スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種の支配

毎日たくさんの方にご訪問いただきありがとうございます。
4月は訪問者数が7万8千人超、ページビューが37万PVと急激に増えました。

3月初旬には一旦休止しようと思っていた当ブログです。
ここまで訪問者数が増加しますと、嬉しいのを通り越して大変プレッシャーになっております。

最近は何かと忙しくなり、情報収集も読者頼りになっています。
これまでのような幅広い記事は書けないかもしれませんが、あまり期待しないで応援してください。(笑)


本日は『種』について書いてみたいと思います。

シードバンクのネットワークをやることにした以上、種についてネットや本で少しずつ勉強しております。
そうすると、ここにも壮大な陰謀が絡んでいることが明確に見えてきました。

1年ほど前、他のブログを閲覧していて、ビル・ゲイツなど米国の大富豪が、将来の食糧危機に備えて北極海に「種子の冷凍保存」をしていることを知りました。

このような動きは、陰謀論的には、近い将来全貌を現すであろう世界統一政府の人類奴隷化作戦の一つだという主張がなされていましたが、当時、私自身は『種』に関する知識が乏しく、あまり深く考えていませんでした。

自分たちで野菜さえ作ればなんとか生きて行けるだろうと単純に考えていました。

しかし、それは大きな間違いでした。

今回、自分自身で『種』について調べてみて、世界の闇の支配層が、戦後、時間をかけながら周到に日本の食の破壊をしてきたことが分かりました。

米・野菜については、『種』からすでに食の支配が行われていたのです。

以下のサイトに、世界の支配層がどのように『種』の支配をやってきたかが、分かり易く書かれています。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=215944

ここから一部転載します。

~転載開始~

…ビルゲイツとモンサント、ロックフェラー財団によって、昨年から北極海の小島に実現された「ノアの方舟計画」による遺伝子保存が、今後、ユダヤ金融資本にとって非常に大きな意味をもってくる可能性があり、あえて、注視を求めたいと思った。

ご存知のようにロックフェラー系企業は、カーギル社やモンサント社を中心に、アグリビジネスと呼ばれる世界の食糧支配を企ててきた。その核心部分は、世界中にハイブリッドF1種と呼ばれる優秀な生産性をもった種苗を提供し、日本のタキイなどを含めて世界中の大手種苗会社の経営権を買収し、モンサント社の開発したF1種に代えてゆくものであった。

ハイブリッド種は、その名のとおり、優秀な生産性を持っているが、すでに十年以上前から、これが「悪魔の種」であるとの警鐘が鳴らされ続けてきた。なぜなら、一度畑にハイブリッド種を蒔種するなら、それは一代限りしか育たず、種を蒔いても劣悪なものに変わってしまい、永久に種を買い続けなければならない。それどころか、従来の野菜種と勝手に交配して、種をとれなくしてしまうのであり、この目的が、農民から種の再生産を奪い、永久にモンサント社から種苗を買い続けなければならない構造を産み出すものだったからだ。

そしてF1種と交雑した品種にもモンサントの知的所有権が及ぶとして、零細農民に対し、巨額費用のかかる訴訟を提起し、泣き寝入りにし向けてきた、まさに「悪魔の企業」であった。

今、日本で種苗を手に入れようとホームセンターや農協に出かけても、タキイ種苗(株) トキタ種苗(株) (株)日本農林社 みかど協和株式会社 カネコ種苗株式会社 (株)サカタの種  (株)武蔵野種苗園 など、9割以上が実はモンサントやカーギルなどに経営権を買収されており、実質的にロックフェラーの会社という実態になっている。(唯一、「野口種苗」だけが従来種を扱っている)

したがって、これらの販売する種苗は、ほとんどすべてF1ハイブリッドであり、ほとんど種の再生産が不可能なのである。そして、そうしたハイブリッド種は、無理な交配により遺伝的に劣化することが確認されており、やがて歴史的な農作物をすべて駆逐し、地上から農業作物の再生産能力を奪ってゆく運命なのである。


~転載終了~


私は、シードバンクを考える前は、闇が種の支配をしたところで、日本の農家が種の自家採取をしていれば問題ないだろうと考えていました。

しかし、この考えは日本の農業の現状について、全く無知であることを知らされました。

大規模農家になればなるほど、種の自家採取はやっていないようです。
それどころか、ホームセンター等で市販されている種のほとんどは、遺伝子組換えによって作られたハイブリッド種(F1種)だそうです。

その種から育った野菜から種を採取したところで、二代目の野菜はうまく育たない一代限りの悪魔の種だそうです。

私も、これまでホームセンター等で種を何度か買った事がありました。
今回、固定種F1種の違いを知り、幾つかのホームセンターで種の袋を調べてみましたが、一袋さえも固定種を見つけることができず驚きました。

日本の『種』はとっくの昔に闇に支配されていたのです。


これに警鐘を鳴らしてきたのが、有名な種苗メーカーの中では唯一と言っていい野口種苗研究所のようです。

野口氏の考え方については、こちらのサイトに掲載されていますので、ご参考にして下さい。 
http://noguchiseed.com/


奇跡のりんごの木村秋則氏の関連本の中に、野口種苗研究所の代表者野口勲氏の寄稿文が載っていました。

木村秋則と自然栽培の世界木村秋則と自然栽培の世界
(2010/06/25)
木村 秋則

商品詳細を見る


その寄稿文によると、日本の種がF1種になったのは昭和40年頃からだそうです。
全国に単一作物を生産して大量出荷するように奨励する法律(野菜生産出荷安定法)が昭和41年に施行されたことに起因するようです。

野菜を大量出荷するためには、これまでの自然栽培、有機栽培では追いつきません。

また、野菜の形も同一のものが消費者には受け入れられるようになりました。

これが、F1種の普及に繋がったようです。大手種苗メーカーはブランド化されたF1種をせっせと売るようになり、固定種は店頭から消えていったそうです。

野口氏によると、野菜の味はF1種に比較して固定種の方が明らかに上なのに、時が経過して行くに従い、味の分かるお年寄りが少なくなっていき、完全にF1種に移行してしまったそうです。
価格面でも固定種は大量流通するF1種に太刀打ちできなくなり、姿を消していったそうです。


また、F1種には別の悪も潜んでいるようです。

ほとんどのF1種は化学肥料とセットでなければ生育しないように遺伝子組換えが行われているそうです。

闇の資本が入った化学肥料メーカーの利権も大きく絡んでいるようです。

さらに悪い事に、化学肥料を使って栽培された野菜には害虫が寄って来やすくなるそうです。

虫は野菜に寄って来るのではなく、化学肥料に含まれている硝酸性窒素に寄ってくるそうです。それを養分として取り込んだ野菜に寄って来て、野菜を食べ硝酸性窒素を食べているそうです。(おそらくアオムシなど葉を主食とする虫は除くのでしょう)

化学肥料を使用 ⇒ 虫が寄って来る ⇒ 農薬を散布

という悪循環になるようです。
化学肥料を止めて野菜を栽培できれば、農薬はいらないそうです。
自然栽培や有機栽培では、畑から硝酸性窒素を抜く作業が重要なポイントになるようです。

私にとって、このことは大変な驚きでした。
やっとポナベチTVでりょうすけさんの行なっていることが理解できました。

※参考文献
  
野菜の裏側 ―本当に安全でおいしい野菜の選び方野菜の裏側 ―本当に安全でおいしい野菜の選び方
(2010/09/17)
河名 秀郎

商品詳細を見る



最後に、野口氏によれば、F1種と異なり、固定種は全く肥料なしでもそこそこ育つ能力を秘めているそうです。
我々は、化学肥料がないと野菜は十分成長しないと思いがちですが、そんな事はないようです。


