スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二項対立の終焉?

副島氏の新刊が発売されました。

日米 地獄へ道連れ経済日米 地獄へ道連れ経済
(2010/12/11)
副島隆彦

商品詳細を見る


「日本地獄へ道連れ経済」

凄いタイトルを付けたものです。

副島氏を知ったのは2008年8月頃。
私は、その前の2007年末頃からサブプライム関連で株式大暴落が来るに違いないと調べだし、いつかいつかと待っていました。
なかなか来ないなと感じだした頃、副島氏を知りました。

そして彼の講演会に出席する機会があり、世界中は陰謀によって操作されていることを初めて知りました。
その直後、リーマンショックが起きました。

その時は副島氏を神様と思ったものです。
それからの6~7冊、彼の著書を読みました。

ただし、ここ1年内に出されている彼の本は、新刊とは言っても8割くらいは同じ内容で、新しい情報は2割くらいです。
今回の著書もそうですね。少しがっかりの内容です。


副島氏の持論は、D・ロックフェラーが操る米国が悪で、
ロスチャイルドとJ・ロクフェラーが目指すNWOが善
です。

同様に、国内では、米国に操られている自民党、その後取り込まれた菅政権、官僚、マスコミが悪
ロスチャイルドよりの小沢-鳩山ライン、亀井氏、三井住友銀行グループが善としています。

しかし、これはおかしな構造ですよね。
世界支配を目指している連中が善であるはずがありません。

8月に副島氏に関して記事を書きました。
<副島氏の予言>
  http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-102.html

私は、副島氏が新著で主張している8割くらいは正しいと思っています。

しかし、副島氏の重要な間違いは、NWOを容認している点だと思っています。

新著で、私が気になった点を簡潔にまとめると、

●2011年初から世界経済は低迷を始め、世界恐慌に突入する。
●米国は2012年くらいには国家破産し、中国に覇権を取って代わられる。
●日本経済は2012年までは、どん底で日経平均株価は一時5000円を切る。
●しかし、日本は米国と離れ、2013年頃から中国をはじめとした新興諸国と経済的結びつきが強くなり、力強い復活を遂げていく。


といった内容です。

これをまとめたサイトがこちらにあります。
http://www.data-max.co.jp/2010/12/20112012.html

これを読んだ私の感想ですが、「そんな楽観論はあり得ない」でした。

1年前の私なら、副島氏の意見に賛同していたでしょう。

しかし、今は全く賛同できません。

副島氏は、ロスチャイルド及びNWO推進派に洗脳されているとしか思えませんね。
あれだけの知性がある方でも洗脳されるのでしょうか。

もし、NWOが完全に出来たとしたら世界でほんの一握りの人が潤い、後のほとんどの人は奴隷扱いになります。
そんな未来が来てほしいでしょうか?

副島氏は小沢氏を日本の国王と持ち上げているくらいですから、NWOが成就した際は勝ち組に入ることを狙っているのではないかとついつい訝ってしまいます。


17世紀以降、世界は二項対立構造によって支配されてきたというのは、他のブログ等でも書かれています。

最初はキリスト教で支配しようとしたのでしょうが、なかなか出来なかった。
従って、産業革命による資本主義で支配しようとしたのではないでしょうか。

そして世界中に資本主義が広がりだした頃に、二度の世界大戦を仕掛けた。

その後は、米ソ冷戦構造による二項対立。
資本主義VS共産主義。
経済的にはロスチャイルドVSロックフェラー。
最近では、石油VS原子力。
米国VS中国。

常に二極を対立させ、一方だけを完全勝者にさせない。

ここ60年は米国が勝者だったが、間もなく崩壊させようとしています。

これを考えているのは人間ではなく、おそらく悪魔。

「悪魔とは存在するものではなく、人類の悪の想念の事です」というメールを読者からいただきました。

そのとおりだと思います。
私は、人類の悪の想念が「別次元の意識体」を作ったと考えています。
その意識体は、3次元ではなく別次元に存在すると考えています。

そもそも木内氏によれば、すべては意識から始まっています。
地球も人間も意識から出来ているそうです。
なかなか理解できませんが、そう思うしかありません。

その悪魔が、米国を終わらせようとしているのは間違いないと思っています。
<悪魔の計画>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-147.html


