スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔の計画

最近になって、地球の支配構造がぼんやりと見えて来たと感じています。

しかし、それは地球だけ問題ではなく宇宙全体の問題ではないかと感じています。

今回は大胆に、現在の陰謀を操る低次元の生命体の計画について推測してみます。

私も1年前に陰謀論を知った時、イルミナティだの、ロスチャだの、ロックフェだのと調べました。
調べれば調べるほど、真実が分からなくなりました。
一体誰がトップにいるのだろうかと。

その後、浅川セミナーで聞いたボボット氏の話として、異次元(低次元、3.1次元のような)に存在する生命体(今後「悪魔」と呼びます)と人類の闇のトップが結びついており、実質的には悪魔がこの地球を動かしているということでした。

<参照:影の政府>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-97.html
<参照:地球の支配者>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-131.html

これまで私が入手した情報を整理して考え直してみると、確かに悪魔の存在は間違いないなと思っています。

イルミナティがどうだ、フリーメーソンがどうだ、NWOがどうだと言っても真実は見えない。
逆に悪魔の術中にはまってしまうのではないかと思います。

現在のマスコミはまさしく国民を洗脳していますよね。
また、最近はいろいろなブログでも陰謀を暴こうとしていますが、これも実は悪魔の術中にはまって真実が見えなくなっているのではないかと感じています。
木を見て森を見ず。
人工地震にしてもそうですね。
自分が騒いでみて、騒げば騒ぐほど真実が見えなくなると言うことが分かった気がしました。

私は、この陰謀を解く鍵は、前回の記事で触れた膨大な意識を知ることだと思いつつあります。
<参照:前世(続)>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-146.html

何を突飛な事をと思われるかもしれません。
ただ、太古の歴史を調べて行くと、そう思わざるを得ないというのが、私の今の心境です。


宇宙ができる前は、この膨大な意識しか存在しなかったようです。

木内氏の著書によると、膨大な意識の状態は退屈でしょうがない、そうです。

従って膨大な意識は退屈しのぎのために宇宙を創造したようです。
元素が生まれ、物質となり、ガスとなり星が出来ていく。そして徐々に宇宙ができていったようです。

ブログを始めた頃に宇宙の誕生について書きました。
<参照:宇宙の誕生>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-15.html

宇宙ができるまでには、地球時間(3次元)で数十億年、数百億年かかったようです。

そして、次々といろいろな星が生まれていき、太陽を中心とした太陽系ができます。
そして3次元世界の地球が誕生します。

私は太陽系の外は、別次元になっているのではないかと考えています。
従って、地球から見ると何億光年も離れているように見える星でも、あくまで3次元世界での計算上の話であって、実際に次元を超える能力(ワープ)があれば一瞬で行くことが可能なのでしょう。

逆に言うと、現在の人類の宇宙船の能力では、永遠に太陽系から脱出できないようになっているのではないかと考えています。
太陽系の外には次元の壁があり、どんな時間をかけてもループするだけで、また元の場所に戻ってくるのではないかと。
脱出するためには、次元を移動する能力が必要なのでしょう。

これは、私の考えです。確信は全くありません。


木内氏によると地球が誕生してから、生命の元となる微生物が生まれるまでは、確か8億年くらいかかったようです。
さらにそこから長い時間かけて、植物、動物が生まれて行きます。

人類が誕生したのは約500万年前。
人類誕生も、膨大な意識である創造主の命令なのでしょう。
仮に、人類誕生に宇宙人といわれる存在の影響があったとしても、それは創造主の意思のはずです。

何故ならば、創造主は、退屈な世界から楽しい世界を造り、その世界に自分の分身(分魂)を送り込み、人類という3次元物質に入り込んで楽しむため造ったのが地球だと思うからです。

そして、人類は文明を持ちます。
しかし、時間が経つにつれ人類には驕りが生じ、創造主の意思とかけ離れて行ったのかも知れません。
それが大洪水による文明崩壊という創造主の天罰です。

