

倭人の証のために。

自分で書いていて、妙に納得しました。

これはあくまで私の妄想です。
真意は不可知様がコメントくださると思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル :

コメント

非公開コメント

シュメール

本日も分かり易い簡潔な記事で良い学習になりました。
 シュメールについて:ヨーロッパにいたケルト族が拡散して中東でシューメール文明を興したと、聞きました。ケルトの伝統はオランダ王室に保持されているとも。

祭祀に使われた

勾玉は意外と起源が古いのですね、日本/朝鮮半島以外では見つからないのですかね。国内での発掘分布とか知りたいと思いましたが、余裕があったら専門書も紐解きたいです。ホツマ関連文献に何か飛び切りの情報が隠れていないか、興味津々です。

 さて、ここから私のトンデモです。勾玉の使用目的は基本的に、祭祀だったと思うのです。後年には権力者しか持つ事が許されなかったのでしょうが、縄文時代はどうだったのでしょうか、よく分かりません。勾玉の”ネックレス”をどのように使ったか(材質はここでは問題にしません)。あくまでも祭祀、祈念に使用したとすると、、、、。

 現代科学では、光は波であると同時に粒子と言われていますよね。この粒子の形とは如何なる形なのでしょう? (粒子としての性質だけとなると形は問題にされないか?)

 で、祈念する時、人間が発する”想念波”(テレパシー)も、波動(エネルギー)であると同時に”粒子”ではないのか?と想像してます。波動についてはソリトン波の性質があるのかな?と以前は考えた事がありましたが、では、粒子だとしたらその形は? 
 勾玉型粒子?が想念エネルギー粒子? この妄想を立証/否定できるのは、量子力学か。物理に暗い私には、これ以上の解明は無理そうです。勾玉を最初に作った人々はこの原理を理解し、ある実用目的のために使用した、と想像しています。ネックレスにして丁度、胸のチャクラに相当する位置に垂らして思いを増幅する。勾玉の出土地域とその地で栄えた縄文文化に何か共通する特徴が無いか、どなたか調べてみて(笑)。
 そして、何に対して、何を祈念したのかが、謎として残ります。ここからが本当のトンデモなのですが、明かす事はできません。妄想を逞しくして推測していただければ幸いです。解明できれば、現代でも応用可能かもしれない、、、。

Re: シュメール

ケルト族ですか。
新たな情報ですね。
倭人と関係ないということですね。
本来(アッシュケナージではない方)のユダヤ系と関係がありそうですね。
calseed

Re: 祭祀に使われた

勾玉で光子や粒子が出てくるとは思いませんでしたね。

確かにテレパシーと一言でかたずけますが、何らかの科学的な根拠はあるはずですよね。
以前、多次元のところで触れたエーテル体が関係あるかもしれませんね。

何を祈念しやのか、書けないような事ですか。それは難しいですね。

直感では雨乞いの想念かと思いました。

calseed

勾玉は測定のための定規のような物であるそうです。装飾品となったのは、その技術が失われた後だったようです。以前、遺跡発掘のアルバイトをした時に聞きました。

Re: タイトルなし

あれこれさん

貴重な情報ありがとうございます。
発掘のバイト先でそのような情報を聞かれるとはびっくりしました。

実はこの記事を書いた後に勾玉の本来の使い方について情報をもらいました。
測量に関係していたようです。

次回、三種の神器について記事をかくつもりです。
シンクロしてますね。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策