スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが龍だ!

最近、にまつわる話やコメントを聞いたり読んだりします。

やはり、特に日本にとっては龍は特別な存在のようです。
<参照:龍の国>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-105.html
<参照:龍人>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-119.html

先日の浅川氏のセミナーでは、浅川氏はNZで沢山の空を飛ぶ龍を見たそうです。
あまりの神秘的な光景にシャッターチャンスを逃したようですが、数枚は写っているそうです。いつかセミナーで紹介すると話していました。

私がお会いした方にも2名ほど龍を見たことがあるという人がいらっしゃいました。
あれこれさんも先日、龍の形の雲を見られたとコメントしていましたね。


以前も龍の種類について少し書いたことがありますが、龍に関して木内氏の講演DVDでは次のように語られています。

古代の人(縄文時代)は地球を流れるエネルギーの習性を理解しており、それを農法に取り入れた。それが龍神信仰に繋がった。

それを広げた人物こそが、後にスサノオノミコトと呼ばれる人物ではないかと木内氏は話しています。
スサノオノミコトは未来を予測することができたようです。
そして龍の種類について次のように話しています。

●白龍
 山の小川や地下水が流れている場所では、そこに繁茂する木は、そうでない場所の木よりも成長している。それは何故か?
 地球内部の地殻は電気エネルギーを通さないが、水は電気エネルギーを伝導する。水が流れるところは電気エネルギーによりマイナスイオンが発生し、空気中の窒素が地表に降下してくる。すると地表のリンなどと化合物になって天然の肥料となる。
 従って水が流れている場所は、木が成長する。
 この水を流れる電気エネルギーが白龍と呼ばれた。


●黒龍
 縄文時代の畑跡の断層を見ると、地表下に炭の層が見つかることがある。炭の層は電気を伝導しやすく、それによって地表がマイナスイオン化され空気中の窒素が降りてきて(前述のような仕組みで)天然肥料となる。縄文時代の人はそのことを知っていたのだ。
 この地下を流れる電気エネルギーが黒龍と呼ばれた。


●青龍
 米作は古代は陸稲だったが、途中(縄文時代中期頃)から水稲に変わっていった。
 それは、水田の方が陸稲よりも収穫量が多いことが分かったからだ。水田の方が収穫量が多くなる理由は、雷(電気エネルギー)によって、水田の水がマイナスイオン化され空気中の窒素が降りてきて(前述のような仕組みで)天然肥料となることを知ったからだ。
 当時の人たちは雷を青龍と呼んだ。
 また、雷の事を稲光と呼ぶ由来はここから来ている。


昔の人の知恵は凄いですね。

日本ではこのようにして龍が神として信仰の対象となったのでしょう。

私は、龍というのはいわゆる宇宙人と同じような意識体ではないかと考えています。
そして創造主(膨大な意識)の使いとして、実際に古代の文明創生期には龍蛇族のような宇宙存在がサポートしたのかも知れません。


前置きはここまでにして、今回、お知らせしたかったのは龍の画像です。
クローバーさんから先日いただきました。
高校時代の上海旅行の時にホテルで撮った写真だそうです。7、8年前のものでしょうか?

doragon_convert.jpg
(クリックで拡大)

使い捨てカメラで撮った写真をスキャナーで読み込んでいる画像ですので見づらくなっていますが、緑色の光はすべて龍だそうです。(白い光はホテルのライト)

中央左よりにこの画像の中では一番明瞭に小さめの龍が写っています。
これをクローバーさんがイラストにしたのが、次の画像です。


ドラゴン

実際にはこのように見えたそうです。
驚きの画像ですね。

また、左上に長く大きい3本の光があります。
これは別の龍の2本の足と尾だそうです。

他にも分かりづらいですが、何匹かの龍が薄く写っています。

色が緑色の龍は何の使命を持っているのでしょうか?


