スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5回目の文明へ!

前回の記事を読まれた方は相当気が重くなったことと推察いたします。
<確率70%の未来>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-123.html

『確率70%の未来』とタイトルをつけましたが、70%とは木内氏が今年初め頃の講演の中で話した未来の可能性です。

しかし、私は、今回のムーの記事を読んで100%、あの戦慄の状況が来ると考えています。

木内氏が、今になって公表したのは、今後10年以内に起きて行く世界崩壊のなかで、まず最初とされる中国の崩壊が、上海万博の終了後に襲ってくるからだと思います。

今が、公表するにはベストのタイミングと判断したのではないか考えています。


もちろん、多くの国民は、このマイナー雑誌ムーの記事を知る機会がないでしょうし、たとえ知る機会があったとしても信じない人がはるかに多いはずです。
信じる人は、直感をくすぐられたほんの一部の人だけでしょう。

しかし、それでいいのだと思います。
信じる人は、今後、世界の崩壊が実際に起こっていく過程で、何らかの役割を担っていくのだと思っています。

また、読者の皆様のほとんどの方は、事態がそこまで切迫しているとは思っていないかも知れませんが、少なくとも、この行き過ぎた現在の物質文明が、そう長く続くとも思っていないはずです。
いつかは破綻すると思っているはずです。


今後の混乱の中で結果的に、数年内にNWO(世界統一政府)や東アジア共同体ができるのかも知れませんが、ムーの記事を読む限り、NWOは安定した国家体制にはならないようです。
しばらく混乱が続くようです。


しかし、この記事で木内氏は、「絶望するには及ばない」と締めています。

この部分をムー記事から転載します。

~転載開始~

 ・・・・結局のところ、生体系を破壊することによって成立してきた文明から脱却し、新たな、そして持続可能な文明に至るための「産みの苦しみ」でもあるからだ。このような苦しみ、滅びの過程の中で、人間は新しい価値観を理解していくようになる。悲しいもので、自分自信が痛い目に遭わなければわからないことがあまりにも多いのである。
「結局、われわれが壊したものは、われわれが直していくしかないんですよ。」
 木内氏の提唱する新たな文明とは、経済ではなく、生態系の保全という価値を最優先とする「循環型社会」である。これを実現するためには、何世代もかけて人間全体の意識を変えていくことが必要となる。そして今後、そうした新たな価値観を発信していく拠点となるのが日本だというのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・
こうして、われわれ日本人が覚悟を決め、率先して意識改革に取り組んでいくことによって、「産みの苦しみ」は比較的スムーズに乗り越えられるかもしれない。なにしろ木内氏によれば、人類が意識改革に成功して輝かしい文明を築く確率は、10年前よりも確実に上がっているというのだ。

~転載終了~



木内氏が30数年前に見た可能性が少ない方の明るい未来のヴィジョンは、
「混乱する世界の中で、日本から新たな価値観、環境に優しい循環型社会を提唱し、新たな環境技術を発明し、そしてお金のいらない社会システムを作っていく人々が現れてさまざまな諸問題を解決していく」というものでした。

それが、今から10年前にはそういった明るい未来の到来は、0.01%しかないと発言していました。

しかし、今回のムーの記事では30%までに高まったと書いています。

まだ30%しかないと思うかもしれませんが、10年前に比べれば雲泥の差です。
これは、この10年間の間に、木内氏やそれに共感する人達の努力があったから可能性が高まったのだと思います。

今後、我々が新たにこの「循環型社会」を考えて行くことで、30%が100%に高まっていくのでしょう。


ただし、それに至る「産みの苦しみ」がどれほどのものか想像もできません。
私は40数年間生きてきましたが、「食べていけない状態」は経験したことがありません。
ほぼ順調に生きてきました。
戦後生まれの多くの方がそうでしょう。

しかし、今後は、食糧危機や暴動で犠牲になる人も多数出てくるようです。

少しでも犠牲が減るようにと、今回、木内氏は公表したのだと思っています。
『覚悟しなさい』と。


人類が500万年前に誕生して以来、やっと3-5万年前に初めて文明を持ったようです。
その後、これまで書いてきたように、少なくとも文明興亡が3回起きたと考えています。

1回目が1万5000年前のムー文明の崩壊
2回目が1万2000年前のアトランティス文明の崩壊
3回目が5500年~6000年前のシュメール文明を中心とした文明の崩壊
(ムーの前にも文明崩壊があったのかも知れません)


