スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海流と異常気象

年末から欧州、米国東海岸では寒波が襲っています。
国内でも山陰地方では豪雪で車1000台が足止めされ、夜を車の中で過ごしたというニュースが流れていましたね。
私が住む福岡でも例年になく年末に雪が積もりました。
鹿児島では40年ぶりに20センチの積雪という報道もありました。異常気象ですね。

マスコミは、ここ十数年間地球温暖化と大騒ぎしていたためか、この世界的な大寒波に関しては現象を伝えるだけで原因追求はしていないようです。


私は、この異常気象の原因は、浅川氏が講演で話していたメキシコ湾原油流出事故に伴うメコシコ湾流の低速化にあると考えるのが妥当だと考えています。
<参照:4つの窓>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-153.html

メキシコ湾で原油流出事故が発生したのは昨年4月20日
そこからオバマ大統領が流出が止まったと8月上旬に宣言するまでの約100日間、1日当たり1万キロリットルという想像できないような過去最大級の原油流出が続いたそうです

米国政府は全力で原油の回収を試みましたが到底追いつかず、仕方なく毒性の強いコレキシト9500という中和剤を大量に使用したといのは既報のとおりです。

その結果、BBCによれば流出した原油のうち、回収できたのが25%、自然蒸発が41%、中和剤による拡散が8%、海中や沿岸に残ったのが26%ということのようです。
<参照:浅川氏HP>
 http://www.y-asakawa.com/Message2010-2/10-message50.htm

自然蒸発した原油や中和剤の散布は空気を汚染し、フロリダ湾沿岸に住む人々の健康に甚大な影響を与えているようです。
もちろん、メキシコ湾内・沿岸の生態系にも大きな影響を与えているのは間違いないはずです。

そして今後問題になってくるのが、海中や沿岸に残された原油。
米国内でもいまだ報道されていないようですが、浅川氏によれば中和剤の影響により流出した原油が巨大な膜になりメキシコ湾内の海中に浮遊体として隠れているそうです。

この膜の浮遊体が、メキシコ湾流の流れを遮り低速化させているようです。

その結果、
「暖流であるメキシコ湾海流の影響によって高緯度にありながらも比較的温暖な気候である米国東海岸北部や欧州北部が、今回の大寒波に襲われている原因ではないか」
というのが浅川氏の主張です。

浅川氏がペトル・ホボット氏にメールで尋ねたところ、イギリスやフランスなどではこの冬氷点下30℃という気温になる可能性があるそうです。
北極や南極レベルですよね。


それでは、メキシコ湾流がどのように気候変動に影響を及ぼしているのかは考察してみたいと思います。

まず、次の世界の海流図をご覧ください。

350px-Corrientes-oceanicas.gif

赤が暖流
青が寒流
米国東海岸の暖流がメキシコ湾流です。


さらにメキシコ湾流を拡大した図で見てみましょう。

kairyu2.jpg

赤道付近で発生した暖流がメキシコ湾を経て米国東海岸から欧州へ到達し、冷やされていく様子が分かります。
赤道付近で海流が発生した際の水温は28~29℃
それが北上するに伴って周辺の海水や大気に冷やされます。
これによって、逆に高緯度であるイギリスでも比較的温暖になる
イメージが、この図から認識できると思います。

このメキシコ湾流の動きによって北海道よりも緯度の高い米国東海岸北部、欧州は比較的温暖な気候が保たれているわけです。

メキシコ湾流は黒潮と並んで世界最大級の海流だそうです。
<WIKI:メキシコ湾流>
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B3%E6%B9%BE%E6%B5%81


一方、海流が異常気象の要因となる例としてエルニーニョという有名な現象があります。

これは赤道海流が弱まる事により南アメリカ大陸の太平洋側赤道地域の海水温が上昇し世界中の気候に影響を及ぼすものです。
<WIKI:エルニーニョ>
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A7%E3%83%BB%E5%8D%97%E6%96%B9%E6%8C%AF%E5%8B%95

世界最大級のメキシコ湾流が前述の原油の膜により低速化しているとなると、エルニーニョ以上の気候変動を世界中に及ぼすはずです。

従って現在の米国、欧州での大寒波は、今後はもっとひどくなることが予想されます。


私は、さらにこの問題はメキシコ湾流だけにとどまらないのではないかと感じています。

次の図をご覧下さい。
これは熱塩循環を表しています。

img_23.jpg

(ネット上から転載しました)

