スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覇気

ヒトや猿の仲間を『霊長類』と呼びますよね。

動物の頂点に立つ意味で付けられた言葉だと思いますが、何故「霊」という文字が入っているのでしょうか?

最近、霊性に興味を持ちだしてから、ふと疑問に思ってしまいました。
英語では、primatesです。
primeが入っていますからやはり「動物の頂点」という意味で付けられたのでしょう。

とすれば「霊」は日本人が勝手に訳したもの。
昔の日本人は、人類が霊的な能力を持っていることを分かっていたのかも知れませんね。


その霊性ですが、以前「インスピレーション」を記事にしました。

<ドラゴンボールの世界>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-151.html

漫画家や映画監督、画家などの芸術に携わる人はインスピレーションが発達しており、見えない世界からのメッセージをヒントにしているのではないかと書きました。

その後、コメントやメールにて貴重なご意見をいただき、インスピレーションを確信しました。

私は、漫画は少し読んでいましたが、絵画やクラシック音楽などの芸術には全く無知です。

しかし、最近それらが気になるようになってきました。
たまたま、九州国立博物館でゴッホ展が開催されていることを友人から教えてもらいました。
今までだと「そう」で終わっていたと思いますが、今回は「これも何かの縁」と思い、今度、見に行くつもりです。
ネットで調べると、ゴッホの絵からは「パワーがほとばしっている」など興味あるコメントがあります。何か得られるかも知れません。


前述のドラゴンボールの記事の中で、大人気アニメの「ONE PIECE」(ワンピース)もインスピレーションによって書かれたものかも知れないと一言書き添えました。

そのように書いたものの、実は私はワンピースは8年前、TVアニメで1年間ほど嵌って見ただけで、漫画本を読んだことはありませんでした。
何故、TVアニメに嵌ったのかはよく覚えていないのですが、当時の「空島編」でルフィ一味と神エネルとの闘いに虜になりました。

ルフィがエネルに勝ち、新たな冒険が始まったのですが、その後の展開は私にはエネルとの闘いのような迫力が感じられず、また仕事も忙しくなったので自然に見なくなりました。

ドラゴンボールでは、孫悟空が敵と闘って勝つ度に、新たな強い敵が出てきくるのを数回繰り返し、最後は食傷気味になりました。
同じようにワンピースも週刊ジャンプの延命のために冒険を繰り返し、新たな敵が出てくるのだろうと思っていました。

ただ、最近、ワンピースが大ヒットして漫画界のコミック本販売記録を塗り替えたというニュースを聞いていたので、意外と長く続く漫画だなとは感じていました。


そんな折、昨年秋頃、コメントいただいているりょうすけさんより、「ワンピースを大人買いして読んでみませんか?」というメールをいただきました。

私は、「この歳になってワンピース読むのもなあ」と思いながらも気になっていたのですが、昨年末、TVでワンピースの特番があったので久しぶりに見ました。
確かに面白かったのですが、コミック本を全巻買うまでの動機付けにはなりませんでした。

ところが、数日後、なんと妻がワンピースのコミック本を読んでいたのです。

ビックリして「どうしたの?」と尋ねると、
「特番を見て最初から読みたくなったから借りてきた」

本当に驚きました。ブログはじめて以来、特にここ数カ月、驚く出来事が多いです。
妻はワンピースなんて全く興味がなかったのです。
私は狐につままれた感じになりました。
これは、指導霊か守護霊のはからいに違いないと思い、もちろんレンタル本を読みだしました。

すぐに熱中しました。1日10巻ずつ、4日でレンタルした40巻を読みました。
ワンピースのコミック本は現在60巻まで発刊されています。次の41巻を借りに行ったところ品切れでした。

我慢できず、躊躇なく41巻から60巻までまとめ買いしました。
そして、先日、全巻読破しました。

はっきり言って、今まで読んだ漫画で一番面白いです。
私は漫画はあまり読んでいないほうだと思います。
これまで読んだのは、三国志、伊賀の影丸、ゴルゴ13、北斗の拳、魁!男塾、ドラゴンボールなど。
戦闘モノが好きです。

