スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球カレンダー

最近になって無肥料・無農薬栽培の「奇跡のリンゴ」を知りました。巷では有名なのですね。
大変おいしいと評判のりんごのようで、市場ではまず手にはいらないそうです。
この「奇跡のリンゴ」栽培に成功したのが木村秋則氏です。
http://www.akinorikimura.net/

木村氏は大変苦労し20年くらいかけて、「奇跡のリンゴ」にたどりついたそうですが、何故「奇跡」なのかというと、なんとこのりんご、腐らずに2年間もつそうです。
信じられません。本当に奇跡です。

NHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」で木村氏が話している様子がこれです。
http://www.youtube.com/watch?v=j7rO6wgAuEI

木村氏は、「奇跡のリンゴ」が成功するまでは、無収入時代が長く続き、ときには自殺も考えたようですが、そこまでして「奇跡のリンゴ」に執念を燃やした裏には、驚くべき不思議体験があったようです。
それを告白したのがこの著書「すべては宇宙の采配」です。

すべては宇宙の采配すべては宇宙の采配
(2009/07)
木村 秋則

商品詳細を見る


木村氏は高校生のときから、幾つかの不思議体験をしています。

最初は、高校時代に学校の帰り道、突然、世の中の時間がストップした体験をしています。
道路の反対側を歩いてきていたオジサンがぴたっと止まったそうです。片足を上げたままです。
びっくりしていたとき、側の防風林から巨大なワニのようなものが出てきて、防風林から道を挟んで上空にまたいで、大きなゴツゴツとした顔が目の前にあったそうです。
次の瞬間、この巨大なワニのようなものが防風林の先に移動し、体の全体像が見えたそうです。
それはだったそうです。
その後、龍は上空に飛んで行ったそうです。

次に35歳くらいのころ、今度は幻想を見ています。
ギリシャ神話に出てくるようなソクラテス似の人が、丸い石に座っている部屋に木村氏もいたそうです。
その部屋には、頭上に一本の鉄パイプがあり、そこに穴のあいた板が何枚も立てかけられていたそうです。
そのソクラテス似の人が、「待っていたよ。君に手伝ってもらいたいことがある」と木村氏に声をかけたそうです。
「そこにある板をこっちに移してください。」
木村氏は、言われたとおりに、一畳くらいある重い板を、何枚も、一所懸命運んだそうです。

運び終わったあと、ソクラテス似の人に「この板は何ですか?」と尋ねると、
彼は「カレンダーです。」と答えたそうです。
さらに、「何のカレンダー」と尋ねると、
彼は、「地球のカレンダーこの1枚が1年分」と答えたそうです。

驚いて、「これで全部終わりですが、あとはないんですか?」と、また、尋ねたそうです。
彼は、「ありません!」
「ないってことは、地球がないんですか?」と尋ねた瞬間、目が覚めたそうです。

木村氏はこのときの、幻想を良く覚えていて「地球カレンダー」が何枚あったかまで覚えているそうですが、幻想のなかでソクラテス似の人から「口外してはならない」と口止めされたため、いまだに誰にも言っていないそうです。

木村氏は、最近になってマヤ歴の2012年終末説を知ったそうですが、それよりは「地球カレンダーは長い」そうですが、気の遠くなる程、長い期間でもないそうです。

この後も、宇宙人にUFOに連れていかれた不思議体験をしているのですが、そこに木村氏と同じように連れてこられていた白人の女性がいたそうです。 
このUFO体験は夢ではないかと思っていたそうですが、後になって、木村氏が、たまたまテレビを見ていたところ、「宇宙人に連れ去られた経験がある」という女性映っており、その女性が一緒にUFOに乗っていた白人女性だったそうです。
この瞬間、UFO体験は本当だったんだ、と思ったそうです。

それ以来、過去の龍と出会った体験や、地球カレンダーの件も真実なんだ、と信じるようになり、地球に残された時間は少ないと思い、何かを残さなければならないと、無肥料・無農薬リンゴの栽培に人生をかけたそうです。


木村氏のこれらの話に関する私の感想ですが、前出のyoutubeでの木村氏の映像からして、嘘をつくような人とは思えません。
ましてや本当に人生をかけて「奇跡のリンゴ」を生み出しています。
これは、臨死体験の木内氏につながるような人生です。
やはり、木村氏も宇宙の創造主から選ばれた人間ではないでしょうか?

