スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振動する世界

すべての物質は振動していると言われます。

生物の細胞が振動していることは理解しやすいですが、そこらへんに落ちている石や人造物である建物などの物質についても、元素の電子レベルで見れば振動していると中学か高校の化学で習いました。

しかし、これは科学者などの専門家でなければ、現実には理解できない現象です。
その電子や原子をさらに細かくしていくと素粒子と言われる、物質を構成している最少単位に行きつくようですが、これは理論上の話でしょう。

実際には、この宇宙の全ては意識から構成されているというのが、木内氏が臨死体験で見てきた答だったようです。

このような考え方を量子論というようですが、現代物理学では反主流的な考え方とされているようです。
私は、最近、コンノケンイチ氏の著書などを読み、その考え方を勉強している最中です。


前回ご紹介したDVD(http://sendaitenmei.blog108.fc2.com/blog-entry-68.html)の中で、木内氏は次のように話しています。

「この地球は意識で造られてれており、それが3次元を構成している」

地球は他の惑星や恒星と異なり生物がたくさん住んでいます。
それらの生命のおかげで膨大な意識の塊の中にあり、従って他の星と異なる3次元という別世界ができているのかも知れません。この次元については今後探究していきたいと考えています。


この宇宙は全てが意識から造られ全てのものが振動している。

振動することによって波動が生じ、これが重力波と呼ばれている、宇宙エネルギーのようです。

星は自転と公転を行っています。
また、星座や銀河系自体も回転運動をしているようです。回転運動によってその星を構成する物質の振動を維持し、重力波である宇宙エネルギーを放出しているのでしょうか。
逆に星の回転運動が止まると星を構成する物質の振動も止まり、星にとって死となるような気がしています。

太陽に黒点ができるのは、この重力波の影響だそうです。
地球は太陽からの重力波の影響を受けているようです。
黒点活動と火山活動や地震に相関関係があるのはその証なのでしょう。


DVDの中で木内氏は、重力波は人間の細胞レベルでも細胞波として影響していると話しています。

人間の細胞も当然振動しており、その人独自の振動幅を持って活動しているようです。

ところが、病気になった場合、この振動の波形が乱れてしまうそうです。
病気の状態とは正常な細胞波が乱れた状態のことで、例えばガンに冒された細胞は正常な細胞波とは異なる波形になっているそうです。

薬を飲んで病気を治すというのは、薬の成分が異常な細胞に入りこんで異物を解消し、細胞波を正常な状態に戻すことだそうです。
現代医療では、病気を薬で治すことに力を入れていますが、昔の人たちは薬を使わずに病気を治す方法を知っていたそうです。

手かざしなるものがありますが、掌を他の部位の近づけると温かく感じます。
これは掌から細胞波が出ているから温かく感じるそうです。

例えば、右手に何らかの炎症が生じたとします。これは右手の細胞波が乱れている状態です。
正常な左手の掌を右手にかざすと、左手の正常な細胞波が右手の細胞波の乱れを修正してくれるそうです。

木内氏は、この仕組みを台風を例にとって説明してしています。
太平洋上に大きな台風と小さな台風の2つが発生した場合、小さな台風は大きな台風に引き寄せられていきます。

細胞波の場合、正常な細胞波は活性化しており大きい波(大きい台風)。
病気に侵された異常な細胞波は小さい波の状態(小さい台風)。波が完全に止まってしまうと死に至る(脳波が止まった状態)。
よって正常な細胞波によって異常な細胞波が修正され、結果的に病気が治るという仕組みのようです。

ヒーリングとか手かざしという言葉は、私には新興宗教的で眉つばな固定観念がありましたが、原理としては正しいようです。あとは使い方の問題でしょうか。お金が絡むと新興宗教になってしまうようです。

(ただし、個々人で細胞波の波形が異なるため、必ずしも健康な人の細胞波を使用したヒーリングにより効果があるとは限らないようです。縄文の人たちは波形に関する相当な知識があったようです)


