スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道五十三次の謎

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

昨年はブログ書いて終わった一年といっても過言でないくら嵌りました。
今年は、いよいよ大変な年に入るのではないかと予測していています。

しかしながら、危機をあおるだけでは能がないので、今年は一旦少し力を抜いて、冷静にできるだけ面白そうな話題を取り入れ記事を書いてみようかと思います。もちろん内容は冗談ではなく真剣に書きます。

ただし、本当に危機が来そうな場合は、その旨を書くつもりです。
記事に興味があり、面白いと思われる方にはご拝読いただければ幸いです。



今年の第一弾は、歌川(安藤)広重東海道五十三次が盗作ではないか、という話題です。

昨年の終わりごろ、東海道五十三次には暗号が隠されているのではないか、という記事を書きました。
<ヒロシゲ・コード>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-149.html

これに対して、広重の東海道五十三次は盗作ではないかとのコメントをいただきました。
私も前回の記事を書く前にネット上でそういう話題があることを認識していました。
ただし、当時は盗作であるかどうかが問題ではなく、この絵に込めらた謎を探索するというのが目的でしたので、盗作の話題はスルーしていました。

ところが、これがシンクロなのでしょうか。(私には、昨年十一月頃からシンクロする話題が続いています。)

元旦にニューイヤー駅伝、天皇杯サッカーと久しぶりにTV漬になった後、他に地デジでは面白い番組がなさそうだったので、たまたまBSに切り替えてみました。

その瞬間「歌川広重 天才の真実「東海道五十三次」は盗作だった!?」とうタイトルの番組が目に飛び込んできました。

「おおっ~」と一人声を出しながら、二時間番組に嵌ってしまいました。

後で知ったのですが、2年前の再放送だったようです。
しかし、半月前に記事にした内容がTVでやっており、それもマイナーなBS。たまたまチャンネルを変えたら飛び込んできた。
こんなシンクロがあるでしょうか?
これは新年早々何かの縁と思い、新年最初の記事にすることにしました。


まず、盗作疑惑の内容です。

広重の書いた「東海道五十三次」は55枚あるそうですが、それに酷似した絵、これも同じく55枚が見つかっているそうです。
全く異なると思われるものは、たった4枚だけだそうです。

番組では、盗作の元になったとされる絵(原画)の一部を紹介していました。
例えば、広重の書いた蒲原(かんばら)の絵。
gamahara.jpg

この絵と原画では、山の形状が異なるだけで雪景色、人物の容姿、人数は同じでした。


また、次の広重の沼津の絵。
hiroshigetengu.jpg

原画と言われている絵でも、同じように背中に天狗の仮面を背負った人物が描かれていました。
とても偶然とは言い難いものですね。


また、番組では広重の絵と盗作の原画の、どちらが実物の風景に近いかを取材していました。

前述の蒲原の雪景色の絵ですが、広重の絵と同じように山が見える場所を探す試みを行っていましたが、結局同じような風景の場所は探せませんでした。
一方、原画と同じ絵は地形を探索するPCソフトによって探し出していました。


また、次の広重が書いた由比ヶ浜の絵。
hiroshigeyui.jpg

この絵は、富士山の右側のすそ野の山は、海につながって水平線に消えていますが、実際には陸地がずっと続いています。
明らかに広重の絵は間違っていると番組では結論づけていました。

原画は縦長の絵のため途中で切れており判明できませんでしたが、原画の方が五十三次の実物を描き、広重はそれを盗作した可能性が高いように番組では放送されていました。


それでは、この原画とされる絵は誰の作なのでしょうか?

番組では、この原画を共同保管している美術研究家の方が取材に応じていました。

この原画の作者は、司馬江漢(しばこうかん)という江戸時代の画家だと話していました。
蘭学者であり、浮世絵師としての名は鈴木春重。
確かに聞いたことがあります。

<WIKI:司馬江漢>
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E6%B1%9F%E6%BC%A2

