スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンボールの世界


『インスピレーション』

私は、この言葉の意味を「ひらめき」と捉えていました。

ところが「霊感」という意味もあるようです。

<はてなキーワード:インスピレーション>
   http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%F3%A5%B9%A5%D4%A5%EC%A1%BC%A5%B7%A5%E7%A5%F3

インスピレーションに「霊感」という意味があることを知って、「なるほどなあ」と納得しました。

WIKIで霊感を調べると、英訳だと「inspiration」となっています。

~転載開始~

霊感(れいかん、inspiration)とは、神・仏が示す霊妙な感応のこと。また、神や仏が乗り移ったようになる人間の超自然的な感覚。あるいは霊的なものを感じとる心の働きこと。理屈(理知的な思考過程など)を経ないままに、何かが直感的に認知されるような心的状態。

また、こうした本来の意味から転じて、芸術家・哲学者・科学者などが説明しがたい形で得た着想、ひらめきのことも指すようになった

~転載終了~


この最後の部分に着目ですね。
芸術家・哲学者・科学者などは、凡人にない霊感めいたものを持っているのですね。


私が一般的にはオカルトとも言われる不思議世界に興味を持ったのは今から1年とちょっと前。

最初のきっかけは、「人類は進化論によって猿から誕生したのではなく宇宙人の影響によって誕生したようだ」という、浅川氏の本を読んで以来です。

それ以前の私であれば、そもそも浅川氏が書いているような本に見向きもしませんでした。

ところが、誘われるよう読んで、そこから興味をひきたてられました。
これこそインスピレーションかも知れませんね。

これまでの私の人生は、多くの日本人がそうであるように、型にはめられた人生を送って来た左脳型人間そのものでした。
受験勉強も家庭も仕事もそうでした。

ただし、私の場合は、人生の重要な節目節目では自分の直感に頼って判断してきました。
就職、結婚、引越、転職etc.

その直感は、もしかしたらインスピレーションとして霊感として別次元と繋がっているのかもしれません。


私が、不思議世界を調べ出してすぐに思ったのは、実はアニメのドラゴンボールに描かれている世界に近いな、ということでした。

DGB1.jpg

ドラゴンボールは20数年前にはまって読んでいましたし、TVでも見ていました。
コミックは全巻持っていました。
最近の再放送も見ています。

特に前半の孫悟空とピッコロ大魔王との闘いの頃までは、まさしく不思議世界の事が如実に描かれているなと感じていました。


タイトルのドラゴンはそのものですし、
もともと一つの存在が神と悪魔(ピッコロ大魔王)に分身した点。

あちらの世界の構図や現代の支配構造が、よく表現されていると思いませんか?

DGB2.jpg


それにナメック星人は龍族ですね。
まさしく浅川氏の言う龍蛇族
その片割れが神として地球を守っています。


最初に孫悟空が死んだ時は、死後の世界が登場し、閻魔大王も出てきます。
死んだじっちゃんに会う、霊界の世界も描かれていました。
DG3.jpg


そして、ドラゴンボールで生き返ると、「気」を使いこなせるようになります。
気をエネルギーに変えて闘いますね。

その気を地球上の生命から分けてもらうのが「元気玉」
DGB4.jpg


また、中期くらいからは「テレパシー」も使いこなせるようになります。

ベジータやフリーザが出てくる場面は、宇宙人との闘いの世界。


このように羅列すると、まさしく鳥山明氏は、不思議世界に精通した人ではないかと思いますよね。

不思議世界を調べれば調べるほど、ドラゴンボールに描かれている世界が理にかなっているように思えるのです。

これは、鳥山明氏のインスピレーションだったのでしょうね?


