スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連環の計

*****************************
はじめに

不可知様が連休中に木内氏と面会されたようです。
いろいろなお話が聞けたようです。
木内氏からは、面会で話した内容をダイレクトではなく、その内容をベースに不可知様の意見としたものであれば、私のブログに公表することは問題ないと了承を得たそうです。

従いまして、先日記事にした木内氏に聞いてみたいこと(下のリンク)にダイレクトに回答という形式では載せられませんが、話していただいた内容にそったテーマで私が記事を書き、それに不可知様がコメントするという形式で情報発信できればいいかなと思っています。

<聞いてみたいこと>http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-44.html
<(続)聞いてみたいこと>http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-45.html

従いまして、不可知様のコメントが重要な情報(木内氏の最新情報)を含むこととなります。

ちなみに、木内氏は批判されたり誤解されたり、崇拝されたりするのが嫌でブログは行っていないそうです。
私は、木内氏を崇拝しているようなニュアンスで捉えられたと思いますが、今後は真実を探求するための一つの有力な参考意見としてとらえたいと考えております。

当ブログにご関心を持っていただける方は、是非とも、私の記事や不可知様のコメントにご意見頂戴できればと考えています。

よろしくお願いします。
*****************************

さて、東京での地震を気にしていたところ、突然、ギリシャ問題が火を吹きあげました。

NYダウは一時998ドル安とリーマンショック直後よりも大きく値を下げました。
結局、証券会社による発注単位ミスがあったということで347ドル安まで戻して終わりましたが、業界でシステム開発に携わったことのある私からすると、世界最高水準のリスク管理システムを誇る米国証券会社があのような大きな単位でのミスをする事は考えられません。

日本のそこそこの証券会社でさえ二重、三重にチェックが掛かっています。
(かつて、みずほ証券(旧興銀証券)が誤発注しましたが、歴史が浅い分、銀行系証券はシステム対応が遅れています)

今回のNYダウは、間違いなく、意図的な操作だったと推測しています。

ギリシャ問題は、ギリシャの国債償還(返済)懸念により、IMFおよびドイツがギリシャを支援することで合意しました。

しかしながら、ギリシャがこのまま経済回復し財政立て直しをする事が不可能であり、問題の先送りと判断したヘッジファンド等の機関投資家が、ギリシャ国債を空売り等で暴落させました。
これが、ギリシャ国債を保有する世界中の金融機関やドイツなどに波及し、世界的な経済混乱が引き起される負の連鎖につながりました。

ギリシャの後には、ポルトガル、スペインが続くとも言われており、ユーロは大きな試練を迎えそうです。
すでに米国の格付会社ムーディズはポルトガル国債の格下げを予告しています。

間違いなく金融戦争に突入しました。

そして、最終ターゲットはドイツであり、ユーロ分裂騒動から政情不安、そして戦争?というのが闇のシナリオかも知れません。


三国志に有名な赤壁の戦いがあります。
<赤壁の戦い>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%A3%81%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

この戦いの中で、孫権・劉備軍は相手の曹操の大水軍を一気に攻略しましたが、その時に使ったのが連環の計です。

<連環の計WIKI>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E7%92%B0%E8%A8%88

映画レッドクリフでもこのシーンがありましたね。

水上での戦いを不得手としている曹操軍は、兵士の船酔いに悩まされていました。
そこに孫権・劉備がスパイを送り込み、各々船をつなぎ合わせて一つの大きな船にすれば船酔いは避けられ、さらに相手は大きな船団を見て恐怖におののくだろうと指南します。

曹操は、素晴らしい作戦とこれを採用しますが、孫権・劉備の炎の矢の前に、一瞬にして全焼・全滅してしまいます。


現在のユーロを見ているとまさしくこの連環の計にはめられたのではないか、と感じるしだいです。

大物のドイツやフランスを危機に陥れるのは簡単ではないし、手間がかかりすぎます。
ユーロという一つまとめにしてから、弱小国のギリシャやポルトガルを攻め、本丸を道連れにする。
それが闇の戦略であったのではないか。
ユーロ発足の1999年以前から考えていたのではないか。
奴らならそれくらいの事は考えていても全く不思議でないような気がします。