問題は、クローバーさんがなぜこの画像を私に送ってきたのかです。

これをいただいたのは1月20日。
クローバーさんがあちらの世界の存在から私に渡すようメッセージがあったそうです。
理由は特に伝えられてなかったそうです。

いただいた私は、ただ驚くばかりでしたが、これをブログの記事に掲載していいかクローバーさんに尋ねました。

クローバーさんから、「龍の写真はまだブログに公開する時期ではないようなので、もう少し待っていただけますか」と返信がありました。



その後、2月初めに「掲載していいですよ」という許可をいただきました。

ただ、私は龍の写真だけ掲載しても芸がないと思い、龍に関する事象が生じる(おそらく生じるだろうと思い)まで待つことにしました。

すると、その後見た木内氏のDVDで前述の龍の話が出てきました。
また、先日の浅川氏の講演会の前半は完全な龍神の話。
あれこれさんからも龍雲のコメント。


これは龍の画像を公開する時期だと思った次第です。


私はこの龍の写真が上海で撮られたところがミソだと思っています。
一昨日、上海でネットにより通じ合った若者が暴動を始めました。
これは、これから始まる大変動を暗示するサインではないかと妄想している次第です。

エジプト騒乱がバーレーン、リビアに拡大しました。サウジ、イラン、イスラエルと波及すると思います。
石油危機がすぐそこに迫っている気がします。
やはり木内氏の見て来た未来に近づいている気がします。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神秘体験
ジャンル :

コメント

非公開コメント

原油急騰、国債暴落、そして

DVD(私は見てませんが)の中で、白山に封印されていた黒龍を解放したお話はありませんでしたか? 深い意味がありそうですが追究してません。

calseedさんは龍(神)とよほどの因縁がおありなのでしょうね。
 私はあまり縁が無いようですが、数年前、河口湖に出掛ける前日に夢で白龍が空をうねって飛んでいるのを見たことと、3年前の7月に自宅上空に龍形の雲を見たくらいが龍?との遭遇体験です。龍神が守護に付いていると自称する人もいるにはいますが。

今回公開された画像・情報が単に場所・人物の巡り合わせだけでなく、今後、龍と縁ある人々の中で何かを目覚めさせる役割があるのかも知れないですね。

 霊能ブログでは地球内部の磁気を8体の巨大地龍と感知し、日本近辺の地龍が動くと地震発生するので祈念して防いでいるとか(話題の沖縄のカミンチュにはそのような力は無いと断言してましたが)、神界から脱走した龍達が現実界の人間に憑依して新興宗教を起こしたとか、昭和天皇が巨大な緑龍となって戦没者の霊魂を昇天させているとか、種々エピソードを語っています。
 以前もコメントしましたが、知り合いの霊能者によると幽界に溜まった霊は、将来巨大な龍によって祓われてしまうそうです。リンゴの人が龍を目撃した時は時間感覚が異常になっており、やはり変性意識状態での目撃だったと考えられます。意識的に龍を目撃できる人は特殊なのでしょうが、今後増えていくのかも知れません。

 NZ南島の直下型地震、震度6以上だったようです。身に危険が迫った時、事前に何かを感じられるような人間にならなければ、、、、。

龍雲の進路

日本は「世界の雛型」という説がありますが、四国がオーストラリアで淡路島がニュージーランドだったと思います。
あの龍雲は頭を淡路島に向けていましたよ。大分でも龍雲が見られたなら、九州に対応するアフリカ?が危ないという事になるような気がします。シナイ半島が裂ける夢もリンクしてくるような。これは怖いです。

今朝のリアルな夢

すみません、記事と関係ないのですが、今朝、地震でたくさんの日本家屋が倒壊している夢をみました。中には洪水(津波かも?)で家が全壊したり半壊したり。時期は不明です。今回の夢では、はじめて地域名を知らされました。「糸島」です。たぶん、九州と思いますが・・・。正直、半信半疑ですが、取り急ぎ報告します。

連投

連投すみません。
日本が雛型とすれば、九州の糸島にあたるところは世界ではどこになりますか?もしかしたら、私が見た夢は、その場所のことかも?

