スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙テクノロジー

先日、中央構造線の起点と思われる阿蘇に行ってきました。

阿蘇の火口を見るのはこれで3回目ですが、今回はパワーを感じる目的で行ったのでこれまでの観光気分とは全く異なりました。

次の写真は外輪山の大観峰付近から見た阿蘇五岳。
雄大です。この風景は日本でも指折りではないでしょうか。

真下に見える田畑が本来のカルデラの中の一部だと思うと、阿蘇こそ世界最大の火山ですね。
昔(海水面が低い頃)は九州自体が大きな山脈だったのでしょうね。
外輪山

そして、久しぶりに見る火口。
火口湖がエメラルドグリーンに輝き、蒸気が噴出しています。
最近の阿蘇は火山ガスの濃度が高く、喘息の症状がある方は火口への登山は禁止でした。
阿蘇火口

この火口から物凄いパワーが出ているはずですが、それ以上にこの日は強風でじっくりパワーを感じる余裕はありませんでした。
火口の上空に龍が出現するのではないかとじっと見ていましたが、結局出てきませんでした。(笑)

阿蘇山を下ったところに阿蘇神社があります。
肥後国一の宮で、2000年近い歴史があるようです。
阿蘇神社

この阿蘇神社で気になったのがこの魔除けの龍。
やはり龍と阿蘇は関係が深いようです。
白龍


阿蘇観光はこれぐらいにして、今日の本題は我々が知らない未知のエネルギーやテクノロジーについてです。

これまで触れてきたように、地球上には地球の磁気エネルギーや、太陽や銀河系など宇宙からのエネルギーが溢れているようです。
先ほどの阿蘇の火口からも物凄いエネルギーが出ているはずです。

この無尽蔵にあるエネルギーは近い将来活用されると言われています。
よくよく考えると、我々が頻繁に見る事ができるは物凄いエネルギーを発生させますよね。
あのエネルギーを使えないはずがないですよね。

天才ニコラ・テスラは1800年代にこのフリー・エネルギーを活用する技術を発明しているようです。

<WIKI:ニコラ・テスラ>
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%A9

しかしながら、闇の勢力によってその技術は封印されています。
(これが人工地震兵器とも噂されているHAARPの技術に繋がったようです。)
一説には石油利権を守るためと言われているようです。

テスラ以前の遥か昔、先史文明のムー、アトランティスではフリー・エネルギーを自由に活用していたようです。
当時は、UFOに近い交通システムにより、空を移動していたようです。
鉄道や自動車など、陸地を荒らす交通手段は利用していなかったようです。


この事は、日本の古文書「竹内文書」にも、神代の天皇は天空浮船(アメノウキフネ)と呼ばれる空を飛ぶ交通手段により移動していた、と書かれています。

また、「竹内文書」にはフリー・エネルギーの活用だけでなく、現在、人類が知らない金属「ヒヒイロカネ」が出てきます。
天皇の三種の神器は、宇宙から来た金属ヒヒイロカネで出来ているそうです。