我々が、現在普通に食べている米や野菜は、ほとんどがF1種だと思っていいようです。

そして、それは農薬まみれの野菜なのです。恐ろしい事です。

このまま固定種が絶滅させられては、我々は将来、家庭菜園による自家栽培でさえ簡単にできなくなります。
それを狙っているのが闇です。

私がシードバンクのネットワークを構築しようと思ったのは、この事を知ったからです。

将来、種の支配から逃れる野菜作りをたくさんの方が行う必要があります。


最後まで読んでいただきありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメント

非公開コメント

微力ですが

おなじみのお二人の本ですね
戦後、アメリカが何を企んでいたか
それは日本食の西洋化による、日本人の思想の崩壊と弱体化です
全国の学校でのパン・牛乳の給食化に伴い、飼料と農薬と種がセットになっていました
たった、60年近くで日本人の食卓は総替わり、
顔つきも、体型も変わり、勿論、思考も行動も変わってきてますね
何を食べているかを聞けば、その人の運命も予測できると言われるほど食べる物は重要です
その食べ物の種が操作され、食べる人をも操作できるとすれば・・・
とてもこわい現実です
それでも、ほそぼそと種取りをし自然農法に取り組んでいる仲間がいます
今回のcalseedさんの取り組みに大賛成です
微力ながら、広めていきたいと思ってます
それから、私のブログをリンクしてくださってありがとうございます
身近な野草を使った料理なども提供してますので、興味のある方は覗いてみてください     
木もれび庵 たゆたゆ  http://d.hatena.ne.jp/masam48/  です







私もここの記事で「F1」「固定種」というものを知り、これは大変だと思いました。
友人が「固定種」を買ったというので私は保存する容器「エッペン」を1000個買いました。
ほかの友人が農業専門学校に通っていて、固定種に興味が有る、
ぜひ自分で種を作りたいというので400個、
固定種を取り寄せた人に400個、エッペンを分けました。
ネットで縁が出来た人達の中で「固定種」を保存したい人がいれば
エッペンに種を入れて発送したいと思います。
ここの記事のおかげです。

また、有機農業をしている友人が言うには「固定種」を作りながら農業をするということは非常に困難だそうです。
種はすぐほかの種(しゅ)と交配してしまうので、それをさせないことはかなり難しいそうです。

この話を私と友人(農業専門学校生)とで聞きました。
専門学校生は「私がやってみる」と言ってます。
若い人がこういう意識を持ってくれることはありがたいです。

No title

今話題の、地震などの予知のブログでは、これからはビルゲイツvsロックフェラーと書いてありました。ビルゲイツは今体調があまりよくないとか。ニニギさんの日記では、フォッサマグナでべっこう飴現象が起こるとあります。フォッサマグナで東日本と西日本が真っ二つに折れ、東日本が沈み込み始めるらしいです。すこしでも忙しいcalseedさんのお役に立ちたいと思い書き込みました。すでに知っている内容でしたらごめんなさい。

Re: 微力ですが

むらさきさん

> たった、60年近くで日本人の食卓は総替わり、
> 顔つきも、体型も変わり、勿論、思考も行動も変わってきてますね

おそろしいですね。
倭人の血を消す。これほどまでに徹底的とは思いませんでした。日本人は早く洗脳から脱却する必要があります。


> それでも、ほそぼそと種取りをし自然農法に取り組んでいる仲間がいます

むらさきさんに知合えてよかったです。
近いうちのお邪魔します。本当の農業を見せて下さい。

Re: No title

闇紳士さん

ありがとうございます。
農業をやって行くことは大変だと思いますが、頑張ってください。

Re: 種

Mさん

> ネットで縁が出来た人達の中で「固定種」を保存したい人がいれば
> エッペンに種を入れて発送したいと思います。

是非、輪を広げてください。
こんな簡単なことで日本が変わる可能性があります。


> また、有機農業をしている友人が言うには「固定種」を作りながら農業をするということは非常に困難だそうです。
> 種はすぐほかの種(しゅ)と交配してしまうので、それをさせないことはかなり難しいそうです。

なるほど。我々知らない悩みがたくさんあるのですね。
これからの課題ですね。

Re: No title

ericaさん

> 今話題の、地震などの予知のブログでは、これからはビルゲイツvsロックフェラーと書いてありました。

一枚岩でないことは確かでしょう。
ロックは地球には興味がないはずですからね。
世界統一政府ができたとしても成功しないでしょう。


>フォッサマグナで東日本と西日本が真っ二つに折れ、東日本が沈み込み始めるらしいです。

これは別の霊能者の方から教えてもらいました。
完全に分離するのは数万年後といった先のようです。
ただ、琵琶湖-淡路島ラインが分裂箇所と聞いたので、近いうち(数年内?)に琵琶湖で何かが起きるかも知れません。木内さんの予言らしいです。

No title

いつも、ご苦労様です。

http://kaleido11.blog111.fc2.com/category20-0.html

ご存知かもしれませんが、食料と種に関しては、カレイドスコープさんが興味深い記事を書かれています。NWOの計画は数百年をかけて、地道に進められていますから、人の力だけで打ち破る事は難しいと想います。日本の政治も戦後の対日政策の下進められているのです。自民党から連綿と続けられている政策を民主党に変わっただけの事です。

だからこそ、人知を超えた力が発動する事になると思う。その力を受けるのが種人の方々ですね。多くの種人の方が導かれるように、地道に動いておられることでしょう。

これからの世界を築く力を持った方々には頑張っていただきたい。人知を超えた導きがあるものと想います。
多くの障壁があろうとも、皆さんをバックアップしてくれている力が存在する事を信じて動いていただきたい。

Re: No title

やまとさん

ありがとうございます。

>日本の政治も戦後の対日政策の下進められているのです。自民党から連綿と続けられている政策を民主党に変わっただけの事です。

そうですね。政府は米国しか見ていません。
だから、大変動が起きるし、これはチャンスだと思っています。


> これからの世界を築く力を持った方々には頑張っていただきたい。人知を超えた導きがあるものと想います。
> 多くの障壁があろうとも、皆さんをバックアップしてくれている力が存在する事を信じて動いていただきたい。

もともと地球を作った存在の事を考えれば、バックアップは当然ありますね。ただ、多くの方がそれに気づく必要があります。
私自身もそれらの存在にバックアップされていることを常に感じています。

おはようございます!

何から何まで、支配したいんですね。
奴隷、管理、洗脳、支配、利益独占、分かってはいますが、うんざりしますね。
愛する地球、愛する人類、愛する日本の為に、こうやって活動されている方々に頭が下がる思いです。
ゲイツ氏は、体調が悪いとある方が霊視していました。ロックさんとこれからゲイツ氏が戦いになるとも見解してました。やはり、東日本と西日本は分断するのですかね。夢の中で東京が沈んでいるのを何度も見ました。今は、東京在住ですが、実家は、東海地方なのでどこに行っても危ないですね。
夢の世界が、もう大変なことになっていて、寝るのも怖いくらいです。
木内氏も仰っていたように、この試練、苦労を楽しむくらいの勇気は必要ですね!
怖がっているだけでは、時間が勿体無いですね。同じ時間を過ごすのでしたら、何ができるか分かりませんが、とにかく元気出して、勇気出して、生きていきたいと思います。
知っとうや様を通して、皆様のコメント情報にも感謝しています。
私も地球に降りてきた一員として、次の世代の為に、何かしたいです。

また、コメントさせて頂きますね!

