スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピラミッドの謎

世界最大級の不思議と言えばギザの3大ピラミッドですね。
このピラミッドは、最大のものはクフ王の墓とされており、今から約4500年前に建造されたのではないか、というのが定説です。
人力で20年から30年かけて作られた、というものです。
本当なのでしょうか?

ピラミッドの研究に関して、日本の第一人者と言えば吉村教授ですが、これに疑問を持っている浅川嘉富氏が書いた「謎多き惑星地球(上)」には、ピラミッドについて独自に調査したユニークな推測内容が書かれています。

まず、建造方法ですが、人力だけで到底建造できるものではないようです。
本の中で、大手ゼネコンの大林組が、クフ王のピラミッドと同様なものを現代技術で建築する場合のシミュレーション資料が掲載されていました。

それによると、世界最大級の500トンクレーン、30トン級ブルドーザー、円板カッター、油圧ジャンボドリル、200トン級トレーラー等など、
現代の最高水準の技術をふんだんに使っても、完成までに5年かかるとそうです。これには、今も良く分かっていないピラミッドの地下室部分については、考慮されていません。
建造した当時、相当発達した測量・建造技術があったのは確かのようです。

詳細は、浅川氏のホームページにも記載されています。
http://www.y-asakawa.com/message/report-egypt1.htm#エジプト古代史とピラミッドの謎

次に、建造年代ですが、浅川氏は、ピラミッドのそばにある、ほぼ同年代の建造物とされているスフィンクスをヒントに推測しています。
スフィンクスには、雨水(洪水)で浸食した痕跡が見られるそうで、気候変動を調べることで建造年代を推測しています。

エジプト地域は、かつては現在のような乾燥した砂漠地帯ではなく、降水量が多い時代があったそうです。
それは、紀元前9500年以上前のナビタン多雨期と言われる時期のようです。
この時期に大雨による洪水が起き、スフィンクは浸食されたのではないかと推測しています。
従って、ピラミッドの建造年代も、今から1万1500年以上前ではないか、と結論づけています。

一方、臨死体験の木内氏も非公式な情報ながらピラミッドに触れています。
建造年代は、以前書いた1万5千年前の『月の誕生時の大洪水』の後で、今から約1万年前(伝聞なので正確ではありませんが、大差はないと思います)のようです。

木内氏は、臨死体験の後、実際にピラミッドを何度も訪問し調査しています。
建造年代については、どうもオリオン座の位置で推測しているようです。
ギザの3大ピラミッドは、オリオン座の中心にある3つの星の位置と対応するように作られたという伝説があります。
しかし、現在のピラミッドとオリオン座の中心の3つの星は、地球の歳差運動によって春分点での位置が、かなりずれており、一致しないそうです。

そこで、木内氏は得意の天文知識を使って、ピラミッドとオリオン座の中心の3つの星が春分点でピッタリ一致するかどうか調べたようで、その結果、約1万年前(前後のずれはあるかもしれません)の時代に合致したようです。
浅川氏の推測年代とはそれほど離れておらず、現在の定説よりはるかに古い事になります。

ちなみに、月の誕生による大洪水の後、生き残った一部の人たちが、山を下りて文明を再興していくようですが、大洪水から5千年程経過した約1万年前頃は、エジプトやメソポタミア、インカ、マヤあたりでは、かなりの文明まで再興したようです。
これは、浅川氏も独自の調査結果からそのように判断していますし、他にも同様な意見を持っている方がいます。

ということは、歴史を整理すると、
約1万5千年前に月の誕生により、大洪水が起きて地殻変動が生じた。
それによって地球上の大陸と海の構造は大きく変わり、アトランティスや、レムリア、ムーといった高度な先史文明が滅亡した。
このとき恐竜も絶滅した。

その後、生き残った人たちが、数千年かけてエジプト超古代文明(エジプト神話の世界?)、シュメール超古代文明(バベルの塔の世界?)、マヤ文明(マヤのピラミッド文明?)などを再興した。
ピラミッドもこの時代に建造されたのではないか。

