スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍の国

日本にはにまつわる伝説が数多く残っています。

日本の伝説では龍は神に近い存在のようです。
一方、西洋ではドラゴンは悪の象徴ですよね。

また、聖徳大使が編纂したのではないかと噂される先代旧事本紀大成経では、初代神武天皇は半身が人間で半身が龍の体ではないか、とも書かれているようです。

このような古文書などから、日本人の祖先は龍となんらかの関係があるのではないか?
と私はこの一年くらい真剣に考えてきました。

ただ、龍についてきっちり整理した文献は、私が探した中ではありませんでした。

しかし、日本のオリジナル性や、古神道を調べるうちに、少しばかり龍について分かって来たような感じがしましたので、記事にしてみる事にしました。


日本は「龍の国」と呼ばれたりします。

その理由については、幾つかの有名ブログでは、日本列島が龍の形をしているからと解説していました。

それでは日本列島を地図で見てみましょう。

nippon5.jpg


確かに、改めて日本列島を見ると、龍のよう細長い形をしています。

この日本列島を琵琶湖をへそとして、東日本を南(下)の方に折り曲げ、北海道を下に持ってきた形が漢字の「龍」という象形文字、
というのをどこかのブログで見たことがありました。

しかし、形が似ているだけで、龍の本質の答えになっていないと思っていました。

私が着目したのは、地磁気です。
ホボット氏流に言うと、地磁気ではなく宇宙からのエネルギーのようですが、現象としては地磁気と考えていいのではないかと思っています。

先日、レイラインの記事で中央構造線と有名神社の関係を書きました。
<レイライン>
  http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-86.html

中央構造線

中央構造線(赤線)上には、地球内部からの強力な地磁気が噴出しているようです。
フォッサマグナ(青線)からも同様に強力な地磁気が噴出しているはずです。


この地球内部から出る磁気が龍と関係があるのではないかと仮説をたててみます。
地磁気のそばに行くと、体が癒されるようです。
それが、近年の神社等のパワースポットブームに繋がっているようです。

この地磁気は、風水で言う龍脈
地磁気の流れが人間の健康に大きな影響を与えているようです。

この事は、おそらく数万年前の先史文明の人たちは理解していたようです。

日本以外でも世界には地磁気が噴出している場所はあったのかも知れませんが、中央構造線やフォッサマグナのように長いライン上に地磁気が出ていた場所はないのかも知れません。

特に世界最大のカルデラ、阿蘇はその起点ではないかと感じています。

従って、ムー文明の一つの中心地は、阿蘇を中心とした日本だったのではないかと推測しています。
もう一つは現在のアメリカ大陸西岸のどこかだったようです。

その後、当時の文明人は月の接近を予測し、一旦別の場所に避難していった。
ここから後の話はこれまで書いてきたとおりです。
初めての方はカテゴリーの真地球史をご覧ください。

<真地球史>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-category-10.html


木内氏によれば、月の洪水前の世界は、海の水位が今より2千メートル低かったそうです。
それならば、前述の地図の日本列島も異なった形だったはずです。

ちなみに、大洪水前後では、海の水位を除いては日本の基本的な地形は変わっていないそうです。
他の地域は大きく変わっているようです。

次の地図は、海水面を2千メートル低くしたところを陸地として緑色で塗りつぶしたものです。
nippon-ryu.jpg

緑色が、大洪水前(15000年以上前)の陸地部分です。
ただし、韓国以西から中国大陸にかけての黄海などの海も当時は陸地だったはずですが、便宜上緑色で塗りつぶしていません。

これを見てびっくりしませんか?
まさしく龍!

先ほどの日本地図よりも、リアルな龍に近づきました。

サハリンが角。
千島列島が下あご。
口が表れています。

両手もできました。
沖縄から台湾にかけて尾もできました。

赤いラインは現在の中央構造線。
これがまさしく龍脈

琵琶湖が確かにへその部分です。
これは、おそらく後(今から12000年前)に出来たもの


先史文明時の日本は、今より大きな龍の形をしており、
そこから龍脈のような地磁気が出ており、文明人が集まっていた。

それが、一旦、月の接近で分散。
月の大洪水後、落ち着いたところで、もといた場所、地磁気を求めてに倭人系の人たちが日本に戻ってきたのではないか。

これが私なりの「龍の国」日本の由来です。


ムー時代はもとより、その後も日本は神聖な国だったようです。

龍の国、神の国、雛型
これが日本のようです。

モーゼやイエスも人生の最後には日本にやって来たようです。

中国4千年の歴史など全くもってたいしたことがないのです。

また、この事実を知られたくない西欧は、龍を悪者あつかいにしたのではないか?
そして日本つぶし。

そう妄想が膨らみました。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメント

非公開コメント

アルサルス

地質学的考察にて大変興味深い記事でした。

ところが霊能ブログでは沖縄が髭、九州が頭、琵琶湖が子宮(で淡路島を生んだ)、フォッサマグナが横隔膜としています。その他にも沢山、霊的神道的龍解釈がありますので検索・必見です。
                   つづく