最初の時間が止まり、龍が出てきたシーンでは、日本の守護神「龍神」が、木村氏に何かを伝えたかったのではないでしょうか?

私は、日本人(東洋人)の支配者の祖先は、アヌンナキが誕生させたレプティリアン系ではなく、
http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-12.html
別の宇宙存在「龍神」が関わっているのではないかと、考えています。
従って、中国や日本には龍を神と崇めるものが多いのではないか?

そして、大問題は「地球カレンダー」です。
木村氏は何枚あったか知っているようですが、絶対に口外しないと言っています。
しかし、気が遠くなるほど長い時間ではない、と言っています。

推測するに、2012年より長く、おそらく木村氏が生きているだろうと想像できる期間でしょうから、現在が61歳の木村氏の年齢から考えて、10年後くらいが妥当(35歳当時の地球カレンダー枚数が36枚?)ではないか。
10年後は2020年です。

そもそも、マヤの長期カレンダーが2012年で終了するということを、当のマヤ族の長老ドン・アレハンドロは否定しています。
http://www.y-asakawa.com/message/alejandro1.htm
ただし、そう遠くない日とも言っていますので、木村氏の話とも近いような気がします。

また、木内氏の臨死体験での「戦慄の未来」も2020年前後と、私は推定しています。
http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-16.html

地球カレンダーが終わるということは、一旦文明が終了するということでしょうか?
どうもそのように思えてなりません。

2012年は闇の勢力にとって都合のいい(悪い?)タイミングで天変地異の危機を煽っているだけなのかも知れません。
http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-20.html
実際には2020年前後に、何らかの地球レベルの危機が迫っているのかも知れません。

恐怖を煽るつもりはないのですが、私がこれまで調べた結果では、2020年頃は何か引っ掛かる時期です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

木内さんの記事

今、木内さんのところにジャンプして読んできますた。

いやぁ、やっぱりいろいろ考えさせられる。

あまりの楽観も、ちょっとまずいかな?と思う今日この頃です。

いつも興味深い情報ありがとうごさいます。おちん。

Re: 木内さんの記事

おちん様
コメントありがとうございます。
木内さんは本物ですよ。
それに超能力者久村さん、今回の木村さんの体験も本物だと
考えています。
木内さんの臨死体験の未来は決して来てほしくない未来ですが、
最近の世界情勢を考えると残念ながら可能性が高そうです。
人間は本当に地獄を味わないと変わることができないのでしょうね。
cakseed

地獄を味わないと変わることができない

>人間は本当に地獄を味わないと変わることができないのでしょうね。
最近の民主党の原発推進政策を見てると, 日本の支配者層は原発震災でも起きない限り,原発推進政策を止めることはできないのかもしれませんね.
木村さんの話も興味深いものですが,今回はこのフレーズが胸にずしりと響きました.

Re: 地獄を味わないと変わることができない

BgN様
コメントありがとうございます。
過去に3回から5回くらいカタストロフィーにより文明が滅亡と再興を
繰り返してきたと言われていますが、私は間違いなくそうだったと考えています。
これは人類が喉元すぎれば熱さを忘れる(といっても数千年単位ですが)、
という諺がピッタリのエゴを繰り返してきたからですよね。
ここから人類はよっぽど心を入れ替えて対処しないと、2020年あたりは文明滅亡
のような気がしています。
calseed

