スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒点周期と戦争

太陽の黒点数の増減には約11年の周期があると言われています。
次のグラフは年代と黒点数の関係を示したもので11年周期が見てとれます。
次回の黒点数の極大化は2012年であり、現在、徐々に増加しつつあります。

黒点周期
(WIKIから引用)

以前少し触れましたが、黒点数が極大化したときには地球の磁場に影響を及ぼすことが知られており、自然災害が増加する傾向にあります。

<2012と天変地異>
 http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-20.html

前回の極大期2001年の1年前には有珠山が噴火(2000年、1977-78年も噴火)しましたし、さらにその前の1990年には雲仙普賢岳が噴火し、火砕流でたくさんの人が亡くなりました。

海外では20世紀最大の噴火と言われるフィリピンのピナツボ火山が1991年です。
http://www.bousaihaku.com/cgi-bin/hp/index2.cgi?ac1=BB40&ac2=&ac3=2775&Page=hpd2_view

不可知様からの最新情報では、最近のアイスランドの噴火をはじめとして、2012年の黒点数極大化に向けて噴火や地震が増えていくようです。

(5/12 21:40追記 不可知様によると噴火や地震に影響するのは地球の磁場ではなく重力波だそうです)
  <重力波WIKI>
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E5%8A%9B%E6%B3%A2_(%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E8%AB%96)

そして噴火は農業不作につながり、食糧不足を引き起こす可能性があるようです。
つい最近、日本でも天候不順により野菜が高騰しましたが、あの状況が慢性的に続くとパニックを引き起こすかも知れません。

また、地震も世界的に頻発するようですから、人的被害も大きくなる可能性があります。
もちろん、中には人工的に起こされるものもあると思います。

ただし、ポールシフトは今世紀中は起こらないようです。安心しました。
可能性があるのは来世紀のようです。


ところでその黒点の定義を調べてみましょう。

黒点は、ご存じのとおり太陽の表面なかでも温度の低い所が黒く見える現象です。
通常の太陽表面が約6000℃、黒点は約4000℃とされています。

発生メカニズムは、太陽の構成成分であるガスと、太陽の自転活動に関係あるようです。
太陽が自転する際、ガス状成分のため赤道付近と両極に近い高緯度では自転に要する時間が異なるようです。
赤道付近では27日で1回転するようですが、高緯度では32日で1回転するようです。

これによって磁力線にねじれが生じ、太陽の表面のプラズマガスの対流が遮られ温度が低下し、黒点が発生するようです。

<太陽黒点WIKI>
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E9%BB%92%E7%82%B9

黒点が発生しその数が極大化していくといことは、太陽の磁場が活発化することであり、これは太陽が放出するエネルギーの活発化を意味することになるようです。

それによって地球をとりまく磁場に影響を与え、自然災害に繋がるようです。

ちなみに地球の磁場も黒点の11年周期のタイミングで活発するという意見もあるようです。


また、太陽活動の活発化は地球だけでなく、人類の感情に高ぶりを与えているのではないかとも言われているようです。

これに関してはヤスの備忘録様のところに詳細がまとめられておりましたので、リンクさせていただきます。(ヤス様ご了承ください)
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-159.html

この人類の感情も高ぶり、これが戦争につながっているのではないかと不可知様のご意見がございましたので、以下に太陽黒点の11年周期と過去の主要な戦争の関係を時系列にまとめてみました。

黒点周期と戦争
(注:黒点周期はピッタリ11年周期ではないので、実際には前後1年ずれている可能性があります)

この表を見ると過去120年では1924年以外は、すべて極大期の前後に大きな戦争が始まっています

日清、日露戦争も当てはまっています。
例外は第4次中東戦争だけです。

実際には、戦争が始まる1、2年前に戦争の因果関係となる事象が起きますから、ほぼ黒点数の極大期と一致していると言って過言ではないでしょうか。

例えば第2次世界大戦の開始は1939年ですが、その発端となったイタリアのムッソリーニとドイツのヒットラーの同盟関係締結、そしてイタリアによるエチオピア侵攻は1935-36年ですから、極大期1935年とほぼ一致します。


これは作ってみて驚きでした。
黒点周期、太陽活動が人類に多大な影響を与えているのですね。

古代エジプトの太陽信仰はここから生まれたのでしょうか?
神道は太陽信仰から派生したようですし、「日出ずる国」と呼ばれるところにも日本の起源の謎がありそうです。


2012年についていろいろ推測してきましたが、闇の勢力のターゲットである2012年というのは、単にこの太陽活動の活発化、黒点の極大化に合わせただけかも知れませんね。