熱塩循環とは、主として中深層(数百メートル以深)で起こる地球規模の海洋循環を指しているそうです。

<WIKI:熱塩循環>
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E5%A1%A9%E5%BE%AA%E7%92%B0

一般的に海流と言われるものは、風の影響により海面から浅い部分を流れる表層海流を指しています。

これ対して熱塩循環は、熱と塩分濃度の違いより、表層海流に比較して桁違いにゆっくりとしたスピードで中深層を流れている海水の循環を指します。

さらに、私は、熱と塩分濃度だけではなく地球の自転エネルギーによっても流れが作られているのではないかと考えています。

先ほどの図の赤い線が表層海流と重なる部分で、青い線が中深層を流れる熱塩循環になります。
要は熱塩循環は表層海流とリンクしている訳です。

温かいメキシコ湾流は、欧州沖に到達すると冷たい海水によって冷やされ、海底の深層へ下降していき熱塩循環に合流します。
この循環は南極海をベースに三大海洋を繋がって循環しているようです。

従ってメキシコ湾流の流れが減速してしまうと、この世界中の海の循環システムの流れも遅くなり異常気象に繋がると考えられないでしょうか?

異常気象だけでなく、海洋の生態系にも大打撃を与えるのではないでしょうか。

海洋深層水はミネラルを豊富含んでいることで有名ですが、深層水はゆっくりと循環しながら赤道付近に行くと温められ表層に上昇します。そしてメキシコ湾流のような暖流によって高緯度の海洋に豊富なミネラルが運ばれて、魚類やクジラなどを育んでいるわけです。
黒潮も同様ですね。千島海流とぶつかる潮目は魚類が豊富なことで知られています。


結論は、
メキシコ湾原油流出事故は北大西洋沿岸地域に異常気象をもたらすだけでなく、熱塩循環に影響を与え地球全体に気候変動をもたらす可能性がある
のではないでしょうか。

これによって、今後、世界的に農作物は不作となり食糧危機をもたらす可能性があります。

また、長い目でみて海洋の生態系にも危機的な影響を与えかねません。


もし、メキシコ湾原油流出事故が事故ではなく、ここまでの影響を計画されて故意に実行されたものだとしたら。
大変恐ろしい事です。
ザ・デイ・アフター・トゥモローの再現にならなければいいのですが。


寒波がくれば温暖化が緩和するからいいのではないかと思う方もいるかも知れません。

私は、そうではなく地球の循環システムが崩れ気候変動を制御ができなくなっているのだと思います。

そのため夏は強烈な猛暑となり、冬は大寒波となってしまうのだと思います。

地球環境を完全に取り戻すことは不可能かもしれませんが、少しずつでも早急に改善に取り組む必要があるのではないでしょうか。

今回の記事が杞憂に終わることを望みたいものです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 地球
ジャンル :

コメント

非公開コメント

スーパー台風

地球シミュレータの解説を読んでいるかのような錯覚に陥りました。
熱塩循環が鍵のようですね。

さて、今年から多数のスーパー台風が日本上陸するという予想もあります。台風の当たり年で、今までにない強風被害が心配です。

2011年といえば、ゲリー・ボーネ○が”光の12日間”を唱えている年ですが、今年の11月~12月にかけて何事も起こらなければ、彼の主張は完全に否定されることになりましょう。一度はずしていますから二度目はないと。ただ、光の~後の時代にNWO的な動きが出てくるという説は気になります。

Re: スーパー台風

> さて、今年から多数のスーパー台風が日本上陸するという予想もあります。台風の当たり年で、今までにない強風被害が心配です。

地球自体の循環システムが崩れれば気候変動が激しくなるでしょうね。
スーパー台風の発生は十分あり得ますね。


> 2011年といえば、ゲリー・ボーネ○が”光の12日間”を唱えている年ですが、今年の11月~12月にかけて何事も起こらなければ、彼の主張は完全に否定されることになりましょう。一度はずしていますから二度目はないと。ただ、光の~後の時代にNWO的な動きが出てくるという説は気になります。

