スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気象兵器

本題に入る前に気になるニュースから。

<月面にはかなり大量の水が存在=米NASA>
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101022-00000019-wsj-int

~転載開始~

米航空宇宙局(NASA)は月面に相当量の水が存在することを発見した。それもサハラ砂漠にあるとされる水のおよそ2倍の量だ。今回の発見で月面に有人基地を建設しようという議論が勢いづくことになるかもしれない。

 NASAは昨年の大胆な実験で、時速5600マイル(約8900キロ)でロケットを月のクレーターに衝突させた後、2つの周回軌道衛星を利用して衝突の衝撃で舞い上がったちりの成分を調べた。これによってクレーターに氷の状態で水分が含まれていることに加え、水素とアンモニア、メタン、水銀、ナトリウム、銀など他の物質が発見された。

 NASAは22日に発表される米科学雑誌「サイエンス」誌に、昨年のデータをさらに詳細に分析し6つの研究報告にまとめ、予想されていた以上の水が月面に存在すると結論付けた。

 NASAエームズ研究センターの宇宙科学者で、この研究報告の1つの共著者、アンソニー・コラプリート氏は「(月には)非常に水分が多い」と述べた。調査対象となったクレーターの土壌の全質量の5.6%が氷水だと推定している。言い換えると2200ポンド(約1000キロ)月のちりのなかに10数ガロン(1ガロン=約3.79リットル)の水が存在していることになる。

~転載終了~


月から予想を超える水が発見されたという記事です。
木内氏説の月の誕生説を裏付ける結果だと思います。


しかし、さらに気になるのは同じニュース内の下段部の火星に言及している点です。

~転載開始~

米国が近い将来に月への有人飛行には取り組むことはないだろう。オバマ米大統領は最近、10年間で宇宙飛行士を月に送り込むというNASAのプログラムを中止した。一方、NASAは、より壮大な長期的計画の火星への有人探査計画に取り組んでいる。

 しかし月に行こうとしている国は多い。中国は2025年までに、インドは2020年までに宇宙飛行士を月面に送り込むと宣言している。日本は、将来的に有人宇宙飛行を実施する足掛かりとなる無人月面基地を10年以内に建設したい考えだ。

~転載終了~


何故、米国は水が発見された月ではなく、火星への友人探査計画を打ち出したのでしょうか?

恐らく月は、すでに別の生命体(私は金星人ではないかと推測)に支配されており、自由にできない。
従って、ターゲットをかつて別の生命体が住んでいたと思われる火星に変えたのではないかと推測しています。
(約15000年前の月の誕生の際に、火星文明も滅んだのではないかと個人的は推測しています)

先日紹介した木内氏のムーの記事の中に、米国の支配者は今さら地球環境が元に戻るのは無理だと考えているという表現がありました。

私は、米国の支配者は火星を新たな生活の場に選んだのではないかと推測しています。
かつて自分たちの祖先が金星に移住したように。
これが実現されるのは10年後くらいかも知れません。


さて、本題に入ります。

今日の気象図です。
kisyouzu.jpg

季節はずれの超大型台風、台風13号です。
あれこれさんのコメントにありましたが、日中関係が悪化しているなかでの季節はずれの台風発生。
気象兵器による人工的なものの可能性が疑われます。

すでにネット上では、増水していて決壊が心配されている中国の三峡ダムに狙いを定めたものではないかとか噂になっています。

噂される気象兵器が、台風を発生させたとして、その後の進路をどこまで制御できるのかが鍵ですが、確かに今回の台風13号の動きはおかしいですね。

おかげで、奄美が大雨による大災害となってしましました。

数年前に米国を襲ったハリケーンカトリーナは気象兵器と爆弾の組み合わせによる堤防決壊とも噂されています。

今後起こると予想されている世界的な戦争は、気象兵器が主力になっていくのかもしれません。


気象兵器といえば真っ先に思い浮かぶのがHAARPですね。
人工地震を起こす気象兵器ではないかと、ネット上では昨年くらいから有名になりました。

HAARPとは米国が開発した高周波活性オーロラ調査プログラムのことで、アラスカを初め米国内に複数の研究施設があるようです。

<WIKI:高周波活性オーロラ調査プログラム>
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%B4%BB%E6%80%A7%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%A9%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0