しかし、ワンピースは、前回記事にしたドラゴンボールも比較にならないくらい面白かったです。記録を塗り替えるほど売れている理由が分かりました。

それと、ドラゴンボールと同じようなインスピレーションを感じました。
私のように陰謀や不思議世界を探究している人間には特に、「やはりそうか」というシーンが出てきます。

そもそも、背景が海賊VS世界政府という構図になっています。

世界政府という言葉が出てきて驚きました。
まさしく噂のNWO。

それと世界政府により消された100年間の歴史の探究。
隠された大秘宝を求めての冒険。これは黄金の国「ジパング」でしょうか?
日本の事だと思いますが「ワの国」

という表現も出てきます。

単なる子供向けの漫画ではなく大人にも訴えるものがあり、作者の隠された意図が秘められていること感じます。


中でも私が気になったのが『覇気』という言葉です。

「覇気がない」という言葉はよく耳にしますし使います。

ワンピースではこの覇気が出てきます。
一部の卓越した能力を持つ人物だけが持っている「気」を使った能力です。

次のサイトにワンピースの覇気がよくまとめられています。
http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-182.html

~転載開始~

”覇気”とは...
全ての人間に存在する力だ・・・”気配” ”気合” ”威圧”・・・
それらの人として当たり前の感覚と何ら違いはない
-ただし、大半の人間はその力に気づかず・・・あるいは
引き出そうにも引き出せずに一生を終える・・・

そして覇気は大きく”見聞色”の覇気、”武装色”の覇気
の2つに分けられるが、ごくまれに”覇王色”の覇気を授かる者もいる。

~転載終了~



「気」という言葉は気功から来ていると思いますが、ドラゴンボールのような他の漫画でも使われていました。
ワンピースの場合は、この「気」を「覇気」と呼び。3種類に分けています。

(1) ”見聞色”の覇気
   相手の”気配”をより強く感じる力

(2) ”武装色”の覇気
   見えない鎧を着るようなイメージを持てより固い鎧は当然攻撃力にも転じる

(3) ”覇王色”の覇気
   相手を威圧する力。この世で大きく名を上げる様な人物はおよそこの力を秘めている事が多い。



この覇気ですが、私は漫画の世界の話とは思えません。


作者によれば、見聞色の覇気武装色の覇気は、誰しもが持っている能力だが、大半の人が気づいていない能力だとしています。
まさしく、テレパシーなど古代の人が持っていた能力ではないでしょうか。
現在でもこの能力を発揮できる超能力者と呼ばれる人がいますよね。


見聞色の覇気は、気配を知る能力ですが、自然界に密接に暮らしているアフリカの原住民やエスキモーなどは、獲物の存在を数キロメートル離れたところから感知できるといいます。
我々も自然と一体化した生活をすることで取り戻すことが可能な能力かもしれません。

武装色の覇気は、柔道などの格闘技で見られる受け身に通じるもので、現在でも使っている人はいるのでないでしょうか。相手の力を利用する合気道の技もこれに当たるかもしれません。

話が跳びますが、ブロとものBgNさんから、「野口整体」というものを教えてもらいました。

野口晴哉氏という社団法人整体協会の創始者が体系化した整体治療だそうです。
野口氏は、その方面では有名な方のようです。人間の本来持つ「気」をコントロールすることで病気にならない体を作り、病気自体も気を使って治療するという整体療法だそうです。

野口氏によれば
「気は物質以前の存在。オーラにしても、水蒸気であっても気の現れであって、気そのものではない」
そうです。

気=意識=波動(振動) なのでしょうか。

私は、BgNさんから「野口整体」の資料を大量にいただきましたので、就寝前に簡単にできる野口整体の活元運動を行っています。活元を行うと寝起きがさわやかです。
以下の野口氏の著書にやり方が書かれていました。

整体入門 (ちくま文庫)整体入門 (ちくま文庫)
(2002/06)
野口 晴哉

商品詳細を見る


霊長類である人間にとっては、「気」のコントロールは大変重要だと思います。


最後に覇王色の覇気は、選ばれしものだけが持つとしています。
これはよく言う「オーラを放っている」に通じるものでしょう。
リーダーとなるべき人が持つオーラ。
持って生まれた才能なのでしょうか。
選ばれた魂だけが、この覇気を使えるのかも知れませんね。