司馬江漢は、広重より50才年上で、広重が五十三次を書いたとされる1832年よりも随分前の1818年にすでに亡くなっています。

もし、司馬江漢が原画を書いていたとしたら1818年以前になりますから、広重が盗作した可能性はあり得ます。

また、広重が実際に五十三次を訪問して書いていないとう説を証明するため番組では京都の三条大橋の絵を取り上げていました。

ちなみに原画とされる京都の絵では三条大橋は書かれておらず、京都御所の絵が書かれていました。
(全く異なる4枚の絵のうちの1枚です)

sanjou.jpg

番組では、この絵の三条大橋の橋脚に注目していました。
絵では橋脚は木製で書かれています。

ところが、現在の三条大橋の橋脚は石製

「それはそうだろう。最近、木製から石製に置き換えられたのだろう」と思いましたが、何と石製に変えたのは豊臣秀吉だそうです。
1589年のこと。三条大橋のそばの石碑にも記されているようです。

広重がこの絵を書いたのは1832年ですから、そのときはすでに石製の橋脚。広重は明らかに間違っています。
実物を見て書いたものではないのでしょう。
後年、広重は別の絵で三条大橋を書いているそうですが、その橋脚は石製であることを番組では紹介していました。

番組では、明らかに広重は現場で見て書いたものではなく、盗作していると結論づけていました。
(この三条大橋に関しては東海道名所図会からの盗作ではないかとしていました)

<参照:東海道名所図会>
   http://www.himoji.jp/database/db07/tokaido/


そうすると、「ヒロシゲ・コード」ならぬ「コウカン・コード」になりますね。


しかし、この番組では、そうは簡単に問屋が卸さないようでした。

司馬江漢は有名な画家あるため、贋作も多く出回っているそうです。
原画は贋作の可能性もあるため、検証を行っていました。

筆跡鑑定、印影分析、絵具を最新の科学技術を使って司馬江漢のものであるか分析していました。
結論は出ていませんでしたが、贋作である可能性が高そうなイメージを受けました。

結局は永遠の謎である方が研究者の方も研究のやりがいがあるのかも知れませんね。

「コウカン・コード」ではない?

しかしながら、仮に司馬江漢作でなかったとしても、これらの浮世絵にはなんらかの意図が隠されているのは間違いないことです。

趣味の世界でない限りあまり深入りする必要はないですが、興味はひかれますね。
新年早々はシンクロの話題でした。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル :

コメント

非公開コメント

盗作

芸術文芸方面はまったくの門外漢ですが。さすがですね、
どんなテーマでも知っとうや流にブログ記事になるのですから、木内説にこだわる必要はまったく無いですね。世の中の動きと無関係なテーマも息抜きになって良いかも。

 江戸時代当時、盗作という指摘がリアルタイムでされなかったのでしょうか? そんな資料があったら面白いでしょうね。

 そうそう、昨年dreamseedさんと篤さんから直接ご指摘されたのですが、コメントがあまり難しいのはどうかと。難しいことを平易にコメントできるように留意して、今年も真実と幸福を追究していきたいと思います。

Re: 盗作

私はほとんどの分野が門外漢ですので、記事を書くにはそれなりの裏付け資料が必要ですね。
書きたい事はたくさんありますが、ほとんどが書けない状態です。
それで苦心しています。(笑)


>  江戸時代当時、盗作という指摘がリアルタイムでされなかったのでしょうか? そんな資料があったら面白いでしょうね。

番組によれば、当時の広重は無名で版元(現在の出版社にあたる)の指示で五十三次の大仕事を受けたようです。東海道五十三次を題材にしたものは当時大変人気があったそうです。
従って、版元も宿場町を直接訪問するよりも、企画を早く世に出したかったようなニュアンスでした。
広重自身は盗作という意識は薄かったのではないでしょうか?

