スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍人

宇宙人や異星人、地球外生命体・・・・

呼び名はいろいろありますが、私はこれらの存在は、他の星に存在すると言うよりも別次元に存在する生命体だと考えています。

夜空に輝く星は、3次元の世界での見え方であって、実際の星は太陽系の星とは全く異なる世界なのだろうと、夜空を見上げながらいつも考えています。
どのような状態なのか想像もつきませんが。

木内氏に言わせると、地球も含めた宇宙の全ての存在は、元をただせば、すべて一つの意識から造られたそうです。
何が何やら、ますます分からなくなってしまいますね。


私は、いわゆる宇宙人以外にも、別次元にはなど他の生命体も存在するであろうと考えつつあります。

龍のような高尚な生命体だけでなく、チュパカブラと言われるような低級な生命体も含めて。

<WIKI:チュパカブラ>
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%91%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%A9


人類誕生には宇宙の存在が関わったことは間違いないと考えていますが、特に日本人の祖先、倭人の誕生には龍が何らかの形で関わっているはずと思っています。

しかし、これに関する情報は、ほとんどないのが実情ですので、想像するしかありません。
龍に関する記事を書いているのは、少しでも本質に迫りたいからです。

<龍の国>
  http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-105.html
<八大龍王>
  http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-111.html

私が倭人と龍が関係あるのではないかと考えはじめたのは、あるサイトの記事からです。
このサイトの管理人は、サイト名やURLを出すことは禁止としていますので記事の一部だけを転載します。

~転載開始~

【龍人】
 爬虫類人といえば、デーヴィッド・アイクが有名ですが、別に彼が語らなくても、ずっと以前より龍に変身する人間の話はありました。真実を追求する内に、語らねばならない一つの要素に過ぎません。中国の皇帝は竜の血を引くだけあって竜人の姿として現れる事もありました。日本でも神武天皇の母は玉依姫という竜神です。清姫伝説では、結婚してあげると子供の頃に言ったが、蛇の姿を見て恐れるという話です。ギリシア神話にもゼウスが龍に変身して女と交わる話があります。恐らく、各地の神話伝承、即ち古代の歴史に繋がる話は、全てといっていい程、龍の姿に変身する神や龍の血を引く権力者の話なのです。
 龍人といっても、東洋の龍は神聖な神に近く、西洋の龍は邪悪で邪龍・悪魔と呼べます。日本には浦島太郎の話があります。いじめられる亀を助けたら、正体が龍である乙姫様の宮殿(異次元)へ招かれたという話です。爬虫類人・亀は乙姫という説もあります。
・・・・・・・・・・・
どうしてここまで多いかというと、神話や昔話が既に爬虫類に変身する話ばかりで、宇宙人・龍人がいた頃の話が神話なのです。「爬虫類人だなんて、デーヴィッド・アイクは頭がいかれている」とか語る人もいるが、各神話や歴史に繋がる伝承、そして古代の遺跡に現れる壁画や置物の存在に無知なだけというわけです。私も最初はあまりなじめなかったものの、実はそういうゲームや漫画をいくつも見ているのを忘れており、「ドラゴンボールは第一話から読んでたし、ドラクエは全シリーズやってるのに、俺は何を考えていたんだ~」となりました。また、各地の神話や遺跡に無知だった事を知りました。調べれば調べる程に証拠だけが積み上がっていく状況です。

~転載終了~


私はこの記事がデーヴィッド・アイクの著書を読むきっかけとなりました。
それで次の記事を書きました。

<ダイアナ妃の謎>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-22.html

ただし、今ではアイクの唱える闇の支配者がレプティリアンとかダイアナ妃がノルディックという話しはウソだと考えています。
10のうち9が真実で、1がウソ。
ダイアナ妃が暗殺されたのは間違いないと思いますが、レプティリアンやノルディックはウソ情報と思っています。

話を本題に戻すと、この記事では異次元の生命体龍人が日本や中国に大きな影響を与えたと断言していますね。

ちなみに初代天皇神武天皇の母親が龍であったという話しは聖徳太子が編纂したとされる『先代旧事本紀(せんだいくじほんき)』に書かれています。
聖徳太子が編纂しているくらいですから、何らかの信憑性があるのではないでしょうか?

