スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイアナ妃の真実

北朝鮮と韓国の砲撃戦。

中東での衝突より先にきましたね。
まあ、北朝鮮の背後で操るのは米国なのでしょうが、何やらきなくさくなってきました。
やはり12月は何かが始まるのかもしれません。
要注視ですね。


さて、最近、当ブログにサーチエンジン経由のキーワード「ダイアナ妃」で訪問される方が急激に多くなりました。

16日にウイリアム王子の婚約のニュースが流れたためだと推測しますが、その翌日はなんとキーワード「ダイアナ妃」での訪問が240件ほどありました。
当日の読者数の約4分の1ですよ。

ダイアナ妃の記事は1件書いただけなのですが。
最近、驚くことばかりです。

現在でも1日30件程の訪問があります。
衝撃の事故死から13年経過しているにも関わらず、その人気は衰えませんね。

しかし、人気もそうですが、その衝撃の事故死の真想を知りたいという方が多いのかも知れませんね。

今年3月に「ダイアナ妃の謎」という記事を書きました。
http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-22.html

デーヴィッド・アイク氏の力作「竜であり蛇である我らが神々(上・下)」を読んで書いたものです。

この記事は、当時の私にとっては力作のつもりだったのですが、その後、私の陰謀・不思議世界に関する知識も格段に増えましたので、少し修正したいと思います。

私は、この記事に書いているように、今でもダイアナ妃が英王室によって暗殺されたのは間違いないと思っています。


その最大の理由はダイアナ妃が英王室を離れたからです。
英王室にはいろいろな闇があるはずです。
それを知られた英王室が、離れたダイアナ妃を許すはずがありません。
暗殺されたのは、今でも間違いないと思っています。


そして、前回記事では儀式殺人であるとも書きました。

ダイアナ妃がなくなった8月31日というのは悪魔教のカレンダーでは特殊な日、
「生贄をささげる日」(ヘカテの日)ということでした。

この儀式殺人の可能性も高いと思っています。
事故死にしては、パパラッチが絡んで異常な状況でしたからね。

また、前回は触れていませんが、ダイアナ妃が事故死した場所「アルマ橋トンネル」は、アイク氏によれば「生贄をささえる場所」なのだそうです。

アルマ(Alma)は中東で月の女神を指す「アル・マー(Al-Mah)」に由来するそうです。

アイク氏の前出の著書には次のように書かれています。

~転載開始~

ヘカテと同じ頃にローマで崇拝されていた女神キュベレは、アルマという名前で知られていた。ダイアナが治療のために病院に搬送される前にあれほど長くトンネル内にとどめられていたのは、胸の悪くなるようような儀式にしたがってあの生贄の場所で死ぬ必要があったからだ。だから、搬送したときはすでに亡くなっていたのである。

~転載終了~


胸の悪くなるような儀式とは、血を飲む儀式ボヘミアン・グローブの儀式の事を指しているようです。

ただ、儀式殺人の可能性はありますが、この血を飲む儀式を行ったということについては、私は疑心暗鬼に感じています。

そこまで行うのだろうかと。


また、前回記事ではレプティリアンノルディックという異星人との混血についての話を書きました。
これもアイク氏が書いている事です。

レプティリアンとは、爬虫類系宇宙人のことでアヌンナキとも呼ばれています。

また、ノルディックとは、金髪碧眼のヒューマノイド型宇宙人です。

前回記事では、
地球を支配する闇の勢力(いわゆるイルミナティと言われる連中ですが)は、レプティリアンと人類の混血の末裔ということでした。
また、ダイアナ妃はノルディックと人類の混血の末裔ということでした。


しかし、さすがに今では、これはあり得ないと思っています。

レプティリアンなのかどうかは分かりませんが、数百万年前、数十万年前に人類誕生に宇宙人が関わった可能性は高いと思います。

<参照:人類の起源(続)>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-100.html

そして、最終的には二種類のオリジナル人類ができたようです。
倭人系とユダヤ系(白人系だと思いますスファラディ系でした)です。
これがおそらく、10万年前くらいでしょう。


仮にその頃に宇宙人と混血していたとしても、数万年経過した現在では宇宙人のDNAはほとんど残っていないと思います。

したがって、この部分に関するアイク氏の主張は、闇の勢力の意向を伝えるためであって、事実とは異なるものだと思います。

単に人類を恐怖に陥れるためにそのような風評を流しているのではないかと。
しかし、一般の人はアイク氏の著書なんてほとんど読んでいないので、効果は全くないと思います。

私は、現実に地球を支配しているのは、これまで書いてきたように別次元の生命体だと思いつつあります。

<参照:地球の支配者>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-131.html

彼らが、闇の勢力(イルミナティ)を操って地球を制覇しているようです。

闇の勢力は、自らを別次元の生命体との混血である事を誇りにしているのでしょう。
かなり異常な連中ですね。

そのことをイルミナティの広告係と言われているデーヴィッド・アイク氏を使って周知させているのでしょう。
これはカレイドスコープさんが以前書かれていましたね。

さすがに彼ら闇の勢力がレプティリアンに変身(シェイプシフト)したりするというのはあり得ないと思います。
もちろん、ダイアナ妃も普通の人間だと思います。

この部分は前回記事を訂正したいと思います。

いかがでしょうか?
宇宙人などに変身する人を見た事がある方はいらっしゃるでしょうか?


