スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月が分岐点?

たくさんの方にご訪問いただきありがとうございます。
先月はなんと10万PVを超えました。驚いております。

当ブログの記事を初めて読まれた方は、記事の内容が一般常識と全く異なっており胡散臭く感じるかもしれませんね。

私はある程度の確信があって書いているつもりですが、当然中には間違っていることもあるかと思います。
こうやってブログで発信することで、その間違いが修正されていき、真実に繋がっていくと考えておりますので、今後ともご意見等ございましたら、よろしくお願いします。

また、本当に地球規模の危機が到来した場合に、少しでも皆様のお役に立てればと思っております。

ただし、当ブログは、皆様に私の考え方を誘導するつもりはないことだけはお断りしておきます。
信じる信じないは個々人の感性に委ねております。


それでは本題にはいります。

実は浅川氏のサイト(11月24日付記事)で、私個人としては大変気になる記事がアップされています。

<北朝鮮、大延坪島砲撃-2013年に向けての動き>
http://www.y-asakawa.com/Message2010-2/10-message86.htm

これは先週から報道されている北朝鮮が韓国へ砲撃した内容を記事にしているものですが、私が気になっているは次の部分です。

~転載開始~

先にペトル・ホボット氏が来日の際に語っていた、2013年の世界的規模の戦争に向けての動きが今年の年末に北東エリアで発生するという予測が、現実のものとなり始めたようである。今回の事態は報道されているような、北朝鮮のキム・ジョンイル体勢の基盤固めなどという単純なものではなく、アメリカと中国のドロドロした思惑が裏で蠢(うごめ)く、非常に危険な動きであると考えるべきである。

~転載終了~


「年末に北東エリアで発生する」の部分。

ペトル・ホボット氏との対談本では、「年末に中東エリアで発生する」になっています。

[UFO宇宙人アセンション]真実への完全ガイド (超☆どきどき)[UFO宇宙人アセンション]真実への完全ガイド (超☆どきどき)
(2010/07/21)
浅川 嘉富ペトル ホボット

商品詳細を見る


これは誤植ではなく、同書では「イラン-イスラエル」の衝突と具体的に書かれていますので、当初は明らかに「中東」だったはずです。

私の過去記事でも取り上げています。
<参照:影の政府>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-97.html

ところが、浅川氏サイトによるとペトロ・ホボット氏の最新メッセージでも「北東」となっています。
前述の浅川氏サイトから転載します。

~転載開始~

昨日、チェコにいるペトル・ホボット氏から届いたメッセージは、これからの北東アジアで、韓国・北朝鮮・中国・日本を巻き込んだ紛争劇が、2013年に向けて展開されていく可能性を伝えてきている。

~転載終了~


完全に中東から北東(極東)に変わっていますよね。

私は、浅川氏又はペトロ・ホボット氏は説明不足だと思います。
何故、中東から北東(極東)に変わったのか?
この理由の説明が必要です。
このままでは、私は彼らが信用できなくなるなと感じていました。


そう思っていた最中、前回記事にしたクローバーさんとの会話の中でヒントになるよう話題がありましたので、私なりに変更になった理由を考察してみます。

前回記事には書いていませんが、仙人様との交信の中で次のようなニュアンス(あいまいにしか覚えていないので表現は少し異なるかもしれません)のメッセージがありました。

「未来はどれを選択するかで少しずつ変わります。今後混乱するのは間違いないですが、人類はできるだけ混乱しない方向を目指していました。
しかし、最近、人類はより混乱する選択肢を選んでしまったようです。」



未来のメインストーリー(木の幹)は簡単には変わらないが、サブストーリー(木の枝葉)は人類の選択肢で変わる。

仙人様のメッセージでは、3カ月先までは予測できるが、それ以上は人類の選択肢によって(枝葉部分が)変わるので3カ月以上先の予測できないということでした。

ここで言う木の幹は、この先世界が大混乱していくこと。

枝葉の部分は、どの地域で紛争が発生していくのかではないか、と考えています。

ホボット氏が今年3月来日した頃は、中東(イラン-イスラエル)での紛争が先だと予測されていたのでしょう。
しかし、その後、米国(米国を操っている者)が選択肢を変えたのではないかと思われます。