白山

不可知さん

出張中のため帰宅後詳細は返信しますがDVDには白山の話はありませんでした。

六甲山でも同様な解放があったのですよね。

龍雲

19日に、奈良の天河神社に行ったのですが、途中
阪奈道路を車で走っている時に、パイプラインの感じで
太く延びた龍雲を見ました。広い範囲で見られている
ということは、東西のラインで龍脈が動いているという
ことでしょうか。

>J子さん

福岡の糸島市としたら、アフリカでは、モロッコ、
アルジェリア、チュニジアあたりでしょうか。
http://www.meti.go.jp/hakusho/tsusyo/kakuron/H13/MAP03-07-00.htm

龍雲 見ました

19日、私も宝塚で龍雲見ました。
※あれこれ さん コメントありがとうございます。
ものすごく、くっきりとウロコも見えましたよ

No title

calseedさん、

クローバーさんが写真を渡された経緯や、calseedさんがこの記事をアップするまでの経過が面白いですね。
導かれているとしか言い様がないですよ。

龍と電気ネルギーの話で思い出しましたが、カタカムナ文字を解明した楢崎皇月は「植物波農法」というのを考え出し、大地電位を測定して、イヤシロ地とケカレ地を見分け、ケカレ地をイヤシロ地に変える手法も考え出したそうです。
これは、まさに縄文時代の智恵を近代的手法で蘇らせたものですが、昔の人はすべてを感覚的に知っていたのでしょうね。
しかしこの電気エネルギーを「龍」という字で表現するのは、人類の進化の過程に龍が何らかの関与をしたのでしょうね。

ところで、六甲山は何の封印が解かれたのですか?
近くなので気になります。

Re:龍雲の進路

>あれこれ さん
私が見た東から西へ向かっているように見える龍雲は、正確には福岡県内でみました。(福岡⇒大分への帰り道でした。)

おぼろげですが、、、
大体↓ぐらいの場所から見えたと記憶しています。
http://maps.google.co.jp/maps?hl=&rlz=1B3GGGL_jaJP305JP305&um=1&ie=UTF-8&q=%E5%9F%BA%E5%B1%B1PA%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%9B%B3&fb=1&gl=jp&hq=%E5%9F%BA%E5%B1%B1PA%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%9B%B3&hnear=%E5%9F%BA%E5%B1%B1PA%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%9B%B3&cid=0,0,16935388088771313407&ei=KPZkTYrYKYagvQOMyMWrBg&sa=X&oi=local_result&ct=image&resnum=1&ved=0CB8QnwIwAA


龍雲が向かっている方向的には、糸島の方ともいえなくもないですね。
ただ、どちらかというと、長崎県や佐賀県へ向かっているように見えました。

Re: 原油急騰、国債暴落、そして

> calseedさんは龍(神)とよほどの因縁がおありなのでしょうね。

何か関係がありそうです。


>龍神が守護に付いていると自称する人もいるにはいますが。

仮についていたとしても頼ってはいけないでしょう。


> 今回公開された画像・情報が単に場所・人物の巡り合わせだけでなく、今後、龍と縁ある人々の中で何かを目覚めさせる役割があるのかも知れないですね。

何かがあるのでしょう。


>  霊能ブログでは地球内部の磁気を8体の巨大地龍と感知し、日本近辺の地龍が動くと地震発生するので祈念して防いでいるとか(話題の沖縄のカミンチュにはそのような力は無いと断言してましたが)、神界から脱走した龍達が現実界の人間に憑依して新興宗教を起こしたとか、昭和天皇が巨大な緑龍となって戦没者の霊魂を昇天させているとか、種々エピソードを語っています。
>  以前もコメントしましたが、知り合いの霊能者によると幽界に溜まった霊は、将来巨大な龍によって祓われてしまうそうです。リンゴの人が龍を目撃した時は時間感覚が異常になっており、やはり変性意識状態での目撃だったと考えられます。意識的に龍を目撃できる人は特殊なのでしょうが、今後増えていくのかも知れません。
>
>  NZ南島の直下型地震、震度6以上だったようです。身に危険が迫った時、事前に何かを感じられるような人間にならなければ、、、、。