最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル :

コメント

非公開コメント

悪い冗談

欧州王室の方々はフリーS○Xを楽しんでらっしゃる。
それを知った極東の皇太子妃は精神の安定を失って、、、。

朝鮮王朝の跡継ぎに選ばれなかった長男は欧州ユダヤ勢力と結託。
現政権崩壊後は、守銭奴国家へ変貌し、アジアの金融センターを目指す、、、、。

 故ダイアナ妃とチャネリングしてまるでマリア様のような扱いの本も出てますが、将来はダイアナ信仰が栄える?

こんにちは

記事更新ありがとうございます。

宇宙人に変身する人は見たことありませんが、変身したかのように見せるような人は見たことがあります。
と言っても、虎の威を借る狐のような感じでそんなことないのですが、上手く表現が出来ませんがあたかもそう思えてしまうくらい感じが凄いといいますか、なんと言いますか。

またcalseedさんに以前ご指摘いただいて気がついたのですが、世の中には人間の心の隙間を巧みにつついて、自分の思いのままにと言いますか、世の中をかき混ぜるのが好きな存在もいます。
はっきりとそれが目的だと思える存在にはなぜか3回ほどであったことがあります。
しかも共通していることは、それらの存在ははるか太古から存在していること、
今まで数々の悪事を炊きつけてきたのにいつも責められると人間の心の隙間をつついて魅了し、お咎めなしで逃げていることです。
人間は今まで同じことを繰り返してきているのに、いつも自分の欲に負けて結局同じことを繰り返しているとそれらの存在に聞かされました。
またそれが自分たちにとっては純粋に楽しいことだとも。

これらの存在のもう一つの共通点として、対峙するときはお互いに心で対峙するということです。
純粋な自分で相手と向き合うので、強い心もあふれ出ればもちろん弱い心もあふれ出ます。
そのときに、上辺だけの自分の弱い心に打ち勝って、いかに本当の心、自分の強い心に素直に従うかがカギになるようです。
お金も権力も能力も力も何もかも関係ありません。
自分の心だけが重要になってくる世界です、上手く言葉で言い表せませんが。
このことについては本当に言うのが難しくつい長話になってしまいます;
生き物は心や意思があって行動するものですから、そこを押さえることが出来れば確かに好き放題できるかもしれませんね。

長々と失礼しました。
上記に書いた存在は悪い奴がいるもんだとただ思っていただけなのですが、calseedさんの記事やご指摘からもしかしたらと思ってきコメントさせていただきました。
この存在は本当に何とも言えない強烈な印象だったので、今でも会ったときのことを憶えています。

Re: 悪い冗談

> 欧州王室の方々はフリーS○Xを楽しんでらっしゃる。
> それを知った極東の皇太子妃は精神の安定を失って、、、。

王室とか皇室は廃止しなければいけませんね。
私は意味がないと思います。


> 朝鮮王朝の跡継ぎに選ばれなかった長男は欧州ユダヤ勢力と結託。
> 現政権崩壊後は、守銭奴国家へ変貌し、アジアの金融センターを目指す、、、、。

それが今回の砲撃につながっているのでしょうか。
しかし、韓国もよく我慢していますね。
闇の仕掛けと知ってるからでしょうけど。偉いと思います。


1点お尋ねしたいのですが、現在のイルミナティにレプティリアンの混血はいると思いますか?

calseed

Re: こんにちは

クローバーさん

貴重なご意見ありがとうございます。


> 宇宙人に変身する人は見たことありませんが、変身したかのように見せるような人は見たことがあります。

具体的には変身したかのように見せるとは、どういった容姿になるのでしょうか?
全く想像がつきませんが。


> 世の中には人間の心の隙間を巧みにつついて、自分の思いのままにと言いますか、世の中をかき混ぜるのが好きな存在もいます。
> はっきりとそれが目的だと思える存在にはなぜか3回ほどであったことがあります。
> しかも共通していることは、それらの存在ははるか太古から存在していること、
> 今まで数々の悪事を炊きつけてきたのにいつも責められると人間の心の隙間をつついて魅了し、お咎めなしで逃げていることです。

ホボットさんが話す別次元(低次元)の生命体ですね。
現在ではルシファーとかサタンと言われる奴。
これは太古からいるのですか?
私は約5000年前に現れたと思っていました。