また、縄文時代、今から4000年くらい前には、人間の発する音で細胞波を正常に戻し、病気を治療するという方法が始まったそうです。

DVDの中で中山氏が歌っている「あわの歌」は、その名残りのようです。

縄文時代には、病気の人の回りに10人の男女が交互に並んで取り囲み、「アー」「ウー」のような音を全員で発することでハープが奏でる音の状態になり、その音波で病気の人の細胞波を正常に戻すような治療方法をとっていたそうです。

そのとき利用したのがストーンサークル(環状列石)だそうです。

<参照:大湯環状列石>
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B9%AF%E7%92%B0%E7%8A%B6%E5%88%97%E7%9F%B3

石によって音を反響させ、音波の振幅を調節していたそうです。
凄い技術ですね。

私が最近見学した熊本市内にある拝み石
高さ6メートル以上あるものがありましたが、これもヒーリングに使われていた可能性がありますね。

拝み石

拝み石2

これらの音を使った儀式が、神道の祝詞に繋がっていったようです。
確かに祝詞には厳かな雰囲気があり、聞いた後は気持ちが和みます。
ただし、音波はアナログでなければ効果が薄いようです。0と1の2進法で作られているデジタル波では生物の細胞波(アナログ波)にはマッチしないようです。


現代では、そういった縄文文化の叡智が失われて、すべてが薬を使った医療に変わっています。
薬が単に悪いというわけではありませんが、使い方が問題だと思います。
現代の薬は副作用が大きいだけでなく世界中の医療利権の温床となっているため、必要以上に投与されています。
これでは部分的に細胞波を正常に戻したとしても、体全体を体調悪化させていきます。まさしく木を見て森を見ずの状態です。

また、病気にかかった人は、病気を治そうという気持ちが大事だそうです。
病気を治そうという気持ちが強ければ、細胞波は活性化するそうです。ガンに罹ったからもうダメだと思っては、絶対に治らないそうです。末期ガンでも治ると思う気持ちがあれば治るそうです。

中山氏は、DVDの中で次のように話しています。
「体調不良で医者に診てもらい病名を宣告された瞬間、その人は本当にその病気になってしまう」

確かにそうですね。
今後は現代医療とは異なる縄文時代の叡智を復活させた本当の医療改革が起こることを期待したいと思います。


また、コメントいただいている篤さんより本日のテーマに関係するような情報をいただきました。

音を使った「音響免疫療法」という治療法を考えて実践されている西堀氏という方がいらっしゃるそうです。
篤さんはそのお仕事を手伝われているそうです。

<参照:音響免疫療法患者の会>
   http://www.acoustic-therapy.com/

私は、音響免疫療法についてはパンフレットの内容くらいしか存じませんが、今後はこのような医療が増えていくのかも知れません。

<医食住>の改革が今後の循環型社会への課題なのでしょう。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル :

コメント

非公開コメント

No title

言葉や音楽は人間の細胞に波動として伝わり、性格や気分などを変えてしまうくらい影響が大きいみたいです。人間の70%が水分なので音波がそういう影響を与えるのは分かる気がします。またぶっとんだ話なので、適当にスルーしてください。振動と重力波で思い出しましたが、私が時空や次元を超えるとき、すさまじいGと振動が体(3次元の体ではない気がします)を襲います。その息苦しさは毎回恐怖さえ覚えます。

Re: No title

ericaさん

> 振動と重力波で思い出しましたが、私が時空や次元を超えるとき、すさまじいGと振動が体(3次元の体ではない気がします)を襲います。その息苦しさは毎回恐怖さえ覚えます。

これは体外離脱の形態をとるのですか?
意識体となってもGを受けるのですね。
それと意識的にできるのでしょうか?