こういった観点からワンピースという漫画を読むとより面白いです。

私は見聞色の覇気を身につけたいと心から願っています。(笑)


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

コメント

非公開コメント

今回も興味深い記事をありがとうございます.
野口氏はある時から治療を止めたと言われています.病気を治しているとといつまでも直してもらいたい人が絶えず,それらの人は体に関して自立できないということと,病気そのものが忌み嫌うものではなく,健康に暮らすための一つのプロセスであるという観点のようです.このように皆が病気を思うようになると闇勢力が作った現代の医療システムは崩壊しますね.私は健康保険とかはすべて公金を石油利権の医療関係業者に横流しをするシステムにしかすぎないと思っていますので,一切ないほうがいいと思っています.先ずは風邪を引いたときに野口整体式に風邪の処理してみることをお勧めします.風邪の効用を実感できますよ.

No title

こんにちは。私は前ほどではありませんが、体から放つものをコントロールできます。ガンガン放ってみると、『すごいオーラだね』などと駅などで声をかけられます。すっぴんの時などは、0に近いほど消してみます(笑)。友人は『どうしたの?オーラきえてるけど(‘‘)』と消した瞬間に言ってきます。そんな事をしてたまに遊んでみたりしていますが、数年前、あるショックな出来事があった時、体の中のプラーナの流れがプチッとスイッチが切り替わったように変わってしまって、体調が悪くなってしまいました。それからは、コントロールが難しくなってしまいました。その一方で、お酒を飲めば飲むほど、遠隔透視やテレパシー、etc...の精度が増すことに気付きました。そんな私は、昔から絵が得意でよく描いてました。

猫の勇気に思うこと

覇気というと難しいですけど、物や人をまっすぐ恐怖や畏敬なしに直視する力ですかね?
悪いことをやってる人は、向こうの方から勝手に目を逸らしますね。自分の本心に嘘はつけないものなのです。
猫やなんかの縄張り争いなんかにしても、自分の領分だ!と確信があるから、強い猫に立ち向かって戦ったりするわけで。
ここ最近の人間は「強いものになびけば安心」という他律が強すぎて、魂が本来持つ自律が薄くなってるような気がします。強いものになびくことのどこに「自分」があるんでしょうかね?
ワンピースは読んだことも見たこともありませんが、ちょっと読んでみたくなりました。

物質と精神の狭間

最近の知っとうや、calseedさんの記事自体が非常に良質なインスピレーションを元にして書かれているように感じます。獲得している情報の量も質も本物の水準と言って良いのではないでしょうか。展開される推論に関してはオーソリティーの領域に達していますね。
 
 インスピレーションを受けて創造性を発揮する、精神的な力=覇気によりリーダーシップをとる、どちらもある意味人生の理想でしょうね。
 私の興味の一つに、インスピレーションの脳内メカニズムがあります。
far-memoryさんのブログ記事によると情報の一次的受信部位として大脳の視床(感覚神経の集積部位)を挙げていましたが、最近の報道によると棋士のfunctionalMRI検査(脳活動部位をリアルタイムで描出可能)で大脳辺縁系の尾状核という部位が特異的に機能している事が判明したようです。最先端装置により今後益々、超能力を発揮している時の脳内状況等が明らかにされる(かも知れない)楽しみな時代になってきました。
 
 数年前のTV番組では気効師が実演中の脳波を検査して、全脳の波形が一致する「コヒーレント脳波」が特徴的であると解説されていましたが、先日知り合いの超能力者にこれを話題にしたら、必ずしも超能力の発現モダリティーと脳波は相関しないと言われました。今のところfMRIが最良かも知れません。以前話題になったマイクロウェーブによるマインドコントロールがどの位進んでいるかはよく分かりませんが。

 素粒子が人間の精神に影響するか?とか、”気”のエネルギー交流で病気が治ったり物質を変化させる現象(例:アンデルセンでの実演)の根本原理は何か?とか、折りにふれて考えていますが(私如きではもちろん)答えはでません。ただ、人間意識と物質の両方に相互作用を及ぼす根源的な、(重力波ではない)”何か”が存在しているはず、という考えに最近は傾倒しています。

Re: 気

BgNさん

> 野口氏はある時から治療を止めたと言われています.病気を治しているとといつまでも直してもらいたい人が絶えず,それらの人は体に関して自立できないということと,病気そのものが忌み嫌うものではなく,健康に暮らすための一つのプロセスであるという観点のようです.

