スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙人は友好的

先日、TV東京系で「古代エジプト文明と宇宙人」という番組が放映されていました。

スフィンクスは宇宙人が作ったものとか、人類は進化論ではなく宇宙人よる遺伝子操作ではないかとか、私にとっては「はっ!」とする内容でした。

この番組の影響なのか?
ここ数日、当ブログに「人類の起源」「人類の誕生」というキーワードによる、検索エンジン経由で訪れる方が非常に多くなっています。

タイミング的にシンクロしているなと、ビックリしている今日この頃です。
そこで、宇宙人について記事にしてみる事にしました。


私の宇宙人に対するスタンスは、1年くらい前までは、
宇宙人は宇宙のどこかには存在するだろう
しかし、現在地球には来ていないだろう

というものでした。


頻繁に見られているらしいUFOについては、ほとんどが見間違いではないかと考えていました。
というよりも、仕事中心の生活で、宇宙人とかUFOについて真剣に考える余裕がなかったと言った方が正解かもしれません。

ところがそんな私も、先ほどのスタンスと大きく矛盾するようですが、実はUFOを見た事があります。

今から約40年前、長崎の田舎の保育園。
その校庭で見ました。
当時5、6歳。
UFOの記憶は今でも鮮明に残っています。

楕円形
白っぽいグレー色
下部の端の方に赤い小さな点滅。
ゆっくり空を横切って行きました。
「空飛ぶ円盤だ!」
と叫んだ事まで覚えています。


しかし、その後40年間、UFOに遭遇することはありませんでした。
UFOの事も忘れ、社会人となり資本主義の真っただ中でTV、新聞に洗脳される日々が続き、今日に至りました。

ところが、金融・経済恐慌の可能性を調査し出したことが、ひょんな事から陰謀世界、不思議世界への謎ときへのチャレンジへ。
そして、宇宙人、UFO・・・・・。

最近、40年前に見たUFOは、今日の私の動静を暗示していたのではないか?
とさえ思うようになりました。

私が見たUFOは間違いなく3次元の物体でした。

最近、いろんな方が見たというUFOは、3.5次元などと言われる半物質半透明がほとんどのようです。

従って、私が見たUFOは地球製だったのかも知れません。
1960年代頃から米ソではUFO開発に力を入れていたという話がありますから。
ただし、そうであったとしても貴重な体験だと思っています。

いずれにしても、今ではUFOも宇宙人も間違いなく存在していると確信しています。

しかし、UFOや宇宙人に遭遇できる人は、やはり限られているようです。
UFOを見たことがあると言う人は、世の中にそこそこの数がいるようですが、さすがに宇宙人と会ったとなると数える程です。
先日記事にしたペトル・ホボット氏などの超能力者と言われる一部の人たち。

日本人では奇跡のリンゴの木村秋則氏が有名ですよね。

<地球カレンダー>
   
http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-32.html

他では不可知さんが知り合いの秋山眞人氏。
秋山氏については雑誌ムーで知りましたが、あまり詳しい事は書いていませんでした。

その後、不可知さんから漏れ伝わる情報で、どうもただ者ではなさそうだと思い、不可知さん推薦の秋山氏の著書を読んでみる事にしました。

秋山真人の優しい宇宙人―Sweet Angels秋山真人の優しい宇宙人―Sweet Angels
(2000/10)
秋山 真人坂本 貢一

商品詳細を見る


この本に目を通して冒頭驚いたのは、秋山氏がすでにUFOに遭遇しただけでなく、UFOに乗船して宇宙人と会った回数が200回を超えていると書かれていたことです。

この本の出版は10年前、その時点で200回ですよ。

私は、秋山氏がUFOコンタクティーと言われるくらいだから、宇宙人とは数回は会っているのだろう、と想像していましたが、200回とは驚愕の数字です。

ペトル・ホボット氏もそこまでは会っていないのではないでしょうか。

会ったのが数回であるならば思い違いではないのか、とも考えていたのですが、200回以上ならば信じる、信じないのレベルではないですね。
信じるしかないと思いました。
この本を読んでみると秋山氏は本物のように感じました。

ちなみに秋山氏は「信じてほしい」と言うつもりは毛頭ないそうです。
「会ったのは事実だから」と、あとがきで締めています。

秋山氏は40代後半のようですが、少年時代から超能力者と騒がれていたそうです。
1970年代にユリ・ゲラーの来日でスプーン曲げが流行しましたが、当時TVに出ていた超能力少年のひとりが秋山氏だったそうです。