要は、霊界なのか神界なのか分かりませんが、高い次元の存在からインスピレーションを受け、それがドラゴンボールのストーリー(特に前半)になっていたのではないかと思っていた次第です。

鳥山明氏だけではありませんよね。
アニメの世界には他にもたくさんいるのではないでしょうか。

例えば宮崎駿監督
「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などは、インスピレーションを受けて描いたものかも知れません。
mononoke.jpg

sen.jpg


現在のアニメで言うなら「ONE PIECE」もそうかもしれません。


私は、半年程前からそのように感じていましたが、それを確かめる術を持っていませんでした。

そこで、先日、クローバーさんお会いしたときにご意見を伺いました。

クローバーさんは、
「おそらく別次元との交信がアイデアの元になっていると思います。アニメだけではなく、特に美術家の世界はそれが顕著のようです。」
と話されていました。

私は、「やはりそうだったか」と納得しました。


確かに、一流の芸術家や科学者と言われる人は、常人とは異なるインスピレーションを持っているようですね。
レオナルド・ダヴィンチピカソ、科学者ではアインシュタインあたりでしょうか。


先日のヒロシゲ・コードの記事で書いた安藤広重もそうかも知れませんね。

<ヒロシゲ・コード>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-149.html

ハリウッドの映画監督もそうですよね。
スピルバーグジョージ・ルーカス

「アバター」の世界もそうです。


こういった芸術家など能力の高い人、おそらく右脳の発達した人たちは霊的能力者か、もしくはそれに近い能力を持っているのではないかと考えられます。

本来は、それが太古の人類の姿だったはずなのですが。

そういった人たちは、絵画やアニメといった表現によって、本来の世界を伝える役目なのかも知れません。
彼らの作品が、何故多くの人々に感動を与えるのかが、何となく理解できるような気がします。

皆さんはどう思われますか?


最後まで読んでいただきありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

コメント

非公開コメント

No title

 夜分遅くより失礼します。 今回の記事を見て思うのは…今月中旬に可決された「漫画規制」条例ですが・・・目覚めを防ぐため?ではないかと思われます。

 が、条例案を出した知事は「出版・アニメ業界」で済むだろうと思われるが・・・しまいにはメディア、関連業界を怒らせた事になり、これから逆風にさらされる事が予想されます。

考えすぎと思われるかもしれませんが・・・

No title

鳥山明の最近のアニメに『BLUE DRAGON 天界の七竜』があるのですが、このアニメも鳥山氏のインスピレーションよて作られているようですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/BLUE_DRAGON_%28%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%29

Re: No title

いなみんさん

>今回の記事を見て思うのは…今月中旬に可決された「漫画規制」条例ですが・・・目覚めを防ぐため?ではないかと思われます。

そんな規制があるとは思いませんでした。
東京都ですね。
関係あるかもしれませんね。
つい最近までアニメ大国と言われていたのですが。

calseed

Re: No title

たまさん

コメントありがとうございます。

「天界の七龍」ですか?
これは知りませんでした。
龍をあそこまで描くには相当なインスピレーションが必要だと思います。

calseed

神々しいとは

ドラゴンボールには記事の通り、霊的な真実が含まれているようですね。

 高次元から何かの役割・使命をもって生まれてくる存在、
高次元の波動に同調して創造的な業績を成し遂げる人、

前者の例として、ウィリアムソンの「ライオンの隠れ家」にはそんな宇宙的魂達の地球転生履歴が語られています。
 神界にいたのはナメック星からきた宇宙人だった、というのも、現状を写しているかのようです。
コートニーの本の中には、「スタートレック」の作者が宇宙人からテレパシーを受けて書いているという指摘もあったでしょう?人類の意識拡大を目指した介入。ニコラ・テスラも広義にはこの範疇でしょう。

後者の例として、トヨタ「プリウス」の開発。この開発は高次元からの援助があったらしい。(霊能ブログで指摘される遙か以前より、サイキックが話してました)
 今後の世界は、地獄と天国が入り乱れて展開するが故に、どの位相・波動に同調した想念・感情を各自が持つかにより、将来進む並行世界が決まってくる、、、なんて説は、ちょっとバシャールがかってますけども。
 少しでも良き未来を目指すには、日頃から真・善・美に意識を向けて行動することが重要と思います。周囲がどんな世情になろうとも。
 

No title

こんにちは。

私はどちらかというと創作系に属してましたので今回の規制法案については関心がありました。
表向きは性的な表現を規制するといいますが、凄く違和感のある法案です。(数年前にすでに厳しくはなっており、出版側の自主規制は以前から行ってましたので。)

