スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫は宇宙人?

今年初めての浅川氏の講演会に行ってきました。

その講演会に行く直前、グレッグさんから電話がありました。
「浅川氏講演会に行きますよね。私は行きませんが知人3名も行くそうです。是非、会って話をしたいと言ってます。よろしいですか?」とのことでした。

私は「いいですよ」と答え、会場に向かいました。

講演終了後、お会いしたのは北九州市に住んでいる3名の男性の方でした。もちろん日本人です。(笑)
3名の方は、ケムトレイルなどの陰謀系の話題に関心を持っている方でした。グレッグさんに、当ブログを紹介してくれたのはこの3名の方ということでした。

私にとっては、講演会よりも講演終了後の彼らとの面談の方が内容が濃く実りがありました。
今後の社会情勢の変動について情報交換をしました。3人とも人生を真剣に考えておられました。

それと3人の方から面白い話を聞きました。
グレックさんは東京にいる頃、外国人タレントとしてTVに出演していたそうです。さんまの番組にも出た事があるそうです。どおりでハンサムだと思いました。

当日は、別の女性の読者からも「知っとうや?」の方ですよねと声をかけていただき、なんだか不思議な気分でした。(藻音さん、あまりお話しできなくてすみませんでした)
本当に私の周りは時間が加速しています。


それでは、浅川氏の講演会の内容に入ります。

タイトルは「宇宙人を夫に持つ女性」です。刺激的なタイトルですね。興味津々で講演会に臨みました。


ところが、3時間の講演のうち、前半は浅川氏が先月行ってきたニュージランド旅行記の話でした。
古代からの歴史を持つワイタハ族の長老と会い、命がけで龍神神話の探索をしてきた話で面白い内容でしたが、珍しくこの内容はオフレコにしてくれという事でしたので詳細は書きません。

古代の歴史を覆す内容に繋がるため、ブログ等に書くと闇の支配者からの攻撃があるという理由からのようです。
私が聞いた印象ではそれ程危険な話とは思いませんでした。
あれが危険であるならば、これまで当ブログで書いてきた真地球史の方がよっぽど危険な情報だと思いました。(笑)


そして、後半に本題の宇宙人の話に入りました。

まず、当事者の女性は沖縄に住む20代後半の女性。
浅川氏は、主としてこの女性と会い、話をしたそうです。

女性の夫は、元アメリカ海兵隊員の米国人だそうです。この夫が今回のタイトルにある宇宙人のようだということでした。浅川氏は主人とも会ったようでした。

ただし、奥さんの女性も、小さい頃から不思議な体験をしていたそうです。
13歳の頃にはUFOに連れて行かれたそうですし、いろいろなヴィジョンを見せられたそうです。
体外離脱もよく経験していたそうです。


また、アブダクションと言われるような宇宙人に誘拐され、子宮に注射された体験があると話していました。
その宇宙人とは子供くらいの大きさで、顔には大きな目があるグレイのような存在だったそうです。
アブダクションは悪い事ではなく、宇宙から何らかの使命を与えられ、選ばれた者だけが受ける行為だと話していました。
不可知さんからアブダクション例を教えていただいた事がありますが、本当にあるのですね。

<WIKI:アブダクション>   
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AA%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E7%89%A9%E4%BD%93#.E3.82.A2.E3.83.96.E3.83.80.E3.82.AF.E3.82.B7.E3.83.A7.E3.83.B3

それから、件の主人と結婚したのですが、結婚後から主人が普通でないと感じていたそうです。

まず、女性が主人に思ったことを質問しようとすると、その質問をする前に主人から回答があるそうです。
常に考えを読まれているということですね。

また、この主人が勉強もしていないのに、いろいろな事について膨大な知識を持っているそうです。
普通の研究者でも簡単に答えられない事を、ポンポン答えていくそうです。
この主人は現在海兵隊を辞め、米国で2つの大学に通っているそうですが、大学教授も舌を巻くほど頭脳明晰だそうです。
その主人いわく
「勉強して知識を増やすものではなく、思い出すことが重要である」そうです。

これを聞いて、私は膨大な意識に繋がった木内氏を思い出しました。木内氏も天体観測の知識だけでなく、幅広い科学から歴史まで、ほとんど何でも精通しているそうです。ノーベル賞候補になったというのもうなずけます。

要は宇宙と繋がれば、膨大な意識の頭脳を活用できるという事ではないでしょうか。この主人も宇宙と繋がっているのだと感じました。


話が女性に戻りますが、結婚してから女性自体も不思議な経験が加速しだしたそうです。
その一つとして携帯電話の雑音の話をしていました。
ある頃から携帯電話を使用すると、必ず「ブツブツ・・・」という雑音が入るようになったそうです。
携帯電話の故障だと思い、買い換えたそうですが、それでも同じように雑音が入ったそうです。

ところが、その携帯電話を主人が使用すると一切雑音がなくなるそうです。ずっと不思議に感じていたそうです。
昨年11月頃、浅川氏が訪問し、女性がその事を浅川氏に話したそうです。
浅川氏はそれを聞いた瞬間、次のように閃いたそうです。

「その雑音は宇宙人が使用している宇宙語ではないか。宇宙人はあなたと話をしたいのですよ。あなたの主人は宇宙語を理解出来るかも知れませんよ。宇宙人は主人には聞かれたくないのですよ。従って主人が携帯電話を持ったときには雑音は入らないのではないですか?」

女性は驚いて「あっ、そうかも知れませんね」と妙に納得したそうです。

何故、浅川氏が宇宙語の話を切り出したかと言うと、知人にいつでもUFO呼び寄せることが可能な女性がいるそうで、その女性がアルコールが入ると浅川氏の前で宇宙語を話し出していたそうです。

彼女は、以前は、無意識のうちに宇宙語が跳び出すため、変人扱いされ社会生活に支障を来していたようですが、現在では宇宙語を話すのをきちんとコントロールできるようになっているそうです。
にわかには信じられない話ですが、浅川氏が間違いないというのだから本当なのでしょう。
浅川氏は、そのような体験があったので、女性の話を聞いて雑音をが宙語ではないかと閃いたようです。これも守護霊の采配であろうと話していました。


宇宙人と思われる夫の話に戻ります。

その夫は、肉体的にも超人の域にあるそうです。
運動神経は抜群で、フットボールの試合でジャンプした際には、一瞬止まったように見えるそうです。
(浅川氏は止まっていると話していました)

また、フットボールの試合で足を骨折し、脛の途中から大きく曲がった状態になったそうですが、病院に行かずに自分で曲がった部分を元の状態の戻し、試合に復帰したそうです。アニメのようで信じられないですね。

さらには、太ももに10センチくらいの深い切り傷を負った際も、血止めをしてガーゼで伏せ、病院に行くことなく翌日にガーゼをとったら傷口はふさがっていたそうです。数日後には傷跡もなくなったそうです。
肉体的にも常人と思えず、その女性は夫を宇宙人ではないかと感じだしたそうです。

確かに、ここまでの話では、夫が普通の人間でないことは間違いありません。

最後に、女性が夫が宇宙人であると確信した事を浅川氏が話してくれました。

それは、ある日、その主人が龍の姿にシェイプシフト(変身)したヴィジョンに遭遇したことでした。

突然、体が大きくなりだし背中から羽が生え龍の姿になったそうです。大きさは付近にある小山の2倍ほど。
空に飛び出し沖縄の海上を飛んで行ったそうです。真下に米軍基地が見えた瞬間、レーダーで感知され基地から4機の戦闘機が緊急スクランブルしてきたそうですが、龍の羽をはばたくと物凄い風圧が発生し、戦闘機は龍の姿の夫には近付くことができなくなったそうです。
最終的には、龍の姿は世界最高峰のチョモランモくらいの大きさになったそうです。

ウーン!。龍の存在は認めますが・・・。

これまで5回浅川氏の講演会を聞いてきましたが、ここまで現実離れした話はありませんでしたね。
ペトル・ホボット氏のアセンションにも驚きましたが、この宇宙人の夫、正確にはレプティリアンの夫だそうですが、驚きを通り越しました。