これを解くカギは日本の政治にあると思っています。


前政権、鳩山-小沢政権は、米国属国から脱却し、中国接近政策を推進していました。

これは、鳩山氏、小沢氏の意向ではなく、日本の真の支配者(未だ誰なのか正確な存在は分かりません)の意向だったはずです。

要は、反米親中でNWO(ニューワールドオーダー:世界統一政府)推進に協力する。
そして、NWOの一部として中国との関係を強化し、東アジア共同体ができていく。

このシナリオで動いていたはずです。

今の世界は、このNWO派と米国覇権継続派が対立している(させられている)と言われています。

私は、以前この記事で中国が日本に近寄って来る事を書いています。
<参照:未来予測の修正>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-56.html


しかし、ご存じのように今年に入って、日本に対して米国の猛反撃が始まりました。
米国は日本を属国から逃がしたくないのです。
それは何度も書いてきたように日本に金塊があることが最大の要因だと思っています。

他にも地理的に軍事戦略上重要だということもあります。
米国だけでなく、中国、ロシアも日本がほしいのです。

そして、とうとう鳩山-小沢政権はつぶされ、6月に菅政権が誕生しました。
この背後には米国の存在があるのは間違いありません。

この事については、次の本にも詳細が書かれています。
宇宙人と闇の権力の闘いが始まりました宇宙人と闇の権力の闘いが始まりました
(2010/11/24)
田村 珠芳

商品詳細を見る


さらに9月の民主党代表選では、不利であった菅首相が結果的には意外な大差で当初有利とされていた小沢氏に勝ちました。

同書によると、これは菅首相が米国に魂を売ったからだそうです。
当然、選挙に何らかの操作があったはずです。

その後、菅政権は、完全に米国よりの政策を行っています。
(行わないと命がないと脅されているらしい)

一方で尖閣諸島では中国の漁船衝突事件が起こされました。
これは米国と中国上海閥が仕組んだ罠だそうです。

これらによって、日本-中国の接近、東アジア共同体構想の目はほとんどなくなったようです。(私見)

米国は、当初、イラン-イスラエル間の戦争を行う予定だったようですが、日中分断が先、と切り替えたようです。

それを示す事件が、今年3月の韓国哨戒船沈没事件だそうです。


ここからは私の推測ですが、先週の北朝鮮の韓国への砲撃は、今後起きるであろう世界大戦の前触れであり、近いうちに北朝鮮-韓国の完全衝突があるかもしれません。

もしかしたら、それが12月10日なのかも知れません。
これは外れるかもしれません。

私は、中東での衝突しか頭にありませんでしたが、米国の闇の支配者は何通りも戦略シナリオを持っているはずですから、北東(極東)での軍事衝突を先に行う事に変更した可能性があります。

もちろん、平行して中東紛争も起きる可能性がありますが。

その分岐点が小沢氏が敗れた9月の民主党代表選であるのは間違いないようです。

主戦場が中東から北東に変わる訳ですから、日本への影響はかなり大きいはずです。

直近の未来は変わったのかも知れません。
ただし、今後の世界的な大混乱はもっとひどくなったと考えています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

No title

暴露大会やってますね
ウィッキーリークスを使って様子見でもしてるんですかね?
と、思ってしまいました。

子供の喧嘩の最終手段で似たようなことやりますよね(笑)


Re: No title

そらさん

> 暴露大会やってますね
> ウィッキーリークスを使って様子見でもしてるんですかね?

これは芝居だと私も思っています。
突然ですからね。
何かが近いのかもしれません。

calseed

12月10日 ソウル炎上!?