病気の「気」は、気持ちと思っていましたが、野口氏によればエネルギーとしての「気」なのですね。


>このように皆が病気を思うようになると闇勢力が作った現代の医療システムは崩壊しますね.私は健康保険とかはすべて公金を石油利権の医療関係業者に横流しをするシステムにしかすぎないと思っていますので,一切ないほうがいいと思っています.先ずは風邪を引いたときに野口整体式に風邪の処理してみることをお勧めします.風邪の効用を実感できますよ.

現在の医療システムは間違いなく闇の陰謀ですね。
私はここ15年くらい風邪にかかった記憶がありませんが、最近寝起きがだるく感じていました。
簡単な活元運動やるだけで、寝起きがすっきりしますね。
太古の水を飲んでいる影響もあるかも知れません。
健康第一ですね。

Re: No title

ericaさん

コメントありがとうございます。
いわゆる超能力者ですね?素晴らしい能力ですね。
私が見たあんでるせんの久村氏がそうでした。指か気を出し火花がちっていました。

ericaさんご自身も他人のオーラがみえるのでしょうか?


>お酒を飲めば飲むほど、遠隔透視やテレパシー、etc...の精度が増すことに気付きました。

これはアルコールがそういった能力を高めるのでしょうか?
地球だけでなく、他の星の透視も可能なのでしょうか?

Re: 猫の勇気に思うこと

bcsさん

> 覇気というと難しいですけど、物や人をまっすぐ恐怖や畏敬なしに直視する力ですかね?

覇王色の覇気には、それも含まれるかも知れません。
覇気までは行かなくても「自信」がそういうエネルギーを放つのかも知れませんね。


> ここ最近の人間は「強いものになびけば安心」という他律が強すぎて、魂が本来持つ自律が薄くなってるような気がします。強いものになびくことのどこに「自分」があるんでしょうかね?

おっしゃるとおりだと思います。
ただ、世界的にそういう社会システムを作り支配してきたのだと思います。
その社会システムに限界が来つつあるのが現在だと感じています。

Re: 物質と精神の狭間

> 最近の知っとうや、calseedさんの記事自体が非常に良質なインスピレーションを元にして書かれているように感じます。

ありがとうございます。

>獲得している情報の量も質も本物の水準と言って良いのではないでしょうか。

私自身は霊性や超能力といった能力は全くないので何も語れませんが、最近いただく情報は素晴らしいものばかりですね。こういった情報をいただけるだけで財産かもしれないと思っています。
 
> far-memoryさんのブログ記事によると情報の一次的受信部位として大脳の視床(感覚神経の集積部位)を挙げていましたが、最近の報道によると棋士のfunctionalMRI検査(脳活動部位をリアルタイムで描出可能)で大脳辺縁系の尾状核という部位が特異的に機能している事が判明したようです。最先端装置により今後益々、超能力を発揮している時の脳内状況等が明らかにされる(かも知れない)楽しみな時代になってきました。

私はプロの将棋を見るのが好きなのですが、羽生名人などはある意味異次元の世界の人ですよね。数十手先の盤面が一瞬で浮かぶようです。
アンデルセンの久村氏がルービックキューブを見て30数回まわせばきれいに並ぶと言ったのと同じだと思います。


>素粒子が人間の精神に影響するか?とか、”気”のエネルギー交流で病気が治ったり物質を変化させる現象(例:アンデルセンでの実演)の根本原理は何か?とか、折りにふれて考えていますが(私如きではもちろん)答えはでません。ただ、人間意識と物質の両方に相互作用を及ぼす根源的な、(重力波ではない)”何か”が存在しているはず、という考えに最近は傾倒しています。

今、コンノケンイチ氏の本を読んでいる途中ですが、そのような事が書かれていますね。
エーテルが媒体で、それを伝わる重力波以外の何かがあるのでしょうね。テレパシーはそれを利用しているのかも知れません。
オーラもエーテルを伝わる気のエネルギーなのでしょうか。