浅川氏は、この主人は、前世が別の星の出身で、本来は地球ではなくパラレルワールドの地球に生まれる予定だったのが途中間違えて地球に来てしまったようだ、と解説していました。

私は今回の浅川氏の話を聞き、この夫が宇宙人ではなく超能力者と言われる人間ではないかと感じました。

問題のレプティリアンのヴィジョンは現世ではなく、パラレルワールドでのヴィジョンの事を話しているのではないかと感じました。

さすがに3次元世界でのシェイプシフトはないだろうと思っています。まあ、それでも凄い話なのですが。


私が一番興味を持ったのは、浅川氏が最後に少しだけ話した奥さんの女性が見た未来のヴィジョンです。

「近未来、日本は飢餓、飢饉に苦しみ、沖縄は大津波に飲まれてしまう」
「地球が滅ぶ直前に宇宙船が現れ救済される人類がいる」


最初のセンテンスの「飢餓、飢饉」は、私が書いてきたように十分可能性が高いと感じています。

沖縄の大津波の可能性は分かりませんが、津波が生じた時間帯は薄暗かったので夜明けか夕暮だと話していました。

2番目のセンテンスの「宇宙船の救済」は、私は肉体的な救済ではなく、魂の救済の事を話しているのではないかと感じました。
宇宙船が人間を直接助けることを期待してはいけないと思います。

この女性の未来ヴィジョンについて別の機会に詳細に話をするそうですが、今回聞きたかったですね。

噂のご主人には私もお会いしてみたいです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : UFO
ジャンル :

コメント

非公開コメント

何かが迫っていますね!

こんばんは、いつも更新楽しみにしています。勘のいい人はわかるとおもいますが私自身もここ二年前から寝ぎわにビィジョンがみえるのです!さっき見たビィジョンは太陽の爆発かなーオレンジ色の爆発でした。だれが映像を送ってくるかわかりませんがなにかを伝えたいのではないでしょうか?そうだUFOの小さいタイプもみたなぁー耳に当たりました!?わかりません、すべて・・・もっと勉強します。

19日の講演会の帰り道に大きな龍!?を見ました。

講演会からの帰り道、福岡から大分へと高速で南下しているときです。
17時半ぐらいだと。

基山サービスエリアを過ぎたあたりで、東から西に伸びる巨大な龍のような雲を見ました。

車を運転しながら、最初は鱗っぽい雲が内側に沢山あって、龍の胴体みたいな雲だなー。と思ってましたが、その胴体に沿って、ふと西の空の夕日に目を向けると、夕日を目として龍の頭に該当するような雲があり、まさに龍でした。


5分くらいで鱗っぽい雲などが不鮮明になって龍には見えなくなってしまいました。
隣にいた母も同時に目撃して、お互いに「龍だ。龍だ。縁起がいい。」とはしゃいでましたが、浅川さんの講演の内容にモロに影響うけて見た妄想かもしれません。。。


もしかして、『あれこれ』さんの前記事へのコメントの龍と同じ龍なのかもしれないなと思ったので書き込みました。
http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-171.html#comment2502
ただ、私の場合は、UFOは見ていませんし、見たこともありません。

Re: 何かが迫っていますね!

すうさん

ありがとうございます。
何かが迫っているようですね。
私は経済的な大変動と思っているのですが、その前に大災害やテロ等があるのかも知れません。
最近、複数の方からそういった情報をもらっています。
3月以降は注視ですね。

Re: 19日の講演会の帰り道に大きな龍!?を見ました。

タスケさん

コメントありがとうございます。

昨日は、ケムトレイルかどうか分かりませんが、異様な飛行機雲を十数本見かけました。
講演会で知り合った3人の方もそのことを話していました。
最近、福岡ではもやが酷いですが、中国からの飛散物と報道されています。
もし、これがエアロゾル等であったら恐ろしいですね。

龍のような雲は、それを解消するための宇宙の采配かなとも妄想したりしています。

トラップ

東京の講演では「アセンションものがたり」と「宇宙船天空に満つる日」に言及していました。政府が各地毎に避難場所を指定し、そこへ行くと結局大災害によって助からない。それは人口削減陰謀の一環だったから。一方、宇宙からの呼びかけに従った人達は宇宙船に乗って災難を逃れ、変動が収まったあとの地上へ戻されるはず、、、。今回話題の女性(アブダクションされる人は、する側と同類、魂で地球に転生して来た)が見せられたヴィジョンは上記二書と同根のストーリーでしょう。そちらの方も罠臭く、ついて行ったら低級宇宙存在の餌か奴隷にされてしまいそうです。とにかく大変動を語る宇宙存在には注意を要します。ちょと古いですがルース・モントゴメリーの「来たるべき世界」にも似たような話しがででました。
浅川氏の新刊を待ちたいです。

Re: トラップ

今回は期待が大きかっただけに肩透かしといった感じです。夫が相当特異な能力の持ち主であることは間違いないのでしょうけど。

> 東京の講演では「アセンションものがたり」と「宇宙船天空に満つる日」に言及していました。政府が各地毎に避難場所を指定し、そこへ行くと結局大災害によって助からない。それは人口削減陰謀の一環だったから。一方、宇宙からの呼びかけに従った人達は宇宙船に乗って災難を逃れ、変動が収まったあとの地上へ戻されるはず、、、。

浅川氏の話は面白いのですが、この手の話を本気でするところに私には一部疑問があります。


>今回話題の女性(アブダクションされる人は、する側と同類、魂で地球に転生して来た)が見せられたヴィジョンは上記二書と同根のストーリーでしょう。そちらの方も罠臭く、ついて行ったら低級宇宙存在の餌か奴隷にされてしまいそうです。とにかく大変動を語る宇宙存在には注意を要します。

低級霊とは人間として生まれることができなく、人間になった魂にねたみを持っているのでしょうね。
それで、精神的に弱い魂に憑依して支配しようとしているのでしょうか。
低級霊を操る大元は悪魔と見ています。その悪魔につい最近大きな動きがあったとか。それが中東での動きに繋がっているのではないかと感じています。中東以外にも北朝鮮、欧州金融危機、中国の動向、トリを務める米国と目が離せない状況が続きそうです。

こんにちわ。

次の講演会が楽しみですね。

その女性のウ゛ィジョンが気になります。

「飢餓」に関してですが、
日本は、あらゆる輸入が止まると「飢餓」になると思います。

食料自給率もありますが、ガソリンの輸入が止まると
機械化された日本の農業は止まります。

米の入手も難しくなるかもしれませんね。

機械にあまり頼らない「自然農法」が必要だと思っています。

話が変わりますが、鳥インフルエンザが日本の鳥の間でパンデミック状態です。
マスコミは危険性に関してあまり報道してませんが。

外岡先生(医者)の鳥インフルエンザ直近情報のホームページでは
日本国内でのH5N1型の新型インフルエンザ発生も ありうるとの事です。

日本発となると、
世界から多分 日本は隔離されるでしょうから
輸出入も止まってしまうのでは?

ふと 思ったのでコメントしました。

いつも興味津々で拝見させていただいております。自分の考え方を勝手に言わせていただきますと、アセンションとレプタリアンは闇の勢力による偽情報だと思っております。宇宙人関係の話に関しては、今現在は、浜田政彦氏が書いている本の内容が一番そうなのかな~と思っております。もしよろしかったら一度御覧になってみてください。勝手な事ばかり書きましたが、これからも頑張ってください。

機械に頼らない農業

横レス失礼します。

このブログをご覧になっている皆様にも意識してもらえればと思うのですが、機械に頼らない農業ということで、自然農法という話が例としてありましたが、自然農法で、今の慣行農法の収量を維持できなければ、全体としては、さらに食えなくなりませんかね?

自然農法は収量的の面では、それほど慣行農法と比較してアドバンテージがないのではないでしょうか?

さらに、自然農法、自然農、自然栽培、まぁ、なんでもいいですが、機械、燃料、農薬、各種資材に頼らないで作物を作るとして、全くの素人の状態から、そこそこ作れるようになるには、どのくらいの期間が必要でしょうか?