アトランティス時代には、オリハルコンという金属が使用されていたと聞きますが、同じような金属かも知れません。

竹内文書に書かれている事がどこまで真実なのかは分かりませんが、現代では考えられない技術があった事だけは確かなようです。

超図解 竹内文書―地球3000億年の記憶 (超知ライブラリー)超図解 竹内文書―地球3000億年の記憶 (超知ライブラリー)
(1995/03)
高坂 和導

商品詳細を見る



続いて宇宙のテクノロジーです。
先日紹介しましたサイキック秋山氏の著書「優しい宇宙人」には、とんでもないテクノロジーが書かれています。

秋山真人の優しい宇宙人―Sweet Angels秋山真人の優しい宇宙人―Sweet Angels
(2000/10)
秋山 真人坂本 貢一

商品詳細を見る



宇宙人は遥かにテクノロジーが進歩しており、
自由に光を曲げたり、
いろんな形の雲を自由自在に作ることができる。

UFOの飛行原理にも磁気を利用しているようで、
次元間を一瞬で移動することできる(ワープ)。

さらには、秋山氏は、宇宙人にUFOに連れられて、
そこでUFOが重力に反発して浮かぶ原理、反重力装置を見たそうです。


この手の話はなかなか信じる事ができませんが、UFOを見たという人が増えている現状では、簡単に否定できるものではありません。


そして、この本のなかで私が一番気になった宇宙のテクノロジー。
それは、グレイタイプの宇宙人たちはUFOを想念によって造っているという点でした。

想念によってある物質が、自由な形のUFOに生まれ変わる。
地球上にない宇宙独自の物質が宇宙には存在するそうです。

宇宙人にとってUFOのデザインは、ファッションだそうです。
自由自在に形を一瞬で変える事ができるそうです。

この秋山氏の本を読んで、私が頭に浮かんだのは奇跡のりんごの木村氏です。


彼の著書「すべては宇宙の采配」の中には、木村氏が体験した不思議な出来事がたくさん書かれていますが、その中に地球にない(見つかっていない?)元素の話が出てきます。

すべては宇宙の采配すべては宇宙の采配
(2009/07)
木村 秋則

商品詳細を見る


木村氏が「ズームイン朝」に出演する前日の夜2時くらいの事だそうです。
突然、二人の宇宙人が現れ、木村氏は外に待機していたUFOに連れていかれたそうです。
そのときの様子は次のとおりです。

~転載開始~
 宇宙船の操縦室のようでした。そこでUFOの動力について教えてもらったのです。
「これは動力物質のスペアです。ほとんど取り替えることはないのですが、予備で用意しています。」
 厚さ1センチ、一辺が20センチほどの三角形の黒くて硬い金属を渡してくれました。
・・・・・・・・・・・・・・
「うわあ!」
手にとって驚きました。思わず声が出るほど重いのです。小学生くらいの大きさの彼ら(宇宙人)が片手で軽々と持っていた物質は、いざ受け取ってみると両手で支えるが精一杯という重さでした。
「それは宇宙船の原動力になっている物質です」
K・・・。
単純にKと考えればカリウムですが、きっとそうではないのでしょう。
そんな考えを読みとったかのように、彼らは話し始めました。
「地球で発見されている元素は120くらいですが、実際に使われているのは30くらいでしょう。しかし我々は256ある元素をすべて使っているのです」
「地球人は頭が悪い」といわんばかりの話でしたが、彼らが乗っているUFOと同じものを造る技術がないのは間違いありません。
~転載終了~


宇宙には256の元素がある。
地球にはその半分。
しかも、利用している元素はたった30程度。

木村氏は、その後、東北大学の学者に「地球上で使われている元素の数」について問い合わせしてみたそうです。
その学者は「約30くらい」ではないかと回答したそうです。
「やはり宇宙人の言った事は正しかった」と思ったそうです。


秋山氏は超能力者ですが、木村氏は普通の方。
とてつもない苦労人で、TV出演時の映像を見てもウソをつくような方ではありません。

やはり、宇宙にはとてつもない技術があるのですね。
近いうち、10年後くらいには明らかになるような気がしています。

少なくともフリー・エネルギーの活用はかなり進むのではないのでしょうか?

20年以上前に日本で脚光を浴びた超電導は、その後下火になりましたが、あれも闇の勢力の封印なのでしょうか?


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル :

コメント

非公開コメント

人工惑星

阿蘇山、雄大ですね。現在日本有数のパワースポットでしょうね。

宇宙的超テクノロジー、なかなかロマンを感じさせるテーマです。
スター・ウォーズ、ターミネーター、スター・トレック等で描写されているテクノロジーは既に宇宙に存在しているかのようです。

 近未来の地球で実用化されるかもしれない技術として、液体金属(流体金属?)とフリーエネルギー技術。そして地球性UFOとクローン人間はすでにクローングレイ宇宙人として実現しているようです。
 グレイタイプ宇宙人がかなりなテクノロジーを米国に供与している、らしい。火星にある古代文明の遺物として未知の合金を地球人が獲得したら、真っ先に兵器を造ることになるのかどうか? 

 経済変動、自然変動によって現代システムにほころびが生じ、その隙間がフリーエネルギー装置配備の契機となるかも知れないですね。気がついたら石油も送電システムも不要の文明になっていたとか。その意味で、木内さんの炭素化炉の実用化もきわどい所にあるようです。太陽エネルギーのマイクロ波変換による衛星経由電力供給システムの構築とか磁力応用フリーエネルギー装置が開放されたらと考えると、、、。

 過去世を思い出す人が増えれば、当然、アトランティス文明のテクノロジーも復活するでしょうし、エジプトのピラミッド近辺に眠る古代の記録も解読利用されるでしょう。わくわくするような時代が到来する?