No title

奇跡のりんご食べてみたいと思っていました。
龍も神聖が高いと白龍になるのだとか、相撲も横綱は白龍一人になってしまいましたね。
地球や人間のルーツなど、私もいろいろ考えますが想像に限界がありますね(w
ロズウェル事件やエリア51、YAP因子の事だけを取り上げても日本人は地球の雛形になる人種かもしれませんね、今の状態ではなんとも言えませんけれど(苦w
笑い事でありませんね、ホント。。。ありがとうございます。

Re: No title

FUJICO様
コメントありがとうございます。

> 地球や人間のルーツなど、私もいろいろ考えますが想像に限界がありますね(w
> ロズウェル事件やエリア51、YAP因子の事だけを取り上げても日本人は地球の雛形になる人種かもしれませんね、今の状態ではなんとも言えませんけれど(苦w

私が今一番関心があるのは、世界がこの先どうなるのかと同時に、日本人の生い立ちというか、歴史の真実を知りたいということです。雛型とは何か?
何か隠されたものがあるようです。
木内さんも一部ほのめかしてはいるのですが、正式には話ていないようです。
FUJICO様は鍵となるような事をご存じかと推察しますので、よろしければご教示ください。
calseed


読み返してみました

そういえば、木内さんと言い木村さんと言い、自動車工学と深くかかわっていますね。
自動車と宇宙何らかのつながりが?・・・

物質世界にしか必要ない技術・・・

木村秋則は記憶があいまいすぎる

はっきり言って地球カレンダーではない。人類カレンダーか文明カレンダーのはずなのだ。人類の終わりが地球の終わりと勘違いしているひとはたいへん多い。すると事実と妄想が混ざって、事実までがうさんくさくなる。木村秋則も同じで、せっかくりんごは証明できたのに、カレンダーを地球カレンダーに勘違いしてしまったり、龍はしゃべっていなかったのが、しゃべった、さらに秘密をしゃべった、とどんどん木村秋則の記憶が事実と夢と妄想がまざってくる。これは木村秋則の本をすべて読むとはっきり分かる。それぞれ言っていることが違う点があるのだ。事実と夢と妄想がまざりうさんくさくなってしまったことが非常に残念である。

No title

はじめまして

木村さんの本を昨日読んで感動しました。

私も木村さんはかなり偉い神様の化身だと思いました。
沖縄のSさんという聖者がいるのですが
(高嶺善包という人の目覚めという本で紹介されています)
その人の考え方・感性と、木村さんの感性はそっくりなのです。

そのSさんも宇宙創造神の代理であり、
北極・南極・世界中を旅して祈って、
地球の崩壊を食い止めています。
(宗教家ではなく、個人でやってます)

そして、肝心なのが、
Sさんも地球は2019年で隕石衝突で滅ぶ予定と言っていることです。
どうも人類の心の状態と環境汚染が原因のようです。
だからもし人類が反省して清らかな心で生きれば
隕石は2019年には来ないと言っています。

2019年という年は、木村さんのいう「時間がない」というタイミングにも合致しています。
木村さんが70歳くらいの話ですから、
平均寿命を考えると、普通に生きていますよね。
だから焦りがあるのでしょう。
こちらのサイトの予想2020年とも近いです。


それまでにも1999年あたりも、度々Sさんは
祈りによって地球の危機を回避してきたようです。

木村さんが本の最後で
「あなたは気づいてない」と言われたのは
私の解釈では
「あなたは自分が地球存続のために生まれてきた
 尊い神様なのだと気づいていない。
 あなたの心次第で地球の寿命は短くも長くもできる」
ということだと思っています。

無農薬を実践することで地球環境によいのはもちろん、
人体にもいいですし、
自然と共存する思想も大切。
これは明らかに神様からのメッセージを携えて生まれてきた人だと思いますね。

Sさんも苦難の多い人生でした。
木村さんもそうですね。神様は人を試します。
ボロボロになって極限まで痛めつけて
その人の信念を試します。

その神様の試練のやり方が、Sさんも木村さんも
全く同じでした。


今思い出しましたが、
Sさんも木村さんも同じ年頃です。Sさんは65歳くらいです。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策