もしくは、慣行農法に慣れ親しんだ農家が、それとはある意味で真逆の自然農法に切り替えたとして、どのくらいの期間で元の収量を生産できるようになれるでしょうか?

さらに、農法以前の問題で作物の種子は、国内在庫が混乱時、とどこおりなく流通するでしょうか?

種子の国内生産量が、国内流通量の何割かという統計は中々見つけられませんので、あくまで印象ですが、ホームセンターなどで普通に購入できる種子のほとんどが外国産なのを見て、これやばいよなぁ~といつも思ってます。

さらに自家採種可能な固定種のタネを購入しても、実際に自家採種しようとすると、中にはとても採種が難しい品種もあったりします。

種苗メーカーは原種、固定種の種子を民間に供出するでしょうか?

さて、そのような様々な課題が満載な農業を取り巻く状況が、さて、混乱していったとして、どのような形でクリアして行けるのか、知恵の出しどころだと思います。

他人任せでもいいですし、自分で何かやってみるのも良いでしょう。
いずれにせよ、残された時間でどうこう、という問題ではないと僕は思ってます。

もし、そうではないという見識をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非、ご自身の地元から何かしら変化の波を起こして行ってもらいたいと思います。

Re: タイトルなし

なりさん

> 「飢餓」に関してですが、
> 日本は、あらゆる輸入が止まると「飢餓」になると思います。
> 食料自給率もありますが、ガソリンの輸入が止まると
> 機械化された日本の農業は止まります。

今年の年末くらいは覚悟した方がいいと思っています。
野菜が天候不良によって不足したくらいで大騒ぎですから、石油輸入が実質とまると大変ですよね。


> 機械にあまり頼らない「自然農法」が必要だと思っています。

おっしゃるとおりです。が時間がありません。


> 話が変わりますが、鳥インフルエンザが日本の鳥の間でパンデミック状態です。
> マスコミは危険性に関してあまり報道してませんが。

それは報道できないのですよ。米国が国債を買わせるために脅してやっているわけですから。私はそう思っています。


> 外岡先生(医者)の鳥インフルエンザ直近情報のホームページでは
> 日本国内でのH5N1型の新型インフルエンザ発生も ありうるとの事です。
> 日本発となると、
> 世界から多分 日本は隔離されるでしょうから
> 輸出入も止まってしまうのでは?

そういう理由ではなく止まると思います。中東紛争が引き金ではないでしょうか。

Re: タイトルなし

アイアンマンさん

コメントありがとうございます。

> アセンションとレプタリアンは闇の勢力による偽情報だと思っております。

私もそう思っています。
ただし、この場合のレプティリアンは人類との混血という意味です。純粋なレプティリアンは別次元に存在すると思います。龍もレプティリアンの一種だと思います。


>宇宙人関係の話に関しては、今現在は、浜田政彦氏が書いている本の内容が一番そうなのかな~と思っております。

1冊だけ読んだことがあります。
私は宇宙人という言い方が誤解を与えると思っているのですが、金星や火星にいる(いた)と言われる元地球人と別次元の意識体の2種類が存在しているのではないかと思っています。

グレイと言われるはの後者に属し、後者には他にもレプティリアンやヒューマノイド型などいろいろな種類が存在するのだろうと考えています。後者は地球に現れる場合は3次元に波動を合わせる必要があるので、見えたり見えなかったりするのではないかと考えています。

りょうすけさんへ

自然農は、川口由一さんと言う方が
奈良県で実践されているようです。

去年は猪被害もあり
課題も多いようです

慣行農法と同じだけの収入は難しいですね。
量産は出来ていないと思いますし。
直売しかないのではと思います

基本的には自給自足で、
さほど現金に頼らなくても生活できるスタイルを
確立しなければならないかもしれませんね。

No title

calseedさん、

浅川氏の講演内容よりも、calseedさんの周りの時間の加速が興味深いです。calseedさんは何処まで行かれるのか、、、?

骨折や傷が即座に治る現象は、あり得る話だと思っています。世界的にもいくつも報告例があるようで、マイケル・タルボット「投影された宇宙」には、他の種類の奇跡も含めて様々な例が紹介されています。聖書の中でイエスが行っているような治癒行為が出来る人は結構いるみたいです。
結局これも意識の力なんでしょうね。紹介されている人が宇宙人でなくともあり得ますね。
竜については、リンゴの木村さんの話を思い出しました。
そう言えば、昨日はこちらでもケムトレイル状の雲が多かったですよ。

りょうすけさん、

はじめまして。いろいろな話、参考にさせて頂いてます。ありがとうございます。

>自然農法で、今の慣行農法の収量を維持できなければ、全体としては、さらに食えなくなりませんかね?

輸入も石油も止まれば、量が不足・減少するのは確実ですが、就農人口は何倍にもなりますし、休耕地、水田での麦の裏作などあらゆる手を尽くすことになるのでしょうね。
農水省は食糧危機時のシュミレーションで、ゴルフ場にイモを植えることを考えているようです(除草剤まみれのイモは食べたくないです)
私の知り合いの農家の方は、やはりプロですから、あらゆる知識に長けておられて、農薬や機械が無くとも、そこそこのものは作られるように思います。スーパーに並べるような色、形は気にしなくて良いですから。
私は、それより、冷静さを無くして暴動になるのが一番心配です。

Re: No title

kamuiさん

> 浅川氏の講演内容よりも、calseedさんの周りの時間の加速が興味深いです。calseedさんは何処まで行かれるのか、、、?

当面は成り行きにまかせてみます。動き回れるのはそれ程長い期間ではないと思っていますので、今のうちに何かを掴みたいと考えています。


> 骨折や傷が即座に治る現象は、あり得る話だと思っています。世界的にもいくつも報告例があるようで、マイケル・タルボット「投影された宇宙」には、他の種類の奇跡も含めて様々な例が紹介されています。聖書の中でイエスが行っているような治癒行為が出来る人は結構いるみたいです。

本当ですか。それならやっぱり宇宙人ではないですね。


> 竜については、リンゴの木村さんの話を思い出しました。

そうですね。あの本で一気に龍に関心を持ちました。次回は龍の記事にします。


> そう言えば、昨日はこちらでもケムトレイル状の雲が多かったですよ。

私はHAARPと同じようにケムトレイルもすべてがそうではなく、恐怖を与えるための目的があると思っているのですよ。特に政治家に。昨日は10本以上見ましたが、すべてが本物のケムトレイルとは思えませんね。

気になります・・・

いつの間にかcalseedさんの周辺は凄い事になってますね!
驚きもそうですが、「夫は宇宙人?」のグレイタイプ?とか
軍関係者とかはちょっとノイズに感じたりしています・・・

現実の本性が理解出来れば、多少冷静になれると思うのですが、
情報の発生や伝達また、それを受ける人によって様々な
シグナルがあると思うので他人が判断するのは難しいかも?

ラップ現象や耳鳴りもそうですが、自然なものなのか
人工的なノイズなのか、経験して後で理解出来ればいいのですが
それらが、勝手に潜在意識と反応すると例えおとぎ話でも
確かに現実認知出来てしまい自らの世界に取り込んでしまう・・・

これは私個人の事を述べているのですが、
勝手に妄想が繋がって現実の事の様に感じてしまうことです。

物理的な奇跡と思われる現象は何とも言えませんが、
ご本人が実際に立ち会って検証出来ているのであれば
現実なのだと思います。

現実と非現実的な出来事の双方に何の意味があるのか?
理解度によってシグナルとノイズに別れるのだと思っています。

Re: 気になります・・・

Toshiさん

> 現実の本性が理解出来れば、多少冷静になれると思うのですが、
> 情報の発生や伝達また、それを受ける人によって様々な
> シグナルがあると思うので他人が判断するのは難しいかも?

