スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔の契約

まずは、一昨日流れていた、山形大学がナスカの地上絵新発見のニュースについて。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/269164.html

9372_1.jpg

大発見のような扱われ方ですが、どうもそうではないようです。

昨年12月に浅川氏のセミナーに参加した際、浅川氏が国内にはナスカの地上絵を真剣に研究している機関はないと話していました。

「唯一、山形大学だけが予算をもらいながら細々とやっているが、本物のナスカの地上絵を調査しているのではなく、随分後年に本物のナスカの地上絵を模して作られたものを調査している。彼らに、それは違うと言っても聞く耳をもたない。」
と嘆いていたのを思い出しました。

ナスカの地上絵は宇宙のパワースポットです。
単なる遺跡ではなく、古代地球の真の歴史を紐解く重要なオーパーツのようです。
真実の解明を願いたいものです。

<参照:ナスカの謎(続編)>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-39.html



それでは、本題にはいります。

皆さんは1970年代に流行った映画「エクソシスト」はご存じでしょうか?

エクソシスト


オカルト系恐怖映画の火付け役になった映画で、その後、続編も作られました。

私は当時小学生の低学年でしたが、TVで放映されたときは、恐怖で顔を隠しながら見た記憶があります。
確か映画館での上映中に失神した人もいましたね。
そのくらい当時としてはインパクトがあった映画です。

この「エクソシスト」という単語はどういう意味か調べてみたところ、ウィキでは「悪魔祓いの祈祷師」となっていました。

<WIKI:エクソシスト>
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%88_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

確かに、ストーリーは悪魔に憑依された女の子を、祈祷師が必死に救おうとする場面がほとんどを占めていましたね。

このエクソシスト(悪魔祓いの祈祷師)が、学研ムー2月号に記事になっていました。

ムーによれば、エクソシストの舞台(本場)は、バチカンだそうです。

70年代にはイタリア全土で、エクソシストと呼ばれる聖職者(民間のお祓い師と区別するため「公式エクソシスト」と呼ばれる)は20人しかいなかったそうです。

ところが、昨年時点で約300人に激増しているそうです。

これは何を意味しているかと言うと、エクソシストの必要性が激増している。
相談に来る人が増えているということのようです。
相談者は2008年には約5万人いたそうです。

逆に考えれば、悪魔などの低級霊に憑依されている人が激増しているということなのではないでしょうか。

その理由は定かではないようですが、ムーでは次のように見解が書かれていました。

「伝統的な宗教への帰属感を失ってしまった現代社会には、必然的に、短絡的なスピリチュアリズムやサタニズム、サギまがいの占いやカルト宗教が蔓延します。人は、不安や恐怖を煽られて、心の平安から遠ざかっているわけです。現代人は、そんな悪循環に陥っているのでしょうね。そんな状況との戦いに、エクソシストが必要とされてきているように思います」

キリスト教が根づいている欧米の事情はよく分かりませんが、イタリアでのエクソシストの激増ぶりをみると、現代社会における人々の心に大きな問題が生じているのは間違いありません。

日本でもスピブームとはいうものの、欧米のような悪魔払いはあまり聞きませんね。

その代わり、雨後の筍のように新興宗教団体が激増しているのは確かです。
また、自殺者が年間3万人を超え自殺率では先進国トップをひた走る我が国は、欧米と同様かそれ以上に人々の心が病んでいるのかも知れません。
日本にも公式エクソシストのような存在が必要なのかも知れませんね。


何故、世界はこのような状況になってしまったのでしょうか?

私は、全てとは言いませんが、浅川氏が言うように世界支配者が悪魔と手を結んでしまったことが大きな要因だと思っています。

悪魔は3次元には存在しない、悪の想念から発生した意識体のようです。
ムーの記事では次のような悪魔の写真を載せていました。

mu-akuma_convert_20110119203438.jpg

これらの悪魔は、悪の想念の意識体から派生したものですから、人々の悲しみ、恨み、辛み、苦しみが好物で、そのようなマイナスエネルギーが蔓延している家庭に入り込んでいく、
と浅川氏は話していました。

従って、どんなに苦しくても明るく前向きに生きていかないと悪魔に憑依されかねないようです。

私の周りには、そのような人はあまり見かけませんが、借金苦などで自殺していく人は憑依されているのかも知れません。


また、私がこれまでの社会人生活の中での経験において、今思えばこの悪魔に憑依されていた例ではないかと感じる事があります。

それは、企業家、特にベンチャー企業家の中には、せっかく成功したのに有頂天になり、本来持っていた経営のセオリーを忘れ会社だけでなく家庭も失しなってしまうというような、転落人生に陥る人が意外に多いなということです。

