スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守護霊

今回は、前々回のクローバーさんとの面談の続きです。
<参照:霊的能力の真実>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-143.html

『守護霊』

よく使う言葉ですね。
しかし、本当に存在すると考えている人は少ないと思います。

私は最近まで、霊界の存在すら信じていませんでしたから、守護霊という言葉は何となく使っていたものの真剣に考えた事はありませんでした。

ところが、最近霊的能力に関心を持つようになり、そういった会話をするようになった中で、複数の友人・知人から守護霊に関するエピソードを聞くようになりました。
死んでもおかしくなかったような自動車やバイクによる交通事故に遭遇しながら一命はとりとめたとか、無傷ですんだとか、といったエピソードです。

そういった危険な事故に遭遇しながらも助かった友人・知人たちは、
「守護霊のような目に見えない存在がいて自分を助けてくれたに違いない」と考えているようでした。

私自身は、これまでそのような大きな事故に遭遇した事がないので、彼らの気持ちは良く分かりませんでした。

ただ、ニュースなどで高層マンションから落ちた子供が木の枝や植栽がクッションになり奇跡的に一命を取り留めたという報道がされていたこともあり、確かに守護霊のような存在はあるかも知れないと思いつつありました。

また、浅川氏のセミナーに参加した際に、浅川氏が話していた守護霊の存在も気になっていました。
<参照:地球の支配者>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-131.html


そんな折、クローバーさんとお会いできることになりました。
クローバーさんは、これまで会ってきた全ての人に守護霊が存在したと話ていました。

クローバーさんご自身は、常に守護霊がそばにおり、必要なときに会話ができるそうです。
胸の上あたりにいらっしゃるそうです。

そこで、私の守護霊は一体どのような存在なのか尋ねました。
前々回の記事で書いたとおり、最初はガイド役の仙人様に関して1時間程会話していました。

そのときは私の守護霊はまだ見えなかったようです。

その後、私の方から守護霊は見えますか?
と再度尋ねました。

クローバーさんは、「ぼんやりと見えてきました。もう少し待ってください。」と答えました。

それから別の話題を小一時間ほど話した後、
クローバーさんがおもむろに守護霊について話しだしました。

「さっきから存在は見えるのですがガウンのようなものをまとっていて顔が良く見えません。
どうも黒い龍の顔ではないかと思います。絵を書いてみます。」


と言うと、クローバーさんは用意してき画用紙に絵を書き出しました。

書かれた絵は、髭の長い「黒い龍」の顔でした。

頭からまとったガウンの中に、この龍の顔が見えるそうです。

そのときは龍の顔しかイメージできなかったようですが、私と別れてから全体の姿が見えてきたそうです。
後日メールで教えてもらったその姿は、ドラゴンボールに出てくるシェンロンの姿に似た黒い龍だったそうです。

私は、これまで書いてきたように龍に大変関心を持っています。
特に日本の歴史には龍が関わっていると思っています。
その龍が守護霊であることには勇気づけられました。

ただ、「黒い龍」と聞いた瞬間は、あまりいいイメージが湧きませんでした。

「黒い」というのは邪悪なイメージを想像しがちだからです。

クローバーさんは、守護霊の「黒い龍」とは、仙人様のように交信することはできないようでした。
とくかく「(私を)守っている」とクローバーさんは話ていました。

クローバーさんと分かれて、私は新幹線の中で、仙人様と守護霊の「黒い龍」についてずっと考え込んでいました。
本当にその日は大変な衝撃でした。

そして、家に帰り着いたときに、ふとある事を思い出しました。

「そういえば、2、3カ月前、ある方より日本神話に伝わる龍の種類について教えてもらったな。」

すぐに、過去のメールを調べてみました。

出て来たメールには次のように書かれていました。

森の間を通り抜ける風が青龍伏流水が黒龍鉱脈が金龍川の流れが白龍

「伏流水が黒龍」


これを読んだ瞬間安心しました。「邪悪な存在ではなかった」と。

すぐに伏流水について考えてみました。
伏流水とは地下水脈。
何か自分と関係あるかな?

じっと考えたとき、子供の頃を思い出しました。

私の実家には、井戸がありました。
その井戸は4メートルくらいの深さの比較的浅いもので、中に2匹の赤い大きな金魚を飼っていました。
小さい頃、私はその井戸を暇をみつけては覗いていました。
また、洗濯や植栽用の水やりのために、長い紐がついたバケツで水を汲むのは子供の頃の私の役目でした。

この井戸は、今から30年程前に実家の改装とともに埋められ、今では水神様を祀っています。

守護霊の「黒い龍」は、この井戸に関係しているのではないかと思いクローバーさんにメールで確認したところ、
「おそらくそうだと思います。」と回答がありました。

それを知って大変なつかしい思いがこみ上げてきました。


ジブリ映画「千と千尋の神隠し」では、川の神「白龍」が出て来ます。
白龍の上に千尋が乗って飛んでいくシーンは、約10年前に映画館でみたときは感動しましたが、この井戸の事を思いだしたときは、それと似た感覚の感動となつかしさでした。