薬大好き

宇宙の真理にせまる内容、いいですね。「ガイアの法則」でのスピン宇宙論にも感銘を受けました。原型意識・空間の一部分がスピンして固有物質と個別意識を生み出す。しかもその個別意識が次第に進化して時空認識領域を拡大し、より高次な自由を獲得する。旋回することにより素粒子から宇宙そのものまで、万物は根源的周期律で固有の振動を発する。スピンに関しては「波動の法則」という本にもありましたね。
 太陽系が銀河系内の固有軌道を1回転するのに、2億2千万年~2億5千万年ほどかかるようですが、1/16の法則を当てはめると22.5度分の移動に1400万年~1500万年かかる計算になります。その周期も現在来ているのかな?でも具体的に何の現象と対応するのかは不明です。

 自然との不調和により病気が発生しているようですから、文明のあり方が問われているわけです。今の方向性のままなら次々と新手の疾患・病原体が出現する。波動や振動に関する理解が進まない限り不可避の現象かも。
 
 拝み石、各地にあるようで、これまた興味深い。巨岩と巨岩の間にある隙間を通り抜けるとヒーリング効果があるとか、特定の岩石を交互に配置するとパワーを発するとか、古代の叡智が隠されているでしょう。神主が祝詞を奏上し、警蹕(けいひつ:あー、とか高音で長く発する)を行ったりするのも古代からの伝承。丸岩も関連しているようです。

 音響療法に関して、私は井村宏治著「サイテクノロジー」に出てくるアトランティスの描写:海岸の高台に(水晶の?)ドーム状の建物があり、そこでひたすら波の音・波動に聞き入り心身の不調を改善するという音響生理学、音響医学で初めて関心を持ちました。近刊では「霊知の源泉アトランティスからの未来リーディング」に当時の医療テクノロジーも要約されています。(なぜかテレポーテーションの記述が見当たりませんが)
 体脱する方法の一つに、振動を感ずる(イメージする?)というのが確かにありました。衝撃を感ずるのはあまり良くないのかも知れませんが、百の議論より実体験が優りますね。

物理の勉強頑張って、教えて下さい(笑)
 
 

Re: 薬大好き

意識⇒振動⇒スピン、という流れでこの世界を維持しているのではないでしょうか。
3次元地球にはあらゆる物質が存在するため、それを維持するため高エネルギーが必要で、無生物より高い意識を持つ生物が生存する必要があったのかもしれません。生物の活動が新たに地球エネルギーを生み出していく。
木内さんの提唱している古代から続く循環型社会は、生物の存在があって成立する話ですからね。
本当に元地球人が金星にいるとするならば、何を食べて生きているのでしょうか?ふと疑問に思いました。


>  自然との不調和により病気が発生しているようですから、文明のあり方が問われているわけです。今の方向性のままなら次々と新手の疾患・病原体が出現する。波動や振動に関する理解が進まない限り不可避の現象かも。

kamuiさんと量子論についてお話しました。量子論は日本の方が世界的に進んでいるそうです。しかし、アカデミズムの世界では邪道とされているようですね。
要は真の支配者は、波動力学などを研究されては困るのでしょうね。それが今崩れつつあるのではないでしょうか。


>  拝み石、各地にあるようで、これまた興味深い。巨岩と巨岩の間にある隙間を通り抜けるとヒーリング効果があるとか、特定の岩石を交互に配置するとパワーを発するとか、古代の叡智が隠されているでしょう。神主が祝詞を奏上し、警蹕(けいひつ:あー、とか高音で長く発する)を行ったりするのも古代からの伝承。丸岩も関連しているようです。

結構ありますね。木内さんの話を聞いて石の存在に納得しました。拝み石で方位磁針を近づけてみたら針がクルクル回りました。磁場の操作も行っていたのでしょうね。


>音響療法に関して、私は井村宏治著「サイテクノロジー」に出てくるアトランティスの描写:海岸の高台に(水晶の?)ドーム状の建物があり、そこでひたすら波の音・波動に聞き入り心身の不調を改善するという音響生理学、音響医学で初めて関心を持ちました。

大洪水で海水位が上昇し重力が変わってしまった。ということは重力波、細胞波も変わり、生き残った人類に多大な影響を与えたのですね。DVDを見てよく理解できました。
アトランティス時代は、その重力波を元の地球の状態に戻すため各地にピラミッドが作られたのでしょう。巨石もそうだと思います。
水晶ドームもそこで活用されたのですね。おそらく。


> 物理の勉強頑張って、教えて下さい(笑)