<参照:真地球史>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-category-10.html

そして、現在が4回目の文明だと考えています。

ムーの記事を読む限り、現在の文明、「資本主義システムによる物質文明」は崩壊しそうです。

ただし、かつてのムーやアトランティスのように、地殻変動で陸地がなくなってしまうという自然災害ではなく、戦争をきっかけとした人類の意識革命のようです。

もちろん、多くの犠牲が出るのかも知れませんが、10年後(2020年)くらいから新たな文明、5回目の文明が始まっていくようです。


以前、奇跡のリンゴの木村氏の記事を書きました。
<地球カレンダー>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-32.html

その中で、宇宙人から地球のカレンダーの終了を見せられた木村氏の話を書きました。
私はその終了年を2020年と推測しました。
2020年で現在の文明が終わってしまい、地球ごとなくなるのかも知れないと思ったものです。

しかし、この地球カレンダー、2020年というのは、単なる文明の終了ではなく、新たな文明の出発点を表しているのではないかと、今では思っています。

私がブログを始めた最大の目的である「未来がどうなるのか」が、おぼろげながら見えて来た感じがしています。

大変な時代の到来ですが、前向きに人間らしい生き方を見つけて行くチャンスだと考えています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメント

非公開コメント

No title

同感です。
天を仰ぐだけでは絵空ごとの世界
地に足をつけて、人間の感覚と知恵を出す時期に入ったと感じます
自分の五感のみならず六感までもフルに使っていく、忘れた感覚は必要を迫られて戻ってくると思います。

宇宙人の決意

何があっても”地球”を滅亡させはしない。

地球人のカルマは地球人が自己責任で精算すること。

 第二次世界大戦後の複数の局地戦で、原爆使用が真剣に計画されたにも関わらず、宇宙人の密かな働きによって阻止されたという事実があります。今後、中東で限定核戦争が勃発しても、我々の知らないところで全面核戦争は阻止されることでしょう。
 
沢山のパラレルワールドからどれを選択するか、地獄の未来か?、栄光の未来か? 現実世界次元の観点だけではなく、木内さんの話には出てきませんが、霊的次元の諸説も気になりますね。

予想される混乱と欠乏の時代に、聡明なる魂存在として気高く生き続けられたら、たとえ見かけはボロボロになっても、霊魂ゲームの勝者といえるでしょう。

Re: No title

FUJICOさん

>自分の五感のみならず六感までもフルに使っていく、忘れた感覚は必要を迫られて戻ってくると思います。

そうですね。
第六感を磨き、新たな時代にチャレンジしようと思います。
マスコミ情報を遮断するだけでも効果がありますね。

calseed

Re: 宇宙人の決意

> 何があっても”地球”を滅亡させはしない。
>
> 地球人のカルマは地球人が自己責任で精算すること。
>  第二次世界大戦後の複数の局地戦で、原爆使用が真剣に計画されたにも関わらず、宇宙人の密かな働きによって阻止されたという事実があります。今後、中東で限定核戦争が勃発しても、我々の知らないところで全面核戦争は阻止されることでしょう。

そう願いたいものです。
ただ、少なくとも数年にわたって三つ巴戦が続きそうなニュアンスですから、世界的に疲弊しますね。

> 沢山のパラレルワールドからどれを選択するか、地獄の未来か?、栄光の未来か? 現実世界次元の観点だけではなく、木内さんの話には出てきませんが、霊的次元の諸説も気になりますね。

木内さんが30%としていることが、パラレルワールドの存在を示しているのでしょう。
他の世界は選んではいけないと。
渡しは、霊的次元も基本的に同じことだと思いますが。
表現の仕方が違うと。

> 予想される混乱と欠乏の時代に、聡明なる魂存在として気高く生き続けられたら、たとえ見かけはボロボロになっても、霊魂ゲームの勝者といえるでしょう。

私にはまだ理解できない世界です。
霊魂。
存在は間違いなくありますが、どのような世界なのか?

calseed

始まった?

イトーヨーカ堂受難、中国の反日デモで。
ネット世代の付和雷同が反政府運動に拡大するのか、押さえ込まれるのか、暫くの間注視。

Re: 始まった?

