スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久高島の謎

不思議世界や謎を探求するようになり、霊地として文献などに頻繁に出てくるの沖縄の島々です。
なかでも久高島や宮古島は聖地とよばれているようですし、霊能者も多いようです。

与那国島周辺の海域には、大規模な海底遺跡も見つかっています。

yonaguni.jpg

何故、沖縄諸島は霊的な場所なのでしょうか?

私が推測するに、この沖縄周辺の現在では海底に沈んでいる部分がムー文明の中心地だったからではないかと考えています。

次の地図をご覧ください。

nippon2.jpg

黄色の線は、かつて1万5000年前までの海岸線、今より2000メートル海岸線が低くなっています。
従いまして、黄海や東シナ海は、当時は陸地で植物が生い茂っていたはずです。
<参照:太古地球の姿>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-137.html

逆に、今の日本の陸地はほとんど植物はなかったようです。
当時の海岸線から1500メートルくらいまでしか植物はなかったようです。
これは当時の気候と植物の種類の違いに起因しているのでしょう。

そしておそらく、当時の人類は、今の日本列島の陸地部分ではなく、現在の海底部分の一部(大陸棚の部分?)で暮らしていたはずです。

地図の赤い点が与那国島ですが、この辺りの海底もムー文明の一部だったと思われます。
海底遺跡はそのときの名残りではないでしょうか。

または、大洪水を予知した人々が当時は2000メートル級の場所に、マチュピチュのような避難所を造ったけれども、それ以上の大洪水で沈んでしまったのかも知れません。
それがこの海底遺跡?

<参照:大洪水とマチュピチュ>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-8.html

いずれにしても、与那国島周辺の海底になんらかの文明があったのは間違いありません。

(ちなみに、ムー大陸は太平洋上に浮かぶ、大きな大陸だったという伝説がありますが、少なくとも1万5000年前はそうではなかったようです。もっと太古は分かりません。)


一方、沖縄本島の南端右側、ピンクの点が久高島です。

久高島は、霊的な島で有名だそうです。
私は浅川氏のサイトで知りました。
そして、先日、浅川氏セミナーに参加したときに、この久高島について浅川氏が自費出版した本『祈りの島「沖縄・久高島」』という本が売られていましたので、買って読んでみました。

浅川氏のサイトに載っています。
http://www.y-asakawa.com/index.html

この本によると、久高島では「島創り神話」「人創り神話」が伝承されているそうです。

神女(しんにょ)と呼ばれる人たちによって、祖霊や自然神を祭る祭祀が続けらてきており、現在でも行われているそうです。

また、久高島には20カ所超える「御嶽(うたき)」と呼ばれる祈り場があり、そこでは霊的能力を持った人が祈りを捧げているそうです。
同書には浅川氏が真栄田さんという女性の「祈りの人」と出会い、実際に祈りを捧げる情景を見たシーンが書かれています。

また、浅川氏は真栄田さんの霊的能力も見せられています。
真栄田さんが海の小魚に向かって「おはよう、おはよう」と挨拶すると、小魚の集団が彼女の所に寄ってきて飛び跳ね始めたそうです。

空飛ぶカモメに呼びかけると、カモメが上空に来て舞いだしたそうです。

こういった霊的能力は、一般には信じられないと思いますが、最近、私もそのような状況に遭遇しましたので、今では間違いなく存在する能力だと思っています。

また、久高島に伝わる「創世の神話」は次のような内容だそうです。

~転載開始~

昔、アマミキヨ(女神)とシラミキヨ(男神)が東方の海の彼方ニライカナイから久高島にやって来た。ところが久高島は、東の波は西に越え、西の波は東に越えて海水の中にたゆたい、まだ島の形はなかった。そこでアマミキヨが持参のシマグシナーと称する棒を立て、神に頼んで点から槌(つち)、石、草、木を降ろしてもらった。そうして久高島は誕生した。