現代物理は苦手でしたね。あれは無理やり作った学問ですよ。私の直感にそぐわないですから。(笑)
量子論は素直に納得できます。結構難しいですが。不可知さんの方が十分ご存知でしょう。

2011-02-12 12:36 calseed URL 編

No title

calseedさん、

記事の更新、ご苦労様です。
休む暇も無く、走り続けていますね(笑)

>量子論は日本の方が世界的に進んでいるそうです。しかし、アカデミズムの世界では邪道とされているようですね。

この点、私の言葉足らずというか説明ベタのため、ちょっと誤解されたみたいです。ごめんなさい。

正確には、量子論は現代物理学の真中心で、量子論の父といわれるボーア以降は、ニュートン、アインシュタインの物理学と量子論の統合がメインテーマのようです。
マクロの世界で通用するニュートン・アインシュタインとミクロの世界で不可思議に振舞う量子を、どう整合的に説明するかで、ヒモ理論、超ヒモ理論など様々に登場していますが、決定打はないのが原状のようです。
時空の不確実な領域に波動として存在する電子が、人間が観測しようと意識を向けると、波動が収束し粒(固体)として現れる、物の最小単位の量子がそうなら、我々の見ている大きな世界も同じなのか、どう説明するのだという話です。
そんな中で、英国の著名な物理学者のデビット・ボームがホログラフィク宇宙論というのを唱え、この世界が意識により作られたホログラフィのようなものだと言ったり、コンノさんも般若心経そのものだと言ったりしていますが、その不可思議さを真正面から認めると、アカデミズムは知らん顔をするようです。
また、メディアも含め世間一般が、ノーベル賞を受賞する物理学者の研究がオカルトと隣合せだということを一切伝えず、未だに物理といえば「相対性理論」みたいな雰囲気を作っているのも、意図的なように思うのです。

それと、日本が進んでいるというのは、コンノさんがどこかで書かれていたと思うのですが、学会で派手な統一理論を出すのは欧米の学者が多いのでしょうが、量子論を応用した民生技術の研究分野では日本は先端だという意味だろうと思います。

長くなって申し訳ありません。
私もよく分ってないことなんです。しかし、泥沼にはまるので深入りは禁物でしょうか(笑)

calseedさんからいただいた情報を吟味中です。また、質問なり、させてください。

天皇陛下の冠動脈

記事と無関係ですが、時期的に触れない訳にはいきません。
無事に検査が済んだようで一安心。
陛下の魂は北極星方面から来たかも知れないと妄想しているので、今度夜晴れたら北極星に向かって思念してみたいです。

この宇宙に係わる最高度の霊的存在が、この方向にあるとか。
それは古来から玄武と云われた存在? 妄想です。

Re: No title

kamuiさん

一昨日は、ありがとうございました。淡路は感動しました。

量子論の件、解説ありがとうございます。
ボーアの本を読んでみるのもいいかも知れませんね。


> 私もよく分ってないことなんです。しかし、泥沼にはまるので深入りは禁物でしょうか(笑)

私は何事にも広く浅く、知識を広げていきます。

Re: 天皇陛下の冠動脈

> 陛下の魂は北極星方面から来たかも知れないと妄想しているので、今度夜晴れたら北極星に向かって思念してみたいです。
> この宇宙に係わる最高度の霊的存在が、この方向にあるとか。
> それは古来から玄武と云われた存在? 妄想です。

確かに陛下の存在は特別ですね。
昭和天皇よりも断然大きく感じています。
やはり宇宙から来られた魂なのでしょうか。

どうでもいい話ですが、我が家が購入している卵の説明書に「他の卵と違うところ」という項目がありました。
そこには、ツヤの良さや膜の丈夫さ(黄身をつまみ上げることができます)などが挙げられていましたが、最後に「波動」とありました。
よかったら食べてみてください。
ゆう地卵というものです。
飯塚や東区にある「たまごハウス」で買えますよ♪

Re: タイトルなし

あやはさん

> そこには、ツヤの良さや膜の丈夫さ(黄身をつまみ上げることができます)などが挙げられていましたが、最後に「波動」とありました。

HP見ました。本当に書いていますね。ありがとうございます。


> 飯塚や東区にある「たまごハウス」で買えますよ♪

あやはさんは福岡在住ですか?