No title

calseedさん、

今回も楽しく読ませていただきました。
不可知さんがどこかで書いておられたと思うのですが、calseedさんの、うまくまとめ上げて書く才能は天才的ですね。
読んでいて、とにかく面白いです。
アニメのワンピースから「覇気」の話になり、霊長類の「霊」の意味を探る内容として完結してますね。

「覇気」という言葉の意味についてもあらためて勉強できました。
野口 晴哉氏の「整体入門」にも興味を持ちました。

それにしても、この物質世界に生ま出て、その中で人間の本質が霊であることに気づき、探求すること。こういうプロセスを経ることを創造主は予定しているのでしょうね。

コンノさんの本も読まれているのですね。
いよいよ量子論の領域に踏み入られましたが、意識の探求には避けて通れない道ですね。

Re: No title

kamuiさん

ありがとうございます。
お世辞でも大変嬉しいです。
私は国語が苦手で理系へ進んだくちなのですよ。こんな文章書きだしたのはブログはじめからです。とても才能があるとは思えません。
その前は堅いIRの文章を書いていました。(笑)

ただ、最近思うのは私にもインスピレーションが働いているのかもしれないということです。
今回の記事では霊長類のことや、野口整体のことは書きながら閃いたので、結果的にこのような文章になりました。
今後はあまり期待しないで下さいね。

> それにしても、この物質世界に生ま出て、その中で人間の本質が霊であることに気づき、探求すること。こういうプロセスを経ることを創造主は予定しているのでしょうね。

たぶんそうでしょうね。


> コンノさんの本も読まれているのですね。
> いよいよ量子論の領域に踏み入られましたが、意識の探求には避けて通れない道ですね。

ご紹介いただいた宇宙論の超トリックはいい本ですね。コンノさんは天才でしょう。
意識の探究については、kamuiさんは答えが出ているのですか?
是非、教えていただきたいものです。

No title

いつも興味深い記事をありがとうございます。

 気については ときどき考えていましたが、覇気に関する分析はとても勉強になりました。覇王気の事しか意識にありませんでした。

 コンノさんの本は昨年末に書店で見かけて読んだばかりでしたので、言及されていてびっくりしました。物理は苦手なのですが、相対性理論は嘘くさいなとずーと思ってました。光や電磁波の性質も地上での観測と宇宙でのと性質が違うのではないか、何万光年も先の宇宙でもリアルタイムで見ているのではないかなどと、妄想したりしてます。

 大橋正雄氏の波動性科学入門という本があり、これもなんか素晴らしそうなのですが、文系の私にはとても歯が立ちません。

 そのへんのところをわかりやすくまとめていただけたら嬉しいです。お暇なときに。

 今週末、木内さんの講演会に行ってきます。わくわく、ドキドキです。

Re: No title

HSSさん

>  コンノさんの本は昨年末に書店で見かけて読んだばかりでしたので、言及されていてびっくりしました。物理は苦手なのですが、相対性理論は嘘くさいなとずーと思ってました。

私も物理は苦手なのですが、物理学自体が空想だと思っていました。コンノさんの本を読んで納得です。まだ理解していないところもありますが、いつか簡潔にまとめることができればと思っています。


>光や電磁波の性質も地上での観測と宇宙でのと性質が違うのではないか、何万光年も先の宇宙でもリアルタイムで見ているのではないかなどと、妄想したりしてます。

私もそう思っています。それ解くカギがエーテルのようですね。
私は例えば銀河系ごと、もしくはもっと小さい恒星系ごとに振動の違うエーテルで埋まっているのではないかと感じています。

>  大橋正雄氏の波動性科学入門という本があり、これもなんか素晴らしそうなのですが、文系の私にはとても歯が立ちません。

いずれ読んでみます。


>  今週末、木内さんの講演会に行ってきます。わくわく、ドキドキです。

どうもムーの記事にあった未来の話をされるようですね。
オフレコでなければ教えてください。
よろしくお願いします。

はじめまして

ワンピースのアニメの初期の主題歌「ウィーアー」にも、「羅針盤なんて渋滞のもと、熱に浮され舵を取るのさ」という、理性を否定して本能を肯定した文章がありますね(・ω・´)