光の12日間はあり得ないでしょう。残念ながら。
今年の後半はとんでもない歴史的な事象が起こるのは間違いないと思います。
起こってほしくないですが、人類がまいた種なので乗り越えるしかないでしょうね。

calseed



No title

欧州はペンタゴンレポートそのものの世界になってますね。
この気候変動には、海流以外にも宇宙線の増加、地軸の傾きなんかも指摘されてますね。
近年、世界で奇妙な雲が現れてますが、この世の終わりかと思えるような雲の写真を見かけます。
地軸については、太陽の沈む位置がおかしいという話が、結構出てきてますね。フランスのテレビがポロリと喋ってしまったというのもありました。
夏の猛暑と冬の極寒を説明するには、地軸の傾き説にも説得力がありますね。

ただ、海流の静止について、油田事故後の薬剤投入が原因というのにはちょっと疑問があります。
海流を作るエネルギーとは相当巨大なものと思いますが、はたして人間が化学物質を投げ込んだくらいで止まるのかと。
何か地球的、宇宙的規模の要因をNASAが察知して、それを元にペンタゴンがレポートを書いたのではと思うのです。

No title

遅れ馳せながら・・・
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

この世の流れが澱んでしまうのと同じですね。
バランスが崩れれば一方が突出し結果として現れる。
風邪を引き悪寒が走り、高熱でうなされて酷い咳や鼻水がでる。
毒素は苦痛を補って解毒浄化されて行くでしょう。
ミクロもマクロも摂理に変わりはないようです。

新年早々、連続して噴火の夢を見ました。
気象変化的に厳しい年になるのかもしれませんね。
「ニッポンは備えている」とのことなので
現在の状況は知らされている実態とは裏腹なようです。
裏と表が入れ替わる時、大きな事象として何かが起こるように
思います。

Re: No title

kamuiさん

> この気候変動には、海流以外にも宇宙線の増加、地軸の傾きなんかも指摘されてますね。

宇宙線の増加は理解できますが、地軸の傾きはずれたということですか?


> 近年、世界で奇妙な雲が現れてますが、この世の終わりかと思えるような雲の写真を見かけます。

UFOが隠れているとか?


> 地軸については、太陽の沈む位置がおかしいという話が、結構出てきてますね。フランスのテレビがポロリと喋ってしまったというのもありました。

そういう話を以前のコメントで知りましたが、どうも納得できないですね。だとしたら国内の大学でも分かるはずですよね。


> ただ、海流の静止について、油田事故後の薬剤投入が原因というのにはちょっと疑問があります。
> 海流を作るエネルギーとは相当巨大なものと思いますが、はたして人間が化学物質を投げ込んだくらいで止まるのかと。

1日1万キロリットルとして26%が海中に残っているとしたら26万キロリットルが半固体化したいうことです。
これは実感できませんが、かなり大きいと思います。
ただ、これはメキシコ湾内だけの話。本流にはそれほど影響していないのは確かなので、原油以外の原因もあると思います。


> 何か地球的、宇宙的規模の要因をNASAが察知して、それを元にペンタゴンがレポートを書いたのではと思うのです。

これは十分可能性がありますね。二重三重の仕掛けがあるはずです。

calseed

Re: No title

Toshiさん

おめでとうございます。

> 新年早々、連続して噴火の夢を見ました。
> 気象変化的に厳しい年になるのかもしれませんね。

国内ですか?


> 裏と表が入れ替わる時、大きな事象として何かが起こるように思います。

これはいつでしょうか?

calseed

地軸

地軸に関してですが、もし1秒以下の変化でもあれば、地球から遠い星はあるべきところにありませんので、アマチュアの天文家でも大騒ぎになります。

今は基本的に星の位置情報はデジタルマップ化されて、見たい星を入力すると、自動でその星が見える位置に動く天体望遠鏡のセットを、素人が普通に使える時代になってます。

天文ガイドなんかの専門雑誌の広告を見てみると、すごいのがいっぱいありますよ。

No title

calseedさん、りょうすけさん

>宇宙線の増加は理解できますが、地軸の傾きはずれたということですか?

俗に言われているのは、ずれた、角度が増したということだと思います。
ただ、りょうすけさんが言われているように、星の位置で確認できますね。
アカデミズムの声は封殺できても、木内さんは黙ってはいないでしょうね(笑)

確かに地軸傾き説は問題がありますね。

No title

「新年早々、連続して噴火の夢を見ました。
気象変化的に厳しい年になるのかもしれませんね。 」
>国内ですか?