議会を傍聴したかたのレポにありましたが
「年々のPTAを含む6042名の署名、その後創●学会の署名運動により4万4千人の署名が集まり乗り出しました」ということらしいのですがソレを超える出版業界からの反対署名も集まっています。
もっと呼びかければ創作関係者から勿論凄い数が集まるでしょう。そうさせる間もなく可決の方向。

今の動きだともっと規制が強くなる気もします。
鳥山明氏ですが資料をあまり有しない人だそうで、やはりインスピレーションかもしれませんね。

No title

友人が宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」を見た時、
「出てくる妖怪たちが、自分が見ていた存在とあまりに似ていてビックリした」
と言っていました。

宮崎氏はおそらく何かを受け取っているか、または書かされているだろうと。
手塚治虫氏もそうだろうと言っていました。
日本人は特に多いそうですよ。
だから、アニメ大国なのかも知れませんね。

インスピレーションと漫画の世界

ブログの更新ありがとうございます。

私は美術の世界に長年関わっているのですが、数回だけまさに天から降ってきたかのような想像が一瞬にして頭の中を駆け回り、いてもたってもいられなくなって手が勝手に絵を描くという体験をしたことがあります。
不思議なことにこういうときって、楽しみが込みあがってきて自分ではどう仕様も出来ない描きたいという衝動に駆られ、手が意識とは別に勝手に動いてしまうのです。

もちろん、じっくり考えて描くとき、何を描こうか悩んでいるときも常にインスピレーションは降りかかっているのではないかと感じています。
あとはそのインスピレーションを上手く受け取れるかどうか。
これは芸術家でなくとも、常に様々な人に起こっていることだと感じています。
でも、こういうことって世間では結構当たり前すぎて、確かに凄いことだとは思っても特殊な能力だとはあまり思わないことの方が多いように感じます。
裏返せば、それだけ私たちは知らない間に自分の特殊能力を日々使っているのかもしれませんね。

calseedさんとこのお話をして、昔の漫画もそうなのですが最近の漫画は特にそういうこととシンクロしているものが多いこと(シンクロに具体性が出てきたこと)に気が付きました。
あまりにシンクロしているために、様々な存在のお話で色々と分からなかったことが点と点が線に繋がるときのきっかけなんかのときは、よく漫画やアニメなどを見ているときも多かったりします。

また、いろはさんがお話されていますが、私も何回か漫画やアニメなどを見ていて自分が見た見えない存在、また様々な存在に教えてもらったこと(テーマとかストーリーとかが似ている)と、非常によく似ているのものを描いているものを見たことがあります。

こんなに素敵な能力なのに、漫画やアニメに限らず、様々な分野、世界で頭をかしげるような規制やルールがたくさんあります。
確かに、様々な能力は暴走すれば周りに影響を与えますが、だからと言って善(?)を盾にガチガチに身の回りを固めるのもどうかとも思います。
こういう素敵な能力がもっともっとたくさん世に出て良い方向へ向かうことを願っています。

Re: 神々しいとは

> コートニーの本の中には、「スタートレック」の作者が宇宙人からテレパシーを受けて書いているという指摘もあったでしょう?人類の意識拡大を目指した介入。ニコラ・テスラも広義にはこの範疇でしょう。

確かにそうですね。


> 後者の例として、トヨタ「プリウス」の開発。この開発は高次元からの援助があったらしい。(霊能ブログで指摘される遙か以前より、サイキックが話してました)

へぇー。それはびっくり。


>少しでも良き未来を目指すには、日頃から真・善・美に意識を向けて行動することが重要と思います。周囲がどんな世情になろうとも。

木内さんやりょうすけさんも話していますが、能天気でいることですね。
しかし、これは一般人にとっては大変難しいことですね。何も感じていない人はとくに。
精神を鍛えていくしかありませんね。

calseed

Re: No title

sioさん

コメントありがとうございます。

> 今の動きだともっと規制が強くなる気もします。

そうであるならば、これは米国の意向でしょうね。
日本をとことん属国に陥れたいのでしょう。
まあ、時代はまさに転換点に来ているようなので、彼らの思う通りにはならないでしょうが。