特に2、3年前、一時は成功し肩で風を切って歩いていたベンチャー企業社長がたくさん消えて行きましたね。
私が知っているだけで数十人います。全国的には数百人いるでしょう。

私はこういう人たちは、全てとは言わないまでも、悪魔に憑依されている人たちではないかと感じだしました。
知らず知らずのうちに憑依され、転落人生を歩んで行ったのではないかと。


クローバーさんから、以前、悪魔の計画についての話を聞き、記事にしました。
<参照:悪魔の計画>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-147.html

この記事は、悪魔が、米国というここ数十年世界を仕切ってきた国の没落を予言した内容です。
クローバーさんが、自称悪魔のナンバー2という存在からその話を聞いたとき、個人レベルについても次のように話したそうです。

「オレは主に金融関係(金貸しも含む)で人に幸せを与えてきた、その人が願いを叶えて欲しいというものはなんでも叶えてきた、その代わりにその人が幸せの絶頂にいるときに不幸のどん底に落とすのが大好きだった。もともとそういう約束(契約)で願いを叶えてやったわけだし。」


私は、金融界に十数年身を置いていましたので、この話を聞いて似たようなケースがあるなと思いました。
マネーゲームと言われだして二十数年。私が金融界に入ったのが同時期です。
これまで、このように没落していく人を直接・間接見てきました。

金融界、企業家だけではなく、政治の世界でもそうですね。
過去には、突然、出てきた金融担当大臣や首相もいました。
裏では相当なお金が動いていたはずです。

現在もそうではないでしょうか?
頂点にたった瞬間、マニフェストを変えようとしています。
これは、直接ではないにしても悪魔の影響があるのではないでしょうか?

米国で、リーマンショックの直後、元ナスダック取引所のトップが運用していたヘッジファンドが破たん。
なんとその額5兆円。
破たんの理由は、その5兆円が市場で運用されず、そのトップが私的に使っていたため。
単純な詐欺です。仮にも米国金融界のトップにたった人。
普通に考えれば、そんな馬鹿げた事はしないはずです。

私は、このような人たちが、クローバーさんが聞いたような直接的か間接的かは別として悪魔に憑依され契約した結果ではないかと思っています。


一度頂点を堪能させてもらったが、一気に奈落の底に突き落とされ人生を終焉させられる。

「悪魔に魂を売った」という表現がありますが、実際にあるのですね。


そうならないためにも、苦があってもポジティブに生きることが大切のようです。
能天気とはそういう事を言うのかも知れません。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

コメント

非公開コメント

エクソシストな体験

親戚の葬儀でエクソシストの様な体験をしました。
準備の最中に、親戚のおじさんが祭壇前で座り込んでいて様子がおかしかったので観察していたら、ブツブツと何か言っていて、段々と声が大きくなっていったので側にいって肩を触ったら急に寄生をだしてひっくり返って暴れだしたんです。
ぶっ飛ばされてしまい、近くにいた親戚がびっくりして大人5人で押さえ込みました。
おじさんはずっと叫んでいて何を言ってるのかわからないし、顔も姿も別人でした。特に目がおかしかったです。
おじさんの暴れる力が凄すぎて、顔を叩いても何をしても酷くなるばっかりでした。
あまりの凄さにみんな泣いてしまってました。
おじさんが死んでしまうのではないかと思ったほどです。
押さえる人が数人増えてしばらくしてから念仏のようなものが聞こえてきて、そちらを見ると親戚のおばさんが体を擦りながらブツブツと何か言ってました。
段々とおじさんが落ち着いてきて話ができる状態になったのですが、おじさんはほとんど記憶がなくて、念仏だけが聞こえてきたそうです。
おじさんの話では、亡くなった兄弟の死顔を見ていたら何かが入ってきたと言ってました。
それからの記憶がなく、でも自分に何かが起こってたことには自覚があったようです。
ちなみに念仏を唱えていた人はマヒカリ信者さんでした。
驚きの連続でした。

この記事のお陰でこのことを思い出して、書き込みながら亡くなったおじさんの命日が明後日だったことを思い出しました。
すっかり忘れていました。
酷い姪っこですね。

ありがとうございました。


悪魔の概念

ナスカの地上絵新発見のニュースは思わず目が点に
なりましたが、ジブリアニメに出てくる妖精のようで
何かの啓示的意味合いもあるのかな?
などと微笑ましくも妄想してしまいました。(笑)