ユーロの経済はドイツが中心。
英国がユーロに参加していないのも意味ありげです。

しかし、ドイツと日本はいつも狙われますね。
もしかしたら、ドイツ人も人類の起源が特殊なのかも知れません。

今後は、ユーロ全体、ドバイの再燃、英国、中国、本丸米国、そして日本と続いていくような感じでしょうか。
日本の場合は何と言っても地震ですね。
地震次第では日本が先に来る可能性があります。

ちなみに、日本の財政状況は先進国の中で最悪と言われていますが、日本は国債発行の90数%以上を国内で消化しているため、ユーロ諸国とは異なり、簡単には破たんしないと思います。

ただし、経済が悪化し、税収減、国債乱発により来年度予算策定が難しくなりそうな時には、ヘッジファンドなどの国債先物の空売りによってギリシャ同様になる可能性があると思います。

その際は、国債の棒引き(デフォルト)、預金封鎖など戦後の再現の可能性があります。
やはり、資産の一部は現物のゴールドにすべきでしょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメント

非公開コメント

経済破綻の次に来ること

経済門外漢の私にとっては大変勉強になるタイムリーな本日の記事でした。アイスランドの火山噴火が与える影響も今後大問題となって欧州をゆさぶることでしょう。農業不振、失業率上昇により欧州各国では外国人排斥が激しくなる。イスラム系住民に対する攻撃、大暴動からやがて中東地域まで巻き込んだ宗教戦争が始まるようです。この話しで私は聖マラキの予言とファチマの予言を連想しました。争乱は今まさに始まってしまったのでしょう。結果はこの二つの予言に描かれている様相になるかどうかですね。

Re: 経済破綻の次に来ること

不可知様
まずアイスランド火山ですが隣のカトラ火山も爆発するのでしょうか?
個人的には人工的にカトラ火山の噴火が起こされると考えています。

欧州と中東で宗教戦争が始まるのは来年くらいということですね。
イラン-イスラエルが先だと思っていましたので、欧州が先とは意外でした。

最近話題の朝鮮半島情勢や中国の混乱は生じないのでしょうか?
それと一番関心があるのは日本がどうなるのかですが、これは別の機会がよろしいでしょうか?

聖マラキは初耳です。ファマチの第3の予言は未公表だったと思いますがどうなのでしょうか?

calseed

No title

細かな一つ一つの事象より、大きな流れとして話しを聞いてきました。個別の事象をどう解釈するかで、各自の意見は変わってくるかも知れません。もとより私の情報が絶対であるはずはないですから、むしろ大いに批判されることを歓迎します。ということで、1980年代に書店で立ち読みした本(タイトルは忘却)の中に、ファチマの予言がヴァチカンから世界各国の教会に配布されており、日本には北海道の某教会に伝達されていると書いてありました。どの場所か固有名詞は忘れましたが会派は覚えています、ちょっと以外な教会です。第3の予言は大戦争を想像させるような内容であったと思います、どこかの本で読んだような。聖マラキの予言について私は'70年代に知りました。その頃は解釈できませんでしたが、最近の情報では次の法王で終わりと解釈できるそうです。なんだか現実味を帯びてきましたね、そう遠くない未来か。これから英仏独等で外国人排斥運動が先鋭化するのでしょうね。中国は上海万博後が注目ですが、日本の経済力や円の力を利用する方向に動くようです。中国元の表記がヒント。込み入った経済情勢の理解力が悪くてすみません。外国に借金していない日本は意外と最悪にはならないかも。昔ダブって見えた荒廃した未来の日本の様相は、戦争で国内の原子力発電所が攻撃され放射能汚染と飢餓状態になったヴィジョンということで、これは実現しない未来となったようです。以前より少し良い方向に進むようで、前途多難なるも最悪は避けられ希望があるようです。中東での戦争と欧州で端を発するキリスト教vsイスラム教の戦争がリンクするのでしょうか。そうなるとイエスの予言になってしまいます。ただ、無理矢理ハルマゲドンを演出したい勢力があるでしょうから、それに関してはcalseedさんの記事に期待したいです。

霊能ブログ情報

本日のコメントで、ここの記事にもなった長崎のアン何とかのH氏について、九州の山にいた天狗の憑依とありました。リーディングをした御本人は釈尊の弟子の生まれ変わりを自称しておりますが、その点を聞いたらKさんは、あり得ないと否定してました。神懸かりでない、根源の全包容的意識を体験した人の言葉は重い。