私はまだ理解するほうだと思いますが、一般的に難しいでしょうね。
浅川氏は「こういうのは黙って信じるもの。信じなかったら講演に来るな」みたいな雰囲気でした。(笑)
私は少し考え方が違うので、次回以降の出席は見あわせた方がいいかもと思っています。(笑)

オフレコの話も私に対して言われたように聞こえました。
受付の方は「知っとうや?」の管理人が来ている事を知っていたそうです。人伝えで会いたいと言われましたが、恥ずかしいので遠慮させていただきました。


> ラップ現象や耳鳴りもそうですが、自然なものなのか
> 人工的なノイズなのか、経験して後で理解出来ればいいのですが
> それらが、勝手に潜在意識と反応すると例えおとぎ話でも
> 確かに現実認知出来てしまい自らの世界に取り込んでしまう・・・
> これは私個人の事を述べているのですが、
> 勝手に妄想が繋がって現実の事の様に感じてしまうことです。
> 物理的な奇跡と思われる現象は何とも言えませんが、
> ご本人が実際に立ち会って検証出来ているのであれば
> 現実なのだと思います。
> 現実と非現実的な出来事の双方に何の意味があるのか?
> 理解度によってシグナルとノイズに別れるのだと思っています。

これはそれなりの能力をお持ちのToshiさんだからそう思えるのでしょうね。
私もToshiさんのような経験を一度でいいから体験したいですね。そうすると理解出来るかも知れません。
不思議な世界です。

自然治癒力

講演の中で、驚くべき自然治癒力の原因が甲状腺関連の検査数値が異常に高値な事であるように浅川氏が言っていましたが、その検査の名称は失念したようでした。昨日の講演ではその検査名に触れていたでしょうか?ちょっと興味があるもので。

Re: 自然治癒力

> 講演の中で、驚くべき自然治癒力の原因が甲状腺関連の検査数値が異常に高値な事であるように浅川氏が言っていましたが、その検査の名称は失念したようでした。昨日の講演ではその検査名に触れていたでしょうか?ちょっと興味があるもので。

甲状腺ホルモンの数値が異常に高いとは話していましたが、検査名には確か言及していなかったと思います。

すみません、記事内容を周到できてなくて

calseedさん

記事内容と離れたことで、やり取りさせていただきます。
ごめんなさい。


なりさん

コメントどうもありがとうございます。

奈良、赤目の川口さん。
伺ったことはありませんが、何人もの知人が研修に行ってます。

なりさんは、自然農法的なスタイルで何か作物を作られてますか?
もし作られているとしたら、状況はいかがでしょうか?
もし作られてないとすれば、例えば川口さんの自然農のどういうところに注目されてますか?
化学肥料や農薬に頼らない所でしょうか?
耕さない所でしょうか?
機械に頼らない所でしょうか?
健康面への影響でしょうか?

もし良かったら教えて下さい。

それから、僕の書き方がまずかったと思いますが、収入に関してではなく、収量(収穫量)に関して慣行農法との比較をさせていただきました。

僕の知る限り、自然農法を追求されている方はおそらく、安心安全、環境に配慮してそれをされているケースが多いと思いますが、収量という点で慣行農法をしのぐケースはあまりないと思ってます。

僕は、収量が出ないのは嫌なので、まだまださっぱりできていませんが、安心安全環境に負荷をかけないのはあたりまえで、何とか収量を確保したいと思い、頑張ってます。


kamui さん

どうもはじめまして。
同県人ということ、農業にも携わっていらっしゃることなど、こちらで読ませていただいて、存じておりました。そして「よし、僕も頑張ろう」と思っていました。

コメントを読ませていただいて、思い出した話があります。

僕の畑に立ち寄られた初老のご夫婦のお話で、家庭菜園をどうしてもやりたいと、どうしてですか?と聞くと、このような主旨の話をしてくださいました。

「私も妻も、子供の頃戦争を体験しておりまして、都会に住んでいたこともあり、疎開という形で田舎へ行ってたのですが、そのとき食べるモノがなくて、子供達の間で「都会者とは仲良くするな」ということがありました。お金はあっても、目の前に食べるモノがあっても食えない辛さが忘れられないのです。だから、自分の食べることは自分でと思ってます。」

とのお返事でした。

そのお返事に「では、もし何かの事情で国内の食料事情が悪化したとして、そのときご自身の菜園で野菜ができていたとして、分けてくれと言われたらどうしますか?」と質問しました。

しばらく黙っておられました。
その後小さな声で「絶対に分けません。」とおっしゃってました。

僕は「そうですか、よほど酷いことがあったのでしょうね、僕は戦後生まれで、何も分かってませんでした。しなくても良い質問をしてしまいました、ごめんなさい。」とあやまりました。

kamui さんへと言うよりも、このコメントを読まれている方に

確かに就農人口増えるかもしれません。
しかし、それは何のためでしょう?

休耕農地を動力を使わないで、手作業で開墾するために必要な道具を、誰が何のために提供し、誰が何のために開墾をするのでしょう?

その地で穫れる作物は誰のためのものでしょう?

農水省が想定している状況は、お金に価値があるという想定だと思いますか?
ないという想定だと思いますか?

農家の方が色々な知恵をお持ちだと思います。

どの世代の方でしょうか?

元気な年寄りたくさん知ってますが、その年寄りに着いて行ける若者がどれくらいいるのか、その若者が食う分は誰がどのように用意するのでしょうか?

できる年寄りの話は素人に分かりやすいでしょうか?

経済的落ち込みが原因で都会から就農希望者が田舎へ殺到して、受け入れ態勢はどうやって整えれば良いのか、誰が何のためにどのくらいの時間をかけて、考えるでしょうか?


僕たちは、もっともっと、それぞれの暮らす場所にあった形で、色々なことを考えて、今から出来る「転ばぬ先の杖」の構築をしていくということを、未来予想がどうこうということでなくても、農業を例に挙げても、既にたくさん問題を抱えていますので、次の世代のためにも、少しでも良い形で、例えば日本が食べることだけでも自立してるとか、そういう状況を実際に築いて、受け渡して行けるんじゃないかと、そこに参加したい人は誰でも参加できるようにして行けるんじゃないかと、それを考えることを諦めないことはできるんじゃないかと、僕は思うのですが、いかがでしょうか?

ひとり一人がそこそこ考えれば、課題探しも、それの打開策も見つかるのではないかという希望は、僕はまだ捨てたくないです。

Re: すみません、記事内容を周到できてなくて

りょうすけさん

このコメント欄は、真剣に考えている方はどんなテーマでも大歓迎ですので自由に発信されてください。
素晴らしいコメントです。

calseed さん ありがとうございます

calseed さん

場を開いてくれて、ありがとうございます。

僕は、何か解決策を持っている訳ではなく、その逆で、どうしたらいいのか、困ってしまってるというのが現状、実情です。

なので、分からないことばっかりで、自分がなんかやってるからそのようなことを言ってるのではなくて、やってるからとか、やってないからとか、そういうことではなくて考えたいと思っていて、可能ならみなさんのご意見も伺い、そこから何か出来ることが見つかれば、その時はそのつながり全体として「すごいっ、すばらしい」ってことなんだと思ってます。

りょうすけさんへ

僕は特に何もしていないのに等しいです。
実家が兼業農家で、たまに手伝う程度なので。(慣行農法ですが)

本屋さんで自然農の本に出会って、興味があります。

同じ無農薬でも、不耕起で、種まきと収穫以外、手を加えないところが
有機農と違う所だと思うのですが。
手間隙かかると量産できないですよね

だから自然農のほうが有機農より 将来的な可能性があるのではと。
素人考えですけど。

機械も少なく出来れば、農家の経費も安くつき、CO2も少なく出来る気がしますし。

自然農に感じる魅力は、そんな感じでしょうか。
ただ、兼業では難しい気がします。

TPP

今、日本がTPP参加を渋っていますよね。それは日本の農業を守る為といってますが、逆に私はチャンスだと思っていますし、将来的には日本が世界の農業をも変えてしまうと思っています。まずは日本の農業が次のステップ(有機農法)へ進み、全体的に変わらなくてはいけない、というより変わってしまうと思います。今でさえ日本の野菜の安全性、ブランドには世界が評価しています。例えば、中国の富裕層は高くても安全な日本の野菜を買います。富裕層はどんどん増えています。日本のTPP参加により富裕層ではない人にも手が届きやすくなったり。そしてだんだんと、国規模での食に対する意識さえ変える。世界の農業そのものに対する意識が変わって、マーケットが大きくなれば、食料危機もましになるのではないでしょうか。食料危機だけでなく、自然環境も守れる。長い時間がかかるかもしれません。でも目先のことだけを見ていてはいけないですよね。
日本のTPP参加は世界を良い方向へ導くものでも、誰かにとっては都合が悪いから、日本を渋らせているのですかね?
一月ほど前、田んぼを牛が耕しているイメージを貰いました。