ドラゴンマインド

哺乳類が進化する以前に恐竜が栄えていましたが、その当時、恐竜にも霊界があったのだろうか?と、考えることがあります。
 ドラゴンとは、当時の恐竜の守護霊、これが現代まで存続して人間に認識されている?しかもグレイ宇宙人と何らかの繋がりがあったり、それこそ異次元の恐竜ワールドと交流があったり、、、。

 宇宙・地球規模の龍神、地域レベルの龍神、神界次元の龍神、元は現人神だった龍、人を守護する龍、様々な次元・相の龍があるようです。
Kさんから聞いた話で、六甲山には白龍がいるとか。白山に封印されていた黒龍が解放されたというのがありました。それが何を意味するのかは不明ですが。

 個人的には数年前、秋山氏のセミナーに参加する前日、夢の中で白龍が空を飛んでいるのを観ました。龍のような形状の雲は時々見られますが、特に深い意味はなさそうです。

Re: アルサルス

不可知さん

アルサルスとは何でしょうか?

現在の日本の地形では、そう考えられると思いますが、1万5000年以上前から日本は龍の国だったと推測していますので、今回の記事にしました。

calseed

補足

すみません説明を忘れてました。
確かレムリア系の本の中に出てくるドラゴンの名称で、
他惑星だったか他次元だったかの存在でした。

 月が二つ:グルジェフの本の中にありますが、元々二つの月が形成されて
いたらしく、将来もう一方の月が到来して今の月に取って代わる、とか。
もちろんそんな状況は地球にとって大変動となりましょう。

Re: ドラゴンマインド

白龍と黒龍ですか。
何か意味があるのでしょうね。
謎がひとつ解けたら、また新たな謎が出てきますね。
奥が深い!

calseed

No title

今年の冬、屋根からの雪解け水が上手く樋(トイ)を流れず、トイに沿って巨大な氷の柱が出来ていました。
それを見て、思わず「白龍だ、龍神様だ」と口走りました。
後に友人に、何故自分はそんな事を言った(思った)のだろうと尋ねましたら、白龍は自然神だから自然界からのメッセージだと言われました。
空・風・木・土など、もっと自然に目を向けてという事だろうと。

また、友人から「龍国日本」の話を聞いた事があります。
概ねリーマン氏の説と同じです。
ただ、友人は北海道が頭だと言っていました。
ちゃんと目もあるよ、と。
屈斜路湖の事かなと思います。

Re: No title

いろはさん

いろはさんや、そらさんみたいにUFOみたり龍を見たりできる人とコンタクト出来て嬉しいです。

現在の日本列島は、北海道を頭にした龍に見ますね。

ただし、私は考え方が逆で、古代日本の地形を神に喩えたものが龍という形になったのではと想像しています。

白龍と言われているのは、地磁気エネルギーが何らかの魂と同化したものではないかと。
これを古代の人は龍神として崇めてきたのではないか?

とにかく、不思議な世界です。

calseed

No title

参考になるかわかりませんが・・・
知り合いのお坊さんに龍の話をしたときに

龍神さんは人が考えてるよりも恐ろしいものだと言ってました。
人間がみるほとんどのものは悪い龍神さんの可能性がある。
見たとしても、良いものだとは思わないほうがいい。
と言われました。

龍神さんは水に関係しているそうです。
私も水に関係していると思っていたので、この辺をどういうことか聞いてきたら、家庭の水道水でもトイレでも水の流れるところは全て龍神さんと関わると言っていました。

宮崎アニメの 千と千尋の神隠しの龍神はいいとこついてる
と言ってました。

以上、お坊さんのお話でした。

Re: No title

そらさん

コメントありがとうございます。
木村さんの見た龍も襲っては来なかったようですが、「恐かった」と書かれていました。
龍神は人類に警告を与えているのかも知れません。

水に関係しているのも頷けますね。
幣立神宮の記事にも書きましたが、そこの池には八大龍王が住んでいるという伝説がありました。
今度は八大龍王について調べるつもりです。
水は生命の根源ですからね。