Re: No title

不可知様
ありがとうございます。

>第3の予言は大戦争を想像させるような内容であったと思います、どこかの本で読んだような。聖マラキの予言について私は'70年代に知りました。その頃は解釈できませんでしたが、最近の情報では次の法王で終わりと解釈できるそうです。なんだか現実味を帯びてきましたね、そう遠くない未来か。

現在の法王は確かドイツ人でしたね。やはり暗殺ですか。

>中国は上海万博後が注目ですが、日本の経済力や円の力を利用する方向に動くようです。中国元の表記がヒント。込み入った経済情勢の理解力が悪くてすみません。外国に借金していない日本は意外と最悪にはならないかも。

IMFが入ってこない限り、国内だけで解決できますからね。
ただし、経済的にはかなり疲弊しますね。
それと、元との通貨統合ですね。表記だとエンと読めますものね。やはりイルミナティの考えれることは違います。

>昔ダブって見えた荒廃した未来の日本の様相は、戦争で国内の原子力発電所が攻撃され放射能汚染と飢餓状態になったヴィジョンということで、これは実現しない未来となったようです。以前より少し良い方向に進むようで、前途多難なるも最悪は避けられ希望があるようです。

私にとってはこれがビッグニュースです。
これは重要なので記事にしたいと思いますが、いいですか?
それと、金星人の話にはならなかったのですか?
侵略して来ない(もしくは存在しなかった?)ように意味がとれるのですが。

>中東での戦争と欧州で端を発するキリスト教vsイスラム教の戦争がリンクするのでしょうか。そうなるとイエスの予言になってしまいます。ただ、無理矢理ハルマゲドンを演出したい勢力があるでしょうから、それに関してはcalseedさんの記事に期待したいです。

やはりイエスの予言どおりに進めるのですね。
それと次回のテーマは何かありますか?


>H氏について、九州の山にいた天狗の憑依とありました。リーディングをした御本人は釈尊の弟子の生まれ変わりを自称しておりますが、その点を聞いたらKさんは、あり得ないと否定してました。神懸かりでない、根源の全包容的意識を体験した人の言葉は重い。

例え憑依だとしてもH氏の超能力は凄いですよ。機会があったら見てください。
それと、天狗は存在するのですか?これはびっくり情報ですよ。

calseed

金星人

金星人に関しては、以前論じたとおりで。彼らは、侵略という意識は無く、ただ戻って来るだけだと。地球人を下等生物とみなし、じゃまなら駆除。そのニュアンスから、とても地球人との連携は考えられそうもないです。但し、こちらからの反撃が有効なら、諦めるらしいです。天狗は幽界の存在。幽界地獄界の縮小消滅につれて、様様な幽界地獄存在が現実界の人間に憑依すると論じているようです。つぎは、太陽黒点周期と戦争勃発周期とがリンクするか?というテーマなど如何でしょうか。二ビルの事、聞き漏らしました。

Re: 金星人

> 金星人に関しては、以前論じたとおりで。彼らは、侵略という意識は無く、ただ戻って来るだけだと。地球人を下等生物とみなし、じゃまなら駆除。そのニュアンスから、とても地球人との連携は考えられそうもないです。但し、こちらからの反撃が有効なら、諦めるらしいです。

戻ってくるのは、今すぐという話ではなさそうですね。

>天狗は幽界の存在。幽界地獄界の縮小消滅につれて、様様な幽界地獄存在が現実界の人間に憑依すると論じているようです。

他のブログでも同様な内容を見たことがありますが、そもそも縮小消滅が何故起こるのか?
それよりも神界、霊界、幽界の違いがあるのか、よく理解できません。
意識の世界が存在することは分かりますが。
H氏の技は見ることが可能ですが、幽界霊界はその存在を証明できないですからね。
幽界霊界に関して、K氏の意見も含めて不可知様のご見解いただければありがたいです。