皇室の祖先が龍である!
私はこの記事がずっと気になっていました。

その後、当ブログでも龍を見た方のコメントがあったりして、私の中では、ますます龍人が存在した可能性が高まっていました。


そんな折、つい先日、浅川氏のHPにこの龍に関する興味ある記事が掲載されました。

http://www.y-asakawa.com/tansaku-2010/10-togakushi1.htm

「龍蛇族と人間との葛藤」というサブタイトルです。
以下、一部を転載します。

~転載開始~

地球にまだ人間が登場しない太古の昔、波動の高く清らかな地上界では、龍蛇族が自然と一帯となって暮らしていた。 その経緯については、このシリーズを最後まで読まれれば納得されるはずである。その後に悠久の時を経て登場するのが人間である。

やがて彼らは地球の支配者となり、奢(おご)りの心で自然をないがしろにし始めた。それを一番怒ったのが龍人たち。幾度となく争いを繰り返していたが、いつしか龍蛇族の姿が地上から消え始めた。

彼らは決して戦に敗れたからではない。時代を経るに連れ次第に高まる人間たち心に蔓延していった憎悪心や敵愾心。そうした強烈なマイナスエネルギー を浴びることは龍蛇族にとって、避けがたい苦痛であったからである。波動の高い聖者や修行者が、争いの絶えない娑婆世界から遠く離れて、聖なる地に身を寄せるのと同じ原理である。

~転載終了~



浅川氏は龍蛇族と表現していますが、人類が誕生する前の地球では龍蛇族が暮らしていたとしています。
私は、これまで浅川氏の著書やHPはかなり読んできましたが、確か龍に関する情報は今回が初めてのように記憶しています。
従って、驚きと新鮮さを感じました。

浅川氏がこの龍蛇族の情報をどこから仕入れたのが気になります。
ペトル・ホボット氏からでしょうか?

龍蛇族は人類の登場後、人間のおごりから生まれるマイナスエネルギーに嫌気がさして、地球を去ったとしています。

それがいつ頃のことなのか?
いまだ私の中では深い謎である約5~6千年前の第3の文明時代なのではないのか?

神社と龍の関係を考えるとこの時代ではないかと想像しています。

さらに転載します。

~転載開始~

それから長大な歳月を経て、地球が大きな変革の時を迎えようとしている今、彼ら龍蛇族たちは再び地球に戻り、汚れきったこの地を浄め始めようとしている。 このままでは、地球という生命体そのものが命を失うことになってしまうからである。

地球を我が物顔に治めてきていた輩にとって、いま一番の恐れは、龍蛇族の帰還である。龍蛇族が一番いやがるのが、人間の持つ恐怖心や憎悪心であることを熟知している地球の支配者たちは、この世から憎しみや恐れを無くしてしまっては、彼らに太刀打ち出来ないこと はもとより承知である。

それゆえ、彼らがいつの世にも必ずまき散らしてきたのが「恐れの心」や「敵愾心」、「憎悪心」である。いつまで経っても戦争が止まず、世界中至るところで争いが続いているのは、龍蛇族の再来を防ぎ 、その力をそぐために彼らが散布している毒薬のためであったのだ。

龍蛇族帰還の時の迫ったことを知る地球の影の支配者たちはが、先手を打って本格的な行動に出たのが世界を震撼とさせた「9・11テロ事件」である。9・11テロの裏には、石油権の獲得や兵器の在庫一掃などを目的とした中東派兵 といった一面もあるが、一番の狙いは、アルカイダなるテロ組織を登場させ、世界中の人々に恐怖心と憎しみを植え付けることであった。

8年前のテロ事件以降、イラク、アフガン、パキスタンをはじめ、世界中で起きている自爆テロなどもみな彼らの戦略 の一環で、それらが世にどれほどの憎しみと恐怖心をまき散らしているかを考えれば、彼らが魔神と手を結んだ恐ろしい姿が見えてくるはずである。