意識

calseedさん、

記事内容についてコメントしてなかったので、一言、二言。

意識がすべて、ということは意識とは何ぞや、ということで、ボーアよりもユングに感心を向けられる方がよいのかも(笑)
ちょうどコンノさんがユングを中心に言及されている本があったと思いますが、一石二鳥でいいかもしれません。

病気なんかも深層無意識の領域での歪みで起こり、その原因は何らかの憑依であると聞いたことがあります。

その場合、顕在意識で、あまり力んで否定すると逆効果とも。強い否定=強い肯定ということでしょうか。
プラシーボ効果のようにリラックスして、信じるとよいのでしょうね。言霊、あるいは真言密教のマントラなんかも、顕在意識から直接、深層意識に働きかける手法のように見えて、実は耳からの音、振動の効果として作用しているのかもしれませんね。

また、感謝や無償の愛の念も深層意識にプラスに働くようですね。
拝み石は、石自体の意識がこの種のプラスのものなので効果があるのでしょうか。

意識サイエンスについて「フィールト゛」という本がありました。ゼロポイントフィールドの概念を使って、人の意識作用を科学的に検証した秀作でしたよ。

Re: 意識

kamuiさん

> ちょうどコンノさんがユングを中心に言及されている本があったと思いますが、一石二鳥でいいかもしれません。

ありがとうございます。
「ユングは知っていた」ですよね。すでに読み終わりました。どこかで記事にできればと思っています。


> 病気なんかも深層無意識の領域での歪みで起こり、その原因は何らかの憑依であると聞いたことがあります。

憑依ですか。
ガンなどストレスが主な原因と言われる病気はそうかも知れませんね。


> その場合、顕在意識で、あまり力んで否定すると逆効果とも。強い否定=強い肯定ということでしょうか。
> プラシーボ効果のようにリラックスして、信じるとよいのでしょうね。言霊、あるいは真言密教のマントラなんかも、顕在意識から直接、深層意識に働きかける手法のように見えて、実は耳からの音、振動の効果として作用しているのかもしれませんね。

レベルの高いお話です。
深層意識と膨大な意識。話はそれますが、この境目が霊界と神界の違いでしょうか。深層意識は誰もが夢でアクセスする領域でしょうね。


> また、感謝や無償の愛の念も深層意識にプラスに働くようですね。
> 意識サイエンスについて「フィールト゛」という本がありました。ゼロポイントフィールドの概念を使って、人の意識作用を科学的に検証した秀作でしたよ。

参考にさせていただきます。

No title

calseed様

こんばんは。
いつも貴重な情報を読ませて頂き有難うございます。

振動・・・をテーマにされてますので
今回また投稿させて頂きます。

ドイツ振動医学(バイオレゾナンス・メソッドについて
http://www.rayonex.co.jp/hpgen/HPB/entries/5.html

昨年バイオレゾナンスの研修に参加させて貰いましたが
人間の内臓一つ一つ振動が違うそうで
簡単に言えば、正常な内臓(例えば心臓)の基準を正しい値として
病気な内臓に正しい振動を送る治療だそうです。

たまたま私がここ1年お世話になりました歯医者さんが
ドイツ振動医学で治療して下さる先生でした。

http://www.hirazawa-dc.com/index.html
(船井先生を治療なさる数少ない歯医者さんです)

次元によって振動が違うから宇宙人の存在が見えないなど
(扇風機の羽が回転しだすと羽が見えない様に)
振動について解明されていくと色んな事も解明されて行く様で
楽しみです。
ただ、私は物理とかまったくチンプンカンプンですが;;;

Re: No title

pimlicospecialさん

> 昨年バイオレゾナンスの研修に参加させて貰いましたが
> 人間の内臓一つ一つ振動が違うそうで
> 簡単に言えば、正常な内臓(例えば心臓)の基準を正しい値として
> 病気な内臓に正しい振動を送る治療だそうです。

