スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間は不変

歳を重ねるほどに時間が短く感じるようになりますよね。
私が顕著に感じるようになったのは、大学生の頃からでしょうか。

あれだけ長く感じた小学校での6年間ですが、20歳過ぎた6年間では短く感じていました。
社会人となり、結婚し、子供が生まれると、ますます時間の経過が加速するように感じます。

20代より30代、そして40代と。
ついこの前、社会人になったと思っていたらあっという間に20年以上が過ぎました。

この時間の経過の加速については、人間は精神的な成長に伴い短く感じてしまうのだろうと思っていました。
これについては、詳細を後述します。


ところが、最近のアセンションブーム?では、

時間の経過は、感覚的なものではなく、絶対的に時間が短くなっており
さらには2012年12月21日には時間がゼロとなり、アセンションする


というような話がまことしやかに語られています。

現在の1日24時間は、十数年前より短くなっており、
15時間とか、20時間ではないかと書いているブログもあります。

私は、そういった考え方はあり得ないと思っています。
スピリチュアル系を研究されている方の中には、「そんな事はない。時間は明らかに短くなっている。」と主張される方がいらっしゃると思います。
そういった方には、是非、理論的に証明していただきたいと思っています。


私が尊敬している浅川氏でさえ、同じように時間の経過が加速していると主張しています。

彼の著書には具体的に書かれています。

2012年アセンション最後の真実―マヤ予言の秘密とクラリオン星人の啓示…魂の5次元上昇が今、始まる!! (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)2012年アセンション最後の真実―マヤ予言の秘密とクラリオン星人の啓示…魂の5次元上昇が今、始まる!! (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)
(2009/08)
浅川 嘉富

商品詳細を見る


P234
~転載開始~
 いま、まぎれもない事実として時間の経過が早くなっています。それは、きっと多くの方が感じておられることと思います。もしも、そんな感覚を持たれたことがない方は、いまという時間の流れに沿った生き方が十分にできていないのかも知れません。目先の利益や忙しさに翻弄され世の中の動きを見失っているとしたら、残念なことです。
 忘れてはならないことは、時間の流れが速くなることによって、カルマの法則(因果の法則)における、因(原因)から果(結果)へ至るスピードまも速まっているということです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しかし、いまやアセンションの時代です。そう遠い先ででない近未来に人類は3次元世界の地球から消えてしまう可能性が大きいようですから、息子や孫の代に余慶や余禍を残す事はできません。
~転載終了~


最初の文の意味が、感覚的に時間の経過を速く感じているという解釈であれば、私も異論がありませんが、その後の文脈から判断すると浅川氏は絶対的に時間の経過が速くなっている(短くなっている)と判断しているようです。

最後はアセンションで3次元はなくなるとまで言っていますから。


だからと言って、私は浅川氏が信用できない訳ではありません。

浅川氏は、たくさんの霊能者、超能力の方とお会いしているようです。
中には、騙された事もあったのでしょう。

この本は浅川氏がホボット氏と会う1年前に出版されたものです。
内容的には、この本の出版前に対談した坂本正道氏の影響をかなり受けているように思います。
ただし、浅川氏は、この本のあとがきで、坂本正道氏の考え方が対談時と変わったようだと驚いている事も述べています。

浅川氏は霊能者でも超能力者でもなく、日々不思議系の研究に精進し、それによって考え方が進化しているのだと思われます。
大変尊敬できる方です。


話を時間の経過に戻します。

私は、絶対的な時間の長さは変化しておらず、
変化するのは、人間の感覚だと考えています。


時間は、これまでの人生経験の長さに対して、現在の1日の長さが感覚的に決まるので、歳をとるほど現在の1日の長さは短く感じると考えています。
これを私は、感覚時間と定義します。

次の表を見て下さい。
(見にくいので表をクリックして別ウィンドウでご覧ください)