その後も、私が真地球史としてまとめてきたように、2度、3度と文明崩壊を繰り返しているようです。

語弊があるかも知れませんが、私は、この文明崩壊の繰返しは創造主のお遊びではないかと思っています。
単なる退屈しのぎのための。

もともと、一つの意識が分裂してできている世界なのですから、気に入らなくなったら壊し、新たに作り直す。
この繰返しによって、人類に課題を与えながら、理想郷を造らせているのだと思います。

そして、現在はまさしく文明崩壊の瀬戸際であり、木内氏は創造主により、それを人類に事前に周知させる役目を任されてたのだと思っています。

そうでなければ2回(正確には3回らしい)も臨死体験(死亡体験)に遭遇しないと思います。

そして、人類が自らの手で地球をどう変えて行くのか考えなさいと創造主は突き放しているのではないでしょうか?

私はそんな気がしてなりません。


そして、創造主から与えられた現代文明の課題は「物質文明」だったのかもしれません。

クローバーさんは、神のような存在から「もともと精神世界と物質世界は同一であった」と聞いたそうです。

また、いつかは「精神世界と物質世界は一体化する」とも言われたそうです。

これはいわゆるアセンションですね。
確かにいつかは一体化するかもしれません。
しかし、私はスピ系のブログで言われている2012年というのはあり得ないと思っています。
いつかは分かりませんが、創造主の課題をクリアしたうえでの話ではないか。
相当先の話だと思っています。


現代文明では、精神世界と物質世界は、完全に分離されています。
3次元の「物質文明」だけで、人類はどのような理想郷を造ることができるのだろうか?

創造主は、そのように考えたのではないかいう気がしています。


さらに創造主は、より面白い世界創造を試みるために人類の欲望の引き立て役として善と悪、別次元の2つの存在を送りこんだのではないでしょうか。

現代文明は、シュメール文明の崩壊後、6000年から5000年前を起点としているようです。

前文明崩壊後、石器時代から再出発し、当初は善の存在、龍蛇族などと呼ばれる善良な宇宙人の手助けによって、少しずつ地球環境が整備され、人類の文明水準も徐々に向上して行ったと考えられます。

そして、4000年前頃には、エジプトやメソポタミア、ギリシャなどで現在考えられている以上の高い文明になっていたようです。
日本でも文化度の高い縄文時代だったようです。

しかし、その後、どのくらい経過してからでしょうか?

私が推測するに今から3000年~2500年前頃から文明が大きく変わったイメージを受けています。

おそらく、悪の存在が勢力を強くしたのではないかと考えています。

それまで善良な宇宙人と人類が協力して造った文明に対し、悪の存在、悪魔が侵入してきたのではないか。

ただし、悪魔は3次元の存在ではありません。
低次元のエネルギー体のため3次元で自ら物質化することができないようです。

従って、一気加勢に地球を支配するため、別働隊を作ったのではないかと考えています。
それが闇の勢力と言われる人たちです。

悪魔は相当知能が高いらしく、闇の勢力にいろいろ指南して現在の人類の支配構造を作ってきたようです。
それが、陰謀を操る実態が分からないような仕組みになっているのが現状なのでしょう。

そして、この悪魔の大好物は人間のマイナスエネルギーだそうです。
悲しみ、憎しみ、恨み、辛みなど。

このマイナスエネルギーを増大させるためには、一旦、喜びを与えて持ち上げてからから突き落とすそうです。

911同時多発テロを見れば良く分かりますよね。
ターゲットは資本主義繁栄の象徴、NY摩天楼、貿易センターツインビル。

このときのマイナスエネルギーは私自身も相当なものでした。


さらに、悪魔に関して確信めいたものをクローバーさんから聞くことができました。
クローバーさんは、悪魔のナンバー2と会ったことがあるそうです。

お会いしたときにデッサンで絵を書いてもらいました。
この画像はネットで拾ってきたもので、かなりかっこよすぎますが、容姿は次の画像のようなイメージでした。
AKUMA.jpg