あれこれさんの夢見、まるで北からの長距離砲かミサイルによるソウル攻撃を思わせますね。
 1980年代にはけっこう朝鮮半島が第3次世界大戦の始まりになる、というような予言が多かったように思います。もちろん中東も注目されていましたが。
それで今日の本記事のように、導火線が極東にシフトしたということなら、その原因はきっとこれでしょう。

以下、無断転載(汗)
ーーーーーーーーーーーーー
資料1
http://plaza.rakuten.co.jp/yfuse/diary/200806180000
―地球人が彼らの模範となるわけですか。
「まあ、そうなんですが、地球人もこのままではどうなるかわかりませんよね。地球人は恐れの感情が強く、恐れに耐えられないために戦争をします。早晩、戦争して滅亡してしまうかもしれない。それでは模範になったものじゃありませんね。かと言って、手取り足取り教えたのでは、自分たちと同じになるだけです」

―にっちもさっちも行きませんね。でもゲル(巨人族宇宙人)と和解することと、地球人の進化との間にどのような関係があるのですか。
「ゲルとの和解は異なるものを受容するということです。和解によって、新しい知恵が生まれる。その知恵を地球人に流し込むことによって、地球を救済できると考えているのです」

―でも、和解はうまく行くのでしょうか。ペル(爬虫類系宇宙人)には戦闘的なレプティリアンもいると言うではないですか。
「彼らもまた、グレイの女王蜂の影響下にあると考えています。すでに中国・黒龍江省のレプティリアンは天使(エル族ヒューマノイドタイプ宇宙人)に追い出されたと聞いています。この和解は地球人を救うためのものですが、ペルを救う和解でもあるのです」

―黒龍江省のレプティリアン? どこに住んでいたのですか。地下?
「そうです、地下です」

―それを天使が追い払った、と。
「ええ」

―想像を絶するようなことが起こっているんですね。ところで、和解によって新しい知恵が地球に流し込まれるということですが、それ以外に何か具体的なことは起こらないのですか。
「少なくともペルは、ゲルの嫌がるようなことはしなくなります。また、宇宙人が地球の霊的世界に介入できるようにもなります。これまではある取り決めがあって、霊的世界への介入はできなかったのです。ただしペルとゲルが和解したことにより、それが可能になると聞きました」

―すごい情報ですが、秋山さんはこの情報をどこから得たんですか。
「私にはペル、ゲル、エルそれぞれに知り合いがいますから」

―知り合い? 彼らに直接会って聞いたのですか。
「そうです」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
資料2
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou
 100816#298 10-08-16 月 21:02:00
8月11日の記事の魂を食す親玉について、お尋ねいたします。
◆平和が来る合図に変えましょう の記事の中で、「ロシアと中国の大地に太古から潜む、魂を食す親玉が太陽にいぶされて苦しみ始める」と書かれていました。過去のお話と合わせて考えていましたが、疑問が生じました。

ロシアと中国に潜むと言えば、三○や北○○に憑依した赤い龍ですね。
◆人との出会いは意味深 2008-06-12の記事にも詳しく書かれていますが、そこには「伊勢外宮の国常立太神の眷属神が動いて赤龍を退治していた様です。」と書かれています。

また、「内在神への道」では、「この妖怪赤龍が消滅した年に、ベルリンの壁が無くなりました。」と書かれています。

赤龍はまだ完全には消滅していないのでしょうか?
それとも苦しみ始めている親玉存在は赤龍とは別なのですか?
今の自然災害の様子はまさに太陽霊光で燻されているようですね。よろしくお願いいたします。

伊勢白山道リーマン  Unknown  URL   100816#335 10-08-16 月 21:40:44
もう一つ質問お願いします (ノリコ)  2010-08-16 21:02:00
8月11日の記事の魂を食す親玉について、お尋ねいたします。
◆平和が来る合図に変えましょう の記事

。。。今苦しんでいるのは、巨大な 黒龍です。
その先に本体が居ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー転載終了
長文転載で冷や汗ものです。
哺乳類人類とこういう存在の歴史的因縁というのもあるのでしょうけど、
悪魔的人間達が手先となって争乱を勃発させる状態に対抗するには、
そのような存在と同じレベルに落ちて戦う事ではなく、
一段高い精神状態を保持できるかどうかにかかっているようです。

Re: 12月10日 ソウル炎上!?