~転載終了~


これは、久高島が誕生する過程を表現しています。

前述の地図を見れば分かるように、ムー文明時代は現在の久高島は、2000メートル級の山だったはずです。
それが大洪水によって海岸線が2000メートル上昇し、島になってしまったのです。

大洪水後、数百年(確かではありません)くらいは地球の自転や、地殻自体が安定しなかったようですから、大洪水直後の久高島は、常に海水の大波に洗われ、人が住めるような状況ではなかったのでしょう。

数百年経過し、人が住めるようになった。
そして最初に到達した人々、それは恐らく、以前、この地ムーに住んでいた人々である倭人の末裔。


大洪水後の日本に到達したグループは、以前も書いたとおり、今の青森(山内丸山遺跡周辺)と阿蘇周辺の大きく2つのグループがあったようです。


また、これとは別にインドからインドシナ半島を経して沖縄諸島にたどりついた倭人のグループもいたそうです。
このグループが久高島や宮古島、沖縄本島などにたどりつき、新たな文明を造っていたようです。


それらの人々は、ムー時代の霊的能力を伝承してきた人々なのでしょう。
そこで、久高島を始め、独自の祭祀や祈りが伝承されてきたのだと思います。

他にも久高島にはキムジナーと呼ばれる妖怪伝説や、沖縄にはヒムジナーと呼ばれる精霊の伝説があるようです。
これらは、単なるオカルト話ではなく、霊的場所である証だと私は思っています。

日本に古来から伝わる天狗や河童なども、そういう類の別次元の存在ではないかと考えています。

私は久高島や宮古島には行った事がありませんが、機会があれば是非、訪問してみたいと思っています。
何か新たな発見があるかも知れません。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

コメント

非公開コメント

海底遺跡

こんにちは博多っ子のアロです。

昨年パワースポット調査(仕事じゃないです趣味です)のためエジプトの砂漠をさまよってきましたが、与那国の海底遺跡はエジプトでは超古い時代のスフィンクス神殿等の石組みに似ていますね。

なぜかエジプトの石組は古い時代の物の方が素人目にも精密に見えます。そして飾り気がありません。南米の石組も素っ気無くて精密ですよね。何か与那国や南米と共通点が多いように思いました。

エジプトは時代が新しくなるほど精密というよりローマの遺跡のような装飾的な雰囲気になり、古い時代とは別の民族が作ったように思えるほどでした。私は考古学は分かりませんので普通よりちょっとカンの鋭いオッサンのフィーリングに過ぎませんが。

余談ですが、最近雑誌「ムー」でマクモニーグルが卑弥呼の渡来ルートを透視していましたが、重要地点に奄美大島を挙げていて複雑な気持ちに…。1~2年前に私も卑弥呼のかつての都を奄美大島とリーディングしていました。もちろん誰も信じてくれませんでした。まあいいんですけど。あの人はそれが仕事ですからネ。私は他の仕事で食ってますんで、関係ないか…。



Re: 海底遺跡

アロさん

> 昨年パワースポット調査(仕事じゃないです趣味です)のためエジプトの砂漠をさまよってきましたが、与那国の海底遺跡はエジプトでは超古い時代のスフィンクス神殿等の石組みに似ていますね。
> なぜかエジプトの石組は古い時代の物の方が素人目にも精密に見えます。そして飾り気がありません。南米の石組も素っ気無くて精密ですよね。何か与那国や南米と共通点が多いように思いました。
> エジプトは時代が新しくなるほど精密というよりローマの遺跡のような装飾的な雰囲気になり、古い時代とは別の民族が作ったように思えるほどでした。私は考古学は分かりませんので普通よりちょっとカンの鋭いオッサンのフィーリングに過ぎませんが。