あまりに複雑に考えていては、奴らの撹乱作戦にはまるだけかも知れないと思ってきました。

いかに新しい時代を作っていくかに力点を置いた方がいいのかもしれません。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメント

非公開コメント

No title

太陽黒点運動と戦争の関連 興味深い話ですね
マヤ暦の2012年に踊らされた数年を返してぇ~(w
お花畑にいた頃の私は純心だったわ(爆)
気をつけたいのは人間は、宇宙の中の生命体ですから
宇宙に連動した影響は必ず受けるという事ですね
メンタル部分で負けない強い身体を持つことが肝要かと思います
普段から不摂生な生活習慣を改める事で、
まともな思考を保てるかと思うのですが(w

ぴったり

時系列表により関係性が明瞭に理解できますね。いつもながら大変勉強になり、期待以上です。Kさんによると、地球の火山噴火や地震は電磁波より”重力波”の影響なのだそうです。私はGW以来10冊以上関連書籍を買い込んで積ん読状態ですが、例の小松氏の著書「~へのいざない」にある白糸の滝で撮影したオーブの群像画像は、以前霊能ブログで紹介されていた伊勢神宮の”眷属神”画像と酷似しています。これが何を意味するのか今のところ不明ですが、近々解明できるかも。

 「聞いてみたいこと」を振り返ってみるとかなり聞き漏らしていますね。
1世界統一政府、2地球支配層と宇宙存在、3救世主出現?、4ピラミッドの目的、5倭人と龍との関係、6宇宙内のワープ移動、7火星・月に宇宙人基地?、8地球に次元の入り口ある?、9マヤ長期カレンダー、10.UFOは未来地球人のタイムマシン?、11パンデミック到来?
 2:噂では、中国は既に宇宙人と連携しているとか。4:雑誌むー今月発刊号には不思議な太陽画像が出ていますね。太陽近傍?宇宙空間?に四角錐の物体が写り込んでいます。7:これを透視した人物の書いた本を先月注文しました。9:地球の歳差運動2万6千年周期のことでしょうか?
「コズミック・ヴォエージ」読みましたか?

Re: No title

FUJICO様

そうですね。宇宙の生命体の一つですね。ごもっともです。
こういった危機的な出来事が迫って来ないと人類は目覚めることができませんね。
過去の文明もそうだったのでしょうね。

calseed

Re: ぴったり

不可知様

まず、質問がございます。K氏は臨死体験で見てきたことを、少しずつ思いだしているのでしょうか?それとも膨大な意識にアクセス可能になって、常に将来を覗けるのでしょうか?私は前者と思っているのですが、それにしては何でも知っているな、と疑問が出てきます。

それと、K氏のスタンスですが、不可知様から見て以前と変わっていますか?
やはり宇宙人は金星人を除いて存在しない、というスタンスでしょうか?

重力波と黒点周期が関係あると言うことですね?

聞きたいことでは、一番大きなテーマである最悪の未来が回避されたことが大きな収穫です。
ただし、世界統一政府を含めて、世界が混乱するのは間違いないのでしょうが、それを乗り切れるようなニュアンスに感じていますが、違いますか?
以前だと、ほとんど夢も希望もないような感じでしたが、特に日本は何とかなるという考え方でいいのですよね?

マヤカレンダーは単に歳差運動の周期を5分割しただけなのですか?
他に意味はないのでしょうか?そもそも5分割の意味がわかりません。
12分割ならまだ分かりますが。

コズミック・ヴォエージは読んでいる最中ですが、K氏の意見と反する部分がかなりありますね。ますます混乱してきます。

それと気になっているのは、火星への脱出計画ですね。本当なのでしょうか?
オバマの火星探査計画発表も気になります。

calseed




疑問は尽きない

今回は、膨大な意識で体験した事をすべて覚えているように感じました。といっても、私が質問した範囲の事くらいでは返答に限界があるようには思えませんでした。2時間半途切れなく話していましたから、こちらの集中力が続きませんでした。常に情報を引き出せるという方が実態かも知れません。誰が話しを聞いても何でも知っているという印象を持つのではないでしょうか。それほど凄い。スタンスは以前と全く変化ありません。地球環境の悪化阻止へ向けて現実の行動をとること。

 宇宙人問題については見解を整理する必要がありますので次回にでも。

黒点周期に伴って重力波も強弱すると理解しました。

>世界が混乱するのは間違いないのでしょうが、それを乗り切れるようなニュアンスに感じていますが、違いますか?
>特に日本は何とかなるという考え方でいいのですよね?