悪魔ですが、固定概念といっても構わないのでは?
と個人的には思っています。
哲学的になってしまうので恐縮ですが

<悪魔> wiki調べ
ヘブライ語 satan「敵」「反対する事」を意味する。
罪を犯して堕落する前のサタンは御使いであったが、
神に反逆して「敵対者」としての悪魔に変化したとみなされている

★サタン=ルシファー(キリスト教の伝統)
ルシファーは堕天使の長であり、サタン、悪魔と同一視される。
換言すれば、ルシファーは魔王サタンの別ないし言い換えである。

●預言者イザヤが悪魔をバビロニアの君主の人格をもって
象徴的にあらわしていると説明している(アウグスティヌス)

●アウグスティヌスの動機をマニ教の異端に対抗するためで
あったことに見いだしている。ルシファーについての決定的解釈が
教父たちであったことを知る者はほとんどいない(ルーサー・リンク)

以上がキリスト教から見た価値観とそれを疑問視する簡単なデータです。
個人的にはマニ教から影響を受けて変遷していったのかな?
と複雑怪奇な経緯から変遷しただろうと思っています。

★悪魔の契約=知識~知恵~価値観~固定概念≒社会活動(労働原動力)

カトリックがエクソシストを増員しているのは?
時代背景もあると思いますが、社会活動の結果に過ぎない?
宗教の欺瞞に陥っているにも関わらず、拠り所になっている・・・
これは真実を予見させない為のトリックの一端だと思います。
宗教が権力に利用されてきたまた逆も叱りなのは今更ですが、
既に存在する価値観や固定概念の中で我々は社会活動によって
生きる糧を得て人生を営んでいると理解していると思います。
つまりカトリックにとってサタンは価値があったという事です。
「神と言う正義の名において悪は滅ぼさなければならない」
という定義です。これが現代にも連なる争いの根源です・・・
カトリックに限らず他の宗教や一般社会システムの中にも
様々な形態で価値観が存在し経済活動の原動力になっています。


人類意識が価値観や固定概念に左右され想念というエネルギーを
生み出しそれが反応して顕在意識として確認できるのであれば
それは存在する事になります。
簡単に言うと自らが存在を認知してしまうと具現化されてしまう。
それは他が創造した世界であっても意識の波動が同調すれば
存在を確認できると言う事になります。
それがこの世の不思議な現象の正体だと思っています。

価値観は本人次第なのです。
神と言われる存在のトリックと人類が創り出したトリックと
どちらに魅力があったのでしょうか?
多分、アダムがリンゴを食べてしまった時から欲というトリックに
溺れてしまったのでしょうね・・・
更にその罪を補うために悪魔を創り出してしまった・・・
「悪魔のせいにしてもこの世は決して良くはならない・・・」
これは私が受けたビジョンで真理であると日々妄想してます。

全てを認めた上で真実を探求する事こそ変化を即す光になると思います。
宇宙のメカニズム、人体のメカニズムは
かなりのところまで概要が解明されつつあるのですが、
既存の価値観と固定概念を植えつけてきた
旧態依然アカデミズムは保守淡々と隠し続けています。
間もなくそれが露呈して体制が崩れると予想していますが
更なるトリックが待ち構えているようなのでそれがこの世の分岐点でしょうね。

長文になってしまい恐縮です^^;

Re: エクソシストな体験

そらさん

貴重な体験について教えていただきありがとうございます。

そらさんはいくつもの不思議な体験をされているようですね。
霊性の高い人は、いろいろなものが見えるようですね。
ここ数カ月、3人の方から直接似たようなお話を伺いました。

おばさんはお祓いができたのでしょうか。
まさしくエクソシストですね。
映画だけの話かと思っていました。

ありがとうございます。

calseed

Re: 悪魔の概念

Toshiさん

> 悪魔ですが、固定概念といっても構わないのでは?
> と個人的には思っています。

正直言ってどういう存在なのかは現時点ではよく分かりません。
何かが隠されているのと思っています。


> 以上がキリスト教から見た価値観とそれを疑問視する簡単なデータです。
> 個人的にはマニ教から影響を受けて変遷していったのかな?
> と複雑怪奇な経緯から変遷しただろうと思っています。

まったくのドタ勘ですが、私の想像する悪魔はキリスト教のサタンやルシファーとは少し違う存在ではないかと思っています。


> 人類意識が価値観や固定概念に左右され想念というエネルギーを
> 生み出しそれが反応して顕在意識として確認できるのであれば
> それは存在する事になります。
> 簡単に言うと自らが存在を認知してしまうと具現化されてしまう。
> それは他が創造した世界であっても意識の波動が同調すれば
> 存在を確認できると言う事になります。
> それがこの世の不思議な現象の正体だと思っています。