医療関係のお仕事をされているのですか。
そうらしいですね。木内さんはガン細胞の波動も部位で異なると話していました。まさしく本来の治療方法ですね。

> 次元によって振動が違うから宇宙人の存在が見えないなど
> (扇風機の羽が回転しだすと羽が見えない様に)
> 振動について解明されていくと色んな事も解明されて行く様で楽しみです。

赤外線とか紫外線など、普通の人間の目で見える範囲の外側の周波数なのでしょうね。松果体が発達すれば見えるようになるのでしょうか。


> ただ、私は物理とかまったくチンプンカンプンですが;;;

これは実際は現代の物理学と異なると思っています。うまく記事にできるように勉強してますが、理解したようで実際記事にしようとすると難しいです。

波動医学

波動医学は、かなり進んでいますよ。
一般には、水に波動を転写しての治療ですね。

 最初夫と娘に視力アップの波動コードで試した所、数秒で目に効いていました。私は信じられなかったのですが、夫と娘が実証してくれました。
その波動コードで驚いたのが、いろんな意識にも波動コードがあることです。
 普通病気は、其々の患部のコードで波動を入れますが、意識コードが合えばすぐ良法に向かいます。病気は、意識から来てると言えますね。

 夫と娘は、見えない世界が見えるから解るのでしょう。^^
私の知り合いで素粒子を研究している人がいて、その中に宇宙を観たと話していました。
 宇宙と人間は、相似形で繋がっていると思います。
 

Re: 波動医学

よみがえるさん

> 波動医学は、かなり進んでいますよ。
> 一般には、水に波動を転写しての治療ですね。

振動医学や波動医学という分野があるのですね。


>  最初夫と娘に視力アップの波動コードで試した所、数秒で目に効いていました。私は信じられなかったのですが、夫と娘が実証してくれました。

波動コード。これが個別の波動の大きさですね。
視力が治るのですか。


> 私の知り合いで素粒子を研究している人がいて、その中に宇宙を観たと話していました。
>  宇宙と人間は、相似形で繋がっていると思います。

ロマンがありますね。
原子の周りを電子が回っているのも太陽系を縮小したようなものなのでしょうか。

霊能諸々

またまた記事と無関係ですが。
知り合いの霊能者にアルザルをご存じか聞きましたら、知らないと。
しかし、ひょっとしたら宇宙人系かも知れないと言っていました。
木内さんの事は全然知らない方ですが、例のきん星人云々と話がダブりました。
 皇居では四カ所で祈祷師が毎日一生懸命お祈りしてるそうです。現代医学の力でなんとか陛下の心臓を持たせているのが現実。
 霊的予想では今年後半から来年が大変らしいですが、その先の事も含めあまり本当の事は(ひどすぎて)言えないそうです。
 肉体がダメージを受ける前に昇天(脱魂)したいとか。

Re: 霊能諸々

ありがとうございます。

> またまた記事と無関係ですが。
> 知り合いの霊能者にアルザルをご存じか聞きましたら、知らないと。
> しかし、ひょっとしたら宇宙人系かも知れないと言っていました。

3次元ではないことは確かですね。


>  皇居では四カ所で祈祷師が毎日一生懸命お祈りしてるそうです。現代医学の力でなんとか陛下の心臓を持たせているのが現実。

陛下も77歳とご高齢。仕事は激務のようすですから心配ですね。


>  霊的予想では今年後半から来年が大変らしいですが、その先の事も含めあまり本当の事は(ひどすぎて)言えないそうです。

私がつい最近いただいた複数の霊能情報では、3月と6月がキーポイントのようです。
その情報から推測される状況は、これまで書いてきた木内さんの未来と一致してますね。
詳細を記事にできるような時期でありませんが、今月の世情を見て記事にするかも知れません。とにかく大変な事態が来るのだけは確かなようです。