三大ピラミッドはムー文明の名残り、アトランティスのもののようですから、そちらの方が技術が高いのは間違いないでしょう。
マチュピチュ、クスコなどはもう少し古くムー末期のもののようです。
文明の盛衰とともに古代の技術は失われているそうです。
三大ピラミッド以外の小規模なピラミッドは3000年くらい前に模倣して造られたものだそうです。
したがって技術は低いとか。木内さん情報です。


> 余談ですが、最近雑誌「ムー」でマクモニーグルが卑弥呼の渡来ルートを透視していましたが、重要地点に奄美大島を挙げていて複雑な気持ちに…。1~2年前に私も卑弥呼のかつての都を奄美大島とリーディングしていました。もちろん誰も信じてくれませんでした。まあいいんですけど。あの人はそれが仕事ですからネ。私は他の仕事で食ってますんで、関係ないか…。

読みました。
私はマクモニーグルは信用していません。
ただ、奄美は卑弥呼とは関係ないですが、もっと古い時代、久高島と同じように1万年くらい前から何らかの文明があったのでしょうね。

リーディング能力があること自体が凄いことだと思います。
羨ましいです。

calseed

宇宙人との混血

イルミナティが地球人と宇宙人の混血の子孫かどうかという件、
否定的です。そういう説自体が陰謀論のようで。

では、混血はいないのか?
少数ながら存在したようですが、例えば歴史上の不思議な人で超長命な人、
がそうらしい。

Re: 宇宙人との混血

ありがとうございます。
現在の人間で混血はあり得ませんよね。

>少数ながら存在したようですが、例えば歴史上の不思議な人で超長命な人

ノア600歳とか言われていますね。
あと、エノクでしょうか。

calseed

たとえば

さんじぇるまん

Re: たとえば

へー。
WIKIで調べたら2000歳から4000歳。
名前こそ聞いたことありましたが、どういう人物か全く知りませんでした。
いろいろありますね。

calseed

天皇家

定かではありませんが、宮古島は天皇家の出身地であるという話がありますね。宮古島の住民が沖縄本島を嫌う理由について書かれたブログで見ました。

Re: 天皇家

現在の天皇につながる可能性はあるかも知れませんね。
宮古島は本島を嫌っているのですか。
知りませんでした。
木内さんが宮古島に炭素化炉システムを造ろうとしているところに、何かあるのではないかと感じています。

calseed

Re:お久しぶり

かづ23さん

コメントありがとうございます。

大変申し訳ございませんが、先ほどのコメント削除させていただきました。

リンクされたブログは、本日、不可知さんより非公開で教えていただいていました。
そのブログの内容にとやかく言うつもはないのですが、お互い反する内容なのでリンクしない方が先方も気分を害されないと思います。

それとスピ系のブログは私はどうも苦手です。

あと半年待ってください。
私はそこで正しいか正しくないのか結論がでると思っています。

calseed

Re: 久高島

驚矢さん

ありがとうございます。
メールフォームからお願いします。
自宅に戻ってから確認し、返信させていただきます。

calseed

やっぱり・・・

はじめまして、奄美の者です。

貴ブログとアロさんの書き込みを見て「ゾワッ」としました。というのもここ最近少し”感じるところ”があって、いろいろ調べておりますが、調べれば調べるほど、この島の伏せられた文明の痕跡や、薩摩~アメリカが施した霊的な”封じ”としか言えないようなものの存在が続々出てくるんです。

まだ決定的な証拠は出てませんが、多分”何か”あるんだと思います。それも遺跡でも何でもないようなところにあちこちと・・・。

思わず感じたままを書いてしまい、失礼しました。

Re: やっぱり・・・

奄美島民さん

コメントありがとうございます。

南西諸島の海底は太古の昔はムーだったようです。
海面が2000メートル上昇後、大洪水を生き残った倭人系が以前のムーがあった東方を目指すようですが、その第3のルートが南西諸島のようです。
従って、現在の南西諸島の島々は1万2千年前くらいからの文化が残っているようです。
奄美にもそのような痕跡があるのではないでしょうか。
何か発見されましたら是非教えてください。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策