素晴らしい考察ですね。
人類が生み出す想念が作り上げた意識体というのは同調します。
ただ、私は宇宙人や悪魔というのは人類の想念だけが作りだしたものではないと思っています。
宇宙全体に存在する意識体が作りだしているのではないのかなと思っていますが。


> 「悪魔のせいにしてもこの世は決して良くはならない・・・」
> これは私が受けたビジョンで真理であると日々妄想してます。

おっしゃるとおりです。
私は、悪魔のせいにしているわけでなく、闇の支配者の構造を根本的に壊す必要があると思っています。
しかし、これは人類の正義や愛だけでは壊せない段階に来てしまっていると思うのです。

これから、起こると予想される大艱難は、人類に代わって創造主が与える大掃除ではないかと思っています。
現在の仕組みが壊されてしまう。そこから人類が立ち上がり、愛や正義といった絆で結ばれ、新しい仕組みを作り上げることができれば、悪魔も消え去るのではないかと思っている次第です。
これが私の妄想で終わるのかどうかが判別するまでに、それほど時間がかからないと思っています。
遅くとも年内には分かると思っています。

calseed

No title

エクソシストおじさんは無宗教で宗教なんて信用ない!
と宗教嫌いで存在自体を疑ってるような人です。
マヒカリおばさんはちゃんとしたお祓いはできてないかもしれないけど、取りあえず落ち着いて良かった!っていうようなことを言ってました。
おじさんの顔をみて、もう大丈夫だね!
なんて言いながら笑ってたので、こなれてるような感じでした。

完全に落ち着くまで時間がかかったのですが、その間、何かが来そうになると全身が反応して顔が変形したり戻ったり、それを繰り返す度に水をがほしいと言ってがぶ飲みしていました。
おじさん本人は何日か自分の身の危険を感じていたようで、お寺にお祓いに行ってました。

宗教嫌いのおじさんが宗教に助けられて頼るっておかしな話ですよね。

エルエルレマサバクタニ

イエス・キリストが磔になった時の最期の言葉として福音書にありますが、これさえも教会権力者による捏造とか。新約聖書の内容も悪魔的存在による書き替えが相当あるようです。

チャーチワードのムー本の中でインド高僧が、エルエルレマサバクタニという言葉が一般的に訳されている内容は間違っていて、これはムー大陸を起源とする言葉だ、とチャーチワードに語っていたのが印象的でした。

悪魔の起源も八百万の神と同じくらい古くて、天界の神々も戦っているとしたら、我々人間にできる事は日々心正しく生きようとすることくらいでしょうか。心に隙間を作らないよう。

Re: No title

そらさん

補足情報ありがとうございました。
おばさんは、落ち着かせるための咄嗟の判断だったのですね。

calseed

Re: エルエルレマサバクタニ

ネットで調べましたところ「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」との意味が書かれていました。
これが誤訳ということですか?

悪魔の歴史は数千年に遡るのでしょう。
これをひも解けば真実の歴史が見えるのでしょうが、まだまだ闇の中ですね。

私は、その悪魔の支配構造がそろそろ終わる時期に来ていると思います。
といっても数十年かかると思いますが。
この時期に生まれてきたことは、幸運なことなのかも知れませんね。

calseed




> イエス・キリストが磔になった時の最期の言葉として福音書にありますが、これさえも教会権力者による捏造とか。新約聖書の内容も悪魔的存在による書き替えが相当あるようです。
>
> チャーチワードのムー本の中でインド高僧が、エルエルレマサバクタニという言葉が一般的に訳されている内容は間違っていて、これはムー大陸を起源とする言葉だ、とチャーチワードに語っていたのが印象的でした。
>
> 悪魔の起源も八百万の神と同じくらい古くて、天界の神々も戦っているとしたら、我々人間にできる事は日々心正しく生きようとすることくらいでしょうか。心に隙間を作らないよう。

善と悪

calseedさん、

「悪魔」という、またまた難しいテーマにチャレンジされてますね。

私は善悪二元論が根底だと思いますが、この世界は相対的な世界なので、意識の進化にとっては二元論の道を通らざる得ないのだと思います。
つまり、白い紙に白い絵具で何を書いても見えないように、白を見るには黒が、光を見るには闇が必要なんでしょう。