表向きは、研究施設となっているものの人工地震に関与しているのではないかと噂されています。

私も過去数年内の大地震とネット上で見る事が可能なHAARPメーターの揺れを、好奇心から調べて次のような記事を書きました。

<どれが人工地震>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-21.html

この記事内の地震とHAARPの関連性を見ると、HAARPが人工地震の犯人ではないかと思いたくなります。
私は福岡に住んでいますの5年前の震度6弱を記録した福岡の地震を体験しました。
地震がめったに起こらない福岡で、余震を含めて2度にわたって起きた地震には驚いたものです。

その後、この福岡の地震は、郵政民営化に反対している山崎副総裁の地元福岡を狙ったものではないかという、とあるブログの記事を読み、妙に納得したものです。

確かにその後、自民党は急速に郵政民営化へ進んでいきます。


しかし、今では私は、大規模場な地震は、HAARPによって直接起こされたものではないと思っています。
仮にHAARPが使われたとしても間接的なもので、爆弾の起爆装置のようなものだったのではと。

ちなみにあれこれさんのコメントによると、中越地震?は、京都大学所有の信楽ミューレーダーの誤作動と本物の地震が重なり、被害が拡大したのではないかということです。


ケイ・ミズモリ氏は、著書「超不都合な科学的真実」でHAARPに触れています。

超不都合な科学的真実 もうからない重要な発見はすべて潰される! (5次元文庫)超不都合な科学的真実 もうからない重要な発見はすべて潰される! (5次元文庫)
(2007/11/09)
ケイ・ミズモリ

商品詳細を見る


この本ではHAARPの原理について、
「電離層の50平方キロにわたる範囲にある電子やイオンに高周波のラジオ波エネルギーを照射すれば、電子レンジのマイクロ波が、水の分子を振動させることで冷えた食物を熱するのと同じ原理で、その部分を変質させるという。
・・・・・・・・・・・
なにしろ地上に設置したアンテナ群から、大規模な発電所10ヵ所が生み出すエネルギーにも匹敵する1.7ギガワット(1ギガは10億ワット)という膨大な出力で圧縮された電磁波ビームが電離層に送り込まれるのである。危険がないと素直に受け止めることの方が無理な話であり、警告を発する科学者たちも少なくはない。」

と書いています。

ミズモリ氏によると、HAARPの本来の目的は大気中のフリーエネルギーを利用した大規模発電だったとしています。
しかし、その研究目的が捻じ曲げられ、HAARPを人体に直接照射しマインドコントロールに使用することを考えているのではないかと指摘しています。

これについては、あれこれさんが、将来起きるであろう中国と米国、ロシアの戦争でマイクロ波兵器が使われる、と先日のコメントしていましたね。


また、コールマン博士の著書によると、マイクロ波兵器技術は米国よりもロシアが圧倒的に進んでいるそうです。

コールマン博士・最後の警告 〈再編新刊〉人類奴隷化プログラムの恐怖コールマン博士・最後の警告 〈再編新刊〉人類奴隷化プログラムの恐怖
(2009/02/21)
ジョン・コールマン

商品詳細を見る


ELF(極低周波)兵器と呼ばれるもので、旧ソ連はすでに1930年代には実用化しており、1986年のスペースシャトルチャレンジャーの撃墜に使用されたとしています。
現在、ロシアはELF電磁ミサイルによって人工地震兵器の開発を終了しているそうです。

これに遅れまいとして米国が開発したのがHAARPだそうです。

しかし、その能力差は大差がついており、HAARPの出力17億ワットに対して、ロシアのELFジャイロトロンの出力は100億ワットだそうです。

マイクロ波技術で遅れをとったた米国は、現在、HAARPの能力向上をに力を入れているようです。

私は、その実験結果が、昨今の大型ハリケーンや台風などの発生の原因ではないかと思っています。

今回の台風13号は、あくまで今後到来するであろう混乱社会の実験台に過ぎないと考えています。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメント

非公開コメント

渦巻き

北欧の空に出現した、謎の渦巻現象にも是非一言触れて頂きたいです。

台風の思わぬ副産物として、環境浄化・お祓いの側面もあるようです。

HAARPmagnetmeterグラフ表示されてませんね。

Re: 渦巻き

渦巻きはCERNという話で落ち着いていたように思いますが、ホボット氏は宇宙からのものと話していました。
どうなのでしょうか?