千と千尋の白龍は川の守り神でしたね。
不可知さんの情報によると六甲山には白龍がいるそうです。
私は宇宙人よりも白龍に会ってみたいです。
他に黒龍もいるとか。

calseed

No title

最近、北海道が「頭」の龍から、

九州が「頭」北海道が尻尾の龍に変わったそうです。

龍は奥深そうですね。

日本昔ばなしというアニメがありましたが、その話に兵庫の龍神さまのお話がありましたが、六甲山のことだったのでしょうかね。
多分、兵庫の話だった記憶があります。


動画見付けたらお知らせします。

日本昔ばなし

動画を探してみつけました。
ですが、勘違いしていたのかなんなのか、兵庫の記憶は正解だったんですが、水神さまのお話でした。
失礼しました。

せっかくですので、時間があるときにでもどうぞ。

http://m.youtube.com/watch?desktop_uri=http%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3D30Zul1GujaQ%26feature%3Drelated&feature=related&v=30Zul1GujaQ&gl=JP&guid=ON

携帯からの投稿です。


Re: タイトルなし

そらさん

ありがとうございます。

日本昔ばなしは、小学生の頃、よく見ていた記憶があります。
なつかしいですね。

calseed

Re: No title

yoshihitoさん

コメントありがとうございます。
非公開コメント、あまりにも含蓄が深いので、今後じくり読ませていただきます。

私は、霊能力などない普通の人間です。
ただ、勘だけは昔から鋭い方だと思っています。
霊能力がほしいとも思いませんが、龍や宇宙人には一度でいいから会ってみたいとは思っています。

私が書いている記事は、私が疑問に思っている事を、みなさんからのヒントで閃き、真実はこうでないかと考えて書いているものです。

決して私のブログの内容が真実だとは思いませんが、それ程はずしていないのではないかとも思っています。
少しでも多くの人が世界的な洗脳支配に気づくだけで、よりよい未来にたどり着けるのではないかと思っています。

calseed



Re: No title

なっこさん

すべての龍が悪いものとは限らないと思います。
いい龍神もいるはずですよ。
ただし、友好的がどうかは別なので、「見たとしても、良いものだとは思わないほうがいい」は正しいかもしれませんね。
オーブが写るだけでも相当な霊能力がありますね。
私は見たことありません。

calseed

お坊さんの話より 

お坊さんからの話ですが、抜けているところがあるので追記します。

このお坊さんは、百日修行に2度行ってる方です。

龍神さまというのは、とても高貴なもので、人間の目に見えたり、人間の前に簡単に姿を現したり現れたりするものではないそうです。
人間レベル・次元ではないということです。

もし、人間の前に現れたとしたならば、警告の意味を表しているのではないでしょうか?
と、いうことです。
この場合は、本当に恐ろしいと何度も言っていました。

前回のコメントで、龍神が良い悪いという表現をしていますが、良い悪いと言っていたのは話の中で伝わりやすい表現をするために使っていたと思います。

悪い龍・怖い龍というのは簡単にいうと、閻魔大王と似たような役割だということです。
人間には怖い存在がいないと改心できない場合があります。
人によって、良くも悪くもなるという意味もあるのではないでしょうか。

たまに、龍の絵が運気が上がるということで持ってる人がいますが、人によっては運気どころか精気を取られる場合があるので簡単な気持ちやエゴで持つのは危険だそうです。


うまく表現できず伝わりずらくてすみません・・・。



Re: お坊さんの話より 

木村さんの記事を書いたものの、龍の存在は木村さんの幻想ではないかと思っていました。
そらさんの話を伺い、改めて龍は存在するんだと反省しております。

おそらく、龍は、宇宙人と同じように次元の異なる場所に存在するのでしょうね。
木村さんは、確か2度見たような事を書いていましたが、その2度の情景は異なっていたようですね。
後でみた龍は、周りの数人と一緒に見たようですが、穏やかに空を舞って離れていったようですから、警告でなく苦難を乗り越え成功した木村さんに対する龍の挨拶かもしれません。

以前、不可知さんが幽界での天狗の存在を話していました。そのときは「有り得ない」と思っていましたが、次元の異なるところにいるかもしれませんね。

河童もしかり。
伝説や童話には何か意味があるのでしょうね。

いいお話しありがとうございました。

calseed

No title

そらさん 
お坊さんのお話のコメントありがとうございます。
かえって気を使わせてしまいましたね^^;
しかし びっくりしました@@ 
へぇ~そーなんですか
実は、秩父神社で竜神さまのキーホルダーと絵馬など
竜神さまグッズをしこたま買いました^^
北方向に絵馬は、飾ってくださいとあったので
きちんと北方向に飾ってます^^
デジカメの画像を見た時、怖いとイメージははまったくなく
わぁ~きれいだなぁ*^0^* とおもわずにっこりしちゃいましたけど。
私の感じでは、龍神さまは閻魔大王のように人を裁くのでなく
守り神様って思ってますけどね。
感じ方は、人それぞれだと思います。