>つぎは、太陽黒点周期と戦争勃発周期とがリンクするか?というテーマなど如何でしょうか。二ビルの事、聞き漏らしました。

考えてみます。
ニビルは、私はないと思います。

calseed

ミトコンドリア意識

このペースだと、あっという間にネタ切れしそうです(笑い)。朝に神棚を拝み先祖に線香をあげ、夜に宇宙人呼びかけをしている私のスタンスはグチャグチャかもしれませんね。霊能ブログ情報を検証するというのも密かな楽しみでありました。その結果:太古、白山王朝があった?否定。伊勢神宮下宮にはモーゼの十戒石が埋まっている?埋まっているのは大変動を逃れた時に使った箱船の木片。能登半島あたりでモーゼは埋葬された?否定。イエスもモーゼも四国の剣山に到達し、そこで亡くなった。恐竜絶滅の原因は太陽電磁波による心臓麻痺?否定。大変動が原因。人間も今後太陽電磁波による心臓麻痺起こる?否定。いらつき、怒りとか、地震•火山噴火とかは重力波による影響を受ける(なので黒点周期に注目)。釈尊の弟子の生まれ変わりを自称している霊能者がいるが?あり得ない。神界とか霊界とか?否定。それを主張する人の宗教的知識がバックグランドとなっている、人の思いの世界。根源意識から見たら全ては一つの意識の現れ。チャネリングとか?多重人格者。死んだらどうなる?自己の意識は膨大な意識に溶け込む。そうなる前の、まだ完全に死んでいない状態の体験談で諸説紛々となっているだけ。DNAは3重螺旋?膨大な意識から人体に戻る時、楕円体が見えてきた。それはミトコンドリアだった。ミトコンドリアが根源意識につながる。(単なるエネルギー発生機能だけではなく、細胞の主役):私見:霊能側と超能力側には相容れない波動の違いがあるかも知れないですね。霊能者達は霊的次元の大変動と現実界への波及を主張しているようですが、確かに何かの宇宙的変化が発生しているとしても、それを過剰に受け取ってしまう体質(霊感なるが故)なのでしょう。他人の首に赤い蛇が巻き付いているという霊視も、超能力者にはその部分のオーラとして関知される、という例を聞いたことがあります。私の身近にいる霊能者も近未来の天変地異を大げさなくらい心配しています。幽界~神界の消滅にもサイクルがあり、今そのサイクルの終期が到来し、魂の選別がなされるというのが霊能側の主張。一見道理がありそうですが、超能力側から見たらそんなサイクルは一切否定です。2012年アセンションなど幻想。私は受け継いだ身体の中に先祖意識が維持されているという説や、素粒子•原子にも意識があるという説に魅力を感じます。もちろんスプーン曲げの実演も見た事ありますが、それは人間意識が物質を支配する可能性の例証というで、量子力学の領域になるのかも。
これにて、半分以上ネタ放出! 引き続き、calseedさんの記事に期待してます。
追伸:魂の選別•消滅を語る宇宙人は幽界存在?

Re: ミトコンドリア意識

不可知様
ありがとうございます。
この題材は私には重すぎるので、別の機会に少しずつ触れていければと考えています。

現在の私のスタンスとしては、どんな大霊能者であれ宇宙(次元)の真実は知らないのではないかと考えています。
確かにブログにはいい事もたくさん書いていますが、コメントの内容みると私は信用できません。
この手の真実については、現在、地球上で一番理解しているのが木内さんと思っています。(他にもいるかもしれませんが)すべての膨大な意識は宇宙を通じて繋がっている。H氏も同じことを言っていました。その二人の間でも前世については意見が異なるのですね。(笑)
その意識が3次元を作っている。死後はもとの意識体に戻る。その過程が霊界とか幽界とか神界と言っているものではないのかな、と私は思っています。
この過程を解明したいですね。

また、木内さんは、宇宙人について否定されているようですが、私はたまに選ばれた意識体が3次元世界に現れることができ、それをみなさんが宇宙人と呼んでいるのものではないか、と思っています。うまく説明できませんが。

霊界や幽界についてカレイドスコープさんがまとめておられます。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-73.html
これはすごく纏まっていると思います。我々一般人が推測できるはここまでではないでしょうかね。
不可知様が宇宙意識との対話を目標とされている事は、素晴らしことと思います。実際に不思議体験をしている人もいますし、私もできればそういう体験をしたいと思っていますから。