[追記]9月1日1:00 表に計算ミスあり。グラフも入れ替えました。

感覚時間
最上段(a)は年齢です。5歳、10歳、15歳・・・・・70歳
2段目(b)はその年齢での累積日数です。10歳は3650日、15歳は5475日。
3段目(c)が私が定義した感覚時間。累積日数を逆数化したもので、その年齢時点の1日の重み(感覚的な長さ)です。
4段目(d)は5歳時の感覚時間を1としたときの年齢別感覚時間倍率。
黄色マーカーの10歳の倍率は0.5倍、15歳の倍率は0.33倍。年齢と反比例します。
10歳の感覚時間は5歳の半分しかないということです。
最後の5段目(e)は(d)の変化率です。
15歳の感覚時間は10歳よりも33.3%短く(マイナス)なっています。


この表が表している感覚時間、1日の重みは、年齢を重ねるほどに数値が小さくなっています。
つまり、1日の重みが軽くなっている、1日の時間を短く感じるということです。


従って、絶対的に時間が短くなっているのではなく、人間の精神的な成長とともに時間を短く感じるようになっていると言えるのではないでしょうか。


グラフを用いてもう少し詳細に説明します。

感覚時間倍率

これは4段目(d)の5歳時の感覚時間を1として年齢別感覚時間倍率をグラフ化したものです。
年齢に反比例して倍率が低くなります。感覚時間が短くなっているということです。
前出表の緑色マーカーの40歳時の感覚時間倍率は0.13倍。45歳が0.11倍。
人生経験は長くなるのですが、逆に1日当たりの時間の密度は反比例して低く(時間が短く)なっています。

5歳の時の1割くらいしか感覚時間がない、短いということです。


次のグラフは5段目(e)の変化率をグラフ化したものです。
感覚時間変化率

前出表の黄色マーカーの10-15歳の変化率は-33.3%したが、緑マーカーの40-45歳の変化率は-11.1%と低くなっています。

15歳は10歳のときよりも33.3%感覚時間が短くなっているということです。
小学生のとき時間が妙に長く感じたのは、若い頃の方が変化率が大きいからです。
赤ちゃんの頃はさらに時間を長く感じているはずです。


また、45歳は40歳のときよりも11.1%感覚時間が短くなっています。
若い頃よりも変化率は小さくなっていますが、5年で11.1%感覚時間が短くなっているというのは驚異的です。
実際、私はこの年齢ですが、確かに年をとるごとに時間が短くなっている感覚があります。



ここまでの説明で、うまく理解していただけるかどうか自信はありませんが、結論は、
時間の絶対時間は不変だが、
時間の感覚は年齢とともに短くなる
若い頃の方が時間の感覚の変化は大きい
ということです。

インターネットなど情報化社会が発達した現在は、なおさら短く感じるでしょう。

絶対的に時間が速くなっているというのはまやかしだと思います。


これと類似した理論を主張している方に、
有名な「ゾウの時間ネズミの時間」の著者本川達雄氏がいます。

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)
(1992/08)
本川 達雄

商品詳細を見る

本川氏の理論は、生物が感じる時間は、体重の1/4乗に比例するというものです。

要するに体重が軽いほど、時間の感じる長さが長くなるというものです。

さらには、もっと驚くべき事も書かれています。

「哺乳類ではどの動物でも、一生の間に心臓は20億回うつ計算になる」
「ゾウはネズミよりずっと長生きだが、心臓を時計とした場合は同じ長さだけ生きて死ぬことになる」


ゾウの脈はゆっくりで、ネズミの脈は速い。
しかし、ゾウの(一生の)時間もネズミ(の一生)の時間も感覚的には変わらない、ということです。

これらの本川氏の理論は、子供の頃の方が時間を長く感じる感覚時間に通じるものではないか、と感じているしだいです。

子供の頃は脈は速いですしね。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル :

コメント

非公開コメント

時空の意識

ユニークな切り口の最新心理学論文を読んだような気分です。着眼点が素晴らしいですね。ゾウの時間は以前読みました。正常に加齢していく場合の時間感覚に関して、新説といえましょう、多分。