No title

calseed様

龍の存在があるないで反省はいらないとおもいますよ。
私なんか龍を見たとはいえ、どういうことなのかまだまだ分かってはいませんし、お坊さんが言っていたとはいえ絶対的なものでもないと思います。
ただ、自分が絶対的に感じる部分は信じるに至ると思います。
なので、私からの話も何かのインスピレーションになれば・・・
と考えていました。
今、理解できなくても、何かの拍子で思い出して ピン! とくることがありますしね。
混乱させてしまっていたらすみません。

calseed様が思うとおり、龍は木村さんに挨拶にきたのだと私も思いました。


なっこ様 
閻魔様は人を裁く神様ではないですよ
改心させるために仕方なく恐ろしい姿になっているのです。
と、いうのが私の閻魔様の認識です。
どうでしょうか?

龍神様はなっこ様のいうように、守り神様だとも思っています。
神社でのお守りも、自分が必要なら大切にするべきですしね。
合う人は合うんです。
そういうアイテムで楽しめるのはうらやましいです。

私なんかはお守りとか石など持っていたりしたこともありましたが、最終的に嫌になるだけだったのでして・・・
大事に持っていても必ず無くなります・・・
それである時分かったんです 自分には必要ないものだと・・
そのお陰で物に対する執着がとことんなくなり生きやすくなりました。
でも、自分にとって縁のあるものは無くなっても戻ってくるようです。
思いがけないところから出てきたりします。
盗まれても戻ってきます。
こういう時はどう扱おうがどこに置いておこうが無くならないのです。
不思議です。

長々と失礼しました。

Re: No title

そらさん

お坊さんの話は正しいと思います。
私が引っ掛かっていた事が氷解しました。
龍の記事を書いて良かったと思っています。
ありがとうございます。

calseed

ヒランや

今回の記事で突然思い出しました。数年前に、ヒランや製龍のレリーフ入りメダルというのを購入してそのまま放置していたのでした。昨晩それを枕元に置いて寝ましたところ、夢見が鮮明で久しぶりに不眠症になりかけました。夢の内容は普段通りでした。

 先日コメ欄で紹介のありましたHank Wesselman の原書購入して、シータ波誘導CD聞き始めました。私の場合は視覚効果より聴覚効果の方が先のようです。何か予知的情報が得られたらいいのですが。何でもお試し状態で、日々悪あがき状態が続いています。

Re: ヒランや

不可知さんの努力も凄いですね。
真似できません。
水晶、枕元に置いて瞑想しようとした瞬間、眠っていました。
私には無理かも。

辻某さんの本、届いて読み出しました。
難しいですね。
次元がますます分からなくなりました。

calseed

年齢別納得度

そらさんはお優しいので、たとえ話を交えておられると
思いますが、ヒーラー・グッズ・霊能開発・霊障に過去まみれた
しょうもない一般おっさんの現状の経験値では、そらさんの
おっしゃる事が、最終形ではないかと賛同できます。

わくわく感を楽しまれたいのであれば、
納得いかれるまで、触れ合ってみてください。
そこで、おきた奇異な現象や宗教をはじめとするマインド
コントロールにもし染まって生き延びたら、経験値を貯めて
将来その時振り返えられてみても良いのではないでしょうか。
わくわく=危険。ですから命あれば最低限振りかえれます。
神智学では35歳が折り返しですが、そのあたりに興味が
一生続く方もおられます。私は35歳を超えているので
こんな事を語っているだけで、
もし今私が25歳だったら、誰が何といおうと龍が住む奥地に
危険を顧みず出かけたり、不眠不休でUFOの出現まで
空を眺めていたかもしれません(笑)

そんな方々の出会いを望む存在であるかの真/邪はともかくとして
皆さんが視覚や夢など感知できる波長レベルにまで
下げながら高波動意志エネルギー体は何かを伝えようと
こられていて、自己認識調整すらできない悲しい我々ですので、
畏怖の念だけはお忘れなきよう。
余計な老婆心でございました。

Re: No title

なっこさん

了解しました。
私も少し気になっておりました。
お詫び申し上げます。
何ともできない管理人の心情もご理解ください。(笑)
今後ともよろしくお願いします。

calseed

Re: No title

なっこさん

気になされないでください。
今後ともよろしくお願いします。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策