浅川氏の龍神の話が気になりました。オフレコなので書きませんが、浅川氏が扉を開いた龍と今回の地震が関係があるような気がしてなりません。被害者は日本人が多いし。

Re: 龍雲の進路

> 日本は「世界の雛型」という説がありますが、四国がオーストラリアで淡路島がニュージーランドだったと思います。

確かにNZで起こりましたね。浅川氏もNZで龍を見ています。


> あの龍雲は頭を淡路島に向けていましたよ。大分でも龍雲が見られたなら、九州に対応するアフリカ?が危ないという事になるような気がします。シナイ半島が裂ける夢もリンクしてくるような。これは怖いです。

アフリカはすでにチュニジア、エジプト、リビアと暴動が広がっています。それが龍の怒りかも知れません。


Re: 今朝のリアルな夢

J子さん

> 今朝、地震でたくさんの日本家屋が倒壊している夢をみました。中には洪水(津波かも?)で家が全壊したり半壊したり。時期は不明です。今回の夢では、はじめて地域名を知らされました。「糸島」です。たぶん、九州と思いますが・・・。正直、半信半疑ですが、取り急ぎ報告します。

ウーン。福岡市の隣ですね。私の自宅からも近いです。津波が生じたのなら相当な地震ですね。
そこで地震が起きたら玄海原発がヤバいです。たぶん近いうちには起こらないと思います。山勘です。

Re: 龍雲

夜刈さん

> 19日に、奈良の天河神社に行ったのですが、途中
> 阪奈道路を車で走っている時に、パイプラインの感じで
> 太く延びた龍雲を見ました。広い範囲で見られている
> ということは、東西のラインで龍脈が動いているという
> ことでしょうか。

19日に何か生じたのは間違いないですね。
10数本の飛行機雲が連なっているのを初めてみました。これを龍雲と言っているのでしょうか。
もうすでに世界は激動期に入りましたが、近いうちに相当なことが起きると思っています。
6月までの間でしょう。

Re: 龍雲 見ました

ハロさん

> 19日、私も宝塚で龍雲見ました。
> ものすごく、くっきりとウロコも見えましたよ

ハロさんも龍とご関係がありそうですね。

Re: No title

kamuiさん

> 導かれているとしか言い様がないですよ。

最近数名のかたから言われましたが、私は知覚していないだけで私の周りでは何かが采配しているのでしょうね。
低級霊にひっかからないように心がけます。たぶん大丈夫ですが。


> これは、まさに縄文時代の智恵を近代的手法で蘇らせたものですが、昔の人はすべてを感覚的に知っていたのでしょうね。

縄文時代の人の知恵は凄いみたいですね。それが失われたのが残念ですが、復活させることが日本にいては世界の復活になるのでしょう。


> しかしこの電気エネルギーを「龍」という字で表現するのは、人類の進化の過程に龍が何らかの関与をしたのでしょうね。

たぶん、関わっているのでしょう。


> ところで、六甲山は何の封印が解かれたのですか?