有難うございました。

良い連休をお過ごし下さいませ!

Re: おはようございます!

メイさん

おはようございます。

選民思想とは、我々には理解できないような物凄い支配欲があるようですね。
歴史は繰り返しながら、魂の成長につながっているのでしょうか。
私は、想像ですが地球だけの問題でなく、全宇宙で魂が分裂しすぎたのが原因のように感じています。
創造主、自らも誤算だったのではないでしょうか?


> やはり、東日本と西日本は分断するのですかね。夢の中で東京が沈んでいるのを何度も見ました。今は、東京在住ですが、実家は、東海地方なのでどこに行っても危ないですね。

今すぐの話ではないようですよ。
予言するなら、いつ頃に起きるのか、そのあたりをきっちり説明してほしいですよね。4月中の地震予知も外れましたし。


> 夢の世界が、もう大変なことになっていて、寝るのも怖いくらいです。

貴方の場合は、霊感が相当発達しているようですので、そういう夢を見るのかも知れませんね。
私が同じような状況でしたら、冷静にこんな記事書いていられないでしょう。
人それぞれ役割があり、助け合っていくしかないということでしょうか。

No title

ご無沙汰しております。相変わらずのご活躍、すごいです。
種についてはショックでした。新たな文明に持ち越されるものってなんでしょうね。宇宙文明と云われてますがそこまで辿りつくにはまだまだ年数がかかりそうです。普段からcalseedさんがおっしゃっているように意識を変えることによって生まれるのがアセンションならば今の時代に恩寵をもたらしたものは全て終焉になると思います。キラキラ輝く地球にふさわしい人間しかこの世に残されることはないような気がしています。品種改良を続けた種も化学物質にまみれた食用も残れず、地球の身体に打たれた杭もすべて取り除くためにビルという高層ビルも倒れるまで地震が起きるのではと思うのです。
読者のかたのFさんやNさんのニセモノ説はスピ入りかけの人にはありがたいコメントと感じました。
太古の水の味はどんな感じですか?コントレックスのような味でしょうか?試してみたいと思います。水だけでどれくらい生きられるのでしょうね。
読者の多くの方がたがシンクロしたとおっしゃてるということはもうテレパシーの初期を経験し始めているのかもしれません。

F1など

少々誤解があるように思います。
現在の野菜は野草から選抜、交配を繰り返すことによってできあがった物です。たとえ固定種であってもです。

F1=一代雑種=ハイブリッド種ですが、これらは遺伝子組み替えとは関係ありません。
固定種同士を交配すると、交雑種になるのと同じです。
メリット、デメリットは野口種苗さんの書かれているとおりで、F2(F1の子)が育たなかったり収穫できなくなることはないと思います。

現に私はF1から自家採種して収穫もしています。
トマトやカボチャの種を乾燥してとっておくだけでも結構使えますよ。
食用に売っている豆を播いてみるのも楽しいです。
珍しい豆を見つけるとわくわくします。
豆の備蓄は食糧、種の確保どちらの意味でも重要だと思っています。
アブラナ科は交雑しやすいので自家採種はかなり難しいと思い、ルッコラ以外はやったことはありません。
地方の直売所などで地域の伝統野菜が売っていますが、それらは固定種が多いのでおすすめです。
サカタなど大手の種苗会社でも、固定種は安く細々と売られていますので、捜してみてください。

遺伝子組み替え(バイオテクノロジーの一種でウィルス等を用いてDNAを切り張りします)で次代が実らなくすることは可能かどうかは知りませんが、もしご存じなら具体例を教えていただけませんか?

私は固定種、伝統種、自家採種を愛する者で、シードバンクの重要性も分かっていますが、F1の利点も生産農家等には必要な場合も多いと思います。
まずは、種を播いて育ててみることが大切だと思います。
播かぬ種は生えぬといいますが、実際その通りです。

Re: No title

seisaraさん

ありがとうございます。

> 種についてはショックでした。

私もショックを受けました。焦って野菜作りをはじめました。


>意識を変えることによって生まれるのがアセンションならば今の時代に恩寵をもたらしたものは全て終焉になると思います。

全員の意識が変ればすぐにアセションするでしょうね。そうい意味ではaekoさんの行っていることも否定していません。
ただ、冷静に判断すれば、全員の意識が急に変わることはあり得ないです。
福島原発の状況を、いまだ深刻に考えていない洗脳された国民が多いのを見れば、この先地獄のような苦しみが待っていることでしょう。


> 読者のかたのFさんやNさんのニセモノ説はスピ入りかけの人にはありがたいコメントと感じました。

彼らの中にも真実はありますので全否定してはいけないと思っています。
問題は、彼らを利用し洗脳しようといる勢力がいることでしょうね。そういう現状を知ることが重要かと考えています。とにかく情報洪水時代ですからね。


> 太古の水の味はどんな感じですか?コントレックスのような味でしょうか?試してみたいと思います。水だけでどれくらい生きられるのでしょうね。

普通の水との違いは、分子構造(HとOの繋がりの確度が異なる)だけの違いと聞いています。
味は少し刺激があるような感じですが、ほとんど変わらないと思います。
水だけで長くは生きられないでしょうね。


> 読者の多くの方がたがシンクロしたとおっしゃてるということはもうテレパシーの初期を経験し始めているのかもしれません。

私もそう感じています。

Re: F1など

sakiさん

ありがとうございます。

貴方のように専門知識がある方は、実績のある種を使用されていいのではないでしょうか。
私はそれを否定する立場にありません。逆に教えていただきたいと思っています。

> F1=一代雑種=ハイブリッド種ですが、これらは遺伝子組み替えとは関係ありません。

遺伝子組換えについては参考文献からの情報なので詳細は分かりませんが、「F1=一代雑種」ならばシードバンクしても意味がないですよね。
一代雑種でない交配種は当然保存価値があると思っています。

私が考えている固定種は、F1=一代雑種を除く交配種も含めています。広義の固定種ともいうのでしょうか。
固定種という表現が誤解を与えるかも知れませんね。何か適当な言葉を考えた方がいいかも知れません。


なるほど!

大いなる創造主も誤算したのですかね。
もっと光を感じたくて、よりそれを感じたくて、分離に分離を重ね、
そして、闇をかって出てくれた者たちもまた分離。宇宙全体が分離し過ぎた可能性もありますね。なるほど!なるほど!

私は、地球に残るとか他の星に移送されるとか、別にどっちでも構いません。流れは予め決めて来ているんでしょうから、大いなる流れに身を任せます。

それよりも、地球で過ごせる残された時間をどう有意義に過ごすかです!
次の世代の勇者たちに、安全な食料確保だったり、種だったり、エネルギー、科学についてもそうですが、薬も、ワクチンも、真実をいかに伝えるかです。
何か出きることを、探します!

今までは、私自身も分離を楽しんできた部分もありますので、残された時間は、統合、協調性という方向に進んで行きたいです。

人間は、元々、豊さ、優しさ、全部、自分の中に持っているのに、外に目を向けすぎたんだと思います。
外に目を向けさせる仕組みなんでしょうが、
競争心、闘争心、比較、でも、もうそんなことどうでも良い感じです。
私は、私で。
色んな引き出しは、自分の中にあるんだと思います。
キラキラの引き出しを引くのが逆に怖くなっていますが、自分の為にではなく、人の為にキラキラの引き出しを開けてみます!

色んな仕組みを考えたら、きりがない程、うんざりするだけなので、
自分の中に目を向けます!

