スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖と淡路島の謎

[後半に追記あり]


古事記が伝える日本神話では、天上界の神々が世界を作り、そして日本を作っていく様子が書かれています。
これがいわゆる国産み(クニウミ)ですね。

神道の神アマテラスの両親にあたるイザナキとイザナミが日本を作っていきますが、その出来ていく順序は次のようになっています。

 淡路島⇒四国⇒隠岐⇒九州⇒壱岐⇒対馬⇒佐渡⇒本州

最初に作られた島が淡路島で、最後が本州です。
最初にこれを知ったのは10年くらい前ですが、その時は少々驚いたものの、あくまで想像の世界だと印象に残っていませんでした。

<国産みWIKI>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%94%A3%E3%81%BF


ところが、不可知様からこの淡路島に関して驚愕の情報をいただきました。

琵琶湖の地塊が吹き飛ばされ、淡路島になったというものです。

太古の昔、ポルトガル沖の大西洋に隕石が落下し、その影響による強烈な波動がマントルを通じて、反対側の琵琶湖付近に到達し地殻を押し上げ、その衝撃により琵琶湖の形の地塊が、現在の淡路島まで吹き飛ばされたそうです。

まさしく、琵琶湖が淡路島を国産みした、ということです。
日本神話で淡路島が最初に作られている事と何らかの関係があるかも知れません。

それでは、琵琶湖と淡路島を地図で見てみましょう。

近畿地方

見てびっくり、形はそっくりですね。
琵琶湖と淡路島を直線で結ぶと、大阪の吹田市あたりが中心点となりますが、その中心点を軸に琵琶湖を反時計回りに180度動かすとほぼピッタリ淡路島に一致します。
地塊が飛び出した後、重い琵琶湖型の北側部分に回転力がかかり、反対方向に回転して落ちたのかも知れません。

ちなみに琵琶湖の面積は670km²、淡路島は592km²
淡路島の海に沈んでいる部分を考慮すると、淡路島が琵琶湖より一回り小さいのは納得できます。
いや、びっくりですね。
私は全く気付きませんでしたが、確かにネット上では琵琶湖と淡路島の形が似ているのは何故?、と噂になっていました。

<琵琶湖WIKI>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%B5%E7%90%B6%E6%B9%96
<淡路島WIKI>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%A1%E8%B7%AF%E5%B3%B6


次に隕石落下したとされるポルトガル沖を見てみます。
グーグルアース画像に直線を引いてみました。
ポルトガル沖と琵琶湖付近を一直線上結んだ延長線上の天空から隕石が落下したと考えられますね。
赤い矢印のように、地球内部を強烈な波動が伝わったのではないのでしょうか?

地球

さらにグーグルアースでポルトガル沖を拡大してみます。
次の画像では、隕石の落下跡とおぼしき跡が海中に見られます。
ポルトガル南部の西側沖の海中に、大きな円状のクレーターのようなものが確認できます。

イベリア半島西洋

このクレーター状内部の深さは、グーグルアースで計ると最深部は5000mくらいあり、周りの3000~4000mの深度よりも深くなっており、隕石の落下跡と十分に考えられます。


落下年代までは把握していないようですが、月の誕生による大洪水が生じた15000年前よりも、さらに古い時代に生じたのではないかと推測します。

<月の誕生について>
http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-7.html

月の誕生前は、海面が今よりも2000m以上低く、陸地は一つで大西洋はなく、海は今より小さな太平洋しかない時代でした。
隕石は海ではなく陸地に落ちたと考えた方が、琵琶湖型のとてつもなく大きな地塊が吹き飛んだ衝撃度を考えれば妥当かと思います。

また、もし落下したのが海であったら、再び月の誕生による大洪水のように、世界的な大洪水が生じているはずです。
現在のポルトガル沖、昔は陸地だった部分に落下したと考えた方がいいのではないでしょうか。

[追記]
********************
その後、読者からいただいた情報では、月の大洪水直後は、今の大西洋は南北アメリカ大陸とアフリカ大陸に囲まれた大きな湖の状態だったようです。
月の大洪水後、おそらく1万2000年前に再度地球規模のカタストロフィーがあり、大陸移動によって今の大西洋や南極ができたようです。
これによってアトランティスが完全になくなった可能性が高いようです。

そのきっかけとなったのが、琵琶湖が出来る要因となった隕石落下の可能性ではないかと考え直しました。

********************


ちなみに琵琶湖ができた年代は、定説では400万年~600万年前とされています。(前出、琵琶湖WIKI参照)
私は、冒頭の日本神話で淡路島が日本の最初にできたと伝えられていることから、そこまでは古くないような気がしていますが、やはり先史文明(15000年以上前)の人たちは、物凄く高い文明を持ち、正確な地球史を知っていたのかも知れません。
私はこの出来事を信じます。

しかしながら、この事は将来的には大きな危機もはらんでいるようです。
この出来事により、琵琶湖底のすぐ下には、地球内部からマントル対流が流れ込んでおり、いつ何時マグマが噴出しておかしくないそうです。
もし、噴火したら富士山の噴火以上の規模になるようです。
これが噴火しないことを祈るしかないですね。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル :

コメント

非公開コメント

凄い、凄すぎる!

やりましたねー!素晴らしい記事です。大西洋海底のクレーターには言及しませんでしたが、聞いていました。アトランティス大陸に衝突したのだという印象を持ちました。地球儀で見ると良く理解出来ます。時期は推測の域を出ませんが、地質学的に証明されるかも知れませんね。地球物理学的に隕石サイズ、落下速度、エネルギーを計算可能かも。180度点対称回転という事の補足ですが、衝撃で大津側を下に持ち上がり(長浜の方が上)、裏返しになって落下着地して淡路島になったと私は思います。そうとすれば、淡路島表面の地層と琵琶湖底の地層の連続性が証明されれば、ビンゴ!そんな調査をする地質学者は居ないかな?すでに琵琶湖底からの温水(水蒸気?)噴出は新聞記事になっており、今後注視要しますね.