ソウルが炎上するような事にならなければいいですが。
米国議会が北朝鮮非難を決議しましたね。
着々と進んでいるように見えてしまいます。

転載の資料は、話が見えない世界に急に広がっており、理解するのはなkなか難しいというのが本音です。

エッセンスはここでしょうか?

>宇宙人が地球の霊的世界に介入できるようにもなります。これまではある取り決めがあって、霊的世界への介入はできなかったのです。ただしペルとゲルが和解したことにより、それが可能になると聞きました


それと、もう一つの資料で出てきた黒龍。
私には関係がありそうです。
近いうちに記事にします。
龍の謎も少しずつ解けてきそうです。

calseed

裏の裏の原因

それは第2の注目点で、
1番の注目点は
ーーーー>
>すでに中国・黒龍江省のレプティリアンは天使(エル族ヒューマノイドタイプ宇宙人)に追い出されたと聞いています。この和解は地球人を救うためのものですが、ペルを救う和解でもあるのです」

―黒龍江省のレプティリアン? どこに住んでいたのですか。地下?
「そうです、地下です」

>。。。今苦しんでいるのは、巨大な 黒龍です。
その先に本体が居ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
長さが数十kmもある長大な存在が復活して悪さをしていると言う事です。
ひたひたとNET空間にも浸透して来ている、レプティリアンの親玉が。

Re: 裏の裏の原因

レプティリアンの親玉が黒龍ということですか?

やはり龍には善と悪の2種類がいるのでしょうね。
私が気にしているは善の龍神の方です。

レプティリアン=低次元の生命体 のようですね。

これがサターンでしょう。
クローバーさんが会ったことあるそうです。
いつか記事にします。

そうそう、私がこのような記事を書いていることすら、それら存在にはすでに把握されているそうです。
気味悪いですね。

calseed


No title

なんだか、物々しい情勢になってきましたが、私たちが日々考えること・思い・感情によっても、未来は変わっていくのかも知れません。できれば穏やかな気持ちで、今の平和に感謝を寄せて行きたいものです。

浅川さんのページ「北朝鮮、大延坪島砲撃」にある、ペトル・ホボット氏のメッセージをご紹介します。

(以下転載)**********
人間のマインドには巨大な力があり、愛のエネルギーを送ることによって、そこに住む人々のハートのエネルギーセンターが活性化され、彼らは「闇の勢力」の意思にたやすく操られることがなくなります
(途中 略)
日本人には、こういった軋轢(あつれき)が生じても、中立の立場を維持するように、またアメリカの影響力に屈することのないように勧めたいと思います。
そうすれば、紛争は最初の段階で著しく抑制され、日本は偉大な平和主義者、また地域全体の救済者としての役割を果たすことになります。

この危険も、最終的には宇宙の善のパワーによって、削除されると私は信じています。
しかし、もちろん、確実ではないのです。それにはまず私たちが努力しなければなりません。
このエリアに向けて 多くのポジティブなエネルギーを、光と愛のエネルギーを送ることです。
(以上転載おわり)**********

私たちが、日本人として生まれて来ることを選んだ理由は、こういう所にこそ、あるのではないでしょうか。
私たちにはあたりまえすぎて、見えにくくなっていますが、日本人の素養・素質は、世界に類を見ないすばらしいものであるはずです。