~転載終了~


私がこの記事で一番興味があり、かつ理解できないのは「龍蛇族たちは再び地球に戻り、汚れきったこの地を浄め始めようとしている」という点です。

浅川氏以外でも2012年のアセンションに関して「2012年を前に闇の勢力は時間がなくあせっている」という表現をよく見かけます。

時間がない理由は、一説には宇宙人やアヌンナキが地球に帰還するからと言われています。

私は、これに関しては全く信用できません。


一方、スピ系では霊界や幽界が押しつぶされ小さくなっており、そこにいる地球を実質的に支配している闇の生命体が押しつぶされそうになっていると主張しています。

仮に霊界や幽界が存在したとして、それらが何故小さくなっているのか、私にはその理由がよく理解できません。


浅川氏の記事の龍蛇族には大変興味があるのですが、本当に彼らが地球に帰還するのか?
明確な理由を知りたいですね。

911テロを偽装したのは、闇の勢力が人類のマイナスエネルギーを膨らませ、それを嫌う龍蛇族を帰還させないためとなっています。

しかし、それならば2つの世界大戦の方がより大きな地球の危機だったし、マイナスエネルギーだったはずです。

当時も龍蛇族の帰還が計画されていたのでしょうか?

この点が私にはクリアではありません。

浅川氏のこのシリーズの連載は続くようで「最後まで読めば納得する」と書かれています。
是非、次の記事に期待したいと思います。

いずれにしましても、龍人、龍蛇族はなんらかの形で日本に関わってきたのだと思います。


[追申]

最近、いろいろな神社を参拝するようになりました。
これまでは何となく参拝していたのですが、時代背景など注視して神社を観察するとやはり古代日本は特殊であることが読みとれます。

特に神社の元来の信仰形態である磐座(イワクラ)など、自然の巨石や洞窟を利用した神社には、龍人の関わりがあるのではないかと感じます。

つい先日、パワースポットを求めて雲仙に行ってきました。
雲仙岳の中腹に岩戸神社という半洞窟の中に小さな社殿が設けられている神社がありました。
ほとんど知られていないようですが、パワースポットブームの現在ではちょくちょく訪れる方がいるようです。

誰もいなくてかなり寂しい雰囲気でした。
パワースッポトとしてはかなりものものがありました。

iwato1.jpg

iwato4.jpg

iwato2.jpg

iwato3.jpg

iwato5.jpg

この洞窟以外にも4つの洞窟があり、これらは縄文時代の住居ではないかと書かれています。
神秘的ですね。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル :

コメント

非公開コメント

質問

はじめまして、calseedさん。

NANAと言います。

私も、calseedさんと同じように、木内鶴彦さんの情報に対して、信憑性を感じ、様々な情報を探し回るうちに、こちらのブログに辿りつきました。

木内さんの「説」を妄想と言い切る向きもあるようですが、古代の地球は重量が今よりも、軽かった。それは、月となる彗星から水が降り注ぐ前だったから、等は妄想にしても、なかなか説得力あるものです。それは、恐竜の様な大型生物は、今の重力では素早い動きが出来ない、という説を以前別の本から得ていたためです。

また、スピ系のように壮大過ぎる物語よりも、木内さんが語る「すべては意識である」、「退屈しのぎにすべてを創造した」というものに説得力を感じます。それは、「真理」は意外なほど、シンプルなものであるという、直感に支えられています。


実は、今までずっとROMをしていたのですが、以前からずっと頭から離れない事柄があり、

これについて、高い見識があるcalseedさん、特殊な能力者の「あれこれ」さん、そして、木内さんに近く、様々なことがらに精通していらっしゃる「不可知」さん等のご意見をお伺いしたいという欲求が押えきれなくなりました。。
(不可知さんには、「木内さんはこれについてどう言っているのか、も合わせて教えて欲しいです」)

それは、「思考盗聴」というものです。
当初、「思考盗聴」というものをインターネットで見つけましたが、荒唐無稽すぎて、拒絶反応を起こしてしまっていました。

しかし、911テロのウサン臭さ、メディアの偏向、学校教育のおかしさを知るに及んで、「常識なるもの」が、つくられているにすぎないと考えるようになりました。

ですので、「思考盗聴」というものが、統合失調症の可能性もあると思いますが、実際に「兵器」としても存在し、その被害者もいるのではないかと考えるようになりました。(アメリカのCIAによるMKウルトラ等の様に。)