> 鳥山明氏ですが資料をあまり有しない人だそうで

そうですか。
後半部分は出版社の意向で戦闘の繰り返しになりましたが、前半は秀逸なストーリーだと思います。
相当な事前知識がないと書けないと思っていましたから、インスピレーションに間違いないでしょうね。

calseed

Re: No title

いろはさん

コメントありがとうございます。

> 友人が宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」を見た時、
> 「出てくる妖怪たちが、自分が見ていた存在とあまりに似ていてビックリした」
> と言っていました。

ご友人は向こうの世界で同じものを見ていたのですね。


> 手塚治虫氏もそうだろうと言っていました。

アトランティス末期を描いた「海のトリトン」はまさしくそうですね。


> 日本人は特に多いそうですよ。

これはオリジナルに近いからだと考えています。
西洋文化(特に米国)は単純なものばかりですよね。
それは後発的につくられた人類だからと思ってます。

calseed

Re: インスピレーションと漫画の世界

クローバーさん

コメントありがとうございます。

> 私は美術の世界に長年関わっているのですが、数回だけまさに天から降ってきたかのような想像が一瞬にして頭の中を駆け回り、いてもたってもいられなくなって手が勝手に絵を描くという体験をしたことがあります。

自動書記ですか。それは凄いですね。


> あとはそのインスピレーションを上手く受け取れるかどうか。
> これは芸術家でなくとも、常に様々な人に起こっていることだと感じています。
> 裏返せば、それだけ私たちは知らない間に自分の特殊能力を日々使っているのかもしれませんね。

私もブログを書くようになってから、そのような感覚があります。
最初書くつもりだったことと、書き終わってから読んでみると大きく内容が変わっていることが多々あります。
インスピレーションで変わっていくのでしょうね。

あと、以前から気になっていたのは、一度見た映画をもう一度見たいなと突然思い出すことがありますが、その1~2週間後にTVで放映されたことが数回ありました。これもインスピレーションでしょうね。


> こんなに素敵な能力なのに、漫画やアニメに限らず、様々な分野、世界で頭をかしげるような規制やルールがたくさんあります。

悪魔が慌てふためいて、日本人を目覚めさせないように規制させているのでしょう。

calseed

ドラゴンボール

こんにちは^^
まず作者の鳥山明氏の名前に惹かれますね。
これには意味があるように思います。
裏方の影響が多々あるように感じました。
作中に重要なメッセージが含まれていたとしたら
何故それを表だって潰す事ができなかったのか
アニメ漫画という盲点を狙ったのかわかりませんが
それでも体制側の意向を受け入れなければ
スポンサーが付きませんし出版や放映も
出来なくなるでしょうから世界的なヒットを成し遂げている
氏の業績はすばらしいの一言ですね。

そういえば。

こんばんわ。

『日本沈没』の小松左京氏、『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』の松本零時氏もなにかしらかのインスピレーションを得ているといわれていますよね?少し前にコミック版の日本沈没を読み泣きそうになりました。

Re: No title

akamokuさん

情報ありがとうございます。

calseed

Re: ドラゴンボール

Toshiさん

コメントありがとうございます。
洞察力が素晴らしいですね。

完全に体制側になびいたアニメもあるようですからね。

calseed

Re: そういえば。

麒麟さん

コメントありがとうございます。
間違いないでしょうね。
今になって当時のアニメが参考になりますね。
彼らは30年くらい先を言っていますね。
そう言えば木内さんの臨死体験も30数年前ですね。

calseed

Re: アメリカや世界各国への天罰が始まりつつあります。

いなみんさん

コメントありがとうございます。

これからの時代は冷静になることが大事のようです。

>人類滅亡が2012年ではなく1年早く「2011年10月28日」・・・これは、マヤ暦の終わりの日に当たるそうです。

マヤカレンダーは単なる暦だそうです。
天変地異との因果関係はないと考えていいです。
ポールシフトが起きるような事を言っている人は信用しなくていいです。

ただ、だからと言って地震や噴火を否定するものではなく、これからは太陽の活動期に入りますので活発になると思います。

来年起きる可能性が高いのは、世界恐慌と戦争ですね。
実際に起きると、これは天変地異よりも恐いと思います。
ただ、冷静に行動しないと適切な判断ができないので、今から覚悟しておく必要がありそうです。

calseed

No title

こんばんは。

この記事の流れに沿うのかどうか分りませんが、ジョージ・オーウェルの「1984年」が思い浮かびます。
世界支配層が管理社会のモデルにしているとか、あるいはオーウェルがあちら側の人間だったとか色々言われてますが。
いずれにせよ、現代社会を予言した小説で、村上春樹もここから「1Q84」のネーミングをしたほどですから。