話は変わりますが、グレイさんってどこから来てるんですか??
もしかして人類の子孫って事はないですかね?
人間が柔らかい物しか食べなくなって、顎は小さくなり、テクノロジーの発展により体の骨格や筋肉も衰え、必要な脳や目は大きく発達して頭が大きくなって…

ささやかながら備蓄開始

熱いコメントにいろいろ考えさせられますが、今出来ることを少しでもと思って今月は食塩・黒砂糖を各20kg買い込みました。二年前に買ってあった玄米を少しずつ食べはじめ、補給しながら備蓄ターンオーバー。国家備蓄が欠乏したら、戦中戦後より人心が乱れて略奪が横行する、という前提で。家内の実家が農家だったので妻の方が私より実践的です。激烈な自然災害で住めなくなったら、野草を食べてでも?過去の文明崩壊事にはカニバリズムもあったでしょう、が、そんな状況で生きる価値はないかも。

グレイタイプがこの宇宙では一番多いようです。過去・現在・未来から時間を超えてやって来ているようなので分かりにくいですが、並行宇宙や幽界次元とかを別にすれば、グレイの本拠地はオリオン座小三ッ星方向にあるそうです。銀河系内かどうかまでは知りません。未来からくるスーパーグレイとは接触するとこちらの精神に異常をきたすほど意識パワーが異なるとか。魂としては結構周囲に転生者がいるかも。

Re: TPP

ericaさん

コメントありがとうございます。

TPPのお話は、現状の世界情勢が将来もそれほど変わらないという前提ならば、書かれているとおりかもしれません。

しかし、中東情勢が悪化し、昨日はとうとう中国の若者が騒ぎ出しました。どうもスイッチが入ったようで、来月から恐ろしい状況が始まりそうです。日本は初めの数か月は他人事で済むでしょうが、石油が止まった瞬間、一機に奈落の底へ落ちるのだろうと考えています。

もう、TPPとかそんなレベルではなく、生きていくために食べていくためにどうするのかを真剣に考えなければ、この国は存続できないということのようです。

日本が生き残らなければ、世界が数十年後滅ぶそうです。これが日本は世界の雛型という意味のようです。
来てほしくないですが、避けられないようでう。


> 話は変わりますが、グレイさんってどこから来てるんですか??

これは不可知さんのコメントをご参照ください。
ちなみにリトルグレイが金星人だと私は考えています。

Re: ささやかながら備蓄開始

> 今月は食塩・黒砂糖を各20kg買い込みました。

これは凄い量ですね。


>二年前に買ってあった玄米を少しずつ食べはじめ、補給しながら備蓄ターンオーバー。国家備蓄が欠乏したら、戦中戦後より人心が乱れて略奪が横行する、という前提で。家内の実家が農家だったので妻の方が私より実践的です。

きちんと準備されているところが凄いですね。
ただ、最初の1年は持っても10年以上覚悟しなければなりませんので、社会の仕組みを変えるしか生きていく道はないのでしょうね。
浅川氏が主張しているように選別された方が楽かも知れません。(笑)あり得ないでしょうけど。

お返事ありがとうございます

> なりさん

お返事どうもありがとうございます。

ご実家が兼業農家なんですね。
メインはお米でしょうか?

自然農などの書籍を読むと、それはもう、こんなに素晴らしいのにどうして広まらないのだろうと思われる方が多いようです。

僕はそう思っていました。
そして、実際にやりはじめてみました。
でも、まだうまくいってません。
もちろん、まだ諦めてません。
知人ももう10年やってますけど、やっぱり穫れない、難しいとこぼしています。

自然農やMOA、秀明会、福岡さんの流れ、りんごの木村さんの流れ、無施肥無農薬栽培、僕が参考にしている炭素循環農法、バイケミ、一の字・・・農法は農家の数だけあるという方もおられます。

農業関係の雑誌などを読むと、素晴らしい話がいくらでも出てきます。

どれも理念や方法論、技術論は素晴らしいですが、そこに取り組み、結果を出されている方が、何割程度かという話はあまりなように思います。

何割の方が出来るようになれば良いのか悪いのかということでは無くて、実情をできるだけ偏りなく、提示して行ければ良いのでしょうけれど、それもまた難しい面もあることも理解できます。

僕は、農業では食って行けないと、良く言われます。
ある程度の年齢の方ほど、田舎へ行けば行くほど、そう言う傾向があるように思います。

「農業従事者が食って行けない国というのは、どういう状態の国なんでしょうか?」

そんな質問を返すこともありましたが、いままでまともに受け答えをしてくれた方はありません。

若造が何を屁理屈こねくり回してるんだ、頭でっかちにもほどがある。

これまで真剣に頑張って来られた方の多くは、そのような言葉で教えようとされる傾向が多いように感じます。しかし、僕は今年40歳ですが、僕の世代は全く違うスタイルで教わって来ています。農業以外の世界でもそうかもしれません。

就農して数年で街へ帰って行く若者が多いという話も良く聞きますが、たいていは今の若い連中は根性がないからすぐケツを割るという話でくくられてしまいます。そして、次ぎに来られる方は、最初からケツを割るかもしれないということで対応しているように見えてしまいます。

最近は農業ブームだという話もありますが、過去、景気が落ち込んだ時には、何度も農業ブームという状況があったようです。

現状、実情を知るということは、ネットや新聞、雑誌、テレビ番組、書籍に触れるということではなく、そこへ赴き、人間関係を築き、打ち解け合って、初めて本当のことが分かるように思います。

もしくは自分自身で小さくても良いから実際にやってみて、本当にそうなのかどうかを確認するということも出来るかもしれません。

もちろん、それ以外にも色々と方法論があるかもしれませんし、僕の知っている世界はとても狭いものかもしれません。

しかし、もし狭いと思うのなら、その狭さを、実はこの世界はもっと広いと、伝えることは無駄なことでは無いと思います。

そのようなやり取りが多くの方の目に触れ、そこから新しい視点が生まれるかもしれないし、全く生まれないかもしれないけれど、とにかく、実際に何かをして行かなければ、話をしているだけでは、解決しないことが、この地球にはたくさんあるのだと、僕は思っています。

備蓄

塩、白砂糖は袋が破けなければ10年もつそうです。物々交換の通貨代わりに使えます。黒砂糖ももつのでは?混ぜ物なしのはちみつもアカシア以外は固まりますが何年でももちます。
私は基本的に料理に白砂糖は使いませんが、酵素を手作りするときのために40キロくらい備蓄しています。
酵素は皮のまま細かくでもせいぜい1センチ角くらいに刻んだ野菜と同量~1.1倍の白砂糖を混ぜて1~2週毎日素手でかき混ぜてこします。
今精米年月日が2005年5月19日の無洗米冬眠米の「備蓄王」を食べています。5年備蓄可能ということで購入しました。30キロ(5キロ×6)を買いそのうち半分がすぐに空気が入り残り3袋を5年以上保管してました。味はまったく変わりません。最初に穴が空いたときと同じまずさです。おかゆや甘酒、どぶろく、ピラフ等にすればまずさは感じません。
もち米と10年産の米と発芽米、例の米を混ぜてごまかして出してますが、夫にバレてます。
これがなくなれば私も2年前に自分で密封した玄米を精米して家族に出します。