私の守護霊は、黒龍。

大切にしていきたいと思います。

クローバーさんの霊的能力、恐るべしです。

守護霊の存在を知っている方、見える方などは是非コメントください。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

コメント

非公開コメント

十人十色

そう言えば私も言われたことが。十年以上前に、ヒューマノイド宇宙人が、5、6人ついていると、笑。
4年前には別の方に、キリスト・ミカエルパワーの守護があるとか。イエスは大好きですけどねえ~。
最近は、身近な霊能者に“神”がついているといわれて、思わず(変なもの付けないで)と、言いそうになって。

夢で一度、白龍が空を飛んでいたのを見ましたが、三年前には、雲が龍みたいとか女神みたいのを見ました。

calseedさんの黒龍は、知性の守護かも。

トップレベルドメイン

不可知さん

守護霊が存在すると思うと下手な行動はできなくなりますね。
これまでバカな事をしていたなと思う事を見られていたかと思うと恥ずかしくなります。

ところで、昨日、米国政府機関からアスセスがありました。
トップレベルドメインがgov。

こんなブログまで監視されているのですね。
前回の記事が原因だと思いますが。
米軍に続いてです。あまりやばい事は書けないですね。
サイバー攻撃受けてブログ停止になる可能性があります。

逆によっぽど追い込まれているのでしょうね。
これまた驚きの事実でした。

calseed

私の守護霊

私の守護霊は、見えたのは右腕だけでしたが、それは4本指の鬼の腕でした。毛むくじゃらの灰色の腕でした。

Re: 私の守護霊

あれこれさん

鬼は邪悪とされていますが、ネットで調べたら「3本指」の鬼がそうらしいです。
4本指は知性を持つとされるとか。
心強いですね。

阪神大震災を予知したあれこれさんらしい感じがしました。

calseed

龍神村

calseedさん

龍・水の関連で、和歌山県田辺市の龍神村と龍神温泉
はいかがでしょうか?
http://www.aikis.or.jp/~eiji-ito/ryujin/hometown_cultural.htm

実は、私も龍に関係あると何人もの人に言われて
来年にでも龍神村を訪れようと思っています。

Re: 龍神村

夜刈さん

情報ありがとうございます。
和歌山県にあるのですね。
実は、私は和歌山とは縁があるようなのです。
江戸時代まで遡ると先祖は和歌山に住んでいたようです。
和歌山は和歌山市に仕事の関係で一度行っただけです。
龍神村訪ねてみたいです。

calseed

No title

本日の霊能ブログでは守護霊・守護神について述べています。
後追いテーマでかなり”知っとうや?”を意識している?

危ないキーワードが記事にあると、政府機関や霊能者も
寄ってくる。他のブログで引用されたりするのも、
それほど影響力がある証左といえましょう。

 いままでのところcalseedさんのバランス感覚が絶妙に冴えていますね。

Re: No title

不可知さん

> 本日の霊能ブログでは守護霊・守護神について述べています。
> 後追いテーマでかなり”知っとうや?”を意識している?

私は全く興味ないので読んでいないのですが、大人気ブログから意識してもらっているとしたら光栄です。


> 危ないキーワードが記事にあると、政府機関や霊能者も
> 寄ってくる。他のブログで引用されたりするのも、
> それほど影響力がある証左といえましょう。

私が気になっているのこの点です。
クローバーさんが話していたのですが、サイキックや高い霊能力者は、私のようなブログでさえ認識する能力があるようですね。
米国の政府機関がわざわざ名前を出して、私のような弱小ブログを見に来るのですよ。
おそらく警告ですね。そのために独立したドメインを持っているのでしょう。
やはり何かが近いと考えざるを得ません。

calseed







>
>  いままでのところcalseedさんのバランス感覚が絶妙に冴えていますね。

ありがたいですね

私も、奇跡的に命拾いをしたことが何度かあり、その時に”守っていただいている”ことを確信しました。今は毎晩”今日もありがとうございます。”とお礼を言ってから休むようにしています。守護霊様とて、”ありがとう”と言ってもらえたらうれしいんじゃないのかな?と思って。(笑)
 最近”龍”の話題をよく耳(目)にします。そういえば2012年は辰(竜)年。何かありそうですね。

Re: ありがたいですね

なおさん

コメントありがとうございます。
ちなみに私は辰年です。
2012年は本当に大変な時代の始まりとなりそうです。

calseed

守護霊の入れ替え

本日は、身近な霊能者と話す機会がありました。

すっかり忘れていた教えに、守護霊とか指導霊は入れ替わることがあるというのがあります。

 守護霊は先祖霊だけかと思ってましたが、中には強力なだけであまり
良くない思いの先祖霊もいたりして。また、意外なことに自分自身の過去生の存在?も守護的存在だったりして。
 ある時期を境にがらっと守護霊団が入れ替わったりすることもあると聞いたことがあります(百~千柱単位で)。何にせよ現在は、幽冥界霊界の事情でご先祖霊様達は大変な状況になっており、なおさら現実界に生きる私達子孫に影響が及んでいるとのこと。
 凶悪な事件や、神々しい出来事が入り乱れて現象化する霊的にも大変な時代になったのでしょう。