ルシファーとかサタンと言われる仲間なのでしょう。

この悪魔はクローバーさんにこう言ったそうです。

「今、60年間願いを叶え続けてやったアメリカがもうそろそろどん底に落ちるから、それを見るのが楽しみでしかたない」

これを聞いた時、私は背筋に寒いものを感じました。
今、米国が崩壊しそうになり、世界を戦争に巻き込んで行こうとしているのは、悪魔の周到な計画だったのか。

それも数千年前から周到に準備していたのかも知れません。
恐ろしいですね。

米国の闇の手先の急進派としてブッシュやチェイニーという名前が良く出てきます。
彼らは悪魔に魂を売って、この計画を進めている手先となっているのですね。

ある意味被害者なのかも知れません。

人類がこの悪魔の計画(課題)を乗り越えることが、今回の文明崩壊の危機を乗り越えられるかどうかではないかと感じています。
まだ、ほとんどの人が文明崩壊の危機、地球の危機と思っていないですよね。

おそらく、悪魔の言う米国の崩壊は来年からです。

米国が崩壊する前に日本は経済的に先に崩壊します。
<参照:確率70%の未来>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-123.html
危機はすぐそこに見えています。
動きださなければなりませんね。

かなり妄想も含まれていますが、私は真剣にそう思っています。
時間がないと。

[追記]後日、クローバーさんからいただいた悪魔の№2のイラストです。
gazou.jpg



最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

コメント

非公開コメント

悪の意識体

私は以前まで、善も悪も自分の中にその両方を持ち、どう選択するかは自分の意思だと思っていました。今もそう考えていますが、その「悪」を選んだときに、「悪魔」がその隙間に入り込んでくるのだという認識を今年に入ってから自分に起こる体験で理解できて来たように思います。安易に憎しみの感を持つものではないです。それが「悪魔」の餌食になっているのだと。現在起こりつつあるこの不安定な経済状況による今後の「不安感」、これもきっと彼らの思う壺で人類に「不安感」を養いそれを餌食にする。とんでもない存在ですよね。ですがこれも膨大な意識の一部の遊びだとすると、不安に思う必要は全くないのでしょうね。。。それにしても、いたちごっこのような感じが取り去れません。

神を見たかい?

人類発生以来、人類を守護し育む高次な存在がいると思うのです。
それに対して、いつの頃からか、人類の悪想念を自己のエネルギー源とし、最悪、ヒトの魂まで取り込んでしまう存在が地球に居着いてしまったのか。
 ゲリーの本を読むと、ヒットラーの背後存在はレムリアの時代から居たらしいですが。

 現実世界で、私達は神的存在に容易には会えないのと同様、ブラックホールのようなネガティブ存在にも簡単には会えないでしょう。見たことのある人によると、そういう存在が出現すると、即座に光の存在も現れて守護体制を敷くとのこと。

 宇宙空間から地球を見ると、地球は人間の悪想念帯にスッポリ包まれており、さらに地上は人間の業が堆積していてまるでウジ虫がびっしり絡み合っているようだと。浄化するのは容易ではないようです。

 それでも私達は、進化・覚醒をキーワードに光へ向かって転生ゲームを続けているのかも。

 今週末の出張後、日曜日?の記事更新も期待してます。

No title

calseedさんのお考えになる太陽系の外は、別次元になっているのではないかという考え私もまったく同じ考えです。それにしてもcalseedさんは凄い感性をしておられますね驚きです。

No title

先日 旅行にいった写真を現像しましたら 見たこともない写真が印刷されました。古い洋館のような部屋に古びたイスが一つ
壁の絵画に悪魔の絵が描かれてるものでした。やはり存在するんですね

まだブログを拝見させていただいてから日が浅いですが度々書かれていますクローバーさんはブログ等やってらっしゃるのでしょうか?

No title

こんにちは。いつも楽しみに拝読しています。
太陽系の外は別次元になっているのでは、というお考え。
以前、「宇宙はひとつの楽器である」とゆうブログでそんな夢体験談が載っていたことを思い出しました。
不思議な夢を見ている方のブログで、それを綴っているそうです。
太陽系とその外では次元の調律域が違い、それなりのシステムを搭載していない魂が太陽系の外に出るのは、非常に危険なので壁のような境目があるんだとか・・・。
もしかして本当にそうなのかも?
カテゴリ内の、夢について(海王星・カイパーベルト)に載っています。