仕組みを簡単に説明すれば、「超能力で使われるエネルギー(特殊な電磁波)を応用した、電磁波兵器」というものみたいです。

その兵器を使って、
①対象となる人の頭で思考していることを読み取ったり、②その人だけに聞こえる声を発したり、③対象に危害を加えたり、④さらに、マインドコントロールし、対象をリモコン操作まで出来ると主張する、ブログ、本等もあります。

calseedさんが以前お書きになった、長崎の超能力者の超能力を兵器化したイメージでしょうか。


参考)「ヘブライの館2」にもその様な情報が書かれています。

ヘブライの館 2
ヒトラーの「超人思想」の謎
■■■第9章:「新人類誕生」の実現を目指していたヒトラー
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha100.html

ヒトラーの「究極兵器」と「マインド・コントロール」の謎
■■■第5章:恐怖の「人格改造兵器」=「洗脳兵器」
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha666.html


calseedさん、不可知さん、あれこれさんは、これについてどう思いますか?

①兵器として存在する。
・存在するのであれば、個人として、どうすれば良いか。防ぐ手立て、等。

②兵器として、将来的に作ることが可能である。
・どの程度の年数か。

③統合失調症の戯言にすぎない。

等、お答えを頂きたいです。

木内氏によれば、宇宙人が存在するとのことですね。また、地震兵器なるHAARPという特殊な電磁波を生成、照射するものもあるのなら、この、「電磁波兵器」も荒唐無稽として、切って捨てることは出来ないと思い、質問させていただきました。


よろしくお願いします。


参考書籍)ニューロ・ウォーズ―脳が操作される世界 ザック リンチ (著)、 マインド・コントロールの拡張  浜田 至宇 (著) 、 アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化  小出 エリーナ (著)

Re: 質問

NANAさん

記事を読んでいただきありがとうございます。

私は木内さんの事をほぼ100%信用しています。
あれだけの話を妄想と言えるわけがありません。
二度の臨死体験のタイミングは、創造主の采配と考えています。

ただし、人類の未来を変えたくない(人類自らが考えるという意味)ため故意にぼかしたり、否定したりして話をしている部分もあるそうです。例えば宇宙人についての話とか。
私は一部矛盾を感じていたのですが、最近はそのあたりの謎が解けて来たと考えています。
もちろん、信じる信じないないは個々人の自由ですからいろいろな意見があっていいと考えています。

「思考盗聴」は知りませんでした。
これは不可知さんにコメントしていただけると思います。

ただし、テレパシーは間違いなく存在しますし、米ロは超能力者をかかえて兵器を開発しているようですから、あり得りますね。

今後ともよろしくお願いします。

calseed


オリオン座

数年前の冬のある夜、オリオン座のリゲルを眺めてから寝ました。
その夜の夢、いよいよ人類が滅亡してしまうのか!という状況で絶望感を持った時、夜空を見上げると緑色に光る円盤が滞空していて、中にいるグレイ宇宙人が一人、黒い大きな目で無感情に私を見つめていました。(我々の滅亡を観察してるだけ)

解釈:リゲル星系と感応したとして。
1. リゲル星系で文明の自滅があった。
2. ヒトに恐怖心を植え付けるプログラムの一環。
3. 私の未来世、もしくは他次元存在との遭遇だった。

龍人、龍蛇族というのはグレイ系宇宙人と解釈していますが、過去はどうあれ、地球救済の努力をしているようです。黒龍江の辺りには、低次元存在が居たらしい。既に駆逐されたとのこと。

Re: No title

Faithさん

コメントありがとうございます。
私もアセンションに関して部分的には否定するものがあります。
ただし、それ以外の部分では信用している部分も多いです。
TVに出たのはまずかったかもしれませんが、内容は大したことありませんでしたね。