人間って、何かに熱中して無の境地になると自然と「インスピレーション」に繋がるものなのでしょうね。
逆に意識してしまうと、顕在意識が邪魔をして現実世界にあるものしか見えないのでしょうね。

リラックスが一番ということでしょうか。

Re: No title

kamuiさん

特に会社務めの人は、会社の方針により日々忙しく働かされているわけですが、これは支配者側にとって管理しやすい体制だったのですね。
私は証券にいましたが、今思えば当時は人生をじっくり考える余裕などなく、日経を初めとした経済という名の怪物に支配されていました。
インスピレーションなど生まれる訳がありませんね。

今は新聞やTVは最低限度しか見ないようになりましたが、別に支障はなく経済の話も金融関係者よりもできる自信がありますし、それよりも支配構造が見えて世の中がどう動こうとしているか見えるようになりました。

kamuiさんは自然農法に取り組まれていると言うことでしたから、インスピレーションが活発でしょうね。

calseed

天皇誕生日

77歳のお誕生日です。
魂としては現代日本、世界においても有数の存在と思います。
 カルマを持たない存在にして、宇宙から直接日本へ降誕された神の具現者。

 義父が同い歳で、子供の頃田舎でよく見かけていたそうです。
後年会う機会があった時にそのことを話すと、懐かしんでおられたとか。

来年は皇居に行くチャンスがあるかも知れません。

Re: 天皇誕生日

>  カルマを持たない存在にして、宇宙から直接日本へ降誕された神の具現者。

カルマは持っているような気がしますが。


>  義父が同い歳で、子供の頃田舎でよく見かけていたそうです。
> 後年会う機会があった時にそのことを話すと、懐かしんでおられたとか。

義父さんは、ステータスの高い方なのですね。


> 来年は皇居に行くチャンスがあるかも知れません。

来年の今頃が平穏であればいいのですが。

calseed

No title

Calseedさん

>インスピレーションなど生まれる訳がありませんね。

いや、私はこの世に生を受けた者すべては、ある大いなる存在のインスピレーションに導かれて、必要な体験を重ねているのだと思います。

私も経済社会、売上至上主義の中に身をおいた者です。その体験は楽しい事も辛い事も自分に必要だったと思いますね(Calseedさんも同じでしょ)。

Calseedさんのブロク゛を読んでいて、信じるものはトコトン信じるが、それ以外はなるべく多角的な視点で見ようとされるのがよく分かります。
これなんか、優秀なビジネスマンの必須条件じゃないてすか(笑)

木内さんの話の中で、幼少の頃に川原で石が落ちてくる時に、未来の臨死体験中の自身が声を発して助けるというのがありましたね。
私達の現実を見ているこの顕在意識は、過去・未来の自分自身の大いなる意識に見守られながら今生の体験を重ねているのかもしれませんね。

心臓の寿命

研究によると、心拍数が少ないほど寿命が長いということがわかってきました。人間の一生の心拍数は20億~25億回と決まっているためで、寝ている時間や激しい運動をしない状態が長いほど長生きができる訳です。

Re: No title

kamuiさん

> いや、私はこの世に生を受けた者すべては、ある大いなる存在のインスピレーションに導かれて、必要な体験を重ねているのだと思います。

なるほどですね。確かに人類すべてに役割があるそうですから、そうかも知れません。


> 私も経済社会、売上至上主義の中に身をおいた者です。その体験は楽しい事も辛い事も自分に必要だったと思いますね(Calseedさんも同じでしょ)。

私も、全てがいい経験になっていると思っています。
今の私を作るための神のはからいかと感じています。


> Calseedさんのブロク゛を読んでいて、信じるものはトコトン信じるが、それ以外はなるべく多角的な視点で見ようとされるのがよく分かります。

そうですね。
例え木内さんの未来が間違っていても私は後悔しないでしょうね。
また、ブログを書く際際には、姿勢がぶれるのが一番まずいと思っています。
間違ったときには、はっきり間違ったと言うつもりです。
でも、おそらく間違いないですよ。不可知さんは半信半疑のようでしたが。(笑)