浅川氏の講演会にて

初めてコメントします
11月23日浅川氏の講演会に参加して来ました
元々の予定ではペトル氏が来日して講演するはずでしたが
ビザの問題で入国出来ず講演会の内容が急遽変更になりました
冒頭、マヤ文字を研究しているフーリオ・ロペス氏の話が紹介されました
マヤ文字は800語だとされていたものが2000語になり、さらに50000語まで増えたそうです
当然ステラなどの解読に大きな変化が出てくる事と思います
その中でレプティリアンの話題がありました
フーリオ氏が「人類のスタートにレプティリアンが深く関与しています」と語ったそうです
浅川氏は「あなたは元々そういうことに興味があったのですか?」と尋ねると
フーリオ氏は「いえ、ありませんでした」と答えたとの事

全ては書き込めないので要点だけ書いてみました
乱文で読みにくいかと思いますが申し訳ないです
講演会の中でそういう発言がありましたので
何かの役に立てばと思い書き込みさせて頂きました

経済の気になるNEWS

あまり詳しくないのですが、気になるので誰か解説お願いします。

欧州周辺国のCDSが低下、ECBの債券買い入れ拡大観測

欧州各国のCDSは一気に上昇中

表現が逆なのが?気になりました。

これを受けて、米国財務省が、今週、欧州に特使を派遣すると

ドイツ/スペイン/フランス政府と話す予定だと、報道がありました。

解説をよろしくお願いします。

Re: No title

なおさん

コメントありがとうございます。

> なんだか、物々しい情勢になってきましたが、私たちが日々考えること・思い・感情によっても、未来は変わっていくのかも知れません。できれば穏やかな気持ちで、今の平和に感謝を寄せて行きたいものです。

もちろんそう願いたいのですが、世界を支配している連中はそう思っていないのですよね。
日本人の多くも資本主義社会の中で洗脳されており、世界の事を考える余裕がないのでしょう。


> 私たちが、日本人として生まれて来ることを選んだ理由は、こういう所にこそ、あるのではないでしょうか。
> 私たちにはあたりまえすぎて、見えにくくなっていますが、日本人の素養・素質は、世界に類を見ないすばらしいものであるはずです。

日本人は雛型だから世界を救う役割がありますが、それは簡単には発揮できない。
追いつめられないと発揮できないと思っています。
その時期が迫っていると思います。

calseed

Re: 浅川氏の講演会にて

akamokuさん

貴重な情報ありがとうございます。
ホボットさん来日できなくて残念でしたね。

フーリオ・ロペス氏はこの前TVで見たような気がします。
マヤの解読をやっている人ですね。

マヤには石板にロケットのような乗り物を操縦している様子が描かれたものがありますが、この解読結果を知りたいですね。

また、レプティリアンの関与がどの時代なのかも。

今後ともよろしくお願いします。

calseed

タイムスリップなのでしょうか?

少し前に、時々予知夢を見るとコメントしたJ子です。
今朝、不思議な夢を見ましたのでご一報します。

場所や時は不明ですが
とにかく街中のビルや道路が
めちゃくちゃに破壊され(原因は不明)
このままではすべてが壊れると思った私は
瞬間、何かの力に導かれ
瓦礫の中に突然出現した龍神様がいる
小さな神社に駆け込み助けを乞い
破壊がストップしたのを確認して神社からでた瞬間
現実に戻され目が覚めました。
夢だと思いますがあまりにも現実的なので
まさかタイムスリップしてきたのかな?とさえ
思うほどものすごくクタクタでした。
そういえば、龍神様からメッセージがありまして
「今回の破壊はとめてあげたけど
これからくるもっと大きな破壊は
多数の人間が心を入れ替えない限り難しいだろう」と。
そんな・・・と思いましたが
とにかく目の前に起こった今回の破壊を
とめるのに疲れ果てた私は
とりあえず戻ってきた・・・という感じです。