秋山氏がUFOを最初に見たのは15歳ごろ。
田舎に引っ越したため学校になじめず、その気晴らしに夜中にUFOに呼びかけていたそうです。
呼びかけから30日目に、そろばんの玉の形をしたオレンジ色のUFOが現れたそうです。

その頃から、周りの人たちのオーラが見えたり、スプーンに触れると曲がったり、といった超能力を持ったそうです。

私は、つい1年前までは、スプーン曲げといった超能力を間近で見たことがなく、全く信じていませんでした。
ところが、今年3月、長崎で久村氏のショーを見て、現実に超能力を信じるようになりました。
とにかく凄かったです。

スプーン曲げとは念じて曲げるものではないのですね。
一瞬で、ぐにゃ!
形をイメージするようです。

<超能力者は存在した>
  http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-24.html


秋山氏の話にもどります。
その後は昼夜問わず、UFOと遭遇するようになったそうです。
宇宙人からのテレパシーでのメッセージも届くようになったそうです。

そして、2年後に、念願の宇宙人と初めて出会ったそうです。
場所は、なんと繁華街の喫茶店!


相手は、ヒューマノイドタイプ宇宙人で、外見はなんら地球人と変わらなかったそうです。
この宇宙人は、これまで2年間、秋山氏と交信してきた内容をすべて知っていたそうです。

ちなみに、この本で出てくる宇宙人は、ヒューマノイドタイプ宇宙人の他、有名なグレー・タイプ宇宙人です。
グレーは、かなり小柄で身長120㎝。

グレー


彼らの能力は人類よりも相当進化しており、ヒューマノイドで4千年、グレーで1万年先を行っているそうです。

彼ら宇宙人が地球に現れる目的ですが「(地球を見ていて)いてもたってもいられないから」だそうです。

人類のエゴで何度も文明が滅んでいるから、手出しはできないけど(宇宙の法則らしい)人類に何らかのヒントを与えてあげようと言うことのようです。


私はこれまで書いてきたように、かつて地球文明は、4度程の滅亡・再興を繰り返していると考えていますが、おそらく宇宙人は文明再興の初期に現れて、文明開化の手助けをしているのではないかと思っています。

その名残りがピラミッドであり、ナスカの地上絵ではないかと想像しています。
当時の人類が宇宙人の技術を利用して作ったものではないかと。


この本では、秋山氏は宇宙人について盛りだくさんの情報を書いています。
今後、これらについては別のテーマで紹介していきたいと思いますが、秋山氏が話す宇宙人は、本のタイトルにあるとおり基本的に友好的ということです。

これは、ホボット氏も話していたことですね。
彼らは、地球の事を心配しているということです。


ところが、その一方で、ホボット氏が話していたように、世界の闇の支配層は友好的な宇宙人ではなく、別次元の邪悪で低レベルな生命体と結びついてしまっているようです。

<影の政府>
   http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-97.html

ルシファーだのサタンだの言われている生命体。
彼らは宇宙人ではないようです。
ここが一般的に誤解されている点です。

この低レベルな生命体は何者なのかについては、是非、秋山氏の見解を不可知さんに聞いてみたいものです。

ちなみに、浜田雅彦氏の著書「人類を操る異次元の暗黒宇宙人」に書かれている宇宙人がホボット氏の言う別次元の邪悪で低レベルな生命体と一致しているように感じています。

宇宙人最後の真実 人類を操る異次元の暗黒宇宙人 (5次元文庫)宇宙人最後の真実 人類を操る異次元の暗黒宇宙人 (5次元文庫)
(2009/11/11)
浜田政彦

商品詳細を見る



私は、宇宙人は存在するという前提で話をすると、
地球外生命体は、友好的な宇宙人邪悪な低レベルの生命体の大きく2種類に分かれ、
邪悪な低レベルの生命体が何らかの理由で地球上で追い詰められている事が、
2012年の危機説に繋がっている

と考えています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル :

コメント

非公開コメント

No title

いつもおじゃまさせていただいてます。
ありがとうございます。

私も思うのですが、何か大きな存在がこちらを心配して見ていたり、通信しようとしているのではないかと感じています。

私がそう思うのは、自分の体に突然変化があったからです。
自分の変化について何ヶ月も調べてたどり着いたものは、アカシックレコードと言われるものでした。

木村さんのように何かを守りたい気持ちや、何かを救いたいと真剣に生きていたら、大きな存在とつながるのではないかと感じています。

失礼しました。

ラケルタファイル

いつも、こちらのサイトの記事が更新されるのを楽しみにしております。
ところでcalseedさんは、ラケルタファイルをご存じでしょうか?
このラケルタファイルは、宇宙人やUFO問題を考えるのに、とても
参考になるので宜しかったら読んでみてください。翻訳した文章が以下のサイトにあります。