番組での焦点は、その原画が作者が江漢なのかどうかでしたね。

calseed

謹賀新年

本年も宜しくお願いします。

シンクロとはこの話題だったとは・・(汗

新年、前記事のコメントで不可知さんが入れたコメント
の時間を見て「おおっ!」っと思ってしまいました。
年の下二桁、月日、時間と、1だらけですね。

* 2011-01-01 11:11* 不可知 URL* 編集

狙ってました?まさかね。

Re: 謹賀新年

夜刈さん

こちらこそよろしくお願いします。

> シンクロとはこの話題だったとは・・(汗

真実を伝えるためには夜刈さんのコメントを取り上げろという事なのでしょうか?
TV見て驚きました。


> * 2011-01-01 11:11* 不可知 URL* 編集

気づきませんでしたが、狙っていたのでしょうね。
結構タイミングは難しいと思いますが。

calseed

もちろん

気付いて頂き、うれしいです。
ちょっとしたお遊びでした。

今朝見た夢が初夢と云うことでしょうか?
いつもの不吉な霊夢でした。

このお休み中はダラダラと過ごし、ノンビリと「異星訪問奇談」を読み直してます。初詣はまだ先に。

祝神事のこと

calseedさん。不可知さん。
そして 皆様。今年もよろしくお願いします。
不可知さんのコメントとても楽しみにしています。私 何か直接指摘ましたか?恐縮です。解り易くして頂けると本当に嬉しいです。

江漢のことは元伊豆高原美術館長・對中如雲の本でずっと前に読みとても驚きました。皇室と幕府どちらかの隠密だったようです。元々東の海の道で東海道ですから 京都から東に旅をしたのだと思います。 江漢は 京都から描いているそうです。当時から隠密として 何か 暗号を出しているようなことが書いてあったように記憶しています。

今回のヒロシゲ・コードを読みましたが どんな情報も詳細に調べてからではないと安易に信頼してはいけないのだろうと感じました。

そういう点でもこうして 皆様の考え方をお聞きするのがバランスを取るのに役立ちますね。

ヒロシゲ・コードの著者はチャネリングで広重の弟子だったと言われたそうです。そういう人が天啓を受けて本を出しているのでしょう。

他の予言などでも 2011年から続々と天地異変が始まるので 気を引き締めて暮らさないといけませんね。

ところで 伯家の祝神事(はふりしんじ)のこと 今日初めて知りましたが これについてこちらでは書いてあるでしょうか。気になります。

明治天皇が祝神事をして 天と交信したのが最後で 100年空いてしまうのが2011年だそうですね。

この神事が100年途絶えると 日本は大変なことになるといわれているようです。

何故 昭和天皇や 天皇陛下が 神事を行わなかったのか。

単に 伯家が 途絶えたとか そういういわれなのでしょうか。

博識の 不可知さんのご意見を伺いたいです。よろしくお願いします。

急に長々と書いてすみません。

あっちゃー

博識とはとんだ買い被りで御座いまして、とんだ恥晒しなのですが、篤さんのコメントの二箇所に反応しました。

皇室の隠密! 江戸時代の始まり頃には、既に幕府対皇室隠密の壮絶なる戦いがあったらしい。天海僧正を頭とする超能力者を含む戦闘集団が皇室隠密集団を殲滅。この話しが私の記憶に残ったせいか、変な夢を見たことあります。村が敵に包囲され、絶体絶命女子供も皆殺しになる!と、戦いが始まりすぐやられて眼が覚めました。久能山の近くだったらしい。

伯家神道! この神道に関する本を読んだような。でも、つい先日の霊能ブログによると、大霊能者である明治天皇御自身が、皇室行事から伯家を追放した由。祝詞が良くないとか。

Re あっちゃー

不可知さん。お返事ありがとうございます。

その夢のお話を読んで ふと 思い出した映像があります。

たぶん その夢と同じ場面なのではないかな。

それから 100年経ってしまうというのは 正確には2012年でした。

明治維新から 100年かけて こうして 日本は変化を辿るように神々が定めたのかもしれませんね。

シンクロ

ヒロシゲ・コードの記事で京都が鍵になっていたと思い
ますが、京都に関して気になっていることがあります。
去年の12月の初めに用事で京都に行った時に、ひょん
なことでパワースポットで有名な晴明神社に行きました。
晴明神社 : http://www.seimeijinja.jp/
参拝やパワースポットが目的で行ったのでは無かったの
で、ふらふら神社の中を歩いていて、妙に晴明神社の
神紋である五芒星が気になりました。
帰って来てから、なにげにcalseedさんのブログの過去
記事を見ようとしたら、すぐにレイラインハンターの記事に
あたりました。
http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-125.html
その中で、逆五芒星の図があり、その中の伊勢神宮
と元伊勢は参拝済みで、熊野は龍神温泉に行く時に
参拝しようと思っていた場所です。伊吹山と、伊弉諾神
も行けということなのかなって思っていたら、全くリアル
夢を見ない妻が、5つの石が浮揚する夢を見たと言う
のです。石の配列は一列では無くて、はっきり覚えて
はいないようですが、図形の形に配列されていたらし
いのです。
5つの石の中から一つを選ぶという選択があったよう
です。
どういう意味なのかはこれから分かるかどうかなの
ですが。