なぜ、私が?
単なる夢物語り?
どこかで何かが起こる?・・・と思ってますが
取り急ぎご報告しておきます。

Re: 経済の気になるNEWS

あれこれさん

欧州各国とは悪い順に、ギリシャ、アイルランド、ポルトガル、スペイン、イタリアです。

これらの国は、国債を主として国外で発行しており、それを返すことが不可能になりつつあります。
それで、つい最近、その国債の保証料のようなものであるCDSが急上昇していますよね。

これは、欧州の危機を煽り、自国へ資金を還流させるための米国の戦術だと思います。
逆に言えば、国の財政事情から言えば米国が一番厳しい状況にあるはずです。

ECBは確かこの危機対策に7500億ユーロ(約90兆円)を準備しましたが、そんな金はあるはずもなく、新たに欧州優良国(ドイツ、フランス)が負担することになります。
これが現在のユーロ安要因。

そのECBが準備金を利用して危機に陥っている国の国債を買い入れたことがニュースになり、また、米国も欧州に特使を派遣して、世界が協力し合って欧州危機を解決するという演出により、CDSが低下しだしたということではないでしょうか。

一方で米国の株式は上昇しました。もうミエミエですね。
今度、世界的な株式崩壊や金融危機が来たら、とんでもないことになりそうです。
日本も銀行預金が引き出せないまではいかないにしても、グローバルソブリンなどの外国債券投信は解約できなる可能性があります。

まあ、この1年、ギリシャ危機を発端に欧州危機が続いている訳ですが、本丸米国も含めて解決しようがないと思います。戦争しか。

北朝鮮問題と欧州危機が同時期に出てきたのがきな臭いですね。
やはり、あれこれさんの予知夢が現実になるのでしょうか?
その後は何か見られていないですか?

calseed

Re: タイムスリップなのでしょうか?

J子さん

コメントありがとうございます。

神社があると言うことは日本ですね。
地震でしょうか?
戦争に巻き込まれることはないと思うのですが。

> そういえば、龍神様からメッセージがありまして
> 「今回の破壊はとめてあげたけど
> これからくるもっと大きな破壊は
> 多数の人間が心を入れ替えない限り難しいだろう」と。
> そんな・・・と思いましたが

人類への警告ですね。
これからは地球の自浄作用による地震、火山噴火はあるようです。
さすがにポールシフトはあり得ないと思っていますが。
これが起きれば人類全滅ですから。

心を入れ替えるには、そんな方法しかないのでしょう。

calseed

河童

不可知さん

ご紹介の天の王朝サイトの前記事を覗いていたら、河童はグレイというのがありました。
天狗も似たようなものなのでしょうか?

木内さんは故意に書いていないみたいですが、古代には宇宙人などの存在がうようよいたのですね。

そのような存在が、全く(一般の人には)見えない現代が不思議に思えてきました。

calseed

Re:

カッパ=グレイ
という認識です。数年前、タレントの釈某子さんの河童目撃談が雑誌に載った事がありまして、その頃彼女は能力全開で制御不能となり、某サイキックに相談していたそうです。
デング。全てのデングが宇宙人とは言えないようですが、ラージノーズグレイと言われている種族は、目撃されればデングと思われるかも。私の知人で、前世がそれだったと言われた人がいます。

そのブログ、まだ全部読んでません、笑。

Re: Re:

> カッパ=グレイ
> デング。全てのデングが宇宙人とは言えないようですが、ラージノーズグレイと言われている種族は、目撃されればデングと思われるかも。私の知人で、前世がそれだったと言われた人がいます。

ありがとうございます。
釈さんの件、ネットにそれらしき事が書かれていました。
驚きですね。

calseed

そろそろ…混乱の幕開けか?

>奇妙な渦が世界の天候異変を招いていると警告される…http://www3.atpages.jp/slicer93/10-6027.html

 先月、アメリカで目撃された謎の雲の件といい、これから宇宙人の関与が・・・。
 もしも、9/3に発生した久高島の大渦もゲートの一つであるならば…沖縄に駐留するアメリカ軍も何らかの行動を取ると思われます。

Re: そろそろ…混乱の幕開けか?