No title

マスゴミは、常に一定方向の報道しかしませんよね。
ネット上で言われている、電通とか上層部の指令だとかなんとか。
何で、毎回各社足並みがそろうのか?
と考えると、誰かが統括しているんでしょうから
言われている話も、事実なのでしょう。
そう 常に関心をマスコミの流すスキャンダルに寄せておいて
内々に、いろんな物事が処理されていく。。世の常ですよね

記事の中の、善と悪について 
来年から、始まるといろんなブログで言われてますよね。
どんな形で、我々の生活に降りかかるのかが問われます。
願わくば、平和であってほしいと思ってます。



すみません。

お騒がせして申し訳ない。世界を揺るがすような事は何も起きてません。気になる事は沢山起きていますが、全て未遂に終わってしまいました。

少々オフトピックスですが

1年前にcalseedさんが陰謀論に興味を持ったところからスタートして,日々考察してきた成果が現在の「知っとうや?」ブログの到達点ですが,それをリアルタイムで読むことができたのはとてもラッキーでした.陰謀論に対する考察がお金の仕組みで完結せずに,こちらのブログのように数千万年のオーダーで過去に遡って考察を展開するなどとは常人にはとてもできません.この間のcalseedさんの思考の進化には著しいものがありまして,未だ私にはフォローできていないものが多数残っています(汗).

私にとってはこちらのブログのカウンターパートが In Deep さんのところですが,あちらのブログ主さんはある日当然英語が読めるようになってから,あのようなブログを始めたようです.calseedさんの場合はある日突然何かが起こってこのブログを始めたということでもないようですが(Kさん発言に出会ったことが大きいとは思いますが),お二方とも天命のもとにご活躍されているように思います.calseedさんが時間軸的な思考を主に展開するのに対して,In Deep さんのところでは空間的な広がりを感じさせる記事が目立ちます.

さて,今回 In Deep さんのところではウェブボットの日本に関する記述を取り上げています.今までにお二人が取り上げる話の中身がオーバーラップすることはあまり無かったと思いますが,今回のウェブボットの話には,「知っとうや?」ブログの記述を彷彿させる部分がありますので,少し長いですが引用させてもらいます.
http://oka-jp.seesaa.net/article/172741975.html
--ここから------------------------
非対称型言語傾向分析報告書「来るべき未来の形」0 巻4号要約
ウェブボット 2010年03月12日配信より抜粋

古代の復活(日本に関して)

・ 7月以降、日本における「革命」は暴力的で激しいものとなる。格差に耐え兼ねてフラストレーションがたまった人々が抗議運動を起こすのである。

・ 抗議運動は政権を転覆させるだけの十分な力がある。他の国々では「革命」は社会的な混乱を伴うが、日本では異なっている。日本の抗議運動は目標がはっきりしており、統制がとれている。

・ 日本における「革命」は、自分の国にプライドをもちたいという日本人の意識を背景に、経済的な混乱と将来への不安、そして食料価格の高騰と食糧不足、さらに2012年の情報のリークが重なって起こってくることだ。これらの重なりは、「革命」への絶好の機運を形成する。

・ 日本における「革命」のデータは「古代のテクノロジー」という別なキーワードと直接つながっている。そしてさらにこのキーワードは、「宇宙関連」のカテゴリーへとリンクしている。これが何を意味するのかはっきりしないが、日本人の祖先とエイリアンとのかかわりを示しているのかもしれない。

・ また、2010年8月の終わりには、多くの日本人が2012年を恐怖し、突然と準備を開始する。2012年への準備は日本における「革命」の伏線を形成する。

・ 今年の夏は多くの国々で「革命」が起こる。これに恐怖した政府はこれまでうまく機能していなかった公共サービスを急いで改革しようとする。これは、国民の反発から職を失うことを恐れた公務員が率先して行う改革である。

・ またこの時期には「変容した時間感覚」と「UFOの目撃」という2つのキーワードが高い感情値をもっている。「UFOの目撃」では、UFOの内部から写した写真が公開され物議をかもす。これは南米の沿岸部から発見される考古学的な発見物と関係がある。

・ 海から未知の物体が発見される。これは2012年問題の重要な要素である。この物体の発見で、2012年に起こることが、推測ではなく、現実性があることがはっきりしてくる。
--引用終わり -----------------
以上,長文失礼しました.