Re: No title

モコさん

ありがとうございます。
波動の話は実はある程度解明されてるのかも知れません。公表できないだけで。そんな感じがしています。

マジカルミステリーツアーは何度も聞いています。皆が本気で対応すれば数十年後にはおだやかな平和は来るものと信じています。

Re: 波動

夜刈さん

ご意見には同感です。
やはり縄文の叡智、アナログ波動を再現すべきと考えています。

魔法陣

波動を数値化すると実に面白く、バランスの整ったものは美しいそうですね。つまり宇宙と調和してるということかしら。 話題がそれますが升目に数字を配した3方陣、または9×9(81)の9方陣、さらには81×81光方陣、27×27金剛界曼陀羅、なども波動に関係あるのでは? これらの数霊の神秘性にほれぼれします。
これらの数字の配置が星座や神々の名前と一致するなんて摩訶不思議。なぜか私はいつも見ているうちに猛烈な眠気に襲われてしまうのです。
魔法陣は御守りにもなるとか。

Re: 魔法陣

北斗さん

コメントありがとうございます。

> 波動を数値化すると実に面白く、バランスの整ったものは美しいそうですね。つまり宇宙と調和してるということかしら。

宇宙との調和、いい言葉ですね。宇宙が膨大な一つの意識から始まったとするならば、すべての物質は宇宙と調和しているのでしょうね。


> 話題がそれますが升目に数字を配した3方陣、または9×9(81)の9方陣、さらには81×81光方陣、27×27金剛界曼陀羅、なども波動に関係あるのでは? これらの数霊の神秘性にほれぼれします。

これは先日の記事で紹介した本にも載っていましたね。


> これらの数字の配置が星座や神々の名前と一致するなんて摩訶不思議。なぜか私はいつも見ているうちに猛烈な眠気に襲われてしまうのです。

創造主(膨大な意識)のはからいなのでしょうか。

Re: Re: No title

calseedさん

>これは体外離脱の形態をとるのですか?
意識体となってもGを受けるのですね。
それと意識的にできるのでしょうか?

はい、離脱だと思っていますし、ドラマのように三次元の体ごとっていうのは無いような気がします。意識体になる狭間になるんです。今までの経験から推測すると、3.5のような比較的近い所へは、そのような激しい衝撃は無いようです。遠隔ヒーリングを一度だけ受けたとき(お金はまったく絡んでいません)もなりました。それ以外は、何かの力で意図的に、という感じです。なぜならばその時はまったく見せられる意味が分からなかったのに、大人になってから分かった事がいくつかありました。一言に離脱といっても、色々なパターンがあるように思います。大きな一くくりにしか過ぎないというか。前世を見せられたのは離脱とは違うと思いました。自分の中にあった物をもう一度再生されて何かに気づかされてるような。意識的にはできないと顕在意識の自分は思っています。3.5くらいだとふらふら~っとしてしまうみたいなので、普段の心持に気を付けています。木村秋則さんの案内人の女性ではありませんが、子供のころは、どこかで見かけられたり、してもいない電話が多発し、困りました。二つ前の前世で見た農民一揆は衝撃的でした。えぐいです…。

Re: Re: Re: No title

ericaさん

ありがとうございます。
前世まで見にいったのですね。羨ましいです。

No title

calseed様

こんばんは。レス有難うございます。

>医療関係のお仕事をされているのですか。

済みません、「研修」ではなく「講習会」の間違いでした。
医療関係ではありません。
間違った書き込み、済みませんでした。

波動や振動について・・・ヘミシンクとかもそうですが
本当に興味シンシンです。

皆様の貴重なお話も聞けて本当にラッキーです。

アワの歌

初めまして。
2/28に中山博さんの「アワの歌」を聴く会に参加してきました。木内さんも来られていました。初めて聴くアワの歌はすごい波動で圧倒されました。音の響きにヒーリングの力があり、体や精神を整える力があるそうです。古代日本にはかなり優れた宇宙に繋がるエネルギーを扱える文化があったのだと感じました。そして今またそれらが復活してくる予感も感じました。
来週また木内さんのお話しの会に出席したいと思っています。

Re: アワの歌

AMARIAさん

コメントありがとうございます。
中山さんの歌う姿はDVDで見ましたが迫力ありますね。
木内さんの話で面白そうなのがありましたら教えてください。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策