今後ともよろしくお願いします。

calseed

No title

calseedさん、返答をいただきありがとうございました。

私も、木内さんのお話を、木内さんの人柄をラジオ、YOUTUBEの動画から察するに、嘘をつかれる方と考えにくいことから、かなりの程度信じています。

また、人類の選択のために意図的にボカして表現せざるを得ないというのにも、納得です。

私の文において、木内さんのことを、半信半疑である様な印象を与えたみたいで、すみません。

木内さんのお話は、かなりの程度、私の世界観に影響を与えています。

今後も、木内さんに関するお話をお聞かせください。

よろしくお願いします。

Re: オリオン座

不可知さんの見られる夢はスピ的にレベル高いですね。(笑)
私はいまだにそのような夢は見ません。
真剣にスギライトを買おうかと考えています。

龍人はグレイ系なのですか?
それはびっくりです。
全く容姿が違いますが、変身しているのでしょうか。

calseed

Re: No title

NANAさん

> 私の文において、木内さんのことを、半信半疑である様な印象を与えたみたいで、すみません。

いえ、ご心配なく。全くそういうふうに感じていません。
私は木内信者(新興宗教的な意味)ではなく、本来の人類の生き方は何かという木内さんの考えに共鳴しています。


> 木内さんのお話は、かなりの程度、私の世界観に影響を与えています。
> 今後も、木内さんに関するお話をお聞かせください。

木内さんのお話しは、残念ながらオフレコなので詳細は書けません。
他にもビックリするような話があるようです。
従いまして、私は、木内さん情報の各テーマについて、自分なりに調べたり、他の方から情報をもらったり、また、他の方の信憑性の高い情報を総合的に勘案して、記事を書くようにしています。

もちろん、間違った方向に行く可能性もありますので、そのあたりは読者からご意見をいただき修正しようかな、というスタンスでいます。

一人の頭で考えても真実は見えませんから。

是非、今後ともご意見いただければと存じます。

calseed

NANAさん

初めまして。
大変興味深いテーマをご紹介頂きました。

この件に関して私はkさんと話題にしたことがありません。

しかし別方面からの、サイキック情報では、このようなテクノロジーは
既に開発されているとの事です。
電磁波応用らしいですが、恐らく米軍開発・CIAレベルの兵器?
なのでしょう。ご紹介のサイト情報も非常に参考になりました。
ただ、国内では具体的にどの組織が如何なる目的で使用しているかなどの情報は持ち合わせておりませんので、推測になってしまいます。
ご紹介の参考文献の他に、被害状況についての本も出版されているようですが。

>�兵器として存在する。
>・存在するのであれば、個人として、どうすれば良いか。防ぐ手立
>て、等。

存在すると思います。防御手段については知りません。
 
>�兵器として、将来的に作ることが可能である。
>・どの程度の年数か。

すでに利用されていると思います。イラク戦争で密かに実験してる?

>�統合失調症の戯言にすぎない。

ややこしいことに精神障害の症状と似ている可能性ありますが、
自分の考えてることがスピーカーで人に知らされている等の
「思考漏洩」 なら病気の症状と思われます。本物の霊的憑依現象も
混じっている可能性も否定できません。

 具体的に如何なる社会現象、事件がこのようなマインドコントロールテクノロジーによるものなのか?米ロの熾烈な超能力ウォーの一環なのか?はたまた宇宙人がらみなのか? 興味は尽きませんね。


良く似た技術

「思考盗聴」では無いですが、良く似た技術に『投影』があると思います。男の子なら3歳ぐらいまで、女のコなら2歳ぐらいまでしか通用しません。方法は小動物の絵を凝視して思考内で立体化させます。次に動きを加えて額から空間に映し出します。乳幼児がそれを掴もうとすれば成功です。泣いている赤ちゃんには非常に有効です。これは乳幼児の目などの感覚器官が未発達であるためで、成人には通用しません。

年末までに

一回、木内さんと会えるかも知れません。私のスケジュール調整次第ですが。

 今月末には都心へ出掛けて宇宙情報を仕入れて来る予定です。

人類発生前、恐竜・爬虫類が地球の主要生物であった時代が長く続きました。この頃に、恐竜の霊界ってあったのだろうか?と考えたりします。ドラゴンは恐竜にとっての霊、天使だったかもしれません。ドラゴン霊は現在も地球に存在している、、、、。