Re: はじめまして

しーちゃんさん

コメントありがとうございます。
ワンピースを初期の頃から見られているのですね。
作者によれば現在で全体の折り返し地点だそうで、後10年は続くということですよね。
凄いですね。

No title

calseedさん

>私が見たあんでるせんの久村氏がそうでした。指か気を出し火花がちっていました。

私はそのような、物質そのものを変化させたりできませんが、 小さいころから念が飛びやすいので、スポーツなどでそれを利用してきました。周りの色々な学校の先生方は私の放つ球の動きに頭の上が???でした。個々が宇宙と繋がっているので、心のスクリーンに描いた思考は、のちに具現化する、宇宙の力を生まれつき知っています。まだまだコントロールは甘いですが(f^^;)。不安やネガティブな心はその回路を断ち切ってしまいますので気を付けてください。

>ericaさんご自身も他人のオーラがみえるのでしょうか?

オーラの色は見えません。ただ、対面した人がどういう方かが分かります。直に情報が頭に入ってきて、認識している、という感じです。生年月日などの細かなものは分かりません。近づかない方が良い人は凄い拒否反応です。顔あたりが黒くよどんでいます。
よく瞑想で高次元にいける人は幾何学模様を目にするらしいですが、私が高次の人(誰でも知っています)と会わせてもらった時は、周りがすべて金色の幾何学模様になりました。それも最高レベルのその存在が放つオーラなんでしょうか。


>これはアルコールがそういった能力を高めるのでしょうか?
地球だけでなく、他の星の透視も可能なのでしょうか?

多分勝手な推測ですが、脳がリラックスするからですかね?身近な人の事は細かに頭に入ってきやすいのを考えると・・・。
他の星は今は(進歩しているので今はとさせてもらいます。)できませんし、やったこともありません。来てくれたことはありますが。
初めて会った人の両親が早いうちに亡くなっていることが分かった時(やはり飲んでいました;)は、変な人だと思われたくなくて、スルーしようとしたのに、なぜかできませんでした。その事を本人に告げると実は問題があり、私が告げることにより、解決に向かいました。そのことからも、私が、身近な人以外で何かを受け取るときは、何か意味があると思いました。
昨日は離れて暮らす妹の飲んだハーブティーの香りが飛んできました。香りでも受け取ります。妹とは夢でもよく会話してますよ。

長文失礼しました。

野口整体

calseedさん。こんにちは。

明後日木内さんの会に行くつもりです。楽しみにしています。
野口整体 私は 20年前に初めて行きました。本は全部持っています。人生の道しるべです。
野口晴哉氏のお墓うちのすぐそばにあります。
気を学んだおかげで今生きています。
calseedさんが 整体に気づいてくださって本当に嬉しい。
BgNさん。初めまして。野口先生はある時から脈しか見なくなりましたよね。風邪の効用 素晴らしい本です。ありがとうございます。
愉気 みんなに気づいてほしいです。
私は骨折した時も自分で愉気して 腫れも痛みもなく完治させました。最近はだいぶ野口整体が有名になっていますね。

ワンピース

連続ですみません。

ワンピース全巻大人買いしてあります。読みたいのですが どうしても読めません。 絵が目に入ってしまいます。残念。
前世でワンピースの世界の海賊だったのです。その時の時代そのまま描かれています。それで読みたいのですが どうしても読めません。

Re: No title

ericaさん

貴重なご体験ありがとうございました。

>個々が宇宙と繋がっているので、心のスクリーンに描いた思考は、のちに具現化する、宇宙の力を生まれつき知っています。まだまだコントロールは甘いですが(f^^;)。不安やネガティブな心はその回路を断ち切ってしまいますので気を付けてください。

本来は繋がっていたのでしょうが、現在は大半の人が遮断されているのでしょう。
そういった話を理解しポジティブに考えれば、おっしゃるとおり思考が具現化していくのかも知れません。私が最近体験しているシンクロはその証だと思いつつあります。
不安やネガティブを断ち切るのはなかなか難しいですが、努力して能天気になるようにしたいです。


> オーラの色は見えません。ただ、対面した人がどういう方かが分かります。直に情報が頭に入ってきて、認識している、という感じです。生年月日などの細かなものは分かりません。近づかない方が良い人は凄い拒否反応です。顔あたりが黒くよどんでいます。