有難うございました。

遺伝子組み替え

お返事ありがとうございます。
F1が悪魔の種とまで言われてかわいそうだったので・・・
F1と遺伝子組み替え作物が違う物であることを確認しておきたかったのです。
もちろんシードバンクには固定種の方がいいですが、非常事態になったら何でもいいから播いてください!
個人的に食糧危機が心配なので。
穀倉地帯が被爆したのにまだ減反を続けるなんて信じられないことです。
異常気象も毎年のことですし。

私は遺伝子組み替え作物には反対です。
モンサントの種子はこちらですね。
安全性が確認されていないこと、他の植物への遺伝子汚染などがその理由です。
日本では遺伝子組み替え作物の種子は一般には流通していないと思います。
が、日本でも野生のアブラナ科の植物から組み替え遺伝子が見つかっています。
遺伝子組み替え作物がとなりの普通の作物に勝手に交配した場合、モンサントは賠償金を請求するそうですが、本末転倒もいいところです。
それがまかり通るアメリカ・・・恐るべしです。
それでは、シードバンク、畑作りがんばってください。

No title

私は毎年タキイ種苗とサカタのタネから花の種を買っています。それがロックフェラーのいきのかかった会社に買収されていたとは知りませんでした。確かにF1交配の種は一代限りで、種を採っても貧弱な物で蒔いても同じ花にはならないようになっています。花好きな人は皆さんこれを残念がっていますが、種苗会社が自分の会社の利益のためにそうした種を開発したということは一目瞭然ですね。でも気に入った花なので、種から育てて近くのスーパーの花壇に提供したり友人にあげたりするのが楽しみで毎年購入していました。人の弱みにつけ込んで人を支配しようとしている輩は植物や野菜のの種まで支配していたのですね。
ビル.ゲイツが植物の種を北極の方に冷凍保存しているのは、もしかすると、遠くない未来火星に人類が移住したときのためではないでしょうか。実際に火星移住計画は進行しているとか…。ビル.ゲイツがロックフェラーとか関わっているのはきな臭いですね。

私達は本当に安全で美味しい野菜、心を和ませる美しい花を育てたいだけなのに、なぜこんな輩に支配されなければならないのでしょう。でも負けてはいられません

内海(フォッサマグナ)

日本国民の「二人に一人」が罹患している癌ですが、、、

大国の核実験(中国のゴビ砂漠等)の放射線被曝以外にも、種や農薬といった原因があったのですね(嘆)

さて、フォッサマグナに関するヴィジョンです。

東日本と西日本が捻れるのではなく、数万年前に存在していた内海が、再度 立ち戻るのだと、私は想います。

数万年前の日本列島は、今よりかなり大陸に近く、フォッサマグナの全てが「内海」でした。

形状は、直立した「タツノオトシゴ」といった感じで、、、腹部分が、ザックリと切れている状態です。
その「内海(腹部分)」が隆起して陸地になったのが、フォッサマグナですから、今後全てが水没するのではなく、浅瀬の海へと移行するようです。

ですから、現在の龍の形が変形することはありません。

日本列島の形状は、世界的に見ましても、特異であり、美的にも際立っています。

大いなる力による「極上なる形状(日本龍)」に、我々は生まれ、生かされていることに、何らかの意味を感じずにはいられませ。

今この「分岐点」に生かされていることに 感謝しております。

※縄文地図を見ますと、東京などはフィヨルドのようで、、、
都内の高台に立つだけ

No title

悪の世でも、輝いているものの勝ち
もっともっと輝度を上げて、周囲を照らしたい。
一人が変われば、それだけ未来も変わる。
こんな生き方をしてみたい。

たびたび

預言者やら、チャネラーなる方々のブログ、書籍等、一通り読んでみましたが、違和感を感じる物や、表現等がある部分は、その方の妄想として、私は読み流します。
本物は多くを語りませんから。
ヒント、パズルのような形で直感を使って流れを読み解く感じです。
こうじゃ、あうじゃ、と口答で上から目線の圧力的な物もまた、なるほどねと受け流すようにしています。
誰か偽物だとか、本物だとか、直感的に違和感がない物だと思います。
すっと入ってくる物だったり。
偽物という方も、うまく利用されている場合もありますから、いわゆる憑依的な感じですよね。
一概には、何とも言えませんが、預言なる物に洗脳されてしまうのも怖いです。
私は、よく予知夢を見ますが、時間軸が定められていないので、目が覚めた時に、すぐ起こることか、すでに起きていることか、だいぶ先のヴィジョンなのか、直感的に解読していきます。
最近の夢見が凄すぎて、起きて疲れ、夢でびっくりして、読み解く気力さえ失い欠けていますが、何か起こることは間違えないです。
終わりではなく、始まりだということだけは、確信しています。

何度もコメントして、申し訳在りません。

皆様に光がさしますように!

有難うございました。

Re: 遺伝子組み替え

sakiさん

ありがとうございます。真意理解しました。
シードバンクのサイトが立ち上がりましたら、是非、アドバイスください。
よろしくお願いします。

Re: No title

いまじんさん

ありがとうございます。

知らない欺瞞がたくさん存在するのですね。


>種から育てて近くのスーパーの花壇に提供したり友人にあげたりするのが楽しみで毎年購入していました。

観賞用であればそれでもいいかも知れません。
食糧の場合はそうはいきませんね。


> ビル.ゲイツが植物の種を北極の方に冷凍保存しているのは、もしかすると、遠くない未来火星に人類が移住したときのためではないでしょうか。実際に火星移住計画は進行しているとか…。ビル.ゲイツがロックフェラーとか関わっているのはきな臭いですね。

ロックは間違いなく行くと思います。
ゲイツはどうか知りませんが。


> 私達は本当に安全で美味しい野菜、心を和ませる美しい花を育てたいだけなのに、なぜこんな輩に支配されなければならないのでしょう。でも負けてはいられません

それが人類の宿命なのでしょうか。
これを解決していくことが我々の役割なのでしょう。

Re: 内海(フォッサマグナ)

マグさん

> 大国の核実験(中国のゴビ砂漠等)の放射線被曝以外にも、種や農薬といった原因があったのですね(嘆)

本日、北部九州は黄砂が物凄いです。この光景は久しぶりに見ますね。
それくらい中国の環境破壊は凄いのでしょう。


> 東日本と西日本が捻れるのではなく、数万年前に存在していた内海が、再度 立ち戻るのだと、私は想います。
> 数万年前の日本列島は、今よりかなり大陸に近く、フォッサマグナの全てが「内海」でした。

私が聞いている範囲では日本はほとんど変わっていないようです。
他国は15000年前にかなり変化したようですが。


> 形状は、直立した「タツノオトシゴ」といった感じで、、、腹部分が、ザックリと切れている状態です。

割れていた可能性はありますね。
そこからエネルギーが出ていたのでしょう。

この背景が、自給自足こそ日本の農業の進むべき道であることを示してくれました。

Calseed様

ご無沙汰しております。先読みです。
うちは明日から田植えを始めます。相変わらず農協から籾種の支給を受けて、減反ベースの栽培となりますが、今後危機的な食料難に陥ることを彼らは全く理解していない様です。もはや日本の農業施策に頼ることはできないのが実情です。

こういう長年の農家を取り巻く背景を見るに付け、自給自足をベースとした少量多品種栽培しか生き残る道は無いと確信しております。既に自家採取を始めて3年目に入りましたが、今年からは野口種苗さんの力もお借りして、対象品種を増やしております。固定種は化成肥料なんか無くてもぐんぐん成長しますし、本来の野菜の味がして、ドレッシングなんか無くてもおいしく食べられるものばかりです。