 それとは別に、宇宙から地球へ太古、爬虫類系・恐竜系知的生物が到来していたと想像します。(アヌンナキだけでなく)
 人類と混血できたかどうか、DNAを混ぜたかどうかは別のテーマですが。

現在の通称としてグレイ宇宙人と記しましたが、本来は「ペル」という名称で括られる存在と思います。これらによる干渉は、ペルシア、ペルー、ペルガモン、ペルセウス等、地球人の文化の中に残って居るようです。
 数年前kさんから聞いた話に、ペルセウス座の方向に未知の発光体(天文現象?)が観測されている、というのがありましたが、サイキックによればペルの仕業と。

 レプティなんとかについては低レベルで危なくて言及したくありません。シェイプシフトは人間の超能力者でも可能と思われます。私は明晰夢の中でシェイプシフトできました(笑)。

calseedさんにリクエスト、「八咫烏」の続編、「心御柱の謎」をいつか是非に。



Re: 良く似た技術

『投影』とは初めて聞きました。
心理学用語のようですね。
勉強になります。
calseed

Re: 年末までに

> 一回、木内さんと会えるかも知れません。私のスケジュール調整次第ですが。

フォーラムソラですか?
私は今年1度は参加してみようと思っていましたが、仕事の都合がつかず行けませんでした。
今後、東京出張が増えそうなので来年はチャンスがあるかも知れません。
もし、お会いしたら情報お願いします。

> レプティなんとかについては低レベルで危なくて言及したくありません。シェイプシフトは人間の超能力者でも可能と思われます。私は明晰夢の中でシェイプシフトできました(笑)。

人間でシェイプシフトが可能なのですか?信じられませんが。
ヒューマノイド型宇宙人なら納得できますが。


> calseedさんにリクエスト、「八咫烏」の続編、「心御柱の謎」をいつか是非に。

飛鳥氏の著書読みました。
どこかで記事にするつもりでいましたが、キリスト教の知識が関わってきますね。
その前にやはりイエスについて書かざるを得ないかなと思っています。
宗教的でデリケートな問題なので慎重になっているのですが。

calseed

イエス

シェイプシフトとは違うようですが、イエスが山で恍惚状態になり容姿がエリア、その他過去の偉人に変容したと聖書にありますね。

ヒューマノイド宇宙人=エル、別人の様な容姿に一定時間シェイプシフト出来るようですね。x-ファイルでそんなシーンのあった事を思い出しました。龍人が人間にシェイプシフトしている、という本を数冊読みましたが、私には生理的に合いません。ゲリーの本に英国人女性で鳥にシェイプシフト可能なケースがでてました。

返答ありがとうございます。

calseedさん、不可知さん、あれこれさん。

返答ありがとうございます。

>サイキック情報では、このようなテクノロジーは
既に開発されているとの事です。

そうでしたか。

>被害状況についての本も出版されているようですが。

>防御手段については知りません。

単なる一般人を標的にしているというのは、大変怖いですね。
是非とも、防衛手段を知りたいものです。

不可知さん、サイキッカーの人は、特殊な人だと思いますので、一般人より危険にさらされることも多いと思うのですが、どういった自衛手段を講じているのでしょうか?

是非とも、お知り合いの方から、聞かれていることを教えて欲しいです。

Re,防御手段

あくまでも私の知っている範囲ですが、

一般的に能力者の辿るコースとして、

1自滅する(反社会的行為、自し)、
2大企業・権力者に囲われる(庇護される代わり他で活動する自由無し)、
3身を隠す。
4自由に社会活動する。

一番能力のあるのは4のタイプ。自分で政財界官界皇室の有力な人脈を作り、がっちり回りを防御され、情報も豊富に獲得して本名で社会活動している。本人の超能力でおかしな人が近づけないようにしている。もっとすごいのは、地球に来ている進化した宇宙人からガードされているケースもある、らしい。
 よって身元を隠して活動しているような人は、能力的に一段劣ると判断します。

もっとも、社会的知名度はあっても絶対に自宅は明かさない。精神に障害のある人物からストーカーまがいの付きまとい、頻繁な電話を受ける等、大変なことも多そうです。(霊的攻防については知りません)

不可知さん

不可知さん、早速の返答ありがとうございます。

私は、身の回りに特殊な能力を保持する人がいないので、そういった力がある人と交友関係を結べているのは、なんだか羨ましいですね。

好奇心をくすぐられます。

>本人の超能力でおかしな人が近づけないようにしている。

これは、「思い」で結界等を作るのでしょうか?