思わずかきこんでしまいました

calseedさまの真摯なご姿勢にはずっと敬服いたしておりました。
で。あれこれさま。
詫びるお言葉をおっしゃる必要はございませぬと思っております。
本当に自分たちの行く末を案じているからこその感覚で
危機感を持つことが本当に大事な時代なのだと
常に思えてなりません。
きれいごとではなく
なにも起こらなければ
それは本当によかったのだと
個人的には
喜んでおります。
calseedさまのおこころとは少し違うかもしれませんが
皆の気持ちを好い方向に揃えられれば
未来を変えてゆけるのではと
希望を持っております。
貴重な場を設けてくださって
こころから感謝いたしております。
ありがとうございます。
これからもどうかどうぞよろしく
おねがいいたします。

南米では

今、まだ10日ですので、何とも言えませんね。
来年、再来年の10日という可能性はないのかしらん?

それとも皆が注目した事によって、時間流の変化が起こり未遂に終ったと解釈すれば、今後もあれこれさんからは、あぶない未来警告を発して頂く価値は大いにあると思うのです。

誰もが良き未来の幸福を確信する事。
逆説的かもしれないですが、その一助になるでしょう。

宇宙は泡

宇宙に銀河が数多く在る様に、
銀河の集まりの銀河団
これが出来て160億年か200億年。
ビッグバンだとして。

その隣やあちらこちらに、
同様のひと塊の銀河団が無数にあり、
ひとつひとつは誕生後1億年、30億年、
100億年500億年・・・。
泡の如く誕生している、と。

気が付くと、原子核を取り巻く分子みたいな
太陽系同様に、核の中が銀河団の集まり
だったりして。

縄文時代の火焔土器は情報の玉手箱かも。
今の科学では取り出せない、マイクロチップ。
なんて楽しいよね。

No title

善と悪は、人間の心のありように対する喩えであると私も解釈しています。
経済の危機に関しては、ベンジャミンさんのブログしかり
その他 大勢のブロガーさんたちが警鐘を以前から鳴らしていますが、そのことに対して備えるという意識を持ちなさいという意味なのだと思ってます。
おだやかで、平和な暮らしを維持するためにも経済状況の変化に関しては、関心を持つことが大事ですよね。

悪魔

初めまして。
悪魔の絵 同じ存在を見たことがあります。
本当にいるんです。
部屋いっぱいに大きく 威嚇してきました。
でも結構話せば解るハートも持っていました。
人間と話したことは 初めてだったそうです。

Re: 悪の意識体

Tokyoloverさん

コメントありがとうございます。

> 私は以前まで、善も悪も自分の中にその両方を持ち、どう選択するかは自分の意思だと思っていました。今もそう考えていますが、その「悪」を選んだときに、「悪魔」がその隙間に入り込んでくるのだという認識を今年に入ってから自分に起こる体験で理解できて来たように思います。安易に憎しみの感を持つものではないです。それが「悪魔」の餌食になっているのだと。

おっしゃる通りだと思います。
悪魔に入る隙を与えてはいけませんね。


>現在起こりつつあるこの不安定な経済状況による今後の「不安感」、これもきっと彼らの思う壺で人類に「不安感」を養いそれを餌食にする。

そうですね。経済はなるようにしかならないので、そのときどう対応するかを考えなければなりません。
という私も簡単には切り替えらませんが。


>とんでもない存在ですよね。
ですがこれも膨大な意識の一部の遊びだとすると、不安に思う必要は全くないのでしょうね。。。それにしても、いたちごっこのような感じが取り去れません。

課題と思って対応するしかないですね。
この時期にこの世に生まれた運命を前向きに考えれば未来は開けるかもしれません。

calseed

Re: 神を見たかい?