背後で上海閥と米国が操っているのは確かでしょうね。
北京閥がどういう態度に出てくるか?
周近平が中央軍事委員会副主席に選出されるかどうかで、内紛に発展しそうですね。

calseed

はじめまして

 
 はじめまして 
 calseedさんの 「知っとうや」 ワールドに魅せられて
 毎日こちらのブログ拝見しております
 
 特に木内さん関連の記事には興味があります
 本日発売の 「ゆほびか」(スピリチュアル系健康雑誌)
 に木内さんのインタビュー記事が載っていましたよ
 内容はとしては今まで雑誌で見た以上の事は書かれて
 いませんでしたが…

 太古の水、私も飲み始めました 
 今のところ、これといった変化はありません(特別悪いところが
 あって飲み始めたわけではありませんので)
 ですが、ペットの猫には良かったようです
 うちの老猫、ひどい便秘症なのです
 飲ませはじめたらかなり症状が緩和され現在はいい状態
 になっています 飲みはじめた時期と改善された時期が
 あうので絶対水の効果だと思います
 人間より動物の方が敏感なのかもしれないですね
 
 私はまだ木内さんの講演会に行ったことがありません
 ぜひ1度いってみたいです

 これからもcalseedさんの記事、期待しております

 
 
 
 
 
 
 
 

Re: はじめまして

丸水晶さん

ありがとうございます。

>「知っとうや」 ワールドに魅せられて

これもコメントしてくださる読者のおかげです。
何なりとコメントください。

>  特に木内さん関連の記事には興味があります
>  本日発売の 「ゆほびか」(スピリチュアル系健康雑誌)
>  に木内さんのインタビュー記事が載っていましたよ
>  内容はとしては今まで雑誌で見た以上の事は書かれて
>  いませんでしたが…

初めて名前を聞いた雑誌です。
本屋で見てみます。

>  太古の水、私も飲み始めました 
>  今のところ、これといった変化はありません(特別悪いところが
>  あって飲み始めたわけではありませんので)
>  ですが、ペットの猫には良かったようです
>  うちの老猫、ひどい便秘症なのです
>  飲ませはじめたらかなり症状が緩和され現在はいい状態
>  になっています 飲みはじめた時期と改善された時期が
>  あうので絶対水の効果だと思います
>  人間より動物の方が敏感なのかもしれないですね

私も毎日飲んでいます。
体調は間違いなくいいですね。
体調が悪い人には特にきくようです。
太古の水は不可知さんが詳しいです。

>  私はまだ木内さんの講演会に行ったことがありません
>  ぜひ1度いってみたいです

私も講演会に行った事がないのに偉そうに書いています。
ただし、年内に木内さんとお会いする予定です。
今から楽しみにしています。

>  これからもcalseedさんの記事、期待しております

当分は続けるつもりですが、あまり期待しないでください。(笑)

calseed

No title

 循環型文明の型を持っているのは現状においては西欧と日本くらいで米はやっと目を向け始め中国は問題外。
だとすると中国は崩壊してもらわないと循環型文明の萌芽を持った日本が失われることになります。

Re: No title

ぬるぽさん

コメントありがとうございます。
中国は循環型社会に対応できないからほろんでいく運命にあるのでしょうね。
西欧は自分たちの事しか考えていないから、結局、日本が発信するしかない。
それが世界の雛型の根拠だと考えています。

calseed

台風13号の進路

日中関係の悪化している、このタイミングで巨大な台風13号が進行というのは出来すぎてませんか?次のテーマで『人工台風』を取り上げて欲しいです。よろしく。

Re: 台風13号の進路

あれこれさん

やはりそう思われますか。
あやしいですね。

テーマ「人工台風」は考えてみますが、少し時間ください。
次回は無理なのですが、近いうちにチャレンジしてみます。

calseed

No title

私も台風に違和感を感じてます。
この前、インドと台風を小さくする技術の特許を取った
とか。
こんな発表して台風を起こせると暴露してるようなものだし。
問題を起こしてる、起きている地域でタイミングよく地震や台風が起きてるのがずっと気になってました。
私の住んでいる地域では災害がほとんどないです。
問題が何もないから(笑)

Re: No title

そらさん

ありがとうございます。

そらさんも霊能力が備わった方ですから、台風が気になると言うことは、
人工的なものに間違いないですね。

やはり中国から目が離せないようです。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策