私は、このシードバンク活動が地域コミュニティーベースの自給自足型農業の促進に寄与する可能性を感じて参加させて頂きました。急に変われないかもしれないと思っていましたが、昨今の自然現象を見ると、思った以上に早くこういう活動が必要となる状況が到来しそうですね。

Re: この背景が、自給自足こそ日本の農業の進むべき道であることを示してくれました。

先読みさん

ありがとうございます。

>減反ベースの栽培となりますが、今後危機的な食料難に陥ることを彼らは全く理解していない様です。もはや日本の農業施策に頼ることはできないのが実情です。

私は理解していないのではなく、省庁のトップクラスは故意にやっていると思いますよ。
食糧危機に陥れるために。奴隷化政策の一環です。原発問題も同じとみています。


> こういう長年の農家を取り巻く背景を見るに付け、自給自足をベースとした少量多品種栽培しか生き残る道は無いと確信しております。既に自家採取を始めて3年目に入りましたが、今年からは野口種苗さんの力もお借りして、対象品種を増やしております。固定種は化成肥料なんか無くてもぐんぐん成長しますし、本来の野菜の味がして、ドレッシングなんか無くてもおいしく食べられるものばかりです。

是非、今後も新サイトでレポートしてください。


> 私は、このシードバンク活動が地域コミュニティーベースの自給自足型農業の促進に寄与する可能性を感じて参加させて頂きました。急に変われないかもしれないと思っていましたが、昨今の自然現象を見ると、思った以上に早くこういう活動が必要となる状況が到来しそうですね。

年末にはひどい状態になっていると思います。
あまり時間がないですね。

種、購入しました

初めてコメントさせていただきます。
いつも為になる記事をありがとうございます。

たまたま今春から家庭菜園を始めていたこともあり、
固定種の種を購入、冷凍保存にコッソリと参加してみました。

また、今後の自給自足のためには、家庭菜園だけでは足りないと思い、
食べられる野草を摘んできて食べてみています。

「店で売られている野菜しか食べられない」という洗脳を、
力ずくで解除しようともがいています。
結果、住宅街でも食べられる野草がたくさんあることに気づきました。

がんばって、日本人のDNAを未来へつなげましょうね!

F1種の事を書いて下さりとても嬉しいです。自然農法の福岡正信さんが相当前から強い危機感を訴えていました。F1種の事を多くの人に知って欲しいですね。ちなみに故福岡さんの粘土団子(種を粘土で包んで団子状にしたもの)は、放射能で今後長期立入禁止になる区域があるならばそこに(放射性物資を吸収するという)菜の花やヒマワリを空から無人機で撒くのに使えないのかなと感じています。

Re: 種、購入しました

momoさん

ありがとうございます。

> また、今後の自給自足のためには、家庭菜園だけでは足りないと思い、
> 食べられる野草を摘んできて食べてみています。
> 結果、住宅街でも食べられる野草がたくさんあることに気づきました。

専用サイトを立ち上げた際には、掲示板を用意するつもりです。
是非、食用となる野草コーナーを開設していただけますか。
日本には忘れられた豊かさがたくさんあるような気がします。

Re: はじめまして

おごじょメイ さん

情報いただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

Re: タイトルなし

八穂宮さん

ありがとうございます。

福岡さんは有名な方のようですが、まだ、著書は読んでいません。
これから読んでみます。

種まで支配されているのですか?

こんばんは、calseedさん
種子まで支配されているのですか。 支配層の方たちは神の遣いほどの力をもっていますね。


すべてシナリオ通りにすべてを進めますね、

Re: 種まで支配されているのですか?

てっちゅうさん

ありがとうございます。
富があり、支配する事だけを考えていいのだから、いくらでも悪のアイデアが浮かぶのでしょうね。
恐ろしい事です。

No title

calseed さん、

面白い記事、ありがとうございます。
食料支配は陰謀論の必須科目でしょうか(笑)。モンサントはフロントで、カーギルこそが畜産も含めすべてを握っている。その背後はロックフェラーでしょうが、彼らには国籍は関係なく、要はお金が支配しているということでしょう。
アフリカは彼らの餌食になりましたが、米国でも家庭菜園が出来なくなるような法律が通ったとか。
ただ、このような情報に接すると暗澹となりますが、実際に農に関わると、少なくとも日本では、そう簡単に彼らに支配し尽くされることはないと思えてきます。状況はいいとは言えませんが、自然も人もしたたかです。
種の保存だけで言えば、一般農家、大学を含めた公的機関など、相当数の場所で保存されていると思います。
そんな中で、普通の市民としてシードバンク構想に参加することは、種を知り、種を手に取り、そして、一粒でいいのでそれを蒔いてあげることで、植物と関わることだと思っています。
ビルゲイツのように単に保管するだけでは、それは死蔵でありマイナスの波動です。生かしてやることでポジティブな波動を持つことになり、それは、今後の世界の変動の中を生き抜くのにとても重要になると思います。単に食料の確保以上の意味があると思います。

福岡さんの本、「藁一本の革命」、これを読んで私も自然農を目指すようになりました。

Re: No title

kamuiさん

ありがとうございます。

> ただ、このような情報に接すると暗澹となりますが、実際に農に関わると、少なくとも日本では、そう簡単に彼らに支配し尽くされることはないと思えてきます。状況はいいとは言えませんが、自然も人もしたたかです。

この辺りが、闇が倭人の血をひく日本人の特性をつかみ切れていない点なのでしょうか。とにかく我慢強く、へこたれない。
ただ、最近は西洋化された人が増えてきているので、この先は大変です。


> 種の保存だけで言えば、一般農家、大学を含めた公的機関など、相当数の場所で保存されていると思います。
> そんな中で、普通の市民としてシードバンク構想に参加することは、種を知り、種を手に取り、そして、一粒でいいのでそれを蒔いてあげることで、植物と関わることだと思っています。

人間の基本的役割ですからね。私も成長する野菜を毎日見るのが楽しみです。
ただ、公的機関で保存されていたとしても、そこから貧富の差が生まれると思います。
やはり、個人が備えるべきだと考えています。


> ビルゲイツのように単に保管するだけでは、それは死蔵でありマイナスの波動です。生かしてやることでポジティブな波動を持つことになり、それは、今後の世界の変動の中を生き抜くのにとても重要になると思います。単に食料の確保以上の意味があると思います。

もともと波動の低い人たちですからね。
いずれ彼らが地獄を見ることになるはずです。


> 福岡さんの本、「藁一本の革命」、これを読んで私も自然農を目指すようになりました。

これは基本書のようですから、読まなければなりませんね。

Re: 種、購入しました

momoさん、こんばんは
食べられる野草や薬草、結構身近にも有りますね。
雑草を色々写真に撮って来ては調べてますが思いの外、役に立つ植物が多い事に気が付きました。
私はまだ食べた事無いですが試してみたいと思います。

calseedさん、野草コーナーを開かれた折には参考写真で協力したいと思います。

Re: Re: 種、購入しました

まーさん

> calseedさん、野草コーナーを開かれた折には参考写真で協力したいと思います。

是非お願いします。

No title

calseed 様

 お疲れ様です。
 種苗の世界がこれほど彼らに支配されているとは、ほんとに驚きました。日本の食を確保するためにも、シードバンクのような活動はとても重要なことですね。私は訳あって参加できませんが・・・
 今、世間では放射能汚染に対する対応が問題になっていますが、飯山一郎氏のブログに、非常に簡単で安価な方法が紹介されています。お米のとぎ汁を発酵させた乳酸液が、とても効果があるそうです。人間が飲めば体内の解毒ができるし、土壌に撒けば土壌の改善もできるというものです。
 すでにご存知の方もいるかと思いますが、参考までに紹介します。  http://grnba.com/iiyama/