> これなんか、優秀なビジネスマンの必須条件じゃないてすか(笑)

そうかもしれませんね。kamuiさんは鋭いですね。


> 木内さんの話の中で、幼少の頃に川原で石が落ちてくる時に、未来の臨死体験中の自身が声を発して助けるというのがありましたね。
> 私達の現実を見ているこの顕在意識は、過去・未来の自分自身の大いなる意識に見守られながら今生の体験を重ねているのかもしれませんね。

不思議ですよね。この過去と現実と未来、パラレルワールドを考えれば考えるほどループして分からなくなります。
誰か原理を教えてほしいですね。(笑)

calseed

Re: 心臓の寿命

あれこれさん

「ゾウの時間ネズミの時間」の本川氏の理論ですね。

>寝ている時間や激しい運動をしない状態が長いほど長生きができる訳です。

これは盲点でした。

calseed

集合意識に反映する民族願望

優秀なビジネスマンの必須条件ーー同感です。

ゲリーの予言で、太平洋への天体落下で日本列島に600mの津波が押し寄せる、というのがありました。
これなどは欧米人の潜在的願望が集合意識となり、それを感知したためにでてきた予言と解釈できるのです。

中国崩壊というのも、ひょっとしたら我々の意識下の願望が、集合意識の未来像を形成し、それを感知するレベルの人がいたとしたら。

中心核に魂があり、そこから時空を超えて、別の時代へ順次派生しているのを、中心核から見ているのがハイヤーセルフ?中心核からだと全ての転生が同時進行、永遠の今に同時に存在している。魂が意識の焦点を合わせたところが、この今の自分?あるのは、膨大なる意識だけで、一即全て。

小笠原の地震が怪しいです。

No title

不可知さまへ
 12月2日の札幌の地震も、震源10Kmで頻発していたようですね。アデン湾も同様だそうです。
 怪しいと私も思います。そして札幌には自衛隊の基地に変な鉄塔が立っているところがあるとグーグルの写真付きで紹介してあるサイトを偶然に見つけました。 “碧い世界” というところです。HAARPでしょうか。
 京都大の施設にもハープらしきものがあるのですね。何を狙っているのか気になります。

誘発?浅震源群発地震

気象庁のデータベースが有用ですね、時々見てます。

先日「巨大地震は水素核融合で起きる!」という本を入手しましたが、
まだ読み始めていません。目次を見る限り興味深いです。

日本国内にも色々な施設があるのでしょうね、深入りは危険かも。
確か、京大関係者の方のコメントが以前あったような。

No title

不可知さま、はじめまして。

>先日「巨大地震は水素核融合で起きる!」という本を入手しましたが、

ひょっとして元ヤマハの技術者の方が書かれた本ではないでしょうか?
木内さんが、グツグツ煮立っているカレー鍋で地震の原理を説明されていましたが、正にこの本の内容を言っておられたのかなと思いました。

HARRPで地震を起こす原理もこれかなと、思いました。

Re: 誘発?浅震源群発地震

> 日本国内にも色々な施設があるのでしょうね、深入りは危険かも。
> 確か、京大関係者の方のコメントが以前あったような。

以下の記事に、あれこれさんがコメントされていますね。

http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-21.html

calseed

カレーと地震

kamuiさん

>木内さんが、グツグツ煮立っているカレー鍋で地震の原理を説明されていましたが、正にこの本の内容を言っておられたのかなと思いました。
>HARRPで地震を起こす原理もこれかなと、思いました。