不可知さんから聞いた木内さん情報で、白龍?の封印が説かれたとか。それが何を意味しているかは分かりません。
浅川氏もNZで龍の封印を解いています。

Re: Re:龍雲の進路

> 大体↓ぐらいの場所から見えたと記憶しています。
> http://maps.google.co.jp/maps?hl=&rlz=1B3GGGL_jaJP305JP305&um=1&ie=UTF-8&q=%E5%9F%BA%E5%B1%B1PA%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%9B%B3&fb=1&gl=jp&hq=%E5%9F%BA%E5%B1%B1PA%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%9B%B3&hnear=%E5%9F%BA%E5%B1%B1PA%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%9B%B3&cid=0,0,16935388088771313407&ei=KPZkTYrYKYagvQOMyMWrBg&sa=X&oi=local_result&ct=image&resnum=1&ved=0CB8QnwIwAA

私の自宅から近い場所ですね。
セミナー会場からも見えていましたが、あれが龍雲なのでしょか?
あのクラスなら良く見ています。
龍雲とは本当に手足があるのではないのでしょうか?
以前、そらのえで凄い写真を見た記憶があったのですが、探したけど分かりませんでした。

河口湖で水蒸気噴出?

霧島の噴火と連動すると、御殿場あたりから溶岩噴出して真鶴まで達するとか。そうならないように防御中と主張している霊能者がいます。

kamuiさん、六甲山に白山神社がありますか?そこに白龍がいるのかも。
それ以上は知りませんが、宮司から直接話しが聞ければ何かあるかも知れません。

Re: 龍雲

calseedさん

>10数本の飛行機雲が連なっているのを初めてみました。
>これを龍雲と言っているのでしょうか。

例えは悪いですが、ぶっといロールケーキのような雲が
空の東西の方向に延々とある状態でした。
龍の胴体が空に横たわっているような感じです。
ケムトレイルか飛行機雲は、その龍雲よりかなり上空
に何本もありましたので別物です。

Re: Re: 龍雲

夜刈さん

> 例えは悪いですが、ぶっといロールケーキのような雲が
> 空の東西の方向に延々とある状態でした。
> 龍の胴体が空に横たわっているような感じです。

19日は1本だけ見えました。

昨日、東京行きの飛行機から四国南方から紀伊半島南会場にかけて数百キロのそのような雲が見えました。
壮大でしたね。

ただ、あの手の雲はたまに見えますね。
本当に龍のような顔の雲を画像で見た事があります。あれを見てみたいですね。

Re: 津波

ATSUTACOさん

情報ありがとうございました。

白山神社

不可知さん、

>kamuiさん、六甲山に白山神社がありますか?

ありますね。山頂近くに確かにあります。
何度か行ったことはるのですが、それほど意味深な神社だったとは!
宮司は見かけたことが無いので、無人かもしれません。
今度行った時に、調べてみます。
そう言えば、楢崎皇月もカタカムナの原本のようなものを見つけたのが、六甲山系の金鳥山にある神社だったそうで、六甲山もいろいろあるのですねー。

Re: 白山神社

kamuiさん

石宝殿ですね。
先日、淡路に連れていってもらったときに時間があれば六甲山にも行きたいと思っていました。
しかし、雪が積もっていたのであきらめました。(笑)
今度行きましょう。いつになるか分かりませんが。

プラズマ反応?

クローバーさん提供の写真見てビックリしました。
私も何度も見ています。
10代で初めて伊勢神宮参拝した時も見ましたし、
箱根の山や伊豆方面では何回も見てます。
龍だったのか・・・
確かにゆらゆら動いていたので生き物の様には感じてましたが、
オーロラみたいなプラズマ現象の一種でしょうか?
最近、観測船「しらせ」で観測したオーロラがありましたが、
まさに入浴剤の様なそんな色でした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110222-00000036-jijp-soci.view-000

東西に延びる雲

calseedさん

飛行機から見えた雲は、ひょっとすると中央構造帯に平行していて、断層の磁気変化と関連している現象ではないのかと思いました。霧島の活動が中央構造帯に影響して、伊勢方面からさらに延伸し、やがて伊豆~富士の火山帯に及ぶとしたら。太平洋沿岸上空の“龍雲”からそんな連想をしてしまうのです。

Re: プラズマ反応?

Toshiさん

見えるのですね。
やはり違いますね。
イラストを見たら凄いでしょう。

Re: Re:プラズマ反応?