HAARPメーターは、人類を撹乱するために公表しているのではないかと想像しています。
メーターで人工地震の発生が分かるのであれば、兵器にはならないですよね。
メーターを見て人々が騒ぐようになったら、それこそイルミナティの思うつぼではないか?

今後数年間では、関東で大地震は起きないと思います。

calseed



No title

 確かに、今回の台風の動きはおかしい(勢力の強弱が激しい(890-965)。)ようです…陰謀抜きにしても、南方は暑いので、10月まで台風は発生します。 ただし、温暖化の影響で、台風の発生率は、30年前と比べて2倍強になっていますが。

 しかし、関東の地震はHAARP抜きにしても、地脈の活動期(江戸時代の大地震は、活動期)に入りつつあります。 ご注意を。

 最後に話はそれますが…一部の預言書等でアメリカは、近い将来、寒冷化に見舞われる旨の記述を見かけますが…自然を悪用した報いを受ける事になるのでしょうか?

Re: No title

>  確かに、今回の台風の動きはおかしい(勢力の強弱が激しい(890-965)。)ようです…陰謀抜きにしても、南方は暑いので、10月まで台風は発生します。 ただし、温暖化の影響で、台風の発生率は、30年前と比べて2倍強になっていますが。

気象庁の発表資料によりますと台風発生数は30年前から増えていませんよ。
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/typhoon/statistics/generation/generation.html

毎年20号を超えていますが、今年の発生は現在で13号、少ないです。

>  しかし、関東の地震はHAARP抜きにしても、地脈の活動期(江戸時代の大地震は、活動期)に入りつつあります。 ご注意を。

可能性はありますね。


>  最後に話はそれますが…一部の預言書等でアメリカは、近い将来、寒冷化に見舞われる旨の記述を見かけますが…自然を悪用した報いを受ける事になるのでしょうか?

まず、予言というのはホピの予言等、一部を除いて信憑性がないと思っています。
多くの予言は、その裏には陰謀が存在しているのではないでしょうか?
911を予言したと言われるジュッセリーノが典型です。

寒冷化は、それこそ気象兵器を使えばたやすいのでしょうね。
旧ソ連では、70年代から米国に気象操作を仕掛けていたとコールマン博士は主張しています。

calseed

三峡ダム決壊予言

以下の文は2008.10.10発行「新・光の12日間―5次元へのシフト/ゲリー ボーネル」徳間書店より

【中国ではある出来事が起きて、4億もの人が肉体を去るでしょう。
人工的な災害―三峡ダムが壊れるのです。ダムに水がどんどんたまり、地面そのものがそれだけの巨大な水を支え切れなくなって自然倒壊します。
今、もう壊れかけています。中国政府はそれを知っていますが、どうしていいかわからないのです。
組織内に腐敗があって、いいかげんな工事をしたことが原因ですが、一番問題になるのが水の重みです。
 三峡ダムにどんどん水がたまっていって、大地が沈んでいきます。水が重すぎるので、ダムにひびが入ります。
まだ崩壊までに時間があり、修理できると思われているのですが、下流にある町や学校、ビジネスなどすべてが被害を受けます。
日本とアメリカの全人口を合わせたぐらいの人が、24時間で亡くなってしまうのです。】

Re: 三峡ダム決壊予言

fbさん

コメントありがとうございます。
ゲーリーはあまり信用していませんが、2012年にどうなるか見ものですね。
4億人の死者が出るというのは大袈裟な気もしますが。

calseed

大塚寛一先生

いつも素晴らしい情報拝読しております。日本にはこういうところもあることを記憶の片隅に入れておいてもらえるとうれしいです。
世界は今、肉眼で見ている影法師の世界から心の眼が開かれる蚕が蝶となって飛び立つ時期を迎えております。現在は神の力で正邪善悪が明らかにされつつあるように思います。
大塚寛一先生が説かれる日本精神は神国日本に昔から存在する共存共栄の真理であります。日本には今「天の時」と「地の理」がありますが肝心の「人の和」がないのです。日本人がもつ日本精神により日本人が団結しこの精神を世界に宣揚していくことで人類の奥底に眠る心の眼が初めて開かれ世界の廃藩置県が実現、国境のない理想世界が訪れると思います。
http://nsfs.exblog.jp/