農業は炭素循環農法が早く土壌を改良して収量も多いらしいです。キノコの廃菌やおがくず、木材チップ等が必要です。
無農薬農家の知り合いは「アーゼロン」という土壌改良菌を使ってすごく大きい野菜を作ります。
在来種にこだわって購入する種はほとんどが在来種でしたが、去年苗が余ったからと近所の出荷しているかたから頂いたて移植した菜ばなは店で買うのと一緒ですが、同じように鶏ふんだけで栽培しているのですが在来種はかたくて細いです。
アブラナ科の種とりは同じころに花が咲いて花粉が混じってしまうので難しいです。青虫にも食べられます。実になるものは採りやすいです。

転生するのなら今度は備蓄なんかしなくていい龍に生まれたいです。山のほら穴に住み、空と海、湖の中を散歩してご飯の心配をすることもなく、衣類の洗濯をすることもない。住宅ローンももちろんない。いいなあ。

Re:宇宙人

seisaraさん

スレを戻して返信します。

>備蓄について、昨日も友人と話をしましたが、真剣に危機が迫っていることは感じていなく受け入れられない人はまだまだ多いのだなあと感じております。

99%以上の人は私が想像しているような戦慄の未来が来るとは夢にも思っていないでしょうから、当然のことでしょうね。
私も来てほしくないですが、来てから動いても遅いということを伝えたいと思っています。

Re: 備蓄

みーこさん

ありがとうございます。
備蓄の神様のような存在で、いろいろな知識がおありで感心します。今後、その知識をブログでまとめるのもいいかも知れませんね。私がやりますよ。(笑)


> 今精米年月日が2005年5月19日の無洗米冬眠米の「備蓄王」を食べています。5年備蓄可能ということで購入しました。30キロ(5キロ×6)を買いそのうち半分がすぐに空気が入り残り3袋を5年以上保管してました。味はまったく変わりません。

5年以上前から備えられているというのは、何かの啓示でもあったのですか?


> 農業は炭素循環農法が早く土壌を改良して収量も多いらしいです。キノコの廃菌やおがくず、木材チップ等が必要です。
> 無農薬農家の知り合いは「アーゼロン」という土壌改良菌を使ってすごく大きい野菜を作ります。
> 在来種にこだわって購入する種はほとんどが在来種でしたが、去年苗が余ったからと近所の出荷しているかたから頂いたて移植した菜ばなは店で買うのと一緒ですが、同じように鶏ふんだけで栽培しているのですが在来種はかたくて細いです。
> アブラナ科の種とりは同じころに花が咲いて花粉が混じってしまうので難しいです。青虫にも食べられます。実になるものは採りやすいです。

ためになります。


> 転生するのなら今度は備蓄なんかしなくていい龍に生まれたいです。山のほら穴に住み、空と海、湖の中を散歩してご飯の心配をすることもなく、衣類の洗濯をすることもない。住宅ローンももちろんない。いいなあ。

現世の役割を果たした人は次のステップに行けるのでしょうね。
お金ばかり頼っている人間は、今より厳しい来世が待っているのでしょう。

Re:Re: 気になります・・・

calseed さん

>「こういうのは黙って信じるもの。信じなかったら講演に来るな」
>受付の方は「知っとうや?」の管理人が来ている事を知っていた
>そうです。人伝えで会いたいと言われましたが、恥ずかしいので
>遠慮させていただきました。

なるほど・・・
利害の交配は個々の執着によって様々ですからね。
calseedさんが考えも寄らない事を相手方は考えてますね。

>これはそれなりの能力をお持ちのToshiさんだからそう思えるの
>でしょうね。私もToshiさんのような経験を一度でいいから体験し
>たいですね。そうすると理解出来るかも知れません。

それを言われちゃうと・・・^^;
記憶の扱い方が鍵を握っていると感じる事が多々あります。
記憶への執着と言ってもいいと思いますが、
宇宙人とはこんなものとかUFOとはこんなものなど
認識させられているものが、想念によって
現実に投影されているのだと思います。
グレイタイプが一般化しているのであればその情報に共鳴して
認識されるので、それが宇宙人の姿になるのだと思います。
情報の性質や流行も反映されている筈です。

認識出来た人の現実、空想の中の曖昧な現実、
認識出来ない人の非現実など利害が一致しないので
話がややこしくなりますが・・・

1700年周期の巨大地震?

講演の中で沖縄の津波というのがありましたので、高嶋哲夫著「TSUNAMI」を昨日読んでみました。これはM8クラスの東海・東南海・南海同時地震により20~30mの津波が発生するという話でした。

  In Deepでは太平洋沿岸~沖縄諸島にかけて1700年周期でM9クラスの巨大地震が発生していたかも知れない、という説を紹介されています。
 宮古島が大津波に襲われるという予想が以前出ていましたが、今回の女性が見たヴィジョンとリンクしているのかどうか。世界のひな形が日本、日本のひな形が沖縄という話もありましたね。

FC2ランキングのin、out また表示が変わりましたが。

自然農法

りょうすけさん、

私が自然農に取り組んでいるのは、何のため?誰のため?と問われれば、それは自分のためです。誤解を恐れず言えば、自然環境を護るためとか、食糧危機で生き延びるためとかは、どうでもいいと思っています。自分が楽しいからやっているだけです。土に触れ、草木や生き物の中に身をおくことが気持ちがいいからで、それ以上でも、以下でもないように心がけてもいます。~のためという義務意識を自分に課すのは止めようと思っています。
木内さんと同じく臨死体験をしたダニオン・ブリンクリーが言っています。「人が救うことができでき、また救う必要があるのは自分自身だけ」と。そのことの意味がようやく分ってきました。

ところで、自然農法について完璧なマニュアルはないですよね。自分が田畑に立って、何が必要かを感じ取ることが大切と私も思います。
今年は、水田を耕そうと思っています。木村さんなんかは、もともと荒く耕せと言っておられますが、私もそう感じました。
それと、りょうすけさんが言及されていた種の採取は、自然農法の根幹ではと思うようになりました。
キャベツや白菜がどうしても虫に食われてダメなんです。ナチュラル・ハーモニーの河名さんは、その土壌に肥料分が残っているからと説いておられますが、私はその土地で撮れた種を使うことがポイントではないかと思っています。

calseed さん、

記事と関係ない書き込み、お許しください。
ところで、宇宙人というか魂の故郷が他の惑星という人は、結構おられるようですね。コンノさんの本のどこかに、それを見分ける基準のようなことを書いておられましたが、それで見ると私も宇宙が故郷になってしまいました(笑)
しかし、私はやはりこの星(地球)が好きですね。


Re: 1700年周期の巨大地震?

> 講演の中で沖縄の津波というのがありましたので、高嶋哲夫著「TSUNAMI」を昨日読んでみました。これはM8クラスの東海・東南海・南海同時地震により20~30mの津波が発生するという話でした。

起こってほしくないですね。

>   In Deepでは太平洋沿岸~沖縄諸島にかけて1700年周期でM9クラスの巨大地震が発生していたかも知れない、という説を紹介されています。

535年に隕石の影響でクラカタウ火山が噴火していますが、そのときに大型地震が発生したのではないかと思っています。そうすると次は2200年代でしょうか。スタットフルが2130年頃ですから、その頃かも知れませんね。


> 日本のひな形が沖縄という話もありましたね。

これはどなたの主張でしょうか?初耳でした。


> FC2ランキングのin、out また表示が変わりましたが。

いい加減な仕組みですね。上位なのは嬉しいですが。

Re: 自然農法

kamuiさん

真剣に農業をやっている人からそんな簡単に考えるなと言われるかも知れませんが、私はkamuiさんが羨ましいです。私もサラリーマンなんか早く辞めたいです。それができない自分が情けない。


>コンノさんの本のどこかに、それを見分ける基準のようなことを書いておられましたが、それで見ると私も宇宙が故郷になってしまいました(笑)

本のタイトルだけ分かりませんか?