よろしくお願いします

すでにmomoさんがいらっしゃるそうなので(momoさん、ごめんなさい・・・)、
改めて、ちゅん太でよろしくお願い致します。

calseed様
早々のお返事ありがとうございます。
食べられる野草の話はコーナーにしていただく程の内容がないので、
専用サイトの掲示板の方にちょこちょこ報告したいなと思っています。

まー様
野草の写真を撮られているんですね!
なにげに、みんな、かわいいですよね~。楽しみにしています。
タンポポなどは、私たちのご先祖様が食材として日本に持ち込んだらしいですね。
葉っぱを生で食べたら、ちょっと苦味のあるレタスの味でした。

Re: No title

アライナさん

情報ありがとうございます。

Re: よろしくお願いします

ちゅん太さん

よろしくお願いします。

野草だいすき

こんばんわ
野草の話が出てきたので、俄然張り切っています
「木もれびたゆたゆ」では、野草、山菜料理がメインです
たくさんありすぎて、セレクトして出すのが大変なくらいです
料理の写真は載せてますので、お役に立てれば嬉しいです
今の時期種類も豊富ですのでぜひ食べてみてください
今後、絶対に野草は食卓に必要になると、思っています

No title

まさか種までも支配していたとは思いませんでした。
ぬかりないですね。

多分私の家はF1なのかなと・・・
店に並んでる種、苗を使っていますし
只、農薬は使っていませんね
只単に面倒くさいだけなのかもしれませんが薬を撒いたあとありませんので
小さい頃から何故薬を撒かなければいけないのか、必要なのか疑問に思っていましたが、ブログを読んで分かりました

私も色々と試してみたいと思います!


話変わりますが、何日か前に夢で5、6くらい龍の形をした雲が山(地元では有名な山)の方に向かって動いている夢を見ました。
そして私の目の前に龍がいて、とても温かく優しい目をしていました。
ただの夢でもちょっとホッとしますね!

昔、農大の社会人セミナーで漢方の講義を受けたのですが公園には薬になる植物がいろいろあるんだなぁとびっくりしたことを思い出しました。
もっとしっかり講義をきいとけばよかったぁ(><)

北海道にお住まいの方に聞いた話なのですが、脱サラして土地を買って農業をはじめようとしても農●が水の権利を持っていて加入しないと水を売ってもらえず結局それが原因で挫折してやめてしまう人が多いそうです。
本来人が自由に享受してしかるべきものでお金儲けする人達の貪欲さに唖然とした次第です。

Re: 野草だいすき

むらさきさん

> 野草の話が出てきたので、俄然張り切っています
> 「木もれびたゆたゆ」では、野草、山菜料理がメインです
> たくさんありすぎて、セレクトして出すのが大変なくらいです

やはり自然豊かな場所で暮らすべきですね。


> 料理の写真は載せてますので、お役に立てれば嬉しいです
> 今の時期種類も豊富ですのでぜひ食べてみてください
> 今後、絶対に野草は食卓に必要になると、思っています

よろしくお願いします。
野草の知識も必須ですね。

Re: No title

壬弥さん

ありがとうございます。

> 多分私の家はF1なのかなと・・・
> 店に並んでる種、苗を使っていますし

F1でも、このまま社会の仕組みが継続するなら問題ないのでしょうけど。
世の中の仕組みが突然変わる可能性がありますからね。


> そして私の目の前に龍がいて、とても温かく優しい目をしていました。

龍と関係が深い魂なのでしょうね。

Re: タイトルなし

ゆいさん

ありがとうございます。

> 北海道にお住まいの方に聞いた話なのですが、脱サラして土地を買って農業をはじめようとしても農●が水の権利を持っていて加入しないと水を売ってもらえず結局それが原因で挫折してやめてしまう人が多いそうです。
> 本来人が自由に享受してしかるべきものでお金儲けする人達の貪欲さに唖然とした次第です。

そうですか。
やはり、水は買わなければならなかったのですね。
私も畑用の土地を探しはじめたのですが、水の確保が最重要だと思っています。
近くに川があること。井戸がついているところなど。
この世はすべてが利権ですからね。




我が家の畑は100坪ほどですが、地目が水田のため、毎年水利にお金を払っています。大した額ではありません。
年2回水路の整備に出労しますが、地域貢献兼コミュニケーションの場としては悪くありません。

が、基本的に水やりはほとんどしません。
定植時気が向いたときにやるくらいで、雨の前日に種を播くなどして水と労力を軽減しています。
渇水時や気候によっては無理かもしれませんね。
雨水を貯水しておく方法もあります。

雑草を適度に生やし、表土を露出しないようにすると乾燥防止に効果的です。
ただし、草刈りもしないと雑草に完敗なので、兼ね合いが難しく、人力のみなので広さを持て余しています。
3坪の庭で野菜を作っていたときの方が管理が楽で楽しかったです・・・
また、自然農法等をする場合、周りの人が雑草に寛容でいてくれるかどうかは結構重要なポイントです。
我が家の場合・・・笑ってもらえていると思います。

これから

calseedさんこんにちは。 小林朝夫さんがこれから揺れると、関東の地震を予知しています!
信じてよいのでしょうか?大変動の始まりでしょうか。

Re: 水

sakiさん

ありgとうございます。

> が、基本的に水やりはほとんどしません。
> 定植時気が向いたときにやるくらいで、雨の前日に種を播くなどして水と労力を軽減しています。

水を撒く必要はないのですか。
私は夏場は2日に一回は撒くべきかと思っていました。
いろいろな工夫があるのですね。

> 雑草を適度に生やし、表土を露出しないようにすると乾燥防止に効果的です。
> ただし、草刈りもしないと雑草に完敗なので、兼ね合いが難しく、人力のみなので広さを持て余しています。

週末菜園であれば10坪くらいがちょうどいいかも知れませんね。


> また、自然農法等をする場合、周りの人が雑草に寛容でいてくれるかどうかは結構重要なポイントです。
> 我が家の場合・・・笑ってもらえていると思います。

これからいろいろ考えていきます。

Re: これから

てっちゅう。

わかりません。
とりあえず1カ月有料会員になっていますが、先日はずしましたからね。あまり信じることができません。もっとピンポイントで予知できるのかと思っていました。
今回も11日までと長すぎる期間指定ですよね。あれなら当たらない方がおかしいと思います。

よっぽど、私のネット接続状態の方が予知できますよ。3月初旬はネットの中断が頻繁でした。現在は全く正常です。

ただし、他の体感予知の方も警告しているので今回十分可能性はあるかもしれません。

また、数人の霊能者が近いうちに前回以上のものが起きると言っているので、夏までにあるかも知れません。

了解しました

calseedさん、ありがとうございます。 彼の記事は信用しません!会員登録した自分が馬鹿でした!あと少しで切れますけど・・・ 嫁の実家で農業の勉強でもします。

Re: 了解しました

てっちゅうさん

>会員登録した自分が馬鹿でした!