私が内容を伝え切れていないと思いますので、未来予測はまた次回以降の検討課題です。
マヤカレンダーについては、私は詳細不明でむしろ教えて頂きたいくらいです。

>コズミック・ヴォエージは読んでいる最中ですが、K氏の意見と反する部分がかなりありますね。ますます混乱してきます。

そうであるからこそ、比較検討テーマ満載と考えます。

>オバマの火星探査計画発表も気になります。

これについても、聞き漏らしました。
 
 読んでいる方が誤解されるとしたら、私の理解力・書き方が悪いのと(今はまだ公表できそうもないと私が考える内容とか)、私のスタンスがいい加減なせいかも知れませんね(笑)。すみません。

追伸

東京で木内さんに直接会えますよ!フォーラム ソラのHPをご覧ください。私はいつ行けるか分かりません。

Re: 疑問は尽きない

不可知様

前者で安心しました。後者だったら?がつくところでした。やはり本物だと思います。

公表する内容は不可知様のご判断でどうぞ。
公表することでK氏の行動に不都合が生じるとまずいですからね。
私は、少しでも真実に迫ることができればいいと思っています。

フォーラムソラはタイミングがあえば行きたいのですが、地震がどうなるかですね。
私自信が警告拡散していますからね。不可知様が起こらないと言ってくだされば東京へは行きますが。(笑)

不可知マジックに影響され、ムーを買いました。ピラミッドの謎がのっていますね。
私が書いたことに近いです。

次回テーマありますか?
なければ考えます。

calseed

まだ大丈夫そう

6月中旬に都心へ行く事になっていますから、まだ大丈夫と思ってます。やはり皇族の動向には注目ですが、確実な情報原は持って居ませんので、自然現象に注意する他無さそうです。米国自作自演の経済破綻で債務チャラ説は如何でしょう。それか大変動に備えて南米?に地下都市作ってある説も、火星移住より現実的かな。そうそう、荒廃した未来世界は映画のマッド・マックスのようだと昔Kさんは言ってましたが。

Re: まだ大丈夫そう

> 6月中旬に都心へ行く事になっていますから、まだ大丈夫と思ってます。やはり皇族の動向には注目ですが、確実な情報原は持って居ませんので、自然現象に注意する他無さそうです。
そうですね。やはり皇族の動向ですよね。
私は、東京をやるときは、闇が追い詰められたときだと思っていますので、もう少し先のような気がしています。

>米国自作自演の経済破綻で債務チャラ説は如何でしょう。
その可能性もありますし、米国が強制的に米国債をデフォルトさせて債務チャラもあると思っています。
前者は米国内乱、後者は米中ロの戦争状態でしょうか?

>それか大変動に備えて南米?に地下都市作ってある説も、火星移住より現実的かな。そうそう、荒廃した未来世界は映画のマッド・マックスのようだと昔Kさんは言ってましたが。
ブッシュ一派がパラグアイに建設済という噂がありますね。確かにわざわざ火星に行くよりは現実的だと思っていました。火星は混乱させるためかもしれません。
私もマッドマックス2を想像していました。

ひとつ面白い情報があります。インドに70年間断食をした人がいるそうです。
浅川氏のサイトに書いています。
http://www.y-asakawa.com/Mssage2010-1/10-message29.htm

これについて東京KITTYさんが凄い見解を書いておられます。不可知様のご意見はいかがでしょうか?
http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/archives/2010-05.html#20100511

calseed

現状、卓見ではあります

>この様な不食者たちの腸内には、アンモニア態窒素をアミノ酸として取り込む嫌気性の螺旋状細菌や連鎖状の細菌が大量に住んでいるのであろう@

 科学的には合理的な説明に見えます、検証はしていませんが。これが一般化はしないと思います。特殊な状況における特殊ケースかも。良い勉強になりました。腸内細菌の働きは今後ますます注目されることでしょう、既にヤクルトが話題です。霊的観点からは全く別の現象が将来起こるかも知れません。calseedさんもご存じの半霊半物質状態に人間が変化するという説です。進化した宇宙人は高栄養の食べ物を少量摂取している、消化管や循環系に顕著な相違があるらしい。人類がどういう方向に進化していくのか、というテーマに絡みますね。

Re: 現状、卓見ではあります

不可知様

ありがとうございます。
いろんな事がありますね。
以前はこの手の話しはトンデモ話として無視してましたが、最近は目にとまるようなりました。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策