Re: 凄い、凄すぎる!

不可知様
褒めていただき恥ずかしいしだいです。
そもそも不可知様からいただいた情報ですから、Kさんの話が凄いということですね。
グーグルアースでクレーターらしきものを見つけたときは鳥肌が立ちました。

>180度点対称回転という事の補足ですが、衝撃で大津側を下に持ち上がり(長浜の方が上)、裏返しになって落下着地して淡路島になったと私は思います。
最初は私もそう考えましたが、それだと淡路島の形が左右逆に位置することになりませんか?
それで180度回転説に結論づけました。

いずれにしましても、ここまでの情報はKさん以外持ちえないと思います。
以前、お土産話とか批判のコメントがあり、私も逡巡しましたが、世の中の事を真剣に考えているKさんがお土産話をするとは思えないのですが。
不可知様から新たなKさん情報をいただき、そう確信しております。
だからと言って、他の霊能者を全面否定するつもりはございませんので。

calseed

いつもありがとうございます

毎回毎回の書く記事がつねに刺激的ではずれたことがありませんね.最近の内容はすでに私がコメントできる範囲を超えてしまっているので,なかなかコメントすることもできませんが,毎回毎回とても興味深く拝見させてもらっています.いくつかの断片的なものを繋ぎ合わせて一つのストーリーにまとめる才能と言えば簡単に聞こえますが,いやはや凄い才能でであると思います.

No title

素晴らしい才能に同感。そこで雑多なネタ候補:皇室がらみで蘇我氏の起源。勾玉の目的、形の意味。朝鮮半島付け根あたりに大規模な地下構造?(参考ホイットリー・ストリーバー著2012年)。宮内庁書陵部に非公開古文書保存?今後も真実に迫る鋭い推論に期待してます。

Re: いつもありがとうございます

BgN様
ありがとうございます。
褒めすぎですよ。
不可知様の情報とシナジーを生んでいるのは確かですね。
しかし、まだまだ分からない事だらけですよね。
興味はつきないですね。
calseed

Re: No title

不可知様
重いテーマですね。
ホイットリー・ストリーバー読んでみます。
ちなみに、今m竹内文書に関する本を読んでいます。
これは部分的にKさんの話と一致するのですが、どう思いますか?
calseed

竹内文書

ストリーバーの本は有害と思いますので、買うなら古本で。竹内文書は何処まで真実なのか、これまた謎ですね。解説本を断片的に読んだだけですので、何とも。これにインスパイアーされてキリストの墓とか、ピラミッド山とかの話しがでたのですね。原本は焼失とか。スケールの大きさでは「真地球の歴史」が好きです。巨石遺構にも大変な秘密が有りそうです。おちんさんブログでアストラルトリップによる未来予知記事が有りましたね。日本でフリーエネルギー発見!これ、実現するかも。

Re: 竹内文書

不可知様
竹内文書の見解ありがとうございます。
「真地球の歴史」は古書入手済みです。確かにスケールが大きく興味を引く内容だったのですが、月の誕生について時代が全く異なったのでトーンダウン。リモートビューイングに対して、いまいち信用できないところです。
月の誕生については、K氏が正しいと思っています。私のベースが月の誕生から始まりましたからね。
私は、霊能者については、月の誕生の考え方で本物かどうかの真偽を判断しています。(笑)
ゲーリーボーネルやカヴァーロが信用できないところはそこですね。
フリーエネルギーは、闇がいなくなれば、すぐに実用化されると思っています。
calseed

月の誕生

criteria分かりましたので、その線で進めます。「ベルゼバブの孫への話」では月に関してもう一段不思議な天文現象が語られています。未来に別の月が出現するとか。

Re: 月の誕生

不可知様はいろいろな事をご存じですね。
恐れ入ります。
calseed

No title

なかなか、面白そうなので立ち寄りました。^^

琵琶湖の淡路理論いいですね。
琵琶湖沿岸の地名に「洲本」があります。
洲本という地名は珍しいですから、何か淡路島の洲本に
謂れがあるかもしれません。

先代旧事本紀も面白いですよ。
神武天皇は3m位の身の丈で頭に白い角が2本あり
背中は鱗があったとか・・・

たまに遊びに来ます。(笑)

Re: No title

roselight様

コメントありがとうございます。
洲本ですか。洲は水辺で、本は大元でしょうか。だとすると琵琶湖から生まれたというのも納得ですね。

>先代旧事本紀も面白いですよ。
今後の私の課題ですね。調べてみます。世の中とにかく謎だらけですね。

今後とも是非、ご教示ください。
よろしくお願いします。

calseed

でしゃばり御免

先代旧事本紀そのものは読んでいないのですが、著者は伊勢神宮内宮外宮より伊雑宮の方が霊格が上と主張している事から、あの霊能ブログ主がこの本に依拠して剽窃してるかも、とかこの著者の生まれ代わりとか噂されていましたが、御本人はこの本について知らず、質問に答えて40%位正しいと言ってました。以上、雑学で御免なさい。

No title

淡路島が琵琶湖から飛び出たと言う説は斬新ですが、淡路島と琵琶湖の形状は割合似ていますが、地質が繋がっていません。
この説はガセです。

統合地質図データベース(http://iggis1.muse.aist.go.jp/ja/top.htm)を参照。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策