副島氏が主張するように、確かに近いうちに米国は滅びるでしょう。

そして、NWOなるものが発足し、二項対立は終焉するかも知れません。

しかし、私は、NWOも上手く行かずに倒れると思います。
中国も分裂します。


2005年12月に木内氏がネットラジオで話していましたね。
http://blog.livedoor.jp/x_kuita/archives/613310.html

30数年前に見た未来では、
世界中で矛盾が吹き出し、戦争などで混乱して行く。
その中で新しい政府を作る人たちが出てくる。
しかし、結局、うまく行かずにだんだん滅んでいく。
そして、また石器時代からやり直す可能性が高かった。

と話していました。

このラジオで話していたときは、
人類が混乱を乗り越え、良い未来が来る確率は0.01%でした。

現在は30%に上がっています
<5回目の文明へ!>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-124.html

しかし、それは資本主義社会の復活ではなく、循環型社会が到来して初めて実現できるようです。

資本主義社会とその究極の社会システムであるNWOはいずれ崩壊するのでしょう


副島氏の著書を読んで感じたのは、「そんな楽観はできない」ということです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

No title

 夜分遅くからのコメント、失礼します。 管理人の「気になった点」ですが・・・日本人が目を覚ますのは、アメリカが潰れる事なのでしょうか?

始めの意識

初めまして!いつも拝見させていただいております。
木内さんの言われる始めの意識は「愛」からだと感じます。夫は、宇宙の創造主とコンタクトが取れ宇宙で一番強いものは「愛」って言っています。それに龍蛇族が身近にいて、循環型社会を作るメッセージが来ています。

 それと、ちょっと情報が欲しいのですが・・・・・
スサノオノ尊とノアの箱舟のノア共通点があるようなので、情報を頂ければと思っております。
宜しくお願いいたします。

Re: No title

いなみんさん

> 日本人が目を覚ますのは、アメリカが潰れる事なのでしょうか?

それはきっかけの一つだと考えています。
仮に来年から大恐慌が生じたとすると、経済的には日本が一番打撃を受けると思います。
来年末には石油、食糧が輸入できなくなり、自給自足生活に移行せざるを得なくなります。
そこから、長く苦しい時代の幕開けですが、その過程で日本人が循環型社会に目覚めて行かなければならないと思っています。
木内さんによれば、将来は鎖国をするようです。

calseed

Re: 始めの意識

よみがえるさん

コメントありがとうございます。

> 木内さんの言われる始めの意識は「愛」からだと感じます。夫は、宇宙の創造主とコンタクトが取れ宇宙で一番強いものは「愛」って言っています。

「愛」ですか。これは初めて聞きました。


>それに龍蛇族が身近にいて、循環型社会を作るメッセージが来ています。

身近にいるらしいですね。


> スサノオノ尊とノアの箱舟のノア共通点があるようなので、情報を頂ければと思っております。

真地球史を修正しなければならないと思っていたのですが、ノアの箱舟は15000年前の月の大洪水を指しているようです。
従って直接はスサノオとは関係ないと思いますが、間接的にはいろいろあるかも知れません。
後で整理したいと思います。

calseed

二項対立のカルマ、二元性の止揚

根は深くて、元々はアトランティスとレムリアの対立から始まり、
現代では西洋と東洋の対立として現れているとも言えます。
これが二項対立のカルマ。
対立から融合へと進めるかどうかも人類にとって大きなテーマで、
止揚できなければ進歩できない。瀬戸際にいるのでしょうが、なんとか良い方向に行きたい。
 物質肉体・霊精神の二元性終焉というのもありますね。
 
 全然別のサイキックによると人類絶滅の危機は遙か2、3千年後になるという説も。それまで局地戦争を繰り返しながら存続し、自然大災害を乗り越える科学力があれば助かりそうとか。ベガとの衝突を宇宙から

リーマンショックは私には何の影響もありませんでしたが、年明け以降の経済動向に注目ですね。金融機関に事が起これば、さすがに立ち行かなくなります。
(ドラゴンボール記事は大人気ですね!)

