スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナスカの謎(続編)

先日、ナスカの謎について記事を書きました。
http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-37.html

さらにネットで調べていたら、木内氏の講演録でもう少し詳細に触れている部分がありました。
少し時代背景が異なるようなので補足説明します。

前回、ナスカのピラミッドと地上絵の関係について、約1万5000年前の月の誕生による大洪水の前にできたのが、ピラミッドで、大洪水の後に書かれたのが地上絵と述べました。

~前回記事抜粋開始~
番組ではナスカのピラミッドが出てきましたが、これはすべて砂に埋まっており、一部が発掘されただけでした。
10キロメートルのそばにあるナスカの地上絵は、浸食されていません。
この謎のピラミッドの作られた年代は、月の大洪水の前1万5000年頃より前で、月の大洪水によって砂に埋もれてしまったのではないか。
そして、隣の地上絵は、大洪水が落ち着いた後に、前述のとおり金星に逃げていた元の人類が一旦地球に帰還した。
しかし、地球環境が以前と異なっていたため永住するのを断念し、再度、金星に戻る際に書き残していったのがナスカの地上絵ではないかと。
~前回記事抜粋終了~


(参照)<月の誕生について>http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-7.html

木内氏に話による新たな事実は次のようなものです。
出所が定かではありませんが、転載します。

~転載開始~
金星に逃げて行った連中は地球から持ってった動物やそういうものを書いていっただけですね。何故かって言ったら、中南米の方もそうなんですが、チチカカ湖というものが今残ってるんですがあれよりも遥かに大きな湖があったことは間違いない。大洪水の後ですね。そこで、昔の人達は、凄い巨大な文明を作った人達もいたわけですが、その後それがまた、大地震か何かによって全部流れ出しちゃうんですそして流れ出した土砂によってできたのがナスカ平原とか、もうズッとアンデスの山脈から全部砂地になってます。歩いてきても走ってきても、凄いんですよ、それが。凄い距離が砂漠の中なんですけども。その中に書いてあるわけですね。これ、あたかも時代背景が大洪水の後ですというのがはっきりするわけです。ですから、マチュピチュとかクスコあたりの巨大遺跡を作った後の話になります。
それは地球から持ってったものを書き残してあるんですね。ですから彼らは空中浮いてる乗り物に乗ってますから、金星に行ってその動物を連れて行ってるんですね。連れて行った動物をどういうものを連れて行ったかのと、全部記してあるのといろいろやっぱり着陸上である事は間違いない。ただこれ宇宙人が、じゃでなくて、もともと地球人のやってる事ですよね。そういうものでした。
~転載終了~

木内氏はナスカのピラミッドには触れていませんが、地上絵は月の誕生による大洪水の後に書かれたと指摘していました。

注目は、月の誕生による大洪水の後に、さらに大地震のようなものがあって、今より遥かにおおきかったチチカカ湖(月の誕生による大洪水によってできたようです)が決壊し、大洪水が生じて砂地のナスカ平原が出来たと言っています。
ちなみに何年くらい後なのかは言及していませんが、これを分析している人がいました。

何度か紹介した浅川嘉富氏です。

謎多き惑星地球 上謎多き惑星地球 上
(2002/08)
浅川 嘉富

商品詳細を見る


浅川氏は、著書「謎多き惑星地球(上)」で、アンデス先史文明のティアワナコ遺跡の謎について書いていますが、
そこでチチカカ湖に触れています。

当時のチチカカ湖は、現在よりも水面が30メートル高く、現在の面積の2倍の大きさだと推測しています。
それが、1万5000年前第一波のカタストロフィー(月の誕生による大洪水)の後、今から1万3000年前に第二波のカタストロフィーが生じ決壊したと結論づけています。
これによってアンデス先史文明の一つティアワナコ文明が滅んでしまったそうです。

浅川氏によると、月の誕生による大洪水の後、文明はまた栄えたみたいですが、月から水を大量に吸い取った地球は、地殻が安定するのに時間がかかったようですね。
そして、2000年後に再度、地球規模のカタストロフィーが生じたようです。


話を戻すと、ナスカのピラミッドは、約1万3000年前生じたチチカカ湖の決壊による大洪水で砂に埋もれてしまったということになります。

そして、その後、金星に逃げていた元の地球人がやってきて、地上絵を書き残したと言うことになります。

いずれにしても、金星に元の地球人が今もいるというのは大変な衝撃ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

金星人

初めまして。色々な考察、興味深いですね。さて、地球から脱出して金星人になった元地球人について木内さんは以前、グレイタイプ宇宙人のような外見であると語っていました。これを聞いた時は別な意味でショックでした。

Re: 金星人

不可知 様

コメントありがとうございます。

> 地球から脱出して金星人になった元地球人について木内さんは以前、グレイタイプ宇宙人のような外見であると語っていました。これを聞いた時は別な意味でショックでした。

そのようですね。
金星の環境が異なるため適応したようですね。
私は、金星人は元の地球人といっても、我々とは起源が異なる人種だと考えています。

不可知様、他に木内さんの詳細情報を持っていましたら、是非、ご教示ください。

calseed

おぢゃまします。

金星の事をヴィーナスと言いますね
ヴィーナスは美を司る女神ですが
金星は博物館など美を受け持つ書庫みたいな役目がある・・・らしい(w
なので、金星からのワンダラーはそのDNAが揺さぶられ
美を司る女神をヴィーナス(金星)と名付けた。。。
また、金星は血縁者で子孫を増やすという習慣があり奇形児が生まれたりする事から
性病の事を「ヴィーナス病」と名付けたという話があります
壮大な妄想話ですいません。

Re: おぢゃまします。

FUJICO様

名前一つにしても奥が深いのですね。
そうするとサタン(土星)にも意味があるのでしょうね。
月はルナですよね。ルナには水の意味があると聞いたことがあります。
やはり大洪水との関係を意味しているのでしょうね。

> また、金星は血縁者で子孫を増やすという習慣があり奇形児が生まれたりする事から
> 性病の事を「ヴィーナス病」と名付けたという話があります

金星に何人の人が移住したか分かりませんが、それほど多くの人数が行けるわけないですから、自然と近親相姦になるような気がして納得です。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策