ラケルタファイル


http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993383#sequel

Re: No title

名無しさん

コメントありがとうございます。
アカシックレコードにアクセスできるということですか?
それならば凄いですね。

calseed

Re: ラケルタファイル

沙門さん

コメントありがとうございます。
ラケルタファイルは半年ほど前覗いたことがあります。
あまりにも突飛な事が書いていたのでそれ以来覗いていないですが、宇宙人に関して調べるなら真偽はともかく閲覧すべきですね。

calseed

今の段階では情報整理が・・

◎食料(エネルギー代謝)について、

スピ系で宇宙人が語るリーディング人たちは、
左右に大きく針が振れていて
どれが、真実に突き進みそうかと判断する臨界点は
いつ頃来ますかね。

■次元上昇方向肯定(将来食物不要派):
3次元から3.1,3.2・・4.0次元になる過程で、
肉体への依存が減るので食べ物摂取が徐々に要らなくなり
4.0次元時以降は身の回りにまん延する宇宙エネルギー
だけで生命維持OK。

■サイキック宇宙人を見習いなさい派(中間層): 
動物は食べない、進化の過程で遠い野菜・果物類は摂るが
そもそもはその気になれば、形が整わなくても必要養分は
空気中の成分からたいていの物は念力で補完して取り出せる。
ちょっびっとは肉体維持に外部の栄養が必要。

■前滅亡人類に対しての啓蒙と同様のループ精神論訴えかけ派:
体は何も変わらないんだから、性根を入れ替え、経済破綻後も
生き延びれるように自給自足を視野に入れ、準備しておきなさい。
オオカミはすぐ来る!   

少なくとも啓蒙派は、姿かたちが我々と違っていても、
どう伝えたところでだめなんだよって上から目線で、
心配を語っているだけなので、宇宙人としての
優位性は感じられないですよね。4次元以降の存在なら、
時間軸において全て意識の先回りができるので、本当に宇宙人?映像を含めて先回りしている幽界の霊がビジュアル化して
見せているんじゃないのって疑問もやや見える。
我々って、今感じていることって、全て見えていると感じる
脳内ビジョンの発露。だから先回りして宇宙人そのものも
立体想念としてモニター内で見せたとしたら?。
判断つかないですよね。でもあまりに、リーディングが
かけ離れているので、どれかはネタばれの綻びが、
近いうちに出てくると思うんですが。


>別次元で邪悪な低レベル生命体
がいかにも宇宙人的能力を最低でも備えている過程に立たないと
彼らが急激な巻き返しを図っても

善良な宇宙人の望み>別次元で邪悪な低レベル生命体の思惑

に進むのは時間の問題で、米国を柱とする金融基本主義の
巨大秘密組織のバックをコントロールしているとするなら、
経済破綻も鑑み、その後、癇癪起こして戦争に向けようが
近いうちに勝負はつきますね。

類は類を呼ぶ

すごい反響ですね!(笑)

ご紹介の本を読んで共感できたのも、幼少時にUFO目撃体験があったからでしょう。おっしゃる通り、11年前の情報ですので、その後の情報も断片的に得ておりますが、どこまで明かして良いものやら。今後の記事内容に応じて可能な範囲でコメントさせていただきます。

 A氏は現在、主として3系統の地球外存在と交流があります。巨人タイプ(哺乳類から進化したゲル)、グレイタイプ(ペル)、ヒューマノイドタイプ(エル)。この順番で地球に到来した歴史があるようです。その過程で前2者間の争いがあったようですが、4or5年前にペルのリーダー(女王様)が交代して、2年ほど前に3者間である合意が成立したようです。それは、地球を守る為にお互い協力するというものです。

 高度に進化した宇宙人と会えるためには、こちらも進化していなくては不可能。つまりこちら側に高度の精神性が必要で、類は類を呼ぶという法則が厳然として働きます。進化した宇宙人は、地球人自身の闘争精神の克服&他者を祝福する気持ちを持つようにとアドバイスしておりました。
 低次元の存在は恐怖心を煽る傾向があるようですので、それと同調しないよう注意が必要です。
 