記事通り複数の精神世界関係者が時間の加速を述べていますが、確かに客観的科学的データは見たことありませんね。しかし、何かが起きている:今までのところ、

天文学的に地球の自転速度が速くなっている?
(1日の時間が短縮?)ーーーー天文学サイドからはそのような情報無し。

生物の肉体的変化が起きている?
ーーーーーーーーーー生態学・生物学サイドからはそんな情報無し。

しかし霊能ブログでは時間の加速につれて、髪の毛や爪の伸び具合が以前より速くなっているとか、女性の月経周期の短縮化が起こっており、今後はより顕著に実年齢より速く老ける人間と、実年齢より若若しい人間に二極分化すると主張してます。最終的には霊界次元の消失によりこの人間界だけが残存し、人間が不死になるとか。

平常でも私達は楽しい時間は早く過ぎ、苦しい時間を長く感じるようになってますね。楽しい人ほど老けない、一方、苦悶している時間の長い人ほど老け方が速い、というのと関連する現象とも思えます。それが今後は即座に作用するようになる。原因は地球の振動数上昇?(波動次元の変化?)で、記事中のグラフと一致しない現象が顕著になるのかも。

 今回の問題は物理時間より心理的生理的時間の問題のようです。
マヤのカレンダーが終了したとき、物理時間が終わるのではなく、心理時間に対する我々の認識に変化が生ずる、という説も魅力がありますが、はて、
では実際はどのようになるのか皆目見当つきません。
 
そもそも「時間」を本質的に理解できていないのでしょうね、我々は。
死に際して短時間で人生を回想する現象があるようですが、意識レベルでは物理時間と相関していませんね、これは夢見で通常経験することです。
木内さんの臨死体験では人生回想は無かったようですが、、。

一昨日「22を超えてゆけ」を読み直しましたが、時間と空間の本質を理解するのは至難の業です。レムリア系のほうが精神性がより深いと再認識した次第。
時間を直線でしか捉えられない我々の意識レベルに問題があるようです。

 



Re: 時空の意識

さすがにこの手の話は精通されていますね。
ついていけません。(笑)

そうですね。
私は3次元での時間の進み方を論じていますので、時間の概念を別次元(別波動)で捉えられる人は、時間が短くなっていると感じているのかも知れませんね。
時間の問題は、究極には「次元とは何か」に行き着くと考えています。

ところが、これをはき違えて何の根拠もなしに時間が短くなっている、というブログが多いように感じています。

霊能ブログはそうではないのでしょうが、次元との関係などで何故時間が短くなっているのか説明してくれたら、私も納得ですね。

これに回答できる人は今、ほとんどいないのではないでしょうか。
木内さんの意見も聞いてみたいですが、「そんなことより地球環境を改善するのが先」と言われそうです。

3次元の世界では、今回の私の意見が正しいと思っています。(笑)

calseed

No title

そのようなお話は、実は私は詳しいですが・・・・

 「宇宙全史」

 http://www.mandarake.co.jp/publish/space/

 ここが、現在のところ、世界最高峰です。
 覗いてみてください。

No title

私のおばあちゃんの家の時計は33年以上前のものですが、変わらず機能しています。電池切れしない限り。(笑)

時間の流れが速くなっているとしたらこの時計はすでに使い物になっていないでしょうね。

小さい頃からたくさんの年上の年代の人に言われてきましたが、みんな同じ事を言います。
『年をとればとるほど時間が早く感じる』
今でも言われますが・・・
時間の過ぎるのが早く感じるようになったら
年とった証拠、ババアになった証拠。
とよく言われてきました。

私のばあさまは、一週間前のことでも今日のことです。 アハハ!



Re: No title

かづ23さん

ありがとうございます。
お薦めのサイト拝見してみます。

calseed

Re: No title

そらさん

ありがとうございます。

時計の進み方は変わっていないですよね。
私の古い時計も変わっていません。

ところが、時間が速くなっていると主張する人たちは、時計の進み方は変わっていないが、地球全体で時間の進み方が速くなっているというのです。

そうなると、3次元の視点から見た話ではなくなりますね。
3次元では時間の進み方は変わっていません。

これを、分かりやすく証明している方はいない(?)にも関わらず、時間が短くなっているという方に対して私は今回の記事で提言してみました。

そらさんのおばあちゃんがおっしゃるように、人間、歳をとると時間は速く感じるのは昔から同じだと思います。

それをアセンションを煽る人たちは利用しているだけだと思っています。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策