以下のお話ですよね。
~転載開始~

カレ-をやりながら地震の研究してたんです。そういう気泡が出てくると言う事は、必ず、エネルギ-があるわけですね。いわゆる、電磁波って出るんですね、弱いけども。それに気が付きまして急遽何をしたか、レコ-ドのアンプとかプレ-ヤ-とかあるんですけども、針を外して、あそこ2本線があるんですね。針のとこ2本線があるんですが。針を外して2本の線に配線をくるんで、その配線を2つ持ってきて、寸胴の中にこっちとこっち入れるんです。で、スイッチを入れてボリュ-ム上げとくんですね。そうすると面白いんですね。気泡がス-ッと上がってくるとノイズが走るんです。ジ-、ジ-ッって上がるんですね。消える瞬間に音も消えるんです。小さい音からジ-ッジ-ッてなるんですね。それを見た瞬間、これ地震予知できるわと思ったんですね。
例えば地面の中にそういうアンテナを入れるんですよね。で、回すんです。一辺が100kぐらいの正三角形で置いとくんです。深さ1kぐらいな所でレ-ダ-を回すんです。電波を。ただし地面を直進する電波というのはメ-トル波ですね。長い波長になります。それだと直進的に来ますからそれを3台でキャッチするんです。そうすると地震のエネルギ-っていうのは、例えば弾性反発説であろうが、どんなものであろうがいずれにしてもエネルギ-であることは間違いないんです。そのエネルギ-の大きさをそれによって調べるんです。ものってのは必ず圧縮されたりいろいろすると必ず出るのは電気的な抵抗とか電磁波とかそういうの出しますから、それをキャッチするんですね。そうすると深さどのくらいで、どのくらいの大きさのエネルギ-があるかっていうのが分布図がいっぱいできてくるんですね。日本の下の方に。それを調べてくんですよ。 それ1年間調べてエネルギ-がだんだん大きくなってくると、エネルギ-ってどっかで解放される。解放される時は必ずズルッズルッズルッって上に上がってくるんですね。上がってきて、気圧の弱い所に来て解放されるんです。上迄出てくると、噴火ですよね。だから上迄来ないうちに破裂すると地震になるんですね。
そういうの調べといてそういう特性を調べるんですね。地域地域で。そして調べといたものを、次またにそういうの現れた時に、今度は予知できません?そういうデ-タが揃っていれば予知できるようになるんですね、何年何月何時何分頃どこどこで深さ何kぐらいなとこでマグニチュ-ドどのぐらいなエネルギ-が起きてそれが破裂する可能性があるか。そうすると後、地面の固さによって揺れる揺れ方が違ってきます。これは震度と言いますね。そうすると震度幾つぐらいになる、マグニチュ-ド幾つ、これは地震そのもののエネルギ-ですね。これが起きると、その揺れがどういうふうに伝わって行くとあなたの住んでいる所では震度幾つぐらいになりますよ、ここではどのくらいになりますよという予知ができるんじゃないかということに気が付きまして、当時地震学会ってのがやってまして、そういう話をしたら、カレ-で予知ができたら簡単だよと笑われたんですね。

~転載終了~

No title

その方の本ですね。まだ目次しか見てませんが。
地下水が反応するとしたら、一時的に強力になった太陽電磁波によっても地震が誘発されるかもしれないですね。巨大ダムに貯まった水の重量によって局所的な重力異常が生じ、地震誘発なんてことも(例えば中国三峡ダム)。気象観測衛星に写る円環状の雲も何かの実験結果のようで怪しい。

  野辺山の電波望遠鏡を地面に向けてレンジをm波に調節できれば、地震・噴火が予測可能になるようなことを木内さんは言っていたような。

No title

calseed さん、

木内さんの話を載せていただきありがとうございます。
久しぶりに詳しく読んで見ると、木内さんは地震エネルギー源については言及されてないですね。
何となくプレートテクトニクス論には立っておられないように思いますが、私の完全な思い違い、早とちりでした。ごめんなさい。
この本、水素爆発を地震原因に挙げているのですが、読んだときに、カレー鍋の泡がパチンと弾けるところを想像して、「おっ、これは木内さんの言っていた話か!」と、かってに思い込んでました~~;

不可知さん、

私も本屋で偶然見つけて、目次をみて、即買いました。
引越して、本の整理ができてなくて、何処に行ったのか(笑)
題名、著者名とも覚えてないのですが、地震のほかに純粋水爆の話が面白かったです。

No title

仮説 巨大地震は水素核融合で起きる!
山本 寛 著 工学社刊 定価1600円

通販で入手しました。なかなか勉強になります。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策