そうでしたか。
部分的にはためになる記事もありますが、煽り一辺倒ですからね。
地震が来るのを期待しているようで気に入りませんね。
有料の価値はないですね。

でも、今回は気を付けた方がよさそうです。
HAARPも揺れているし、ビン・ラディン?も図ったように殺害されたようです。
米国の後へ引けないサインと見ています。始まりますよ。

メッセージをもらってると信じて・・。

 はじめまして。

 私は、超能力とか夢のお告げとかそういうものには全く疎かったのですが、地震が起こった後に「私も聞く準備ができました。何か教えてくださるのなら教えてください。」とお願いしてみました。自分でも一体誰にお願いしたのかわからないほどの、初心者ですけど。

 今のところ、浮かんでくるイメージはランダムで自分の頭に浮かぶことが自分の思いこみなのか誰かが教えてくれてるのかの区別は全然付きません。
が、「闇の組織」といわれる人たちにも感謝するように、と言われました。あの人たちは、普通の人がまとまれるような役をしている、と。(本人たちに自覚があるのかどうかはわかりませんけど)
 それから、オバマ大統領の「Yes,We can!」は私たち(人類)は
やれる!という意味で発せられた、と。(オバマさんがそういう意味で発言した)
 いままで何の能力もなく、努力もせずにいきなりなんだかメッセージをもらって半信半疑なんですが、謙虚に、何かひらめきがあれば、教えてくださってるんだなと信じて耳を傾けていこうと思います。種も集めていきます。
ブログ、楽しみにしてますね。

Re: メッセージをもらってると信じて・・。

こっとんさん

コメントありがとうございます。

私自身はメッセージを受信することはできませんが、そういう別世界があるのは間違いないと思っています。

ただし、自ら進んでそういう世界に繋がろうとすることは、あまりいい結果を生まないように聞いています。

霊界は地球の人口の数倍、数十倍、もっと多くの霊がいるようです。
世の中には変な人間もたくさんいますが、霊界はその比でないくらい多くの低級霊が、今に人間に憑依しようと待ち望んでいるそうです。そこに、選別能力が備わっていないまま自ら心を開くと、それらの低級霊に憑依されかねないようです。

私がお会いしたり、聞いたりした霊能力のある方は、生まれつきか、またはある日突然、自らの意志ではなくそういう能力が備わった方ばかりでした。先日のワンダラーやウォークインもそうでした。

私は、霊性は自然に備わるものだと考えています。

Re:よろしくお願いします,野草だいすき

ちゅん太さん、むらさきさん、calseedさん、こんばんは
遅レスですみません。
野草、雑草は種類にもよりますが良く見ると可愛らしい花も咲いて生命力に溢れてて魅力的に見えますね。
植物を育てる方はとんと駄目な口なのでもっぱら見て楽しむタイプですが華やかな園芸種には無い素朴な魅力が有ってついつい草むらなどで探してしまいます。

何気なく見逃してた草花も色々調べてみると
食用になるものはもちろん薬草としても効果の有るものなどそれぞれ役割が有り人の役に立ってくれるものも多いので興味深いです。

自分の中では自然との共生が今後の大きな目標になりそうなので身近な植物を通して共存共栄できるように行動していきたいと考えてます。
まずは少しづつですが記録をしてるのでこんな形でも役に立てれば嬉しいです。

いずれは放置林の里山化や休耕田のリサイクルなど農業林業とも連携するような話になるのが楽しみです。

No title

この先厳しい生活になった時に、シードバンクとともに自然療法も大切になってくると思うのですが、今までそういった物が大変効力があるのにも関わらず、発展してこなかったのはやはり圧力のせいでしょうか?私は数年かけて、世間では原因不明と言われている病の原因をよくわかる事ができました。日本中の医師もわからないので根本的な治療をせずに薬を渡すだけのようです。この病は薬など必要ないと思ったのと同時に、他の病も同じではないかと思いました。本当に今までの薬に依存する時代は間違っていたと思いました。(私は昔から薬がとても嫌いでほとんど飲んだことがありません)逆に心や体も蝕まれる、結果、悪の思い通りになっているのではないかと。きっと昔の文明では人間の自然治癒力を最大限に生かすのは当たり前の事だったんでしょうね。

Re: No title

ericaさん

ありがとございます。

> 自然療法も大切になってくると思うのですが、今までそういった物が大変効力があるのにも関わらず、発展してこなかったのはやはり圧力のせいでしょうか?

食と医療は陰謀の2大テーマですよね。圧力があるのは当然でしょうか。


>私は数年かけて、世間では原因不明と言われている病の原因をよくわかる事ができました。

たぶんericaさんもワンダラーですね。J子さんも同じような能力があると話していました。そういう人がいるようです。


>日本中の医師もわからないので根本的な治療をせずに薬を渡すだけのようです。この病は薬など必要ないと思ったのと同時に、他の病も同じではないかと思いました。本当に今までの薬に依存する時代は間違っていたと思いました。

そのような医療システムになっているから、一般的なエリートと言われるような医師も洗脳されているのだと思います。霊性を知れば彼らも変わるでしょう。

私もここ数年、薬は全く使わなくなりました。

No title

ご丁寧にレスありがとうございます。
一つ一つにレスつけられていて、頭が下がります。
また、ご意見伺いたいのですがよろしいでしょうか?

>私自身はメッセージを受信することはできませんが、

そうですか?calseedさんが、必要な情報や会うべき人が向こうから
やってくる、みたいなことを書かれてましたが、私は今までそういうこともメッセージというか介入というか・・そういう風に受け取って生きてきてました。
 私自身にも、「どうしても私をこの方向に進ませたいんだな」と思われる人生の動き?とでもいうかそういう経験はあり、それは誰にでもあると思います。みんな自覚してないけど、メッセージを受け取っているのではないか・・と。
(私の言うところのメッセージは、calseedさんがお会いになったような方たちと同じレベルの話では全然ないのです。もっと普通レベル・・というか。)

 私にとって、メッセージというか介入をする存在は、お母さんに一生懸命話しかける小さな子供で、人間は携帯に夢中になってその話を聞いていないお母さん、というようなイメージです。
なので、一度「ごめんね、ちゃんと聞くからお話して。」と言えば
子供は喜んで話してくれるor自分がそれを感じられるようになるのではないか・・・と。
 霊的な能力のある方は、全体像が見えて人類全体へのメッセージが受け取れるが、もちろん私にはそれはできない。
でも、私は私個人へのメッセージが受け取れるようになりはじめ、他の方もそれが可能なのではないか・・という感じです、うまく言えないけど。

 今まで自分や家族が紙一重のところで危機を避けてきたときに、介入をする存在というものが本当にあるのかどうかわからないながらも「おかげさまで助かりました。これからも、お願いします。」的なことを心で思ってきたのですが、この程度のお付き合い(介入する存在との)は誰にでもあることだと思います。

 私は地震の後、そこからもう一歩前進して「何か伝えたいことがあるのなら、聞く準備ができました。」というスタンスに自分を変えてみたら、安心感を得られるような存在を感じるようになりました。
 いつもいいことばかりを聞かせてはくれませんが、悪いことも覚悟と準備をすればいいだけのことで、仮に自分や家族が死んでしまったとしても、それはこの世界では大したことではない、というそういう風に受け入れられるようになりました。

 私はこういった世界を周りの人に伝える役割が自分に課せられてるとは全く思ってませんし、そういう行動をとるつもりもないですが、私が感じてるこの安心感みたいなものをみんなが感じられるようになればきっともっと事態はいい方向に進むと思います。
また、それはそんなに難しいことではないようにも思います。

ただ、おっしゃる通り能力がないのにこの思念の送信元が善か悪かの判断をどうするか・・・それは問題です。どうしたらいいでしょうね?
 安易に何かを妄信してしまうのは、現実であれ霊的な世界であれ避けるべきことだ、とはおっしゃる通りだと思います。
アドバイスありがとうございました。