 進化した宇宙人は時間・空間・次元・生命・重力を完全にコントロール。凄すぎて具体的なイメージは湧きませんが。居ながらにして宇宙中の出来事をホログラフィーで把握する。3000年先まで完全に映像化可能。銀河間瞬間移動用巨大宇宙船で交流。神界次元霊界次元への干渉。タイムパトロール。不毛な惑星に生命を植え付ける。太陽をコントロール、、etc
 フライングヒューマノイドとかUFOを目撃するというのは、そういうテクノロジーを垣間見ること。
 宇宙人やUFOは幽界の存在、などと主張する神道系霊能者はレベルが低いと秋山氏は言ってました。そんな霊能者は真に進化した宇宙存在と交流出来ないで、自らが幽界存在と感応するレベルなのでしょう。

Re: 人工惑星

不可知さん

コメントだけでブログの記事になりますね。
凄いです。幾つか質問があります。

> スター・ウォーズ、ターミネーター、スター・トレック等で描写されているテクノロジーは既に宇宙に存在しているかのようです。

これこそ米国が宇宙人と交信して得た情報を、映画化したのではないでしょうか?


>そして地球性UFOとクローン人間はすでにクローングレイ宇宙人として実現しているようです。

そういった実験をしているのかもしれませんが、クローングレイを作ることを本家グレイは許すのでしょうか?
グレイが反発しそうな気がしますが。


> 火星にある古代文明の遺物として未知の合金を地球人が獲得したら、真っ先に兵器を造ることになるのかどうか? 

火星の古代文明を作ったのは地球人ではなく、グレイと考えていいのでしょうか?
闇の一部は火星移住を計画しているようですが、背後にグレイがいるのでしょうか?


>  過去世を思い出す人が増えれば、当然、アトランティス文明のテクノロジーも復活するでしょうし、エジプトのピラミッド近辺に眠る古代の記録も解読利用されるでしょう。わくわくするような時代が到来する?

浅川氏が話していましたが、過去世を話す子供が増えているそうです。
私の友人の息子も、UFOを目撃したり、たまにとんでもないような歴史を話しだすそうです。
将来的にはアトランティス文明のテクノロジーも復活するかも知れませんね。


> フライングヒューマノイドとかUFOを目撃するというのは、そういうテクノロジーを垣間見ること。

ある方のコメントで長崎の超能力者はヒューマノイド型宇宙人と言うのがありましたが、最近そうかも知れないと思いつつあります。
これは考えすぎでしょうか?
以前、霊能ブログでは九州の天狗ということでしたが。
天狗も存在するかもしれませんね。真剣に。


>  宇宙人やUFOは幽界の存在、などと主張する神道系霊能者はレベルが低いと秋山氏は言ってました。そんな霊能者は真に進化した宇宙存在と交流出来ないで、自らが幽界存在と感応するレベルなのでしょう。

これはおっしゃるとおり、次元が違いすぎる話しだと私も(直感的に)思います。
ホボット氏が言っていた「低次元の生命体」という意味が何となく分かってきたような気がします。

ありがとうございました。

calseed

Re,今日も暑いですね

>これこそ米国が宇宙人と交信して得た情報を、映画化したのではないでしょうか?

コートニー・ブラウンの本にスタートレックの作家は宇宙人からテレパシーを受け取ってシナリオ書いている、本人は自分のアイデアだと思っている、という記述がありました。ジョージ・ルーカスは過去生の記憶を辿った?

>そういった実験をしているのかもしれませんが、クローングレイを作ることを本家グレイは許すのでしょうか?
グレイが反発しそうな気がしますが。

大丈夫みたいですね。米国科学者はクローングレイ(造られたグレイ自身はその科学者を親とみなす)を手下に仕立てて、何かに利用している?


>火星の古代文明を作ったのは地球人ではなく、グレイと考えていいのでしょうか?
闇の一部は火星移住を計画しているようですが、背後にグレイがいるのでしょうか?

多分、YES。でも、マクモニーグルの透視本では古代の火星人は高身長のヒューマノイドタイプで、イラスト載ってました。アダムスキーやトルーマン・ベサラムはヒューマノイドタイプの火星人と会ったと主張しています。
 現在火星の地下にはヒューマノイドタイプとグレイタイプの共同研究施設が建設されているそうです。入り口はありません。宇宙船で直接地下へ潜りこんでしまうから。それほどのテクノロジーです。


>ある方のコメントで長崎の超能力者はヒューマノイド型宇宙人と言うのがありましたが、最近そうかも知れないと思いつつあります。
これは考えすぎでしょうか?
以前、霊能ブログでは九州の天狗ということでしたが。
天狗も存在するかもしれませんね。真剣に。

霊能ブログは宇宙人否定or幽界存在の、一辺倒ですから超能力者に関しても魔物が憑いてるとか天狗が憑いてるとか主張するようです。リンゴの人に関しても似たような見解のようです。長崎の彼がUFO搭乗体験を語るようになったら興味深いですが。