 A氏はオーラ透視可能なため街角に紛れている宇宙人を発見できます。ある時私はA氏と一緒に道を歩いていて、ノルディック系外人女性と至近距離で擦れちがったのですが、後になってあの人は宇宙人だと教えられてビックリした事がありました。
ちゃんと足はありましたよ、笑。
 A氏はいつでも必要に応じて宇宙人とテレパシー交信可能です。

Re: No title

沙門さん

貴重な情報ありがとうございます。
ご質問に関しては、まさしく私が探求過程で結論が出ていません。

まず、私の現在の霊能者・超能力者に対するスタンスを分かりやすく信頼度で示しますと、
・木内氏 90%
・ホボット氏 85%
・秋山氏 80%
他の情報信頼度は50%以下です。
おそらく、不可知さんはこの順番が逆になるのではないでしょうか?

木内氏の過去情報については、ほぼ100%信用しています。
あそこまで克明に話ができる人はいないし、作り話と思えないし、歴史の辻褄が合うからです。
それなのに、なぜ、信頼度御が90%なのかと言うと、(ご質問の)金星人を含め宇宙人に関して、木内氏は故意にぼかしているように感じるからです。
それは、おそらく宇宙人に関して言及すると、人類が宇宙人に頼ってしまい、よりよい未来が来ないからと考えているからではないでしょうか。

私は金星人は元地球人であり、これまで書いてきたとおり、将来侵略の可能性があると考えています。
その金星人が、ホボット氏の話す邪悪で低レベルな生命体の可能性も否定できないと考えています。

今後の私の探求テーマであります。

calseed

No title

いつも貴重なお話をありがとうございます。
私は北海道のS市に住んでいますが、先日初めてUFOを見ました。
確か、月食の夜でした。

友人によると、最近この辺りに多く来ていると言っていました。
私が見たのも恐らくUFOだろうと。(横長の細いものでした)
S市民にお馴染みの、M山とS山の間を頻繁に飛んでいるようです。(昼も夜も)

何の目的で来ているのか尋ねましたら、ただ見に来ているだけとの事でした。
昔は日本の炭鉱夫の方々が、夜寝ている間にUFOに連れて行かれて、第3の目の辺りにチップを埋め込まれていた、とその友人は言います。
実際に彼女はチップを埋め込まれた人に会ったことがあるそうです。
彼女の目にはそこの部分が黒ずんで見えたそうです。
機会があれば取り除いてみると・・・。(やった事はないが出来るらしい)

また、彼女のお仲間は(ハワイの男性)、以前自分のクローンに会わされたと聞きました。
それも2体いたそうです。
いつの間にかスキャンされてクローンが作られており、彼らは別の星で生活しているんだそうです。

宇宙人の話を何の疑いもなく聞き、受け入れている自分が不思議で、正直混乱する時もあります。
こんな話、信じてくれる人はまずいないと思うので、普段は黙っておりますが。(苦笑)
ホボット氏の本にもありましたが、日本人の役割は大きいと思います。
「絶望的な未来」は1人でも多くの人が「明るい未来」を描く事で変えていけると思います。

ポジティブな想念こそが地球を救うのではないでしょうか?

Re: 今の段階では情報整理が・・

Yoshihitoさん

深いところまで考えておられますね。感服します。

私の考え方は、前滅亡人類に対しての啓蒙と同様のループ精神論訴えかけ派に近いですね。

ちなみに、秋山氏の著書では、ヒューマノイドタイプ宇宙人も普通に食事をし、アルコールも摂取すると書かれていました。

ムー・アトランティス時代は、肉食はせず、菜食だけだったようですね。

calseed

Re: 類は類を呼ぶ

不可知さん

すみません。答えにくい質問を投げかけまして。
ただ、私はここが大変重要な論点だと感じています。

>高度に進化した宇宙人と会えるためには、こちらも進化していなくては不可能。つまりこちら側に高度の精神性が必要で、類は類を呼ぶという法則が厳然として働きます。

アセンションの議論は、この部分が飛躍して全人類が救われるみたいな話になっているのかもしれませんね。それこそ低次元の存在のおもうつぼなのでしょうね。

以前、ダイアナ妃の記事でノルディックを取り上げましたが、ノルディックにはヒューマノイドタイプが多いのかもしれませんね。
ダイアナ妃は事故で死亡するくらいだから、ヒューマノイドタイプではないのでしょうが。

calseed

Re: No title

いろはさん

こちらこそ貴重な情報ありがとうございます。
浅川氏が話していましたが、北海道はUFOが頻繁に見られるスポットのようですね。

UFOを信じている人は結構な数がいますが、宇宙人の話になると極端に拒否反応がありますよね。
私も1年前まではそうでした。
浅川氏も言っていましたが、無理やり「信じろ」という必要はないでしょうね。