> 人間は今まで同じことを繰り返してきているのに、いつも自分の欲に負けて結局同じことを繰り返しているとそれらの存在に聞かされました。
> またそれが自分たちにとっては純粋に楽しいことだとも。
> これらの存在のもう一つの共通点として、対峙するときはお互いに心で対峙するということです。
> 純粋な自分で相手と向き合うので、強い心もあふれ出ればもちろん弱い心もあふれ出ます。
> そのときに、上辺だけの自分の弱い心に打ち勝って、いかに本当の心、自分の強い心に素直に従うかがカギになるようです。
> お金も権力も能力も力も何もかも関係ありません。

今回のクローバーさんのコメントは、私が調べてきたホピの神話や木内さんの話を裏付ける大変重要な論点だと感じています。木内さんはあえて、こういった見えない世界の話をそらして、人類自身で考える事が重要だと講演会などでは話しているのではないかと思います。
確かにそれが一番重要な事だと思います。

一方で、調べれば調べる程、闇の勢力を操る生命体の存在が引っ掛かっていました。
いろんなブログで、ルシファーとかサタンとか言っていますが、本当は何なのか?
これが見えてきた気がします。
それに会っているクローバーさんは、特別な存在だと思います。

今後もいろいろとご教示ください。

calseed

No title

calseedさん
横から失礼、クローバーさんのおっしゃってる「自分の思いのままにと言いますか、世の中をかき混ぜるのが好きな存在もいます」
私もその存在をはっきりとボキャブラリーのない幼少期から違和感を持って感じてましたが、今でははっきりと感知し実はひそかに「吸血鬼」と自分で命名しておりました。
私もこれまで数人の吸血鬼と対峙してきましたが、相当なものです。
あえて私が普通の人間とするなら、吸血鬼と出会いは尋常な精神状況ではいられなくなります。
対峙するパワーがあればあるほど、自分の闇を見る思いをしなければなりません。
それは宗教トリックから抜け出せないと相当もがくものです。
そして、クローバーさんのおっしゃる通り、今生だけの存在で動かされている人ではないと感じてました、驚きです。
余談でびっくりした事なのですが・・・変人ついでにいいでしょうか?
昨日、部屋で七色の羽根?球?の小さいモノを観たのです・・・
さすがに、自分でも笑えました ファンタジー要素0の私がw
少しびっくりしたので誰にかに話さずにはいられません(汗)
とうとう、頭がおかしくなった様です 余談でしたw

混血

近々、その当否について確認出来るかも知れません。

 数年前、全く別のブログで偶然見つけた記述に、
太古、ミカエルによって中国のある地方に、ある存在が
封印され、それが現在活動を開始したというような
話がありました。皆さんの体験はそれと関連するのかも。
としたら、実は深刻なことなのですが。今のところ、
NETにおける防御法が分からないため、その存在について
言及するのも憚られます。
 ゲリーの最新刊にも、ヒトラーに関する秘教的背景が
詳述されており、正直、気持ち悪い。
真実は知りたいけれど、さりとて深入りは禁物。
 霊能ブログ2010年8月16日に重要な関連コメントがあります。

不思議です

>calseedさんへ

お返事ありがとうございます。

>具体的には変身したかのように見せるとは、どういった容姿にな>るのでしょうか?

別にこれといった決まった形があるわけではなくて、いわゆる威嚇というか自分は特殊な能力を持っているんだぞ!というものを見せつけるために、こう、オーラで見せるというかなんといいますか。
見せることによって、いわゆるその場の空気を支配していまうような感じです。
ホログラムのようなものを見せて信じ込ませると言った方がニュアンスが近いかもしれません。
そのようなことをしていた人を見たことがあります。
分かる人には分かるというか、なかなか上手く説明できずすみません;

>これは太古からいるのですか?

私はそれらの存在から直にそう聞きました。
ただ、そのときにメソポタミアとかあのあたりの文化を思わせるレリーフを出してきて、この時代からは既にいたと言っていました。
そのほかにもその存在自体が、意外と現代の歴史書や書物に載っているものもありました。
ただ、書物に乗っているものとは若干名前や形、感覚も違いましたが。

>いろんなブログで、ルシファーとかサタンとか言っていますが、本>当は何なのか?