幣立神社行って来ました

おはようございます。
今朝早く起きて両親と3人で幣立神社へ行ってまいりました。
御船IC手前辺りから太陽が見えなくなるほど霧が凄かったです…。
神社着いて石段上がってる時はきつかったです。帰りは逆に疲れも吹き飛び汗までかいてました。
龍神池が近づくと蛙が綺麗な声で鳴いてました。水汲んで持ちかえろうとペットボトルに右・左って書いて持って行ったのに水が出てませんでした。一体どうしたんでしょうか…。
車中では親に肥料のこととかきいてみたら化学肥料使ってるそうなので、竹粉をすすめておきました。

Re: No title

こっとんさん

> やってくる、みたいなことを書かれてましたが、私は今までそういうこともメッセージというか介入というか・・そういう風に受け取って生きてきてました。

自分の能力もしらないまま霊性に興味を持ち、自分からチャネリングを始めるような事はやめた方がいいという意味のつもりでした。
私が誤解していたのかも知れませんが、こっとんさんが、もしかしたらそういう方なのかとコメントの文脈から想像しましたので、おせっかいと思いながらも返信しました。
以前からそういうメッセージがあるのであれば、該当しませんよね。失礼しました。


>  私自身にも、「どうしても私をこの方向に進ませたいんだな」と思われる人生の動き?とでもいうかそういう経験はあり、それは誰にでもあると思います。みんな自覚してないけど、メッセージを受け取っているのではないか・・と。

誰にでもあるでしょうね。気づかないだけで。私は最近気づきました。


> 私にとって、メッセージというか介入をする存在は、お母さんに一生懸命話しかける小さな子供で、人間は携帯に夢中になってその話を聞いていないお母さん、というようなイメージです。

そういうメッセージが気づけるだけでも羨ましいです。


> また、それはそんなに難しいことではないようにも思います。

実はそうなのですが、この世の洗脳社会に染まった人は簡単には気づきません。私がそうでしたから。
当ブログは、一般的には奇異に見られると思います。だから、私は不思議世界以外の事も書いています。
もともと不思議世界がメインテーマではなかったのですが。

Re: 幣立神社行って来ました

黒木さん

> 今朝早く起きて両親と3人で幣立神社へ行ってまいりました。

もう行ってきたのですか?早いですね。

> 龍神池が近づくと蛙が綺麗な声で鳴いてました。水汲んで持ちかえろうとペットボトルに右・左って書いて持って行ったのに水が出てませんでした。一体どうしたんでしょうか…。

これ聞いていました。
磁場の変化の影響かも知れませんね。

こんにちわ。

種の支配は、それほど深刻なものでしたか…。
考えが甘かったです。

F1から固定種に移行できる種は、すごく少なそうですね。

農家によっては、昔から自分の食べる分だけ固定種で作っている所もあるようですが、
僕の実家は残念ながら違います。

両親は完全に資本主義と、くだらない一般常識に洗脳されてしまっていて、
僕の話に耳を傾ける事があまりないのが、もどかしいです。

なんとか説得できればと思うのですが…。

Re: 種

なりさん

> 両親は完全に資本主義と、くだらない一般常識に洗脳されてしまっていて、
> 僕の話に耳を傾ける事があまりないのが、もどかしいです。

私の家族も同じです。
自分が少しずつでも始めればよろしいのではないでしょうか。
いずれ気づくでしょう。そのときは結構大変な状態になっているでしょうけど。

接触

野菜も植物も膨大な意識の一部、これを弄くるなど今後彼らも無事では済まないでありましょうね。
植物も意識があります、木内さんの意見に反しますが私は花粉で訴えていたようにしか見えません。
最後の砦は植物の自爆による文明のリセット

このサイクルが古代から続いてきたのかもしれませんね
倭人、ユダヤの戦いの根本は環境破壊の道と環境を維持していく道の考え方の違いから生まれたのかもしれないなんて妄想したり・・・

Re: 接触

strokeさん

> 植物も意識があります、木内さんの意見に反しますが私は花粉で訴えていたようにしか見えません。

木内さんも植物は意識があると話していますよ。
それに花粉症が問題となるように花粉が多くなったのは、光害による植物の危機意識からと話していました。


> 最後の砦は植物の自爆による文明のリセット

たぶん、今年から来年にかけて植物が枯れていくことが大問題になるでしょうね。
光害で2011年から植物が枯れていくとかつて植物学者が話していたそうですが、実際には放射能が原因だったのだろうと私は個人的に妄想しています。

アブラナ科の種とり

アブラナ科の種採りですが、プランターでできるかもしれません。交配するのは基本的に虫が花粉を運ぶのでネットをかぶせる.。
または、アブラナ科Aの花が咲きアブラナ科Bの花が咲だしたらアブラナ科Aの花が咲いている分を摘み取ればアブラナ科Aの種は純粋なままに採れます。
今年は遅いですが来年以降のために一応覚えておいてね。
私もちょっと前に気が付いたんです。
河原に咲いているアブラナ科の菜の花の場所を覚えておけば冬場に食べられます。からし菜と交配していたら辛いよ。

ついでに

アブラナ科の種取りの話が出たので、つられて書きます。

アブラナ科は他家受粉で自家不和合性があります。
意味分かりにくいのですが、同じ株の花の花粉では実ができませんということです。
なので、2つ以上株を残しておくことが必要です。

それと、自家採種を何年も繰り返すと、どうも弱って来るケースが見られるのもアブラナ科には多いので、3年に一度少し離れた地域の方と種の交換をするのが良いかも知れません。

僕は今それ用の種取りで6株ほど残してますが、カラシナ系の野良菜の花がそこら中にでてくるので、負けそうです。。。大丈夫かなぁ

Re: アブラナ科の種とり

みーこさん
りょうすけさん

ありがとうございます。
野菜は種類が多いので栽培方法を覚えるのは大変ですね。

No title

初めて貴ブログをしり、興味深く読ませていただいています。
私は農学部だったのですけれど、その時教授が種を集めて保存するので、海外に行ったら、種を持っておいでと言っていたのを思い出しました。
あれは何の目的で使われたのかわかりませんが、良い意味での保存だったらいいなと思ってしまいます。

Re: No title

こんにちはさん

コメントありがとうございます。

> 私は農学部だったのですけれど、その時教授が種を集めて保存するので、海外に行ったら、種を持っておいでと言っていたのを思い出しました。
> あれは何の目的で使われたのかわかりませんが、良い意味での保存だったらいいなと思ってしまいます。

私の友人は大学で種の研究をしていました。
私の大学では主として遺伝子組換技術の研究でしたね。
有名食品メーカーの研究者になっていました。


どうか声を届けて下さい。

初めまして。いつも楽しく読ませていただいております。
calseedさんの書かれることはどれも以前から知りたかったことばかりです。大変勉強になりますし、いつも興味津々です。

農水省が意見を募集しています。
モンサント社の高額な種を買わされインド農民が同社農薬を使い大量自殺した過去もありますね。⇒ http://ow.ly/55gnK
北米でも問題の同社が日本での流通のため農水省に承認を要請、同省が承認前に意見募集中!どうか声を届けて下さい。私も考えています。
6/21迄です。⇒ http://ow.ly/55gnM

Re: どうか声を届けて下さい。

ユーリさん

コメントありがとうございます。

農水省に声を届けましょう。
彼らには真剣に動いてもらいたいですね。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策