それと、別の理由で、長崎・島原が気になっていまし
た。そしたら、calseedさんの過去記事にもあるんじゃない
かなと見たら、すぐに見つかりました。
http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-121.html
ああ、そう言えばcalseedさんは長崎の人なんだよなぁ
って思いつつ、長崎のことを見ていたら、なんと長崎市
の市章が五芒星ということで。

私の夢見は、あてにもなりませんし、単なる寝言程度
のものかもしれません。でも、何か今後展開があれば
書き込みしたいと思います。

Re: 祝神事のこと

篤さん

> 江漢のことは元伊豆高原美術館長・對中如雲の本でずっと前に読みとても驚きました。

この方が番組で取材を受けていました。


>京都から東に旅をしたのだと思います。 江漢は 京都から描いているそうです。当時から隠密として 何か 暗号を出しているようなことが書いてあったように記憶しています。

番組では26枚は江漢自身が書き、残りは転用したのではないかという研究者のコメントを紹介していました。
暗号めいたものはあるでしょうね。


> ところで 伯家の祝神事(はふりしんじ)のこと 今日初めて知りましたが これについてこちらでは書いてあるでしょうか。気になります。

初耳です。


> 何故 昭和天皇や 天皇陛下が 神事を行わなかったのか。

皇室には深い謎があるようです。深入りは禁物かと。


calseed

Re: シンクロ

夜刈さん

コメントありがとうございます。
凄いシンクロですね。驚きます。

現在のような鳥居を持つ神社を最初に作った人たちは元はエジプトに住んでいた人たちのようですね。
2000年以上前に渡来してきたのでしょうね。古代イスラエルとも関係があり、それが五芒星に繋がっているようです。

長崎と島原は言わずと知れたキリスト教に関係の深い町ですね。何故、市章が五芒星なのか調べる必要がありそうです。

シンクロというのは、人類の意識が膨大な意識と繋がっている証拠だと考えています。ブログにシンクロする方がアクセスするのは、その名残りがあるからでしょうね。不思議ですね。

calseed

チリで地震

昨年に続きまたです。新月の時期にM7.2。明日は、太平洋沿岸に小さな津波が到達するでしょうが、念のため御注意を。

この時期、西の空に見える木星を望遠鏡で観測すると天王星も一緒に見えそうです。接近してますので。天王星もなかなか不思議な惑星で、地球と関係が深いとか。地軸が公転面に対してほぼ九十度傾いていますが、いつの頃か激変があったのかも。明日余裕があったら重たい望遠鏡を引っ張り出して見てみたい。

今朝見た夢が初夢としたら。空中浮揚できました、体脱ではなく。
以上、記事と無関係にて失礼しました。

訂正

天王星の地軸が横倒しになっている。
御免なさい。

Re: チリで地震

最近小笠原で大きな地震がありましたが、本島ではないですね。
これから発生していくのでしょうか。
比嘉良丸氏などが祈りのよって発生を止めたり、別の場所に飛ばしたりしているとか。俄かには信じられませんが。

天王星は見えますか?
天気が良ければチャレンジしてみましょう。

calseed

長崎

calseedさん

長崎市のマンホールの中に、六芒星のマークが入った
物も混じっているようですね。
http://daizukan9.blog63.fc2.com/blog-entry-543.html
このことを市に聞いた人がいたみたいですが、市でも
その理由が分からないそうです。
長崎には、色々秘密がありそうですね。

Re: 長崎

夜刈さん

情報ありがとうございます。
私は長崎市内には3年間住んでいましたが全く気がつきませんでした。高校時代だから当然ですが。(笑)
六芒星のマークが出島や観光通りにあるということは、やはりトーマス・グラバーあたりと関係してそうですね。
キリスト教だけでなく、日ユ同祖とも関係があるのかも知れませんね。
今度調べてみます。

calseed

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策