私は、この手の話題を記事にできるほどの知識は持ち合わせていませんので、逆におもしろい情報があればコメントしていただければと思います。
次回は、一旦、情報を整理した記事を書き、その次に黒点周期と戦争に触れてみようと思っています。他に私が書けそうなテーマがあればその都度、ご指示いただければと思います。

calseed

憑依

不可知様

もう一度先ほどのミトコンドリアを読んでいたのですが、見落としていたのは木内さん説だと霊界幽界など全くないことになります。それならば憑依もあり得ないことになりますよね。
私の複数の知人が憑依されたことがありますが、不可知様は憑依については肯定派ですよね。
超能力派だと憑依は気が狂ったとなるのでしょうか。
2012のアセンションは私も完全否定ですが、さすがに憑依まで否定とは思いませんでした。
やはり超能力派と霊能派は相いれないのですかね。

calseed


想念エネルギー

先のコメントで、伊勢神宮下宮とあるのを外宮に訂正させて頂きます。畏れ多い事で冷汗。憑依の解釈ですか。精神障害、スキゾフレニー、多重人格症、本人の深層意識の表出等、精神医学的に説明可能なケース。何かの外的(残存)エネルギーに同調したと解釈せざるを得ないケース。(所謂、死霊、浮霊、地縛霊とみなされる現象。生霊、エレメンタルとかアストラル体とか)これらは、しかし、想念エネルギーと云う観点から大部分解釈可能と思います。霊能者に欠けているかもしれない視点として、空間、場、原子レベルでの意識の存在と記憶機能、それらにアクセス可能となる人間意識のメカニズム。これの解明への入口が、ミトコンドリアなのか!これは私にとっての大ニュースでした。人間は様様なエネルギー・情報に同調可能なのでしょう。宇宙の意識と一体化するとは、自分自身を探究することとイコールかも。

遅れましたが

ブログランキング応援しますからね~
一人でも多くの人に知ってもらいたいと思っています。

ギリシャの危うい状況を見てきて、ふと気がついたのは戦争をせずとも国を侵略できるじゃないか!
その国の国民を沢山殺さなくても経済さえ奪えばいいんだ。
その国が自国の通貨を使うことをやめて(理想をいえば)侵略側の通貨を流通させる。
なに今頃言ってんだって怒られるかもしれないですが、世界統一通貨とかそういう大きいくくりで考えてたので一国単位で考えたことなかったんですよ。

そうなるとやっぱり日本は破綻させられますね。
あ゛~
ずいぶん話がずれてしまいました。ごめんなさいです

拝見しております

連環の計のお話,非常にうまいお話で納得であります.

田中宇氏がユダヤ人以外に商業的経済的な才覚があるのはドイツ人,中国韓国人,それと日本人しかいないというようなことを最近書いていました.中韓は以前はぱっとしてなかったのでやられなかったが,日独は英を脅かすほど過去に発展したので,潰されたというふうに考えることもできると思います.

くりこ様.同じく田中氏ですが,戦争しなくても国を金融で潰すことができるので金融ウェポンという言葉を彼は最近使い始めたようですよ.

最近のcalseed様と不可知様のコメントはもはや私の守備範囲を超えており,ただただ拝見しているといったところです.もちろん大変興味深く拝見しております.

Re: 遅れましたが

くりこ様

ありがとうございます。
ブログランキングはプレッシャーになりますので、気にしないようします。
記事を継続するのがこんなに大変とは思いませんでした。

おっしゃるとおり戦争の定義が変わってきますね。
武力を使えば核兵器で地球自体がなくなってしましますからね。

日本だけが破綻と言うよりも、世界中の資本主義システムが終わるようですね。
その先は、すばらしい未来を作っていかなければならないですね。

calseed



Re: 拝見しております

BgN様

コメントありがとうございます。

> 最近のcalseed様と不可知様のコメントはもはや私の守備範囲を超えており,ただただ拝見しているといったところです.もちろん大変興味深く拝見しております.

経済的や政治的な話しなら別ですが、スピリチュアル系の話しは私も守備範囲を超えています。
ただし、重要な事なので勉強になっています。

calseed

Re: 想念エネルギー

不可知様

ありがとうございます。
想念エネルギーとミトコンドリアですか。

ミトコンドリアについては、生物学的な事をもういちど勉強しなければなりませんね。
何とも奥が深すぎます。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策