クローバーさんのケースは意思があっての存在が
形に現れているのでしょうから凄いですね・・・

何か写真全体に凄く視線を感じるのですが気のせいです?

Re: 東西に延びる雲

不可知さん

> 飛行機から見えた雲は、ひょっとすると中央構造帯に平行していて、断層の磁気変化と関連している現象ではないのかと思いました。霧島の活動が中央構造帯に影響して、伊勢方面からさらに延伸し、やがて伊豆~富士の火山帯に及ぶとしたら。太平洋沿岸上空の“龍雲”からそんな連想をしてしまうのです。

確かに平行していました。気がつきませんでした。
当日は空気が澄んでおりきれい地上が見えました。
阿蘇も見え、新燃岳の噴煙も微かに見えました。

その後、四国に入り剣山の上あたりを通過したので、エネルギーが出ていないか凝視していました。どれが剣山かよく分かりませんでした。中央構造線も一部認識できました。
そのときに気づいたのが四国の南端沖から平行して紀伊半島南端沖まで伸びたロール上の雲で、四国を過ぎて紀伊半島方面へ南に曲がっていました。壮大でした。龍雲かもしれないと思い、前日に予約してきた今回の記事を思い浮かべていたわけです。凄いシンクロだなと。
もしかしたら、私が記事にするタイミングで龍雲ができたのかなあと妄想しながら。

紀伊半島では認識できませんでしたが熊野大社、伊勢神宮の上空を通りました。
こんなにきれい地表が見えたのはこれまで百回以上飛行機に乗っていますが、今までで一番でしたね。普段は通路側を予約するのですが、そのときは気分で窓側にしました。凄いでしょう。怖くなってきます。

朝、NZの地震のニュースが流れていたので、それも気になっていました。

雲の衛星画像

19日の衛星画像を見つけました☟
http://bbs3.sekkaku.net/bbs/upfile/ikaseinoti--1298118745-1004-850.jpg
九州まで続く長い雲ってすごいですよね
神社のラインとは違いますかね?

Re: 雲の衛星画像

ハロさん

> 19日の衛星画像を見つけました☟
> http://bbs3.sekkaku.net/bbs/upfile/ikaseinoti--1298118745-1004-850.jpg
> 九州まで続く長い雲ってすごいですよね

九州の画像は他でも検索しましたが良く見えませんね。


> 神社のラインとは違いますかね?

私が22日午前中に見た雲に近い様子の画像がありました。
http://rapidfire.sci.gsfc.nasa.gov/subsets/?subset=AERONET_Osaka.2011053.terra.721.1km

中央構造線と平行していますね。
実際にはもっとはっきりしていました。時間帯がずれているかも知れません。
陸地にほとんど雲がかかっていないのが不思議ですね。

光害

calseedさん、

>今度行きましょう。いつになるか分かりませんが。
今後の世の中の変動次第でしょうか。その日が来ることを願ってますよ。

ところで最近六甲山周辺の山を見ていて思ったのですが、こちらでも少しずつ木が枯れ始めているのではないかと。
単なる気のせいかもしれませんが、以前から顕著だった松枯れもますます進んでいますし、葉を付けたまま冬枯れしている木も結構あります。
これなんか春に新芽を出さないのではと思います。
それと杉が妙に茶色くなってます。今年は花粉が多いそうで、ある程度茶色く見えるのは当然ですが、極端に茶色い杉が目に付きます。
近くで見ると、葉も茶色くなって枯れ始めているように見えるのですが、周りの人は「毎年こんな感じでしょ」と言います。
どうなんでしょうねー。

Re: 光害

kamuiさん

> 今後の世の中の変動次第でしょうか。その日が来ることを願ってますよ。

ありがとうございます。
関西で仕事が入ればすぐに行けるのですが。努力してみます。
1年後はもう動けないと思っていますので。


> ところで最近六甲山周辺の山を見ていて思ったのですが、こちらでも少しずつ木が枯れ始めているのではないかと。
> 単なる気のせいかもしれませんが、以前から顕著だった松枯れもますます進んでいますし、葉を付けたまま冬枯れしている木も結構あります。
> これなんか春に新芽を出さないのではと思います。