漠然となので場所は正直わからないのですが、
溜池らしきものと蛇か龍のような噴煙?は覚えています。
龍が象徴だと東アジア地域なら中国辺りかもしれませんね。

「裏と表が入れ替わる時、大きな事象として何かが起こるように思います。」
>これはいつでしょうか?

既に始まっているようなのですが、DNAに関連しているようです。
過渡期は2020~30年位ではないかと思います。
この世は低位と高位に接し間でバランスが取れなくなり
低位に引っ張られ逆さペンタゴンもしくはヘキサグラムの下降三角
に象徴された低位世界に飲み込まれそうになったとき時、
一時代が終わるように感じています。
世界が終わると言っても滅ぶのではなく、
五感に頼ったバビロニアシステムが崩壊し既存の価値観が
払拭され違った世界を自覚していく様に思います。

Re: No title

Toshiさん

> 溜池らしきものと蛇か龍のような噴煙?は覚えています。
> 龍が象徴だと東アジア地域なら中国辺りかもしれませんね。

日本の可能性も十分ありそうですね。


> 既に始まっているようなのですが、DNAに関連しているようです。
> 過渡期は2020~30年位ではないかと思います。

人類が元々持っている力に目覚めるということですね。
私も2020年が一つのカギになる年だと思っています。

calseed

地軸ジャンピング

人間の想念が地球と連動している、という観点から言えば当然、
人類間で闘争が増大すれば地球のバランスに影響し、最悪、地軸ジャンピングが発生する、と考えることもできます。
 大戦争とそれに続く地球環境激変(ポールシフトによる大陸沈降等)によって過去の文明が滅びた、と推測すると、今、ネットやTVで地軸が話題になること自体、象徴的かも知れません。

 多くの心ある人々が高波動の想念を維持すれば、地軸激変は防げると信じます。

そらのえ ブログ

>> 近年、世界で奇妙な雲が現れてますが、この世の終わりかと思えるような雲の写真を見かけます。

>UFOが隠れているとか?

そのような画像を満載しているブログです、ご本人は公言してはいませんが。

Re: 地軸ジャンピング

> 人間の想念が地球と連動している、という観点から言えば当然、
> 人類間で闘争が増大すれば地球のバランスに影響し、最悪、地軸ジャンピングが発生する、と考えることもできます。

闇の奴らは地球を破壊して火星に逃げ延びたいのですね。
本当に許せない奴らです。
この記事書いたら米軍からの訪問あり。「異常気象」に反応でしょうか。

そらのえブログ、リンクしておきました。
我々には雲にしか見えなくても、波動が高い人はそこに隠れているものを見ることができるのですね。
不思議です。

calseed

太古の水 ブログ

いつの間にか、出現したのですね、興味深く注目です。

 そらのえリンク有り難うございます。

また、米軍からサーチされてますか!
 凄いですね、すっかり有名人?ですね!
コメント欄を読まれていない事を祈ります、笑。

Re: 太古の水 ブログ

> いつの間にか、出現したのですね、興味深く注目です。

興味あるサイトですね。


>  そらのえリンク有り難うございます。

これはやはりUFOや龍なのでしょうか。


> また、米軍からサーチされてますか!
>  凄いですね、すっかり有名人?ですね!
> コメント欄を読まれていない事を祈ります、笑。

嬉しくないですね。コメント欄も読んでいるはずですよ。

calseed

No title

>人間の想念が地球と連動している、という観点から言えば当然、

量子論的に言えば、全宇宙は意識から出来ているわけですが、人類の意識と太陽系の関係について面白い話を思い出しました。

「2013年、人類が神を見る」という本に書かれていたのですが、太陽の周りを公転する地球と金星が会合するポイントを順番に地球の公転軌道上に印を付けてゆくと、正五角形、五芒星が描き出され、地球の公転周期を黄金率で割ると金星の公転周期になるらしいです。
陰陽五行、五芒星紋の究極の起源はこの辺りなのでしょうか。

惑星の意識と、そこに生息する生命体の意識は繋がり、相互に影響しあいながら、さらに巨大な意識を形作っているのでしょうか。

鋭いですね

本ブログ記事 2010.5.23 五芒星と金星 2010.5.25 六芒星と水星 を参照されて下さい。

シリウス革命のオコットさんですね。最新刊「スターピープル」誌の紹介記事は読みました。

リクエスト

昨年はたいへんお世話になりました。今年もよろしくお願いします。

さて、カトラ火山が怪しくなってきたようです。前回噴火した1918年の状況をまとめてくれると、これから危機に対する対応が見えてくると思います。

時代の節目にカトラ火山が関係しているように思えますのでよろしく。

No title

よく分かりませんが、 自転エネルギーによっても海流が作られているなら、海流が変わる事によって自転の速度に影響が出るということはないのでしょうか?