しかし、これらの再興文明も今から数千年前(5千年から1万年前?)に、別の地球規模のカタストロフィーによって再度滅亡した。

私は、このときのカタストロフィーが、聖書に出てくる『ノアの大洪水』ではないかと考えています。月の誕生による大洪水とは別と考えた方が、歴史上の辻褄があいそうです。

その後、現在、我々が教えられている約5千年前の文明発祥の歴史につながっていくのではないか、と考えています。

話をピラミッドに戻します。
木内氏によるピラミッドの建造方法は、衝撃的です。

詳細は分かりませんが、当時は何百トンという大きな岩でも簡単に持ち上げられる特殊な技術があったそうです。それを使い短期間でピラミッドを完成させたようです。

これは、おそらく、現代でもいまだ実用化されていない反重力エネルギーと言われる技術ではないのでしょうか?
(実際にはすでに開発されているが、闇の勢力によって封印されているとの噂)
反重力エネルギーについては、以下を参照してください。
http://quasimoto.exblog.jp/9647935/

また、ピラミッドを構成している一つひとつの大きな石の立方体は、人がノミを使って切り出しものでもなく、巨大なカッターで切り出しものでもないそうです。
一旦、岩を細かく砕き粒子状にし、それを立方体の型枠に入れ、特殊な薬剤を加え結晶化して固めたそうです。
これによって、カミソリの刃が入るような隙もないくらい、正確に重なり合った石段ができたようです。

おそらく、マヤのピラミッド群も同様な技術で建造されたのではないでしょうか。

これらの技術を持った人は、エジプトでピラミッドを作ったあと、数千年かけて中東から中央アジアへ移動し、一部は日本に渡ったようです。木内氏は、彼らを『倭人』と読んでいます。

最後に、ピラミッドの目的ですが、もちろん王家の墓ではありません。
それでは何かというのは、浅川氏も木内氏もはっきり述べていないようです。
ただし、木内氏は、当時の人たちはピラミッドを病院のようなものとして使用していたと言っています。ピラミッドパワーは本当なのかも知れません。

私は、オリオン座と関係があると言われていること、また、火星にもピラミッドが存在すると言われていることから、ピラミッドは宇宙との交信のためか、もしくは、地球の磁場のバランス調整に関係しているのではないかと思っています。

ちなみに、3大ピラミッドは、かつてはすべての表面を化粧版で覆われていたようです。
現在は、2番目大きさのカフラーのピラミッドの頂上付近に一部残っているだけです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89

この化粧版一枚一枚には、過去の人類の歴史か刻まれていたという伝説があります。
化粧版がなくなっているのは、過去の歴史を隠すためかも知れませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

毎回更新 楽しみにしています。

私が幼い頃は、UFOや宇宙人など信じるものが、バカみたいな

空気でしたが・・・あの頃はネットもなかったので皆が

情報操作に操られていたのでしょうね。

恐ろしいですね・・・。

夢に見るピラミッドの作り方

設備は2つのダム、水位上昇を利用した斜行エレベーター、浮力を補うための2機の巨大凧でした。切り出した岩を船に載せ、水位を下げたひとつ目のダムに移動します。船を斜行エレベーターに固定し凧のワイヤーを取り付けます。二つ目のダムの水を注ぎ水位を上げて岩を持ち上げます。持ち上げた岩はオイルを満たしたスロープと凧の力を使って水平に移動します。オイルは岩を溶かす性質を持つ植物の種子からで、滑りと固定はオイルの濃度調整で可能でした。以上が夢で見るピラミッドの作り方です。

Re: 夢に見るピラミッドの作り方

あれこれさん

凄い夢ですね。
もしかしたら、工法はそれに近いかも知れません。
これは、不可知さんに是非、コメントいただきたい内容です。

calseed

高信憑性

あれこれ さんの夢見は凄いレベルですね。過去生の記憶でしょうか。

川を堰き止めて、水位を調節しながら石を積み上げてピラミッド建造したという説、私の知る限り2名のサイキックが既に指摘しています。(他情報でメキシコの遺跡にも水位を基準にした痕跡認められている)

1.Joseph Mcmoneagle「THE ULTIMATE TIME MACHINE」
  (邦題:ジョー・マクモニーグル未来を透視する)