見聞色の覇気ですね。あこがれます。


> よく瞑想で高次元にいける人は幾何学模様を目にするらしいですが、私が高次の人(誰でも知っています)と会わせてもらった時は、周りがすべて金色の幾何学模様になりました。それも最高レベルのその存在が放つオーラなんでしょうか。

幾何学模様が何を意味するのか?
最少のエネルギー体の形なのでしょうか。


> 初めて会った人の両親が早いうちに亡くなっていることが分かった時(やはり飲んでいました;)は、変な人だと思われたくなくて、スルーしようとしたのに、なぜかできませんでした。その事を本人に告げると実は問題があり、私が告げることにより、解決に向かいました。そのことからも、私が、身近な人以外で何かを受け取るときは、何か意味があると思いました。

これは高次元の意識の采配なのでしょうね。


> 昨日は離れて暮らす妹の飲んだハーブティーの香りが飛んできました。香りでも受け取ります。妹とは夢でもよく会話してますよ。

凄いですね。
どういう原理なのかを解明したいです。

素晴らしいお話ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

Re: 野口整体

篤さん

> 明後日木内さんの会に行くつもりです。楽しみにしています。

行きたいですね。是非教えてください。


> 野口整体 私は 20年前に初めて行きました。本は全部持っています。人生の道しるべです。
> 野口晴哉氏のお墓うちのすぐそばにあります。

そうですか。
篤さんはいろいろな事を勉強されていますね。
野口晴哉氏の言葉は含蓄があり、納得できるものばかりですね。


> 愉気 みんなに気づいてほしいです。

そうそう、活元運動の後のポカーンですが、具体的に何か感じますか?
私は運動の後、ボーとしていますが、特にポカーンのイメージが付かないのですが。
体の中から悪い気の固まりでも出てくるイメージなのかなあと思っているのですが。

結んで流す

こんにちは^^
「点と点を結んで流す~」
calseedさんはご自身で成立させてると思います。
日本語は漢字カナ含めデジタルツール的に感じることがあります。

霊長類ですが、「霊」を表す霊性そのものだとすると
人が他種に比べて長けているとすれば「理性」などの
思考性や想像性といった突出した独創的な性質だと思います。
他種が本能に従順で長けていてるのだとすると
それは生命力と言われる「魂」からであるのかなと思います。

何故かといいますと私自身が瞑想している時の感覚なのですが
内外から何か別々のものを感じる事が多々あるからです。
それが「霊」と「魂」で霊魂なのかなと・・・(妄想)
人が他種に比べて個性的なのは霊性から何かを感じたり、
得て行動の指針となっているからなのではないかと感じます。
自分で接続の調整や切り替えをして生きているのかもしれません。

表現が難しいのでわかりにくかったらすいません^^;

Re: 結んで流す

Toshiさん

> 「点と点を結んで流す~」

これが役割と思いブログをやっていきましょうかね。
ただ、点と点を結ぶことは結構難しいことです。あまり深く考えてはいけないようです。私の最近の記事は結果的につながっていることが多くなりました。インスピレーションが大事かもしれません。


> 内外から何か別々のものを感じる事が多々あるからです。
> それが「霊」と「魂」で霊魂なのかなと・・・(妄想)

霊魂。
実は「霊」と「魂」の違いがよく分かっていませんでした。
「霊」が外の存在、「魂」が内の存在。
納得できますねぇ。


> 何故かといいますと私自身が瞑想している時の感覚なのですが
> 人が他種に比べて個性的なのは霊性から何かを感じたり、
> 得て行動の指針となっているからなのではないかと感じます。
> 自分で接続の調整や切り替えをして生きているのかもしれません。

私は瞑想できるほど忍耐強くないのですが、就寝時に目を瞑ると以前には感じなかった何かの存在のようなものを感じます。気のせいかなとも思っているのですが。
この前はじめてUFOの夢を見ました。夢であっても嬉しかったですね。

No title

calseedさん

ブログが媒体だとしても客観と主観を磨ける事は
calseedさんにとって霊と魂を磨く事に等しいと思いますよ。
参加者の方からも言及ありますので間違いないと思います。

深く考えるのでは無く、直感を辿って流れを創るかんじで
いいと思います。私はそんな感覚です。
確信を得たら情報を集めて勉強したりしています。
寝ながらの瞑想は私も同じです。(笑)

活元

>活元運動の後のポカーンですが、具体的に何か感じますか?