備蓄用 砂糖 麺類

日頃は黒砂糖をよく使います。 お魚の煮物もお煮しめも美味しくできます。 しかし備蓄用となると氷砂糖が一番長持ちするそうです。賞味期限が表示されていないものもあります。表示しなくともそこまで大丈夫だということです。と、書いてありました。
お素麺やスパッゲッティはメーカーによりますが、3年間くらい大丈夫のようです。
でも スーパーに行くとまだまだ沢山の果物や野菜がならんでいますねー。いきなり品薄になるのでしょうか。
確かに病気でも数値に出た時はかなり酷いといいますからね。よく失明した人などは一晩で見えなくなったといいます。体がそこまでなっているのに気づかないようです。症状が出た時は間に合わないということかもしれませんね。

アメリカに8年間住んでいる娘が今帰ってきています。
私の大好きな宇宙人の話をすると、「政治と宗教と宇宙人の話はマイナーだから好きじゃないの」と言われてしまいました。
性格にもよるでしょうが、アメリカの人は将来の事を心配しないのでしょうか。何考えとるのやらです。 

Re: 備蓄用 砂糖 麺類

けいさん

> でも スーパーに行くとまだまだ沢山の果物や野菜がならんでいますねー。いきなり品薄になるのでしょうか。

いきなりだと思います。そうなると日本人はパニック症候群により同じ行動をとりますから、食糧だけでなくほとんどの物資が品薄になると考えています。食糧以外の必需品も今のうちに準備しておいた方がいいでしょう。


> アメリカに8年間住んでいる娘が今帰ってきています。

戻らない方がいいと思いますよ。日本の方が貧しくなってもまだ生活しやすいのではないでしょうか。
戦争になったら民間航空機は跳べるのでしょうか?


> 私の大好きな宇宙人の話をすると、「政治と宗教と宇宙人の話はマイナーだから好きじゃないの」と言われてしまいました。

けいさんが宇宙人の話をするとは思いもよりませんでした。意外と多いものなのですね。

ETの魂を持つ人の識別法

calseedさん、

>本のタイトルだけ分かりませんか?

「量子力学・日月神示・般若心経・王仁三郎の超結論」徳間書店・五次元文庫  でした。

P91で、スコット・マンデルガー博士という人の「宇宙人の魂を持つ人々」という本から引用して書いておられます。

①ET,UFO、宇宙旅行、未知の世界、ユートピアの本を特に好む。
②自分の親は実の親ではなく、自分の周囲が非現実的な世界で、何時も自分は孤独だと感じ、辛く悲しくなる。
③一度ならず(現実に、あるいは夢の中で)UFOを見た。それによって信念と希望を与えられ、人生の意味とより大きな目標を示された。また、それによって自分が他の人とは違うことに気が付いた。
④たいていの場合、新設でやさしく、人を傷つけず、平和的で攻撃的ではない。あまり、金や物に興味をもたず、人間の冷酷さや暴力、世界のどこかで絶え間なく起きている戦争が不思議でならない。
⑤邪なこと、ずるいことをされても、なかなか気がつかないために世間知らずというレッテルを貼られがち。こんな調和の欠けた世界とは無縁で、別の世界があることに薄々気づいている。
⑥人生の基本姿勢は、他人への奉仕という大きな理想。心の底から世の中を良くしたいと思っている。こうしたことも、無邪気で世間知らずと思われる一因。
⑦徹底した科学的気質の持ち主で、いつも冷静で合理的、計画的に人生に対応している。それゆえ、人間の欲望、燃え上がる情熱が不思議に思えてならない。そんな状態にぶつかると当惑し、ロマンスというような世俗的な感情にも馴染めない。
⑧神秘的な精神世界(東洋、西洋)に強く惹かれており、その理論や修行法に感心を持っている。そして、自分はかつて大きな力を持っていたが、何かの理由でそれを失ってしまったという気がいつもしている。そのときに身に付けたものを今は忘れているだけだからだ。
⑨いつも強い疎外感に悩まされている。自分が世間にしっくり溶け込めず、いつも孤立していると思っている。多分、普通の人になりたいと思って全力を尽くしたに違いないが、行き着くところは、自分がどこか違うとかんじるだけなのだ。


以上の9項目を挙げています。あらためて読むと、私は半分も当てはまらないので、地球人なのかなー。何となくいつか宇宙へ還るような気がするのですが、、、。
なお、この本、その他の部分は、これまでの本と重複するので、買ってまで読む必要ないのではと思います。

Re: ETの魂を持つ人の識別法

kamuiさん

ありがとうございます。
それと同時に驚きました。先日買ったばかりで今から読もうとしていた本でした。
この本を選んだ理由は、コンノさんの本であり、5次元文庫は安いからで著者名だけ見て買ったしだいです。
お手を煩わせてすみませんでした。繋がっていますね。

No title

kamuiさんのお書きになった、ETの魂を持つ人の識別法、だいぶ当てはまっていました。私もETの魂を持っていrるのかもしれません。

大学卒業後から今までの自分の人生を振り返ると、何かに導かれるようにして現在に至っているような気がしてなりません。後になって思うと「あのときのあの出来事、あの人がいるからこそ今の私がある」と思うことばかりです。そういう出会いや出来事も波があって、来るときには一気に来るなあというのが私の印象です。calseedさんは現在、その波の真っ只中にいらっしゃるみたいですね。ブログを読ませていただいて、わくわくします。

スイスは参戦しなかったけれども、第2次世界大戦中は食料や燃料、衣類などは配給制になったようです。万一に備えて、耕作可能なすべての土地を耕し、じゃがいもの栽培をしたとか。この先世の中が大きく変われば、またそういう風になってしまうのでしょうか。

Re: No title

ぱんださん

> kamuiさんのお書きになった、ETの魂を持つ人の識別法、だいぶ当てはまっていました。私もETの魂を持っていrるのかもしれません。

私はほとんどはずれています。


> 後になって思うと「あのときのあの出来事、あの人がいるからこそ今の私がある」と思うことばかりです。そういう出会いや出来事も波があって、来るときには一気に来るなあというのが私の印象です。calseedさんは現在、その波の真っ只中にいらっしゃるみたいですね。

本当そうですね。怖いです。


> スイスは参戦しなかったけれども、第2次世界大戦中は食料や燃料、衣類などは配給制になったようです。万一に備えて、耕作可能なすべての土地を耕し、じゃがいもの栽培をしたとか。この先世の中が大きく変われば、またそういう風になってしまうのでしょうか。

スイス在住でしたね。永世中立国だからこの先も参戦しないのでしょうか?
ヨーロッパは大戦の中心地になるようですよ。

一番幸せな結末

冷や水を浴びせかけるようで申し訳ないのですが、なぜ皆さん今年中に危機が訪れ、食糧不足になることを決定事項のように議論されるのでしょうか?

僕がもらったビジョンは本当の危機の直前にアセンションが起こり、地球上の『全員が助かる』。そしてアセンドした体を通してみんなで山積した問題を解決していく…というものだったのですが。僕にビジョンをくれた存在も『なぜ危機に陥ることと二極分化した結末を求めるのか意味が分からない』と言ってきていました。可能性が限りなくゼロに近くても、みんなで一番幸になる結末をイメージしませんか?

それから異次元からの介入ですが、今回は明らかにいわゆる宇宙人・天使たちやレプタリアン(悪の存在)などよりも更に上の次元の存在が介入してきています。宇宙人や天使たちが「君たちの自由に任せる、我々は介入しない」と言ってきている時点で既に介入じゃないですか(笑)そう言う彼らにも何が起こっているのか分からない部分がある感じがしますよね?

もっといろいろ言いたいことがあるけど、今宵はこれくらいで。ブログ、応援してます。

りょうすけさんへ

うちの実家は お米を作っていますよ。

農業は、周りの村の住民との調和も重要ですから

将来、周り人の理解も得ながら、自然農を出来ればいいなと思います。

りょうすけさん、頑張って下さい!応援してます!