私もそれは気になります。
一体何なのか未だに分かりません。
ただ、それらの存在は私たちが気がつかないところでかなり密接に私たちがそれらに気づくことなく(もはや、それが常識と認識している)関わってきているという印象を受けました。
私は特別ではありません;
私は強くありません、お恥ずかしながらもそれらの存在にこっちにこないかと誘われた身です(苦笑)
でも、そういうことは大嫌いなのでほとんどそんなのは嫌だと断りましたが、ただ一つだけ物凄く人の弱い心を熟知しているだろうと思われる存在に、手も足も出ず沈黙を余儀なくされたことがあります。
私は揺さぶられる自分の心に自分を保つことで精いっぱいでした。
この経験から、改めて心は大切なもので疎かにしてはいけないと痛感しました。

それにしても、このような体験をされている方がおられるとは驚きです。
FUJICOさんのコメントを拝見してビックリしました。
私にとっては凄い出来事だったのでこれらのことは話せる人に話したことがありますが、誰にも信じてもらえませんでした。
なのでやはり自分の中だけの出来事なのかと思っていたのですが、calseedさんや多くの方々のご意見を拝見させていただき最近は本当に驚きっぱなしです。

Re: No title

FUJICOさん

驚きました。
FUJICOさんの書かれているブログやコメントが、単に陰謀を暴いている方とは思えなかったのですが、クローバーさんのようなご経験をされているとはね。
私には想像もできませんが、吸血鬼と対峙するのは相当な精神力なのでしょうね。

>昨日、部屋で七色の羽根?球?の小さいモノを観たのです・・・

妖精でしょうか?
こんな会話が普通にできるようになった私も相当なものでしょう。
やはり終末が近づいているのでしょうか。

とにかく驚いたの一言です。

calseed

Re: 混血

ありがとうございます。
混血かどうかは別にして、とにかく何かが迫っているのは間違いなさそうですね。
それにしても驚く体験コメント連発ですね。
このブログでこのようなコメントがもらえるとは思ってもみませんでした。

calseed

Re: 不思議です

クローバーさん

オーラのようなものは、デーヴィッド・アイクの本にも載っていました。
やっとこの本の本質を理解できるようになりました。


>私は強くありません、お恥ずかしながらもそれらの存在にこっちにこないかと誘われた身です(苦笑)
>でも、そういうことは大嫌いなのでほとんどそんなのは嫌だと断りましたが、ただ一つだけ物凄く人の弱い心を熟知しているだろうと思われる存在に、手も足も出ず沈黙を余儀なくされたことがあります。
私は揺さぶられる自分の心に自分を保つことで精いっぱいでした。
>この経験から、改めて心は大切なもので疎かにしてはいけないと痛感しました。

そのような体験をされた方は、あまりいないと思いますよ。
FUJICOさんがそうだと知って驚きました。
クローバーさんのコメントがあったから、カミングアウトされたのですね。
その生命体の存在が、私の最大の謎でした。
今後は、そのような体験を良い方向に生かしたいですね。
このブログで何かお役に立てればいいと思っています。

calseed

日本の古代超科学

はじめまして。
貴プログは日本の古代の歴史を探求されているようですね。
ご存知かもしれませんが、日本には古代の超科学を示す物と見られる『神の数学』が存在しています。

http://www4.tokai.or.jp/kaminosuugaku/syougen1.html

現代の直線数学ではない、循環数学である古代の英知です。
ここに集う方たちは高い波動をお持ちのようであり、探究心も旺盛な方が多く見られます。現代常識に煽動され、オカルテックなものを否定する狭小な感覚ではない方たちの集いと推察します。

日本の古代の英知を探求するきっかけになればとコメントさせていただきます。

Re: 日本の古代超科学

やまとさん

コメントありがとうございます。
ご紹介のサイトですが、興味深いものがあります。
参考にさせていただきます。

calseed

Re: 日本の古代超科学

ご紹介のページちらっと見てみました.かなりの量ですので,一部のみ読んだ感想です.
ここでの計算は「9を法とした計算」のようです.これは広く使われているもので,足した結果を9で割り,余りを最終的な計算結果にするだけです.

九の倍数体系

ざっと流し見しただけですが、
久方ぶりにフランク・スカリーの名を目にしました。
懐かしいです。
宇宙人の数学体系に繋がる?

宇宙人と闇の権力

の闘いが始まりました」という本、笑っちゃうほど面白くてまるで知っとうやブログのレジメを読んでいる様な錯覚に陥ります。
本当の宇宙人情報に似せている?項目もあったり、世界赤十字会長にも言及。未来予測もそれらしく、一読お薦め。

Re: 宇宙人と闇の権力

そうですか。
読んでみましょう。

明日、日赤の記事をアップします。シンクロですね。
期待できるものには仕上がっていません(具体性が見つかりませんでした)が、是非、世界赤十字会長のコメントをお願いします。
あれこれさんのコメントに期待しているのですが。

calseed

No title

はじめまして。
ダイアナ妃の死の真相について、上宮知樹氏の「だれも教えなかった地球人類28の真実」にも同じような事書いてありましたよ。
リジー(トカゲ)は、シェイプシフター、変身するそうです。

Re: No title

ORION さん

コメントありがとうございます。
ご推薦の本、読んでみます。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策