私も先日、大阪に行く途中、新幹線の車窓から杉や松が大量に枯れているのを見て驚きました。
広島、岡山あたりがひどかったですね。植物が枯れると人間も荒れるのでしょうね。


> それと杉が妙に茶色くなってます。今年は花粉が多いそうで、ある程度茶色く見えるのは当然ですが、極端に茶色い杉が目に付きます。

花粉は弱った木が生命力を残すために大量に飛ばすと木内さんが講演会で話していました。皮肉ですね。


> 近くで見ると、葉も茶色くなって枯れ始めているように見えるのですが、周りの人は「毎年こんな感じでしょ」と言います。
> どうなんでしょうねー。

これから相当枯れるのではないでしょうか。
危機が迫ってきたせいか、最近落ち着きません。やはり嫌ですね。
「あの頃は幸せだったな」思う日がすぐ迫っているのですよ。

始めまして。いつも楽しく拝見させていただいてます

始めまして、nasaの秘密関連からサーフし、このblogを発見→過去ログ全部読ませていただきました
大変興味深い話しが網羅しており毎回の更新を楽しみに拝見させていただいてます。



それにしても最近は世界が動めいてますね
暴動、大地震、火山の噴火
ニビルの発見、巨大な宇宙船?の発見…etc

近いうちに普通に思っていた“何か”が崩れる事は間違いないですね
今まで信じてきた平和の崩壊や、食糧危機の可能性、石油の貿易停止の可能性然別…


私達はこのまま成り行きに従うで良いのでしょうか?
人間らしくもがくべきなのでしょうか


個が集まれば集団になり大きくなった集団は大きな力となりどんなものにも屈しない力、世の中を変える力とならないでしょうか?
その”集団“を例えば知っとうやから展開出来ないものでしょうか?

今の時代は良くも悪くも資本主義時代=資金さえあればある程度の事は変える事が出来ます


一億人の人間が一円を出し合えば1億円になります
一億人の人間が1000円を出しあえば1000億になります。もっとだせば…

そのお金があれば今後の少なくとも日本の食糧事情など…
そしてそれが出来るのは日本だけだと私は信じております
平均してみんなお金を持っているのは日本だけですからね


どうにか出来ないものでしょうか?



長々長文とblog汚し申し訳ありません…
これからもblog楽しみにしてます

Re: 始めまして。いつも楽しく拝見させていただいてます

strokeさん

全記事読んでいただきありがとうございます。大変嬉しいコメントです。
私の変遷がよくお分かりになれたと思います。現在では全く別人みたいでしょう?

> それにしても最近は世界が動めいてますね
> 暴動、大地震、火山の噴火
> ニビルの発見、巨大な宇宙船?の発見…etc
> 近いうちに普通に思っていた“何か”が崩れる事は間違いないですね
> 今まで信じてきた平和の崩壊や、食糧危機の可能性、石油の貿易停止の可能性然別…

偽情報も氾濫しているので惑わされないようにしなければなりませんが、今年に入ってからスタートした地球の動き、人類の動きは間違いなく現文明崩壊への序章だと思います。私は昨年秋に確信しました。
これに関しては、ほとんどの方が異論があると思いますが、間違いないと思います。数か月後には結論が出ているはずです。
もし、私の考えが間違っていたら、その時は謝罪します。

この文明崩壊はどうやっても止められないと思います。
後は如何に犠牲をを少なくして新しい社会システムに移行していくかを考えるしかないのではと思っています。


> 私達はこのまま成り行きに従うで良いのでしょうか?
> 人間らしくもがくべきなのでしょうか

成り行きに従うと一瞬で石器時代に突入し、次の文明は2000年後のようです。
もがいて元の地球環境に戻す努力をするのが役割だと考えています。言うは易し行うは難しですが。


> 個が集まれば集団になり大きくなった集団は大きな力となりどんなものにも屈しない力、世の中を変える力とならないでしょうか?
> その”集団“を例えば知っとうやから展開出来ないものでしょうか?