>これはおっしゃるとおり、次元が違いすぎる話しだと私も(直感的に)思います。
ホボット氏が言っていた「低次元の生命体」という意味が何となく分かってきたような気がします。

私達自身が高波動の存在になれると良いのですが、、、、、。とにかく日常で低次元の現象に惑わされないように気をつけねば。

それにしても、毎回毎回興味深い刺激的テーマで楽しみです。

Re: Re,今日も暑いですね

ご回答ありがとうございます。
なんとなく、全体像が分かりました。

①幽界や霊界が存在するなら、宇宙人も存在する。
②幽界や霊界は存在せず、宇宙人も存在しない。

選択肢はこのどちらかだと思います。
片方だけの存在はあり得ないと思います。

私はもちろん①を選択しますね。
これまで調べた結果です。


>長崎の彼がUFO搭乗体験を語るようになったら興味深いですが。

仮に経験していたとしても、ショーを続けている間は語らないと思います。
気になるのは近いうちに店をやめるという噂を聞いたことです。
何かが近づいており、やめるのかも知れませんね。
近いうちにもう一度行ってみようと思っています。


> それにしても、毎回毎回興味深い刺激的テーマで楽しみです。

結構苦労しています。
刺激的なテーマを探すことに。
仕事よりも長い時間、頭を使っています。
不可知さんと出会わなければ良かったと後悔してます。冗談(笑)
もうそろそろネタ切れです。
新たに開拓します。何かテーマがあれば教えてください。

calseed

陰謀論と無関係ながら

変性意識と脳波

夢見のテクニック

天体衝突のシミュレーション

ボーデの法則と未発見惑星

DNAの魂

伊勢神宮の建物配置と磁気流

量子テレポーテーション

インド占星術とアガスティア

海底メタンハイドレードと津波

地球のシューマン振動と人の脳波変化

パワーストーンとチャクラの関係

幽体離脱

共感覚

シンボルと潜在意識

知っとうや?が知っとうや?で無くなってしまう?

Re: 陰謀論と無関係ながら

うーん!
私の知識で一朝一夕に書ける題材は何一つありませんね。
レベルが高すぎます。今後の宿題テーマとさせてください。

calseed

宇宙の羅針盤

以前コメント欄で御紹介されました本、まだ上巻だけ読んでますが、凄い内容です。宇宙創造に関わる図形の一つが宇宙船の推進力に組み込まれているとか。地、水、火、風、空に関する解説が、八卦の真髄と一致しているばかりでなく、筆者は気付いていないようですが、宇宙人とのコンタクトに使う技法も読みとれます。

次元を超えるためのヒント満載で、一読をお薦めします。

Re: 宇宙の羅針盤

> 以前コメント欄で御紹介されました本、まだ上巻だけ読んでますが、凄い内容です。宇宙創造に関わる図形の一つが宇宙船の推進力に組み込まれているとか。地、水、火、風、空に関する解説が、八卦の真髄と一致しているばかりでなく、筆者は気付いていないようですが、宇宙人とのコンタクトに使う技法も読みとれます。
>
> 次元を超えるためのヒント満載で、一読をお薦めします。


すでに上巻を購入して読んでますが、意味がよく理解できません。
もう一度じっくり読んでみようと思っています。

calseed

技術

世間には知られていない永久機関とまでは行かないまでも、半永久機関は存在します。

1.始動時に圧縮空気を送れば後は故障しない限り回り続けるエンジン。
2.桶に入れておくだけで給水し水車を回し発電し、発電力が給水に必要なエネルギーを上回るため、水がなくならない限り回り続ける機関

実際に開発は終わっています。2に関してはもう海外で導入が始まっています。1.4kwhの発電能力で上代50万円程。太陽光パネルの3分の1の価格で、同量の電力を24時間発電する。パフォーマンスで考えれば稼働時間3倍÷価格5分の1=15倍。ソーラーパネルよりこちらを普及させた方が余程環境にも優しいのですが、政官財癒着の構図で、国内では中々進まないでしょう・・・ ちなみに1が世に出ればソーラーパネルより70倍はコストパフォーマンスが良いと思われます。ここまで良いと、上手くやらないと潰されますね・・・

Re: 技術

そらさん

コメントありがとうございます。
2つとも開発したのは海外メーカーですか?

1の仕組みは凄いですね。

2は家庭でも導入したい技術ですね。
世界情勢を鑑みると10年以内に日本でも導入される予感がします。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策