2.サイト「COSMIC CONSCIOUSNESS」中、「宇宙哲学とUFO」79号
  1982年冬  P.14~15

今回、ダムが二つ在った事、凧を利用した事、および、岩石を溶解する液体を使用した事は、あれこれさん のオリジナル情報となりますね。エジプトの岩石溶解液に関しては木内さん情報と類似しており興味深いです。
 
 私としては(リーディング情報を基に)、基礎建造プロセスにおいて超能力による秘教的要素と宇宙テクノロジーの合作説もありと思います。微妙な年代・場所の違いもあるかも知れませんが、マクモニーグルの解釈では15000年から20000年前とか。チャネリング情報にはもっと古い時代というのもありますけど。私自身が過去生想起できればよいのですが、そのうち可能になる?といいですけど。

 それにしても、驚愕のあれこれさん情報、今後も期待致します。

Re: 高信憑性

やはり真実に近いですか。
凄い情報ですね。
夢なのでしょうか?
アカッシク・レコードを見たとか?
最近、驚くべき情報が多いですね。

calseed

凄い夢を見る時は金曜日の夜に寝て、起きたら日曜日の夕方だったように長時間睡眠をしています。早回しの映像を空中から眺めている、そんな感じの夢です。

スフィンクスは2体

ピラミッド建設時にはスフィンクスは2体ありました。ひとつは現存する物ですが、顔は人間ではなくライオンでした。もうひとつは一角獣でした。

これは古い宗教のモニュメントで

『詩篇』第21章第22節の言葉のように

獅子の口から我が身を救いたまえ、一角獣の角から弱き我が身を護りたまえ。

崇められていたと思われます。

2体のスフィンクス

またまた、あれこれさんの超絶情報!

これも真実と思います。もう一体は埋まっている?破壊された?
ピラミッドの頂点を中心にスフィンクスと点対称の地点に秘密の
部屋があり、超情報が隠されているとか。

ピラミッド建設エンジニアの一人であったらしい私と、ひょっとしてお知り合い?笑。

アトランティス情報ありましたら是非御開示お願いします。
夢見情報で本が出せますよ、きっと!

Re: スフィンクスは2体

あれこれさん

凄い能力を持っておられますね。
夢でアカシック・レコードにアクセスしているのだと思いますよ。
2日間も寝たきりというのは、魂いがアクセスに集中しているからではないでしょうか。

今後もよろしくお願いします。

calseed

ピラミッドはオレンジ色

ピラミッドは農業用です。植物にとって有害な太陽光を吸収する事と赤外線の放出です。畑の周りにはアンテナのような柵が見えます。

Re: ピラミッドはオレンジ色

凄いですね。
確かにそういった側面があるかもしれません。
何か心当たりがあるような気がしますので、調べてみます。

ただ、農業用だけでなく、ピラミッドにはいろんなパワーがあるような感じがしています。

calseed

大洪水で海水面が3000m上昇した後の世界に高山に適した作物は無かったはずです。品種改良には時間がかかるし、とりあえずは作物の好む環境を作る事が必要だったと思います。

Re: タイトルなし

あれこれさん

これも夢見ですか?
凄過ぎます。

木内氏説だと2000メートル上昇らしいですが、上昇前もせいぜい1500メートルくらいまでしか植物は茂っていなかったようです。
洪水後数百年は植物が少ない時代だったのでしょうね。

calseed

ピラミッドは意外にお手軽。

以下は過日放送された、エジプト考古学庁の方の研究と調査結果を纏めたテレビ番組(NHKが海外番組を購入)からの情報内容です。

近年、ピラミッドの建造方法と内部構造が解明されつつあります。

一番重要なのは、従来、平地にブロックを延々と並べて積み上げ建設されていたように考えられていましたが、
調査の結果、概ね基本的に大きな岩山をベースに整形してその周囲や上に石灰岩のブロックを並べ上げて行く工法が採用されているのが判明したこと。
コレに依って、基礎地盤の強度の問題と工事期間の大幅な短縮とコストダウンが可能で有ることが判ってきました。
述べ人員や労力も大幅に削減されます。
=よい物件(宗教的、実作業上などの立地条件と岩山の規模とピラミッドの規模のバランス、)を見つける事ができると意外に早く完成可能)
ギザの三大ピラミッドを始め、全てのピラミッドは最初期の階段状ピラミッドの手法を踏襲した技術と工法と構造との事のようです。