不可知さん

本日はありがとうございました。
年内にお会いできて良かったです。
今後ともよろしくお願いします。


>  宇宙空間から地球を見ると、地球は人間の悪想念帯にスッポリ包まれており、さらに地上は人間の業が堆積していてまるでウジ虫がびっしり絡み合っているようだと。浄化するのは容易ではないようです。

そうですか。それほど酷いとは思っていませんでした。
やはり今回の大崩壊は課題ですね。


>  それでも私達は、進化・覚醒をキーワードに光へ向かって転生ゲームを続けているのかも。

課題を乗り越えれば来ると私も思っています。


>  今週末の出張後、日曜日?の記事更新も期待してます。

月曜0時ですね。時間がありません。(笑)

calseed

Re: No title

たまさん

コメントありがとうございます。

> calseedさんのお考えになる太陽系の外は、別次元になっているのではないかという考え私もまったく同じ考えです。

私は物理学や天文学の専門ではありませんが、小学校?でならった星の距離、例えば1億光年の距離であれば今見ている光は1億年前のものという理論が、小さい頃から信用できずにいました。そんなことあり得ないだろうと。

この1年くらいで次元とは何かを考え自分で探求するうちに、ビッグバン理論の間違い、波動、振動、周波数、UFO、ワープ、宇宙人、意識体などを考えているうちに、太陽系は次元の壁で仕切りがあるとしか思えなくなったしだいです。

本当に感性だけの世界です。

calseed

Re: No title

きんたさん

コメントありがとうございます。

恐ろしい経験ですね。
悪魔は存在するようですが、意思さえ強く持っていれば問題ないそうです。
意思の弱い人間が悪魔と契約してしまうようです。


> クローバーさんはブログ等やってらっしゃるのでしょうか?

やられていないようです。
クローバーさんから体験したことを教えていただき、私が考察して霊的能力をオカルトから払拭したいと考えています。

calseed

Re: No title

エリエリさん

コメント、及び情報いただきありがとうございます。
ご指摘のブログ拝見させていただきます。
今後ともよろしくお願いします。

calseed

Re: No title

なっこさん

コメントありがとうございます。


> マスゴミは、常に一定方向の報道しかしませんよね。・・・・

TVや新聞を見ないことです。見ると腹立たしいですから。


> 記事の中の、善と悪について 
> 来年から、始まるといろんなブログで言われてますよね。
> どんな形で、我々の生活に降りかかるのかが問われます。
> 願わくば、平和であってほしいと思ってます。

もちろん、私も平和であってほしいですが、世の中は矛盾だらけなので一旦清算が必要のようです。


>善と悪は、人間の心のありように対する喩えであると私も解釈しています。

良い表現ですね。私もそう思います。


>おだやかで、平和な暮らしを維持するためにも経済状況の変化に関しては、関心を持つことが大事ですよね。

経済崩壊の様子は今後ウオッチしていきますが、半端ではなさそうです。

calseed

Re: すみません。

あれこれさん

> お騒がせして申し訳ない。世界を揺るがすような事は何も起きてません。気になる事は沢山起きていますが、全て未遂に終わってしまいました。

全く気にされる必要はございません。また、あれこれさんのサイッキク能力が否定されるものでもございません。
少し、私が騒ぎすぎました。こちらこそすみませんでした。

私は選択肢が変わったと感じています。
あれこれさんの夢見はおそらく中東を中心とした衝突。当初はこれですすんでいたと思っています。
しかし、以前の記事で書きましたとおり、政府は中国を捨て米国と心中する道を選んだため北朝鮮の砲撃に変わったと考えています。
今の小沢氏離党問題、大連立の動きを見てもそうですよね。

とにかく、さらに悪い未来になったようです。
来年早々から始まると考えています。
今後とも情報ご教示ください。
読者の方のあれこれさんに対する関心は高いようですので。

calseed

Re: 少々オフトピックスですが

BgNさん

> 1年前にcalseedさんが陰謀論に興味を持ったところからスタートして,日々考察してきた成果が現在の「知っとうや?」ブログの到達点ですが,それをリアルタイムで読むことができたのはとてもラッキーでした.陰謀論に対する考察がお金の仕組みで完結せずに,こちらのブログのように数千万年のオーダーで過去に遡って考察を展開するなどとは常人にはとてもできません.この間のcalseedさんの思考の進化には著しいものがありまして,未だ私にはフォローできていないものが多数残っています(汗).