こんなクロップ・サークル(ミステリーサークル)を人類が作っているとは思えないのですが。
http://www.google.co.jp/imglanding?q=%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AB&imgurl=http://cropcircleconnector.com/Sorensen/2004/WingmakerAztecWings5.jpg&imgrefurl=http://plaza.rakuten.co.jp/raelian/diary/200501060000/&h=427&w=600&sz=80&tbnid=6SogZegdeKtY-M:&tbnh=96&tbnw=135&prev=/images%3Fq%3D%25E3%2583%259F%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AB&zoom=1&hl=ja&usg=__P4okwSn7qdfOA3P_bUu7HN_jAzU=&sa=X&ei=8fhtTKj0E4XSuQPdsZn5DA&ved=0CCoQ9QEwAw&start=0#tbnid=AisifRo8DGk3AM&start=33

私も、前向きに生きて行けば、きっと近いうちに人類にとっていいことがあると信じています。

calseed

アカシック

アカシックレコードのことを書いたものです。

1ヶ月前くらいにすごいところに自分がいてあまりにもリアルだったので、本当に私がアカシックレコードを見ているなら誰かが同じものをみていたり言っていたりするんじゃないかと思って調べてみました。

私が見たものは、ガラスの壁と屋根の建物のなかにいて外を眺めていました。
外は真っ暗なのに、ものすごいきれいで大きなオーロラが漂っていました。
室内は明るくて広くてとてもきれいでシンプルで、とっても安心できる場所でした。
子供たちと会話もしていました。
このときに自分の言ったことも感情も周りの様子もリアルに記憶しています。

私が調べた範囲ですが、アカシックレコードを見ていたといわれる人、一人だけ同じものを見ていた人がいました。
エドガーケイシーです。
彼は、地球に大異変が起きるとき日本人はガラス屋根に守られた安全な場所で微笑んでると残しています。

これが本当に起こる未来なら、とても素晴らしいことです。
この場所が本当に未来にあるなら、この場所ではトイレに行く必要のない体になっています。
でも、この場所になれない人の為にトイレは存在しているようでした。
話によると、これは子供たちのためにあるようです。

このようなことを自分が体験していることですが、同じ共通の体験をしている人が多くないと半身半疑の域になりますね。
こんな話を周りにしてもおかしくなったと言われるだけなので、この場所にて失礼します。

ありがとうございました。



Re: アカシック

そらさん

凄いことですね。羨ましいです。
アカシックリーディングのために能力開発している人が最近は多いようですが、ほとんど見えないのが現状ではないでしょうか。
私はアカシックリーディングは、天性の能力だと思います。
数千年の未来にはそのような可能性もあるでしょうね。

calseed

希望が持てました。

不可知さん
ありがとうございます。
少し明るい未来が想像でき希望が持てました。

そらさん 
ありがとうございます。
とても幸福なシャンバラの未来が目に浮かびました。

このブログの主題〔真実の探求〕を追い求めていく中で

古代からの伝承・社会情勢の予知・地上外的生命体の提言
これらを併せて、未来地図に示されている点線だったものを、
上から実線で上書きしてなぞっていき、ごく近い将来をたどっって
いったらその先が、「崖」という、一瞬の痛みを伴う
滅亡だとしても意気消沈するのに、最後は食料の奪い合い
という、ハリウッド制作で、最新VFXを駆使しながら
最後は、主人公同士の肉弾戦の殴り合いで終わるアクション映画
の結末様な、なんとも原始的な決着法で、肉体が弱って死んでいくのを力なく待つとしたら、全体集合意識に対する
個々の魂の今世の受持(役割)分が、単に推測してみただけで
実動無く終わりを告げたら神界・創造主の方向にむけて
「もう少しやり方があるだろう」って具申の一つも叫びたくなります。

我々はエネルギー磁気に肉体を加えたハイブリッドを
手に入れることで異なる波動、波長域をいとも
簡単に隣の人の波長(霊格)を意識することなく、
低波動-高波動までシームレスに気軽にコミュニケーションが
取れ、刺激のダイナミズムにおいて大いに感化され
楽しいのですが、もしかしたらより高波動の半霊体や
宇宙人と称される別次元の
生命体も、大・中・小のような大きなくくりで無く
我々と同じように無限の中間層生命を持つ空間に居るのかも
しれませんね。