 私の指導霊は?と問いましたら、教えないきまりだとか。よって、具体的に何様とかは分かりません。ただ、自分で思っているよりはよさそうです。各自の指向性次第で高次にも低次にも入れ替わるとのことですので、気を引き締めねば。 以上はいわゆる話半分です。
一度クローバーさんに観てもらえたら楽しいですね。

「Star People」2010 Winter,vol 35では「スターピープルたちの使命と役割」と題して興味深い記事を掲載しています。ドランヴァロ・メルキゼデク氏、秋山眞人氏他、有名なチャネラーも勢揃い。各チャネラーの主張する地球・宇宙史比較一覧表が(どれほど出鱈目かが)一目瞭然で参考になります。
 一点、龍族に関する記事がありましたのでcalseedさんには特に参考になると思います、立ち読みでもされて下さい。
この記事で私は上橋菜穂子著「獣の奏者」を連想しました。この著者は、主人公である「エリン」の映像が自然に見えてストーリーを書いたとか。超太古か異次元の記憶を物語にしたかのようです。

Re: 守護霊の入れ替え

> すっかり忘れていた教えに、守護霊とか指導霊は入れ替わることがあるというのがあります。

実は昨日、ある本から指導霊という言葉を知りました。
これがガイドですよね。

守護霊と指導霊は複数存在する場合もあるそうで、入れ替わることもあると書いていました。
シンクロですね。


>  守護霊は先祖霊だけかと思ってましたが、中には強力なだけであまり
> 良くない思いの先祖霊もいたりして。また、意外なことに自分自身の過去生の存在?も守護的存在だったりして。

その本によれば、先祖である事の方が少ないというニュアンスでしたね。


> 「Star People」2010 Winter,vol 35では「スターピープルたちの使命と役割」と題して興味深い記事を掲載しています。ドランヴァロ・メルキゼデク氏、秋山眞人氏他、有名なチャネラーも勢揃い。各チャネラーの主張する地球・宇宙史比較一覧表が(どれほど出鱈目かが)一目瞭然で参考になります。
>  一点、龍族に関する記事がありましたのでcalseedさんには特に参考になると思います、立ち読みでもされて下さい。

参考にしてみます。
ドランヴァロ・メルキゼデク氏の本を半年程前に読みましたが、あまり共感できませんでした。
チャネリング系はどうも好きになれません。

ひとつお尋ねすることを忘れていました。
篤さんとお会いしたとき、地球上の別次元には東京都と同じくらいの大きさの邪悪な黒龍がいると話していました。
これは黒竜江省の本体と同じかもと思ったのですが。

calseed

東京都と同じくらい

サイズ的にはその位です、ただし細長いとか。
具体的な場所の相違がありますね。
どちらにせよ、そのような存在を感知するとは驚きです。

篤さんのブログ12月、11月分拝見しました。
遠慮せず、もっとぶっ飛び内容でもよろしいかと。。

黒龍の訂正

不可知さん

東京都ほどの巨大な黒龍は、邪悪な存在ではなく、中国の女神「女媧」のことだそうです。
篤さんからおしかりを受けました。(冷)
http://www.weblio.jp/content/%E5%A5%B3%E3%82%AB

私の守護霊も黒龍なので怒られそうです。
訂正させてください。

calseed

Re: タイトルなし

前ちゃんさん

コメントありがとうございます。

> 私も守護霊さん見ていただきたいなーと思います。

存在が見えないとしても守護霊がいるというだけで勇気づけられます。

黒龍

こんにちは、突然のコメント失礼いたします。
いつも大変楽しく閲覧させていただいています。貴重な情報をありがとうございます。
黒龍と聞いて、いてもたってもいられずにコメントさせていただきます。
私は、以前、インドに訪れた事があるのですが、霊鷲山という仏陀のゆかりのある山に行き、ヨガの会員の皆様と一緒だった事もあり、山の頂上で瞑想する事になりました。
気持ちよく瞑想できたのですが、ふと目を開け、右側の山々に目を移した時でした。
その山々の手前に、あたかも大きな透明のガラスを張り付け、そこに大きな筆で墨を打ちつけたような感じで黒龍が現れました。
瞑想から明けた直後だったので、最初は「ああ。」としか思いませんでしたが、我に返って二度見した所、まだそこに黒龍を感じて(見たというより感じたというのか、不思議な感覚でした)、目でよく観察しようと意識を集中すると消えてしまいました。
それから、事あるごとに龍のイメージが出てきます。
守護霊かどうかはよくわかりませんが、私の体験を楽しんでいただければ幸いです。
これからも、ブログを拝見させていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

Re: 黒龍

kouさん

貴重なご体験ありがとうございます。
私も黒龍と関係ありそうです。
よろしくお願いします。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策