多くの方が真剣に考えればできると思いますが、革命でも起きない限り現実的には難しいでしょう。
当ブログの訪問者でさえも真剣に考えている人はそう多くはないと思いますよ。
そういうものでしょう。数百年にわたって洗脳されてきたのですから。今の考え方を全否定するのは難しいと思います。私の家族も理解してくれません。(笑)
そういう事態が来た時に「本当に来たんだ」となるのでしょうが、その時はもう遅いそうです。

私はインスピレーションみたいなものでブログを始めました。結果的に、ほんの数名ですが真剣にメールなり、お会いしたりして相談できる和ができました。大変ありがたいことです。会社の交友関係では話せないような有益な情報交換ができます。めんどくさいなと思いながらもブログを続けているのは、そういう出会いがあるからです。
次のステップは、今後、私自身が実践に移せるかどうかだと考えています。

ブログはあくまで情報発信・交換の手段です。重要なのは個々人が役割を理解して行動できるかどうかでしょうね。
それに私はリーダータイプの人間ではありませんので。(笑)


> 今の時代は良くも悪くも資本主義時代=資金さえあればある程度の事は変える事が出来ます
> 一億人の人間が一円を出し合えば1億円になります
> 一億人の人間が1000円を出しあえば1000億になります。もっとだせば…
> そのお金があれば今後の少なくとも日本の食糧事情など…
> そしてそれが出来るのは日本だけだと私は信じております
> 平均してみんなお金を持っているのは日本だけですからね

一時しのぎは可能かもしれませんが、根本的に資本主義を変えないと無理でしょうね。
これから石油も輸入できなくなり食糧も不足していく中で、お金はしだいに価値がなくなっていきます。今の内に将来役に立つもの変えた方がいいと思っています。


> どうにか出来ないものでしょうか?

この流れは止められないと思います。
ただ、事前に知っていて覚悟を決めるのと、何も知らずにパニックになるのは雲泥の差だと思います。
事前に知った人は何らかの役割を創造主から与えられていると考えています。

太陽光照明

昔からよく見る野菜ビルの夢、フロアは9階まですべて畑になっていて、少し蒸し暑い。天井からは太陽の陽射しのような光が降り注いでいる。地階にある調理場に取れたての野菜を持ち込んで朝食にありつく。お米は配給制になっていて朝に食べる事はない。

少し未来の夢だと思われますが、太陽の陽射しのような照明は「太陽光照明」が候補になりそうです。ただ天井全体が光るような規模では無いので、違うかもしれません。

この夢の中にもうひとつ「水流電池」という少し大きな携帯電源が出てきます。直径15cmほどの円筒形で長さは発電容量により変わりますが30~60cmぐらいです。

Re: 太陽光照明

あれこれさん

10年後くらいの状況だと思います。
おそらくそのような時代になると思います。

「水流電池」とはどのような原理なのでしょう。
初耳でした。

私は、妊娠が判明するちょっと前に龍の夢を見ました。
キレイな水の底に私がいて、その頭上を白龍がクルクルと舞いながら通り過ぎていきました。これはただの夢ではないと思いました。

縁がありその後すぐに引っ越しました。
長期入院中の祖父の一軒家で、すぐそばに川がありその向こうに神社があります。家から30メートルほどの場所です。鳥居の真向かいに、家があります。
なんとそれは水神を祀る神社でした。

長女が生まれた翌日に祖父は逝きました。

不思議な体験でした。

ちなみに、私は飯塚の者です☆

Re: タイトルなし

あやはさん

今日、ある本を読んでいたら白龍は龍の最高峰に位置すると書かれていました。
守られているのでしょう。

飯塚ですか。私は筑紫野です。近いですね。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策