私の目下の神界意思予測では、
せっかく3次元地球霊界を作ったので
ほとんど変えたくない。でも地球環境の波動変化に併せて
本当は甘やかしたくないんだけど、「3次元から3.01次元とか
科学分野を拠り所とする価値観が一気に壊れないように
ちょっと実験的にわずか上昇させてみようか」って
目論んでいると感じます。

その場合の目標プロトタイプが、普及型ヒューマノイドタイプ。
エネルギー代謝で考えると小さい=精神(魂)活動大なので
グレイタイプへの移行は、精神的にも肉体的にも波動の差
が大きすぎて、苦痛と精神的???が大きすぎて
直近(次回)の進化では地球人類には無理がある気がします。

繰り返しますが、
その見えないサインの我々が順応していると思われる認識法

■時間の加速感覚(肉体の短睡眠への移行を含む)
■食欲の低下

さて、私自身の情報整理の上での、一連の流れ判断時期ですが
ウエブボットの日本語版が出てきた辺りから、一気に分析に
かかりたいと思います。

今、異言語コミュニケーション会話翻訳は、
対話型スマートフォンやPSPでゆっくりながら、できはじめ
文章に於いてもネット対訳の精度が上がってきましたよね
これらはほどなくして、技術が進歩して機械化すれば
異言語間でストレスなく会話ができると思います。

calseedさん 

船井総研等が注目している
「ウェブボット」って御存じですか?
インターネットに無数に散らばっている単語を集め、
その集めた単語の密度と方向分析から、ネットにあふれている
思考・思想をあぶりだす一種のマーケティング分析法。
商用としての利用も始まってますよね。
情報検索が今や一瞬でできるので、集めるのも一瞬でしょうね。

対象はネットだけですが、情報確度でいうなら、
編集者の目線で加工して整理された情報よりも
沢山の女の子が知らず知らずにブログに書いている
ききなれない単語総数の方が、世の中にあふれる
想念を忠実に表しているのではないでしょうか。
我々が意識的に使っている単語も世の中の情勢を反映する
無数の点となっている訳です。 おもしろいですよね
霊的なものが、アカシャを含めた潜在意識下共有集合意識
だとすると、ネット物理版の人類全体集合意識。

wiki インターネットボッド
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88

出典元:
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=200910008

特に、経済分野はついて行けないほど、綺麗に解りやすく
まとめられていて、非の打ちどころが無い秀逸なブログですが、
更なるインスパイヤーされる記事のアップに期待します。

失礼しました。

金星人

金星人について面白い本がありあます。昭和30年代に出た本でタイトルは、「アガルター虹の都」と言う本で爬虫類人類などの元ネタの一つにもなってい本でもあるようです。この本に出てくる金星人は、邪悪な蛇人間として描かれています。アマゾンで古本が買えますが、かなり高価な値段で取引されているようです。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%82%BF%E2%80%95%E8%99%B9%E3%81%AE%E9%83%BD-1961%E5%B9%B4-R-E-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%95/dp/B000JALJPQ

Re: 希望が持てました。

Yoshihitoさん

ウェブボット2年くらい前からヤスの備忘録さんを拝見してきました。
船井さんよりこちらが本家です。
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

ただ、私は信用していません。
WEBBOTのおかげで株式投資で大損しましたから。(笑)
ヤスも一つの参考と言っています。

最近、カレイドスコープさんが批判していましたが、もっともだと思います。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-186.html

calseed

Re: 金星人

沙門 さん

情報ありがとうございます。
なんて高い本でしょう。買えません。

金星人は元地球人ということに留めておきます。(笑)

calseed

ほんとのUFOなら

calseedさん、お手許の水晶を持って昔目撃したUFOをイメージすると何らかのサインが夜空に出現するかもしれません。今夜から毎晩30分、一週間続けてみては如何でしょう?本物ならヒューマノイドタイプ宇宙人と交流出来るかもしれません。眠る時には、枕の下にその水晶を置いておくと、鮮明な夢を見ることでしょう。何らかの情報をキャッチする可能性もあります。但し副作用として不眠症に御注意。

Re: ほんとのUFOなら

水晶はyoshihitoさんの忠告で捨てようと思ったのですが、もったいないのでリフレッシュ中です。
ネットで調べたら方法が出てきました。
1週間