Re: 二項対立のカルマ、二元性の止揚

> 根は深くて、元々はアトランティスとレムリアの対立から始まり、

そもそもレムリアはアトランティスと同時代ですか?
私は5万年くらい前の時代かと思っていました。


>  物質肉体・霊精神の二元性終焉というのもありますね。

これは重要なテーマだと思ってきました。

 
>  全然別のサイキックによると人類絶滅の危機は遙か2、3千年後になるという説も。

ネットラジオの木内さんの話も似たようなニュアンスで捕えましたが。


> リーマンショックは私には何の影響もありませんでしたが、年明け以降の経済動向に注目ですね。金融機関に事が起これば、さすがに立ち行かなくなります。

あの時点では、世界のすべての銀行がつぶれると思っていましたが延命しましたね。年明け火を噴くでしょうね。現在はユーロを問題視していますが、本命米国で、中国がどう動くかですね。本日のニュースで11月に胡錦濤-小沢会談が持たれていたというのがありました。これは重要なニュースだと思いますが。


> (ドラゴンボール記事は大人気ですね!)

同じような感覚の人が多くて良かったです。

calseed

No title

こんにちは!
いつも興味深く拝見しております^^

NWOについてですが。

実は私は以前から、NWOというのは実は
「本当は」世間で言われているような
悪いものではないのではないかと感じていました。

で、そういう趣旨の事をいくつかのブログに投稿したところ、
予想はしていましたがもの凄いバッシングを受けました^^;
ですが、やはりそれはあながち間違いでもなかったのか...

世間で言われている「イルミナティ」といわれる組織は偽物(?)で、
本来のイルミナティというのは、支配層を打倒し、
正しい世を創るという信念を持ち、実行しようとしてきた
「健全な」組織であったらしいのです。

詳しくは
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-271.html
に書かれていますが、

こちらのサイトの管理人様も最初は
「イルミナティ=NWO=悪」ととらえていたようですが、
最近はそれが誤解だと気づかれたのか、
本来のイルミナティである"バーバリアンイルミナティ"について
頻繁に触れられています。

どんな内容の記事にせよ、鵜呑みは禁物で、
自分でしっかり読んで反芻し、検証してみる事が第一だと思いますが、
単純にNWO=悪の図式に疑問を持つという考え方も
一考の価値はあると感じ、その点で参考になると思いました。

差し出がましくすみません。

これからも素晴らしい記事を楽しみに、
陰ながら応援させて頂きます^^/

寒くなって参りましたので、
体調を崩されませんようご自愛くださいませ。

では、よい新年をお迎えください!

Re: No title

じゃがぴんさん

コメントありがとうございます。

カレイドスコープさんの記事は承知したうえで書いています。

もともとフリーメーソンやイルミナティは善だったようですね。
特にフリーメーソンは3000年以上の歴史があり、将来の大変動に備えて組織されたものと聞いています。
なかなか信じられないと思いますが。

それがおかしくなったのは、数百年前のようです。
変な集団にそそのかされて(?)世界支配を目論む集団になったとか。
それがサンヘドリンではないかと想像しています。

さらに私は、世界制覇を進めるために悪魔と手を組んだというホボット説は信憑性があると思っています。
それで私は悪魔の計画などの記事を書いているわけです。結局、彼らも悪魔に支配されてしまったのではないかと。

残念ながらNWO自体は、支配者側がどう思っていようが、あくまで木内さんの見た未来では成功していないようです。崩壊していくようです。

われわれ日本人は、それを乗り越えるために中心となって、新たな仕組みを作り上げるという木内さん説に私は魅力を感じている次第です。

calseed

天下統一の争い

個人的な意見ですが、目に見える陰謀は全てまやかしだと思います。陰謀というものは本来、人知れず静かに進行していくものです。映画や書籍で語られる陰謀というのは天の下の争いであり、天上の支配者を隠すカモフラージュであると私は密かに思うのです。

Re: 天下統一の争い

あれこれさん

おっしゃるとおりですね。
私も最近分かってきました。
奴らの戦略ですね。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策