Re: 大塚寛一先生

yuriaさん

コメントありがとうございます。
大塚寛一氏は存じ上げませんが、素晴らし理念ですね。
今後ともよろしくお願いします。

calseed

中越地震から6年

早いものです。あの地震の丁度一週間前に、震源方向を指し示すかのような、見慣れない二つの雲が出ていました。写真を撮らなかったのが少し悔やまれます。

さて、昨日は都心へ出かけて、普段接する事の無いような人達と異業種交流をして来ました。経済問題、霊能問題、ムー記事、プライベート等々、秘密の情報があり、とても公開無理と思われるものの、可能な範囲で当ブログに沿うよう今後もコメントさせて頂きたいものです。

ピラミッドについて。私が関わったのは、初期の階段状ピラミッドのようでした。
あれこれさん情報とは別のピラミッド、別の建造法と云うことのようです。一つスッキリしました。

今回ちょつと残念だったのは、ユリ・げらーと会えるチャンスを失した事でした。私のスケジュール調整できず。
最近少し鳴りを潜めた?エハンでラビさんとも数年前、お話しした事ありますが、博学な方でした。直接の、生の交流から得られる情報にはインパクトがあります。木内ファンの方々も、彼の講演会とか行ってみると良いかも。気さくな方ですので。

『13』

台風13号ですが、発生が10/13で、その13日に黒点が急に増えだします。それまで10個ほどであった黒点は13日に倍、14日は3倍に、15日には5倍になります。タイミングが良すぎるから、怪しいと思う訳です。

Re: 中越地震から6年

不可知さん

今後のコメント期待しております。

次回は私のサイキック体験を記事にしましょう。

calseed

Re: 『13』

あれこれさん

奴らは黒点の活動スケジュールを熟知しており、地球への影響も知っているはずですよね。
13日という奴らが好む数字の日から黒点活動期に入ったので、気象兵器を使ったという可能性は十分ありますね。

calseed

噂話しですが

国内某大銀行が、東京にある本社(店)ビルを丸ごと売却しようとしている、という噂を聞いたのですがcalseedさん、聞いたことあります?

Re: 噂話しですが

ないですが。
間違いなく、○○ほですね。
私は2年以内になくなると思っています。
金融関係者で勘のするどい人なら分かっているはずです。
10年前の合併の際に隠されたものがあるはずです。

Re: No title

Faithさん

貴重な情報ありがとうございます。

calseed

阪神大震災

風が吹くと桶屋が儲かる的に考えていくと、こんな流れかな?

阪神大震災携帯電話の小型化・軽量化大量生産世界に普及巡航ミサイルの命中制度向上イラクの石油利権獲得
ちなみに、私は地震発生の6時間前に異変を感じ、神戸を脱出しました。

Re: 阪神大震災


> ちなみに、私は地震発生の6時間前に異変を感じ、神戸を脱出しました。

予知能力。

体感予知はネット上でも話題になっていますが、阪神大震災時に、実際に神戸から脱出した人はほとんどいないでしょう。
凄いですね。

calseed

予知では無い

満月の晩に月を観察するのが私の趣味なんですが、その時見た月は異様に大きく、空間にゆがみを生じていました。石の下にいるだんご虫の姿はなく、糞すらなかったのです。夜に閉じる花が咲いていたりと、その夜は異常だらけでした。それで念のために避難をした訳です。放射状の雲が見えなくなるまで広島まで逃げました。

人工地震

興味深い体験ですね。

神戸在住の欧米人は事前に客船に乗船して脱出していた、という説がありますが、裏が取れるものかどうか。それが本当なら地震兵器による攻撃だった事になりますね、既出?

オランダ人は?

私の知り合いのオランダ人は地震で跳ねたボルボが家に直撃して大変でしたよ。彼の同僚のオランダ人もみんな被害に遭って、オランダ人は別ですか?

Re:オランダ人は

どうでしょうか?
私が知っているのは、オランダ王室と皇室は近い関係だと言うことです。これ以上は書けませんが、それが関係しているかもしれません。
calseed

参考文献

神戸からの事前脱出をテーマにした本があったのですが、
タイトルを失念してしまいました。どなたかご存じなら
教えて頂きたいです。

911で事前に情報を得ていた企業が逃れ、何も知らない企業が被害に遭った、という噂と似たような構造・陰謀?
ビル内企業ごとの国籍・バックの資本関係等のデータを調べると、何か
炙り出されるかも知れません。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策