ちょっと恥ずかしいのですが 素直な心の人しか良い活元はできないようです。
私は頭をからっぽにするのが無理だし 天邪鬼なので ポカーンと出来ません。
野口先生も活元は下手だったのです。
他の人と組んでする運動などの方がうまくいきます。
具合の悪い時は自然に活元が出ます。
何か感じようとしないで幼児のようにやるといいみたいです。

Re: 活元

篤さん

やはり難しいことなのですね。
活元を意識する前は、無意識におそらくポカーンだと思うのですが、感じたことがあります。
意識してやっても、その状態になったことがないので質問してみました。
ありがとうございます。

No title

calseedさん、

>意識の探究については、kamuiさんは答えが出ているのですか?
是非、教えていただきたいものです。

残念ですが全く出ていません(笑)
というか、創造主が求めているのは、答えを出して満足することではなく、永遠に探求のプロセスを歩むことではないかと思っています。
プロセス、即ち不確定の未来でも過ぎ去った過去でもなく「今」に集中することが大切なのでしょうか。

calseedさんにとってこのブログは探求のプロセスなのでしょうね。そして引き寄せられた私にとってもそうなんですよ。
ですからこういう場を提供されているcalseedさんには、とにかく感謝です。

金色の幾何学模様

「宇宙の羅針盤」と酷似してますね。キリストかミカエルでしょうか。

UFOの夢を見るという事ーー宇宙存在から注目され始めたサインかも。有為な人物には宇宙人からアプローチがあると言いますので。

HSSさん篤さん、土曜日の講演会報告を是非是非お願いします。私は次いつ行けるか分かりません。

Re: No title

kamuiさん

> 残念ですが全く出ていません(笑)
> というか、創造主が求めているのは、答えを出して満足することではなく、永遠に探求のプロセスを歩むことではないかと思っています。
> プロセス、即ち不確定の未来でも過ぎ去った過去でもなく「今」に集中することが大切なのでしょうか。

それこそワンピースのルフィーのような言葉でかっこいいです。


> calseedさんにとってこのブログは探求のプロセスなのでしょうね。そして引き寄せられた私にとってもそうなんですよ。
> ですからこういう場を提供されているcalseedさんには、とにかく感謝です。

なにかサラリーマン人生で終わっても悔いが残るのは目に見えてますからね。kamuiさんが羨ましいです。
私ごときに感謝していたげるとは、ブログやってて良かったです。

新燃岳

噴火しましたね・・・
嫌な兆候でなければ良いのですが
最近は頭に「双」が焼きついてるみたいなので
連続や連鎖で災害に繋がらないように祈りたいと思います。

Re: 新燃岳

Toshiさん

人間の体に例えるとマグマは地球の血液で、動脈のように世界各地につながっていると言います。
火山が動脈瘤でしょうか。他の場所でも同様に噴火する可能性は十分高いですね。

整体

篤さん,皆様
私が出遅れている間に整体談義が盛り上がっていたようで嬉しいです.野口先生が活元運動を苦手であったというのを始めて聞きました.以外なものですね.
野口整体をある程度理解してしまうと,現代の医療システムのでたらめ振りがよくわかりますよね.今後ともよろしくお願いします.

Re: 覇気

奄美の者さん

コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

言葉にするのが難しく、勢い拙い文章となってしまい申し訳ございません。

参考の一助にでもなれば幸いです。ありがとうございます。

先ほど阪神淡路大震災の記事にもコメントさせていただきましたがワンピース、ドラゴンボールについて本当に今さっき同じように考えていた所でたまたまこの記事を拝見しその偶然に驚きコメントさせていただきました。
有名な漫画や小説の作者はある程度ヒントを与えられて関節的に操られているのかなと思っていましたが、インスピレーションに動かされていると考えれば合点します。
エヴァンゲリオンや20世紀少年などもそれに通ずる所がありますので時間があれば目を通してみても面白いかもしれません。
それでは、失礼します。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策