一般人でも、無事で過ごせるように、「お祈り」をしますが、一般人のそういった、「お祈り」にも、効果があると気休めになるのですが(笑)

質問ばかりで、申し訳ないのですが、そもそも、能力者と、一般人とではどういった点に違いがあるんでしょうか?

いわゆるチャクラ等が開発?されていると力を持つに至るのでしょうか?

そうであれば、是非、修練方法を知りたいものです。


これからの能力開発

自分は幸福である。如何なる状況にあってもそう感じていられること。
その様な心的状態が重要です。満ち足りた感情で生きていると、自然に能力が開花すると学びました。
誰にでもチャンスあります。

不可知さん

不可知さん、ありがとうございます。

>自分は幸福である。如何なる状況にあってもそう感じていられること。

「如何なる状況であっても、幸福を感じる」、今後心掛けてみます!

>その様な心的状態が重要です。

「心的状態」・・・やっぱり、気持ちのもちようが、大切みたいですね。

様々なことをお答えいただきありがとうございました。

天気予報

能力開発にあたり天気予報から始めて見ていかがでしょう?何時に降るかが判るようになれば、能力があると言えますね!

Re: 天気予報

あれこれさん

> 能力開発にあたり天気予報から始めて見ていかがでしょう?何時に降るかが判るようになれば、能力があると言えますね!

あれこれさんは、そのような能力をお持ちなのですか?

また、ダウジングをどう思われますか?
私は三日坊主であきらめましたが。

calseed

今年のノーベル賞予想

ブログ記事とは無関係ですが、時期ですので一言。

ノーベル医学生理学賞
清水信義 慶應義塾大学名誉教授
ヒトゲノム、22番染色体塩基配列解読。

だったら凄いです。

Re: 今年のノーベル賞予想

最近のノーベル賞は闇の勢力が政治利用している気がしています。
2年前、3人の日本人が受賞しましたが、あれはリーマンショック後、米国が日本に金を出させるためではないかと思っていますし、オバマの平和賞に至ってはいわずもがな。
経済学賞なんて世界支配のためですね。

だからと言ってまじめな科学者の研究成果を否定するものではありませんので。

calseed

Re:天気予報

台風以外なら誤差1時間ぐらいで予測可能です。それに降り始め30分前ぐらいに空気が変わるので分かります。

ダウンジングは普段土いじりなどをして大地とつながっていないと難しいので、私には無理です。

Re: Re:天気予報

ご回答ありがとうございます。

現在の人類は、あまりにも科学が発達したために、そういった能力が退化したのでしょうね。
これは決して超能力ではないのでしょう。
自然と常に触れ合うことが重要なのですね。

calseed

No title

龍人間・・・・私もデービッド・アイクのほんを読みましたが、・・わからない・・・というのがほんとうのところですが、龍人間に関しては、
宇宙全史には、人間と恐竜と恐竜人間とが存在した。ということになっております。恐竜人間は、邪悪で人間を食べていたそうです。
 なかには、人間と共存したものもいたそうです。そう、恐竜人間は、身体能力は恐竜ですから、人間がかなうはずがありません。
頭脳は人間でありますから互角・・つまり恐竜人間に哺乳類型人間がかなうはずがありません。神様です。しかし、恐竜人間には、欠陥があったそうで、霊界との通信(チャクラの開発といっても高次元の通信はできず、低次元の邪悪なものとの通信のみしか、できなかったようです。)そのため地球での生存は許されなかった。ということになっております。そのため龍人間は、恐竜人間なのではないでしょうか?という考えもあります。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策