私のやっている自然農法の世界では、雑草や虫を敵視しません。善悪のレッテル貼りをせず、自然のあるがままのバランスに委ねる考えです。
あるがままにものごとを見る目を養うことが、二元論を脱するポイントではないかと思っています。

エデンの園でかつての人類は、善悪の価値判断をせずに、幸せに暮らしていたのでしょう。

No title

calseedさん

すいません^^;
いつも真摯に受け止めてお付き合い頂いて・・・
文面にして伝えることの難しさは何時も痛感させられるのですが
日々、自分の受けたビジョンを少しでも具現化でき
また反復学習させて頂けることに感謝の念でいっぱいです。


>正直言ってどういう存在なのかは現時点ではよく分かりません。
>何かが隠されているのと思っています。

根源から光と闇に別れているだろうことしかわかりません。
物理学的には宇宙に無くてはならないならない要素です。
二元論で例えられる所以だとも思うのですが、
神も悪魔も人間が創り出した概念であると思っています。
スターウォーズに例えるとフォースとパワーですが、
どちらにより強い影響を受けるかで顕在化パターンが
変化して投影されるのだと思います。
ある意図によって悪魔という概念が恐怖するかのように
形創られたのだと思っています。


>私は、悪魔のせいにしているわけでなく、
>闇の支配者の構造を根本的に壊す必要があると思っています。

これは私自身が受けたビジョンだったのですが
処々の消化不良現象の原因だったと思っています。
calseedさん自身の事の様に捉えて頂けて光栄です。


>新しい仕組みを作り上げることができれば、
>悪魔も消え去るのではないかと思っている次第です。

私もそう望みたいところなのですが、
どうやら単純には行かないようなのです・・・
地球上の次元からするとまた繰り返しになると思います。
宇宙が絶間無く動いているように
光の中にあって天国に存在していても
闇の中にあって地獄に存在していても
各々の捕らえ方によって楽園になり、また地獄にもなる。
絶間無い全体の流れに沿ってエネルギーは注がれているので
お互いに影響を受けるみたいなのです。
その例が「堕天使」と言われるものに現れているようです。
多分、宇宙の流れが止まらない限り各々の葛藤は
永遠に続くのだろうと思います。

Re: 善と悪

kamuiさん

> 私は善悪二元論が根底だと思いますが、この世界は相対的な世界なので、意識の進化にとっては二元論の道を通らざる得ないのだと思います。
> つまり、白い紙に白い絵具で何を書いても見えないように、白を見るには黒が、光を見るには闇が必要なんでしょう。

超古代文明の盛衰を調べてみると、どうも善と悪が対立し崩壊するといった繰り返しのようですね。
創造主は、理想形を目指して、これを繰り返しているのだと思います。
当事者の我々人類は大変なのですが。

いつの時代になるのか分かりませんが、この二元論が解消したときが理想形の完成ではないかと思っています。


> 私のやっている自然農法の世界では、雑草や虫を敵視しません。善悪のレッテル貼りをせず、自然のあるがままのバランスに委ねる考えです。
> あるがままにものごとを見る目を養うことが、二元論を脱するポイントではないかと思っています。

自然界はあるがままを受け入れているのですが、肝心の人間が対応できていないのですね。
これは永遠のテーマでしょうか。


Toshiさんのコメントもそうですが、悪魔に関する私の記事から二元論まで発展して勉強になります。
今は悪魔の力が強すぎてバランスが崩れた状態ではないかと感じました。

calseed

米国地下基地映像

そういえば一昨日早朝にはあったあのサイトはどこへ行ってしまったのでしょうか?

Re: 米国地下基地映像

yuriaさん

> そういえば一昨日早朝にはあったあのサイトはどこへ行ってしまったのでしょうか?

これはどういう意味でしょうか?

No title

身元が割れたkleidscoなんとかのことかな?

Re: No title

不可知さん

井口さんの記事の件ですね。
凄い洞察でしたね。私も最近はおかしいと思って見ていませんでした。
というか面白くなくなっていました。私が成長したのでしょうか。
それと急に態度が変わりましたからね。

ただ、サイト自体は消えていないと思うので違うような気がしますが。

米国地下基地映像

たしか「ガイドレスコープ」だったかリンクのサイトを紹介されそこを
クイックすると出てきたものでした。地下でハイテクの野菜工場が10分の映像の2分30秒のところにあったと記憶しています。

そのリンクも今はなくなっていて東海アマさんのリンクからも消えていますが…自分おが幻像でもみたのでしょうか?

Re: 米国地下基地映像

ありがとうございます。
都合が悪いので消されたのですね。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策