備蓄

みなさん色々と準備されてるんですね。
私も1年位前から備えに取り掛かっていましたが
すごく楽しんでやっている自分がおかしかったりします。
野菜作りをしたり、干し野菜を作ったり、味噌作りをしたり、あれこれ買い込んでみたり。
色々とやっているうちに疑問や危険も感じていたりするのですが、りょうすけ様がコメントしていたように、そこらで売っている野菜の種は野菜が育っても種が取れないので、備蓄する方は固定種や在来種の種を持っていたほうが良いかと思いました。
栽培する土地がなくても物々交換などできますし。
種をもっていない農家の方も存在するかと思います。
味噌作りも意外と簡単で、味噌作りは皆さんにおすすめしたいです。

あまったご飯を干してカラカラにしてビン保存してますが、水分さえしっかり抜けていればいつまでも持つそうなので、いよいよとなれば食べる気にもなるはずです(笑)
私のやってることは昔からの方々がずっとやってきたことしかないですが、知らない私には新鮮でした。
色んなことをやりながら、日本は本当に凄い知恵があったのだと感心したり、昔のお母さん方は家族のためにものすごい愛情と手間をかけていたんだなぁ と泣いてしまったことも・・・
私の祖母は戦中に疎開して、都会はお金が必要だったけど、田舎は物々交換じゃないと何も手に入らなかったと言っていました。

あと、私がやってみたいことは紙を作ることです。
これからチャレンジしてみます。

それと、女性は編み物や裁縫ができるといいですね。
解れたセーターの糸をほどいたら靴下や帽子もできるし、裁縫ができれば着るものは手直ししながら何とかなるはずです。



Re: 一番幸せな結末

3本足のカラスさん

コメントありがとうございます。
私の意見はこれまで書いてきたとおりです。
この考えを押し付けるつもりはありませんので、それぞれの直感に従って行動すればいいのではないでしょうか。

Re: 備蓄

そらさん

> 私も1年位前から備えに取り掛かっていましたが
> すごく楽しんでやっている自分がおかしかったりします。
> 野菜作りをしたり、干し野菜を作ったり、味噌作りをしたり、あれこれ買い込んでみたり。
> 色々とやっているうちに疑問や危険も感じていたりするのですが、りょうすけ様がコメントしていたように、そこらで売っている野菜の種は野菜が育っても種が取れないので、備蓄する方は固定種や在来種の種を持っていたほうが良いかと思いました。

そらさんもいろいろ考えておられるのですね。
楽しんでやれることが一番いいようです。素晴らしいですね。
そらさんは若い世代だったと思いますが、よく考えていますね。

1月28日エルサレムにUFO?出現

第三の目の世界ブログ超神秘新発見の項で、エルサレム・岩のドーム上空に出現した不思議な光体(YouTubeで見れます)が宇宙的振動を有している等解説していて参考になります。

今週末ソラ参加できるかも、スケジュールがタイトでまだ確実ではないですが。

三本足のカラスさん
如何なる高次元存在からのコンタクトでしょうか、非常に興味をひかれます。よろしければ教えて下さい。

なぜ備蓄するか?

・安心するからです。掛け捨てよりはるかにお得で自分で選択できる保険です。
・レジで並ぶのが嫌だからです。何時間も並ぶ体力がないので今のうちに揃えておきます。お店が閉まっている時間にも備蓄品をだしてくるだけです。
・ネットや本からの情報でそろそろ世界の経済(お金中心の世界)もやばいのではとの判断です。
・前世で恐慌やお金が紙くずになるというのを体験しているような気がします。今生でリベンジです。
・目に入る人間~家族、身内、近隣の子供たちが飢えて衰弱していくのをみたくないからです。

Re: 1月28日エルサレムにUFO?出現

> 第三の目の世界ブログ超神秘新発見の項で、エルサレム・岩のドーム上空に出現した不思議な光体(YouTubeで見れます)が宇宙的振動を有している等解説していて参考になります。

ありがとうございます。


> 今週末ソラ参加できるかも、スケジュールがタイトでまだ確実ではないですが。

参加されたら情報教えてください。
当日、私は探索の旅に出かけます。

昨夜のビィジョン

こんばんは、二度目のコメントになります。夢ではなく昨夜見た映像は、液体のチョコレートが自分の持つパーワーストーン(水晶)にたれてくる不思議なビィジョンでした。確かこれで二回目です!考えてみたらチョコレートではなく石油ではないかと思います。ここ二年どこのだれか知らないけど色々なビィジョンを見せてもらいました!低級霊のいたずらなら許せますけど・・・もちろん夢もリアルで振動やニオイ、味、刺されたり!殴られた時の感覚など!現実か夢かわからなくなる時があります。ごめんなさい、また何かあったらコメントします。

ありがとうございます

kamui さん
なりさん

コメントありがとうございます。
こうやって、みなさんとあるテーマに関して考え、意見を交わせるのは、本当にうれしいです。

何度も書いてますが、僕は次の世代にどんな地球を渡せるのかということを考えています。
ほんと、そこだけです。

少しでも、今、問題とされているものが減った状態でタスキを渡したいなと思っています。

だから、今は人が食べるということが、人を含めた生態系にどのような影響を及ぼすのか、それがどうあれば良いのかということを考えようと思い、畑と向き合ってます。

ほんと、マニュアルはありませんよね。
コツコツやって行こうと思います。

Re: 昨夜のビィジョン

すうさん

コメントありがとうございます。
石油なのでしょうね。
そろそろ人類は石油と決別することを真剣に考える時期に来ていますね。
昨日からの石油高騰、これからはこんなものではないはずですよ。

キブツ プラウト

>確かに就農人口増えるかもしれません。
>しかし、それは何のためでしょう?

イスラエルに「キブツ」と呼ばれる共同村が有り 200~300人ほどで形成されているようです

でも最近完全な平等が嫌で 配分の落差を付ける第2のキブツが出て来たと2年くらい前に聞きました 

りょうすけ さんの思い悩みが長年続いている キブツ でも出て来たように感じました

また 未来学者のラビ・バトラ教授の理論が 資本主義が崩壊した後は プラウト主義と言っています

ので 今後の未来かも知れません ね


non-non

プラウト主義

non_nonさん

キブツでも、色々なスタイルがあるようですし、それぞれに抱える課題もあったというのが、昨年の12月にイスラエルに行ってきた仲間の感想でした。

なぜそうなるのか?
どうしたらそれを防げるのか?

そのようなことを仲間と色々と考えてきまして「こんな感じかな」というイメージを、一応持っていますし、日々、ブラッシュアップしていますが、それはプラウト主義とはかなり趣が違うものです。どうしても過去から受け継いできたものが違うからなのだろうという話になってます。

これから、色んなことが起こって来ると想定して、それに対してどのような準備をし、どのようなことがあったら、どのように生活を変化させて、想定を変化させて行くのか、様々な人と人のつながりの中で、その時々にあらゆる解決策が用意され、実行されると思います。

悪い表現だとは思いますが、サバイバルなんだと思います。
プラウト主義が残るのか、他の何かが残るのか、淘汰という言葉は使いたくないですが、見かけはそうなるのかなと仮定しています。

キブツが象徴するもの

りょうすけさん

こんにちは

>これから、色んなことが起こって来ると想定して、それに対してどのような準備をし、どのようなことがあったら、どのように生活を変化させて、想定を変化させて行くのか、様々な人と人のつながりの中で、その時々にあらゆる解決策が用意され、実行されると思います。
>悪い表現だとは思いますが、サバイバルなんだと思います。
>プラウト主義が残るのか、他の何かが残るのか、淘汰という言葉は使いたくないですが、見かけはそうなるのかなと仮定しています。

仰る意味、よく分かります。

20世紀最大級の社会実験の一つであるキブツのプロトタイプを設計したのは、フランツ・オッペンハイマーですが、彼が設計するにあたり直接参考にしたのが、モウジー・ポランニーの「農村共同体」なる思想でした。
しかしポランニー一族の中でも卓越した才能を有したモウジー女史でさえ、晩年ではキブツは失敗であると認識していたフシがあります。

誤解を恐れずに言うならば、ポランニー一族共通の大儀、「社会による社会の救済」という理想が幻と判明した現在、多少の犠牲を払いつつも自由を維持し、かつ持続可能な文明が現れるプロセスで、りょうすけさんが言う意味でのサバイバル状態を避けることは不可能と感じます。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策