それを端的に証明しているのがギザから数十キロ南の高台にある「崩壊ピラミッド」と呼ばれ見向きもされなかった忘れ去られていたピラミッド遺跡。従来の学説を覆す考古学上の大発見。
上物は無く、ほぼ土台の基底部分だけが残る状態。
岩山の上に建築したのがハッキリと分かります。また、巨大な空間の大回廊なども実は明らかに岩山をくり抜いて作られていたのが日月の元に晒されて目の当たりに出来ます。

この失われたピラミッドの主はクフ王の子供で当初ファラオを継いだ方。
政変により、歴史から抹殺されたと言われ、実際史書のファラオの系図からは削除されています。
完成したピラミッドは小ぶりながら標高差の関係で完成時の「頂上のオベリスクの海抜」はギザのクフ王のピラミッドと同じに作らていたと計算されています。
死後早い時期に石材他は持ち去られ他のピラミッドに転用され埋葬された遺体は暴かれ遺棄されたとの事。
おかげで、ピラミッドの実際の内部構造と建設手法が目の当たりに出来る貴重な資料遺跡となっています。

ピラミッドは張りぼて

と言うことは、ピラミッドは基になる岩山の規模により変化する可能性が有ります。
山を四角錘の台形にまず整形。
お客様の目途するピラミッドの高さの三分の二、基底部の形はほとんど同じかやや大きめがヨロシ。

次に岩山に内部の構造物、大回廊や重力軽減の間など他、内部の重要な空間部分をくり抜き掘り下げていき作成。
本物の内緒のファラオの玄室もこの時に作成。最大深さ二~三十メートル以上の巨大な穴、大開口となる模様。

次に、整形した基壇の岩山の周囲に一回りか二周り石ブロックを並べて正確な四角錘の基段部分を作成。(場合によっては岩山の岩肌を整形し剥き身で利用)
後は、この上に順次石ブロックを積み上げ、並べて行く作業が延々と続きます。
積み上がったブロック段の面は段差が無いように仕上げの化粧石がはめ込まれ漆喰等が塗られて綺麗に仕上げます。(ツルツル、ピカピカ?‐?屐?
最後に頂上にオベリスクを安置して仕上げ作業が終了。
石材の上層部への積み上げには土を積み上げ緩やかな坂道を順次造り修羅(そり)を用いて引き上げていたといわれます。
木製の起重機(滑車の組み合わせ、モチロン人力。)も活用。
同じ原理のモノが現在もあって利用されています。


ピラミッドの建設は一面に多くの労働者を雇用する公共事業、福祉政策であったといわれます。
ちゃんと給料は支払われています。
(タマネギ、塩、ニンニク他)

No title

ギザのピラミッドとスフィンクスの関係も謎とされています。
卵が先かニワトリが先かの堂々巡りの迷宮に入ってしまった感がありますが、
これも近年の学術調査の結果、どうもスフィンクスはピラミッドに付帯した魔除け?の様なものではなくて、
遥か先(九千年以上?)にスフィンクス(=神様。元々の信仰対象?)が存在していて、その近くに王権の象徴としてピラミッドを整備したのではないかと言われるようになっています。
スフィンクスも岩盤をくり抜く、ないしは岩山を成形した模様で、地層の縞模様がその査証との由。

狛犬さんの遥かご先祖さまかと。

Re: No title

たぬき@伊勢の森さん

> 遥か先(九千年以上?)にスフィンクス(=神様。元々の信仰対象?)が存在していて、その近くに王権の象徴としてピラミッドを整備したのではないかと言われるようになっています。

ピラミッドとスフィンクは同時期か、ピラミッドが少し古いくらいで14000年くらい前に造られたようです。
ピラミッドには、磁気安定機能とヒーリング機能があったようです。


> 狛犬さんの遥かご先祖さまかと。

おそらくそうでしょう。
ピラミッドを造った人たちが、シュメール、古代イスラエル経由で、3~4000年くらい前に日本に来て神道を広めたようです。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策