Re: リクエスト

あれこれさん

こちらこそお世話になりました。
今年は大変な時代の始まりの予感がしますので、あれこれさんのサイキック夢見を是非教えてください。


> さて、カトラ火山が怪しくなってきたようです。前回噴火した1918年の状況をまとめてくれると、これから危機に対する対応が見えてくると思います。

できる範囲で調べてみます。少々お時間をください。

calseed

No title

calseed さん、

金星と五芒星の話は既出でしたか、失礼しました。
水星と六芒星の話は初耳でした。ありがとうございます。

ちなみに水星の公転周期に黄金率を掛けると水星と金星の会合周期になるみたいですね。
五芒星、六芒星、そしてピラミッドにも使われる黄金率は、人の意識と空間、物質を繋ぐ何らかの法則に関係するのでしょうか。

宇宙、太陽系は神聖幾何学に満ち溢れており、私達の意識を規定しているのは間違いないですね。

半田さん(オコット)て、いろいろ活躍されているんですね。

Re: No title

けいさん

ご不便かけます。
年末からコメント荒らしがあり承認制に戻しました。
私はまだまだ修行が足りないようです。もっと修行して波動の高いブログにしなければなりませんね。(笑)


>  自転エネルギーによっても海流が作られているなら、海流が変わる事によって自転の速度に影響が出るということはないのでしょうか?

自転エネルギーが圧倒的に大きいので影響がないと思います。
ただし、これには全くの根拠がなく、完全な私の推測であることをお断りしておきます。

これまで、いろいろな事を好奇心もって調べてきましたが、宇宙に存在する天体はすべて回転していることによってその存在を維持できているのではないかと考えています。
自転や公転、さらには太陽系、銀河系、全てが回転しているようです。

地球の自転は、地球上に気流、海流、マントル対流など生じ、それらが地球上の生命にエネルギーを与えているのでしょう。もちろん太陽や他の惑星、月などからの宇宙エネルギー、他の銀河系からの宇宙エネルギーも地球に降り注ぎ、地球上に影響していると思います。

calseed

Re: No title

kamuiさん

とにかく不思議な世界ですね。
創造主が意図して作ったとしか思えません。
宇宙に偶然は存在しないのでしょうね。

calseed

No title

あっ!

不可知さん、失礼しました。コメントくださったのは不可知さんでしたね。calseed さんもごめんなさい。

何か今年はボケが多いです。
やはり地球の波動がゆがんできたせいか(笑)、失礼しました。

No title

太陽系に関しては、ボーデの法則というのもありますね。
>神聖幾何学、メルキゼデクさんも年末のスターピープル誌で取材されてました。

>自転と海流、質量の差が大きく、calseedさんの説明が最適ですね、素晴らしい。
>全てが回転している!
凄いテーマです。物質の根源にも関わります。

>コメント荒らし、荒らす気の確信犯か単なる粘着質か、どちらにせよお疲れ様です。

落下する鳥

映画「The Day After Tomorrow」でヘリコプターを空中で凍結させた「スーパー・フリーズ現象」というものがあります。
落下する鳥の死因は急激な血栓に因るものとされていますが、凍傷も血栓により壊死する訳で、小規模なスーパー・フリーズ現象が起きていると考えられないでしょうか?

もし仮に、大規模な現象が起きれば、映画のように航空機の墜落も…心配です。

Re: 落下する鳥

> 落下する鳥の死因は急激な血栓に因るものとされていますが、凍傷も血栓により壊死する訳で、小規模なスーパー・フリーズ現象が起きていると考えられないでしょうか?

独特の観点ですね。可能性はあるかも知れません。
これについては、別の説を聞きましたので、次回記事にするつもりです。


>もし仮に、大規模な現象が起きれば、映画のように航空機の墜落も…心配です。

欧州や日本の低地で氷点下30℃が出現すると可能性があるかもしれませんね。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策