スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマは救世主?

オバマ大統領について、副島隆彦氏は、米国の影の支配者デビッド・ロクッフェラーの後釜の予定であるジェイ・ロックフェラーがバックで支援している、と言っています。

一方、玉蔵師匠は、キッシンジャーと並んで米国の国家戦略を担ってきたブレジンスキーの弟子であると言っています。

いずれにしても、オバマは闇の勢力の手先には違いありません。

また、副島氏、玉蔵師匠、両者の意見が共通しているのは、オバマは暗殺か病気により任期途中で大統領を辞め、後任の大統領はヒラリーになる、という点です。

副島氏は、これによって米国が没落し世界大恐慌となり、その後は中国が世界の中心となる。
玉蔵師匠は、さらに進んで世界統一政府が樹立し、資本主義は終焉する、というものです。

私は、当然、玉蔵師匠の意見が的を射ていると考えています。
副島氏の推察力は素晴らしく、米国や中国の政治思想・背景を素人でも分かり易く説明していますが、あくまで現在の世界の混乱は、ロスチャイルド&ジェイ・ロクフェラーVSデビッド・ロクフェラーの権力闘争にあるとしています。
闇の勢力の真の目的までは解明していないようです。

また、副島氏がジェイ・ロクフェラーと親しい小沢幹事長を『日本の国王』としているところも、話が大きくずれていると感じます。

一方、オバマ大統領を、世界(地球)の救世主と期待している向きがあります。
オバマは宇宙存在から選ばれた人間で、ノーベル平和賞を受賞させたのは世界を核廃絶に持って行くためであり、オバマは闇の勢力の支配構造から脱却させる、という意見です。

ノーベル賞自体が闇の勢力の手の内にあると思うのですが。

これらの意見の代表が、武山祐三氏です。
武山氏はオバマをいい意味で、二重スパイと考えています。
http://takeyama-y.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-4ce2.html

オバマは「光の存在」であり、現在はあたかも闇の勢力の手先となっているようだが、最後はその使命である闇の勢力を排除する、というものです。

武山氏の政治・経済に関する批評は、小泉・竹中政権の陰謀・売国政治をいち早く暴くなど、するどいものがあり感心させられていたのですが、このオバマの件をはじめとした、宇宙存在主体のアセンションに関しては同感できません。

武山氏が、オバマを救世主とする根拠は、宇宙存在からのチャネンリング情報のようです。
その代表的なものが、マシュー君メッセージです。
http://moritagen.blogspot.com/search/label/%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC

マシュー君とは、米国で1980年に交通事故で17歳で亡くなり、それ以来、宇宙存在として母親とのチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきている、という一般の人が聞いたらいかにも胡散臭いものです。

しかし、実際に書かれている内容を読むと、911テロが闇の勢力によって起こされたとか、オバマ大統領は「光の存在」であり世界を救うために生まれてきたなど、正義や平和に敏感な一般大衆ならば、引き込まれていきそうな内容となっています。

マシュー君メッセージを読んでいて、私もオバマは救世主なのかも知れない、など一時期は信用しそうになりました。
もちろん、オバマが救世主であれば、それに越したことはありません。

ところが、昨年12月、マシュー君メッセージでは、例のノルウェー上空での謎の光の渦に関して、
<ノルウェーの怪光>http://www.youtube.com/watch?v=TXA8WmFnp8s&feature=fvw

「オバマ大統領のノーベル平和賞受賞に対する宇宙文明社会からの祝福のメッセージ」というふうに書かれていました。

さすがに、それ以来、マシュー君を信用できなくなりました。
素人でも、これが宇宙からのものではなく、地上からの人工映像と分かりますよね。

これが10のうち9つの真実に1つの嘘を紛れ込ませてウソを信用させる、という宗教と同じような洗脳の手法なのでしょうか。
マシュー君も、(いつのまにか?)闇の勢力の支配下になっていたようです。
武山氏も「ミイラ取りがミイラになった」のでしょうか?