いなみんさん

よくサーチされていますね。

アデン湾の渦が真実なら宇宙存在が中東での戦争への警告でしょうね。
そうすると、久高島や日本海、瀬戸内海の渦は、極東戦争への警告ですね。
納得できます。
米軍は動きだすでしょう。

calseed

加速器と空の渦

このタイトルで検索しましたらノルウェー上空の空解説がいくらか出てまいりました。

加速器はフランスとスイスのジュネーブ郊外の国境に素粒子を超高速でぶつけ合い宇宙のビッグバン理論で実験も行われている施設だそうです。このビッグバン実験が行われたのかな。
そういえば身近にも高度先進医療が。今は高速の粒子腺や陽子腺が使われ 痛みもなく人間にも使えて癌も治るという。

ノルウェーにも別施設があるらしい。ただ空に渦や光が加速器なら凄い規模の想像外のエネルギー放射。人体への影響って。。

Re: 加速器と空の渦

レミさん

コメントありがとうございます。
いわゆるCERNですよね。
これの真の目的はなんなのでしょうか?
次元の扉を開ける目的なのでしょうか?

calseed

CERN

そうです。CERNと出ていました。
真の目的が気になりました。善くも悪くもなりそうなものですね。以前あれこれさんに教えて頂いた渦とcalseedさんの記事を私なりにたどり申し訳ありませんが多種多様に想像してみたいと思います。
・兵器?
・太陽黒点、宇宙の電磁波対策。
・地球の磁場の変化、地球外部からくる放射能?物質への対策。
・核兵器廃絶に利用(ロシアのミサイル実験失敗の同時期に素粒子実験も重なってる。かも。。)
などなどです。
こんな感じで考えてみました。
これは素晴らしいものであってほしい。

砒酸型DNA生命体

NASA発表は、要するに非地球的環境でも増殖する生命体が存在するということ。DNAの基本骨格のリン酸が、砒酸に置換されており、ヒ素が豊富な環境でヒ素を取り込んで生存している。

かつてジョンCリリーという科学者が、宇宙には炭素ベースの生命体とシリコンベースの生命体が存在すると主張していたけれど、そういう概念を受け入れるための前段階の発見発表か?と勘繰りたい。

Re: 砒酸型DNA生命体

ちまたで言われているような地球外生命体についての話ではなっかったですね。
そんな発表をする訳がありませんから。

今回の発表は一般的には画期的な事かも知れませんが、私には全く大勢に影響がないといったところですね。

calseed

渦巻き雲

calseedさん
おはようございます。

渦、最近いたるところで出現してますね。
空にも海にも。。

実は、今年のはじめにこちらで私が見たすごい雲があります。
空に竜巻のような渦巻きの雲だけが浮かんでいました。周りに雲はなく、それだけぽつりとあるのです。
その場所はシドニーの南にあるロイヤルナショナルパークという山の中なのですが、ちょっと波動が違う場所です。
車に乗っているときに写したのですが、それでも空に向かう渦巻き型なのがよくわかります。

この前ちらっとコメントに書きました夢の話。
惑星の中から違う惑星(もうひとつの地球って言ってたような。。)を見ていた夢。
2日前にそのときのビジョンがぱっとフラッシュバックしてきたのですが、どこかの惑星の司令室のようでした。そこに何人かの人に私が説明を受けているという夢だったのですが、何を話していたのかがまだ思い出せないままです。
司令室というのは思い出せました。
どこの惑星だったんだろう・・・・・

Re: CERN

レミさん

真の目的は宇宙人に対抗するためのものなのかも知れませんね。

おそらく人類は、かつて、ムーやアトランティス、シュメールも同様だと思いますが、宇宙存在に対抗しようとして地球の自浄作用により文明を滅ぼされたのだと思います。

calseed

Re: 渦巻き雲

すいかさん

どうも。
雲は宇宙人のしわざらしいですね。
普通の人には見えないようにカモフラージュしているのでしょうか。

もうひとつの地球とはロマンがありますね。
パラレルワールドの世界なのでしょう。
思い出したら教えてください。

calseed

イラン

今、イランではスモッグと高温、頭痛と吐き気、まるでマイクロ波を照射されているような状態になっています。

Re: はじめまして!