たぶん、私のブログの読者ではBgNさんが最古参だと思います。
長らくご訪問いただきありがとうございます。
私自身も当初から随分成長したなと思っていますが、第三者の立場の目からはもっとそれが感じられると思います。
これほど沢山の本を読み、勉強したのはこれまでの人生でなかったと思います。


> 私にとってはこちらのブログのカウンターパートが In Deep さんのところですが,あちらのブログ主さんはある日当然英語が読めるようになってから,あのようなブログを始めたようです.calseedさんの場合はある日突然何かが起こってこのブログを始めたということでもないようですが(Kさん発言に出会ったことが大きいとは思いますが),お二方とも天命のもとにご活躍されているように思います.calseedさんが時間軸的な思考を主に展開するのに対して,In Deep さんのところでは空間的な広がりを感じさせる記事が目立ちます.

In Deep さんはBgNさんから教えてもらいましたね。
私は海外サイトの紹介ブログは、いままでの経験によると、その信憑性のなさからあまり興味がなかったのですが、さすがに最近は危機が迫っているので参照しています。

昨日、木内さんとお会いして来ました。
ご挨拶程度でしか離せませんでしたが、講演の内容からは、やはり来年から来ると思いました。
それも半端な食糧危機ではなさそうです。
やはり何かを始めなければなりませんね。

calseed



Re: 思わずかきこんでしまいました

れいぞうこさん

コメントありがとうございます。

> calseedさまのおこころとは少し違うかもしれませんが
> 皆の気持ちを好い方向に揃えられれば
> 未来を変えてゆけるのではと
> 希望を持っております。

私も危機が来ることは望んでいません。
ただ、もうどうしようもない所まで地球環境が追い込まれたので、どんなに前向き考えようが大掃除(お金のいらない社会作りにする)をしないと遅すぎるという木内さんの意見に賛同しています。
その過程では、世の中の矛盾が噴き出し、既得権益を維持したい勢力によって当然混乱せざるを得ませんし、そのように仕組んでいる連中がいます。

私は、少しでも多くの方が事前に準備ができればいいなと思いブログに書いています。
もちろん、木内さんの未来がはずれて、私が間違いでしたとブログを停止する状況になれば一番いいと本当に思っています。(笑)

あれこれさんのサイキック能力は不可知さんともお話しましたが、相当なもののようです。
だからこそ、12月10日はいいニュースの内容の号外が出てほしいと思っていました。

calseed

Re: 宇宙は泡

おいちゃんさん

コメントありがとうございます。

宇宙は泡。
良い表現ですね。


>火焔土器

遮光器土偶と並んで縄文の謎ですね。
私は宇宙存在が絡んでいると思っています。

calseed

Re: 悪魔

篤さん

コメントありがとうございます。

> 悪魔の絵 同じ存在を見たことがあります。
> 本当にいるんです。
> 部屋いっぱいに大きく 威嚇してきました。
> でも結構話せば解るハートも持っていました。
> 人間と話したことは 初めてだったそうです。

霊的能力をお持ちなのですね?
クローバーさんからも会話は成立すると聞きました。
私も話してみたいですが、最初は怖いでしょうね。
幽霊でさえも怖いですから。

calseed

No title

ルドルフ・シュタイナーという人の本をよんだ事があります。
地球の成り立ちについて書かれていました。
やはり最初は思い(意識?)の塊で物質ではないと書いてあったと思います。
人間ってなんなんだろうと思ってしまいます。

Re: No title

けいさん

コメントありがとうございます。

> ルドルフ・シュタイナーという人の本をよんだ事があります。
> 地球の成り立ちについて書かれていました。
> やはり最初は思い(意識?)の塊で物質ではないと書いてあったと思います。

読んでみたいと思います。


> 人間ってなんなんだろうと思ってしまいます。

意識と肉体を持った最高の創造物ではないかと思います。
宇宙人などの肉体は造り物ではないかと考えています。

calseed

木内さんに会えました、

昨日は図らずも、知っとうや?ブログのオフ会となりましたね。想定外の展開に愉快なひと時でした。
読者の皆さん、calseedさんはバリバリのビジネスマンで、良識ある愉快な好人物でした。受容性が大きくユーモアも解するので、誰とでも楽しく接することがおできになる。
九州方面の読者の方々は、今後気楽にオフ会可能でしょう。ブログには書けない秘密の情報を語り合うのも楽しいかも。