ちなみにカレイドスコープさんによる、マシュー君の批評です。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-10.html
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-13.html

マシュー君を始めとするアセンションを煽る宇宙存在からのチャネリング情報の大半は、
『今回の地球及び人類のアセンションは宇宙次元でも初めてのものであり、オバマを救世主として覚醒した人類は地球とともに5次元の世界に行く。覚醒できない人類は他の3次元の星に行って暮さざるを得ない
という趣旨の内容になっています。

『覚醒する』という定義は何なのでしょうか?
本当に人類が次元上昇で選別されるのでしょうか?

このような情報を武山氏までもが信じて、ブログで拡散していることが不思議でなりません。
さすがに、最近は、このような内容の記事に対して批判が多いようで、アセンションに関しては触れなくなりました。

私は、宇宙存在のバックアップがない以上、残念ながらオバマ大統領に救世主としての役割は期待できないと、思います。
確かに、オバマは目覚め、闇の勢力と戦おうとするのかも知れません。
しかし、玉蔵師匠が言われるように、残念な結果に終わるのではないのでしょうか。

というよりも、オバマを大統領に選んだ事が、すでに闇の勢力の『シナリオどおり』ということだと思います。

オバマが「光の存在」であり、正義の宇宙存在がバックアップし、世界を助けてくれるのであれば、私もそう願いたいです。
しかし、歴史を振り返ると、宇宙存在が地球の平和を救ったという事実はありませんよね。
本当に救ってくれるならば、世界大戦や原爆投下は防げたはずですから。

宇宙存在やオバマ1人に頼るのは闇の勢力の思う壺で、人類が力を合わせて立ち上がらないとヤツらには勝てないということですよね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは.毎回全体が見通せる記事を書いて下さるので大変助かっております.このような大局を見渡した記事を書くのは並大抵の努力でできるものではありませんので大変敬服しております.今回もぶれのまったくない的確なご指摘をしていただき,厚かましくもまたまたコメントさせていただきます.福島氏についてはよく知らないのでコメントを控えますが,オバマ,マシュー君,武山氏については私も同じ意見です.オバマはブッシュと異なってソフトな印象を与えながら,実はやっていることはブッシュと同じで米を崩壊させるべく疲弊させてますね.ブッシュと同じで本人はそう自覚していないかもしれませんが.なにせブレ人スキーですからね.マシュー君は人類が闇勢力に対抗してまとまるのを阻害するために頑張ってますね.ここでも分割統治の基本が見られます.武山氏ですが病院と医者を当てにしている時点でだめだこりゃと思いました.製薬業者と金融保険会社に莫大な富を移動させる現代の医療システムを作ったのは奴らであり,このシステムを存続させるために健康に対する不安が日常的に煽られてきました.人々の不安を喚起することが統治の基本だと思いますが,独裁強権による不安は時代遅れで,現代は生活と健康に対する不安を基本にしようと連中は考えているんでしょうね.彼がそんな構図に乗っかって医者に相談している時点でだめだこりゃです.私はこの彼らが作った医療システムに多くの人が気づけば闇勢力の勝ち目はないと思っています.以上失礼しました.

玉蔵ブログから来ました

ブログの内容やLINK先を見て、「あんたは私か!」と思いましたよ
まったく同感です。いろいろなブログを見ては「ここから先は同感できない」と思っている日々です。

Re: No title

Bgn様
おほめいただきありがとうございます。
私は真実を知りたい普通の人間で大そうな知識は持っていません。にわか知識ばかりです。
玉蔵師匠のブログは、相当、知的でかつ有益な情報満載なのですが、一部のキチガイ(師匠曰く)しか理解できなようです。それを多くの人に知ってもらうために分かり易く書いてみよう
と思ったのが、ブログをはじめた理由です。
今後とも情報交換お願いいたします。
calseed

Re: 玉蔵ブログから来ました

frbcfr様
コメントありがとうございます。
ブログ拝見いたしました。陰謀論歴30年ですか。すごいですね。
私はまだ1年余り。今後とも、いろいろとご教授お願いします。
calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策