匿名希望さん

コメントありがとうございます。

> ところで、calseed様の記事の中に、K氏の話題がよく出て来ますが、私はこのK氏の話す内容に対して、「ヲシテ文献」との不思議な符号点を見出す事が多いのです。
> たとえば、K氏の宇宙誕生の話しは、そのまま「ヲシテ文献」の中にも登場しますし、「月の水が地球に…」という内容も、「ヲシテ文献」の「ミカサフミ」の「タカマ成る文」に書かれてあります。

K氏とヲシテ文献文献との関係はよく分かりません。
ヲシテ文献は継体朝以前の華やかな倭人文化時代に書かれた文献ですから、正しい歴史が残されていたと考えています。


> また、もし、K氏が「日月神示」を書かせたというのが本当なら、「日月神示」に出てくる「獣を食べるな」という一詞も、「ヲシテ文献」の中で、アマテル様が仰っている「鳥獣を食べてはならない。何故なら、鳥獣を食べると、魂が汚れるからだ」という一詞と符号しますので、私はK氏の語る内容に対して、不思議な感覚を覚えています。

書かせたのは「日月神示」の全てではなく一部のようです。今では書きかえられている部分が多いとか。
「獣を食べるな」はk氏も講演の中で話しているようですね。
ムー時代は肉は食べていなかったようです。
肉食はクローン文化(白人系、黒人系、中国系など)だと思っています。
それを知って私も最近、肉食をためらいつつあります。

日月神示やヲシテ文献を調べるより、k氏の話を聞いた方が早くて正しいと考えています。

calseed

Re: イラン

あれこれさん

> 今、イランではスモッグと高温、頭痛と吐き気、まるでマイクロ波を照射されているような状態になっています。

これですね。
http://oka-jp.seesaa.net/article/171600987.html

人工的なものですか?
これは、あれこれさんが夢見したものですか?

中東での衝突の可能性もまだありそうですね。

calseed


Re: No title

不可知さん

よく、そのようなブログを見つけましたね。

現時点で今後どうなるか、すべてを把握している人は地球上にはいないと思います。
よって、いろいろな意見があっていいと思いますが、ブログであからさまに批判することはどうかと思いますよね。批判するなら、その根拠を示してほしいなと。

スピ系のブログ、全てとはいいませんが、希望的観測だったり根拠が薄いですね。
私はそれらのブログは、全く読む気がしません。

私は木内さんの話はかなり信憑性が高いと思っていますが、本当に正しいかどうかは、あと半年もすれば結論が見えてくるようです。
それを待ってから、私は今後の身の振り方を判断するつもりです。

ただし、正しかった場合は短期間で日本は奈落の底に落ちるらしいので、迅速な決断が必要なようです。
11日にそこらへんが聞ければいいですね。

calseed

Re: CERN

CERNでの実験が始まると太陽が出ていて陽射しが強くても、底冷えがするそうです。フォトンを電気に変換する光電変換作用の研究をしていると聞いてます。暑い日本の真夏に是非とも実施していただきたい実験ですが、余剰電力がないので、できません。日本は余剰電力のある冬場に実験が行われるそうです。

Re: Re: CERN

フリーエネルギーの活用、気象兵器への応用等、いろいろな可能性がありそうですね。
実験は、地球環境にとっては甚大な影響があるかもしれませんね。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策