私はたまにしか都心へ出かけませんので、次回calseedさんとお会いできるとしたら、来年の忘年会頃でしょうか、笑。

さて、木内さんとはヤアヤアという感じで馴れ馴れしく近付きましたが、来年の予定として、太古の水の科学的実証作業が始まるようです。私にもお声掛け頂きましたので、出来る範囲で参加してみたいと思います。また、何か重大なテーマが出来たら直接伺いますと言って昨夜はお別れしました。一定人数集まれば木内さんを招いて勉強会ができそうですね。

知っとうや?ネットワークが今後も発展することを確信しました。

感謝しています。

Calseedさん、不可知さん、篤さんとお会いできて楽しかったです。このブログを初めて訪問した時は、定年退職した物知りの方が皆さんを啓蒙してくださっているのだと思っていましたが、Calseedさんが人生で一番働き盛りのサラリーマンで、仕事の傍ら本を読んで勉強して人に取材をされ...、時間を見つけてお書きになってらっしゃるのを知り、頭が下がる思いでいっぱいです。本当にありがとうございます。
さて、木内さんのチラッと言った言葉が心に残りました。「宇宙人は決して助けてはくれない。宇宙人の事をあれこれ考えたってしょうがないから放っとけばいい。地球から他の星に行く人達がいたとしても、行きたいんなら行ってもらえばいい。」
汚染された地球から逃れる人は、悪魔にそそのかれたほんの一握りの人間だと思いますが、私が想像するところ、ほとんどの日本人は地球に残ります。その悪魔にそそのかれたほんの一握りの人間からさらにそそのかれてお金や地位に目がくらんでいる日本の政治家、大企業、メディアの人たちが心を入れ替えて地球環保全に動いてくれる事を願っております。
地下に埋まっている炭素、資源をとる事は、すなわち地球を破壊していくようです。木が枯れて、農作物もできなくなり、そのため大気中に2酸化炭素が増え、いずれ人間は死にます。
つまり今の社会的システムを根本的に変えていかないと生き残れないです。それは、いくつかの企業がつぶれることであり、利権をなくすでもあり、生活できない人が大量に出てくるであり、日本が世界から忘れ去られる存在になることでしょう。まるで鎖国のようですが、みんなが貧しくても生き残れるような助け合いのできる社会が必要です。日本は和の国ですから、欧米人よりはできそうかもと思うのですが....。
権力者からもうすでに圧力を受けているだろうと想像できますので、木内さんがお気の毒でした。しかし誰よりも危機感をもって未来を熟知している木内さんこそが日本でのリーダーシップをとっていくべき人だと思っています。

Re: 感謝しています。

Dreamseedさん

こちらこそありがとうございました。
お会いできてよかったです。

今後ともよろしくお願いします。

> しかし誰よりも危機感をもって未来を熟知している木内さんこそが日本でのリーダーシップをとっていくべき人だと思っています。

木内さんだけでは限界がありますので、いろんな人が目覚めて動く必要があるでしょうね。
私もその一つになることを目標にしたいと思います。


calseed

質問

最近宇宙人が気になりだし、検索でたどり着きました。とても詳しく客観的で驚くべき内容で、古い記事から見させていただいております。(ただ、記事一覧が見当たらず苦労しております・・・涙) 最近次元について思考をめぐらせているのですが、この世界には一体何次元存在するかご存知でしょうか? 悪魔は何次元? 天使は? 創造主は? 驚いたことに、創造主が知られるためにこの世界を作った、善も悪も人間のため・・・ など、自身の信仰している宗教にマッチし、とても驚嘆しております。 最近宇宙人を検索し、分かったのですが、宇宙人にも善と悪が存在するようですね。 高次元だからより高次な魂なのではなく、高次元でも悪は存在するのでしょうか? こういう分野に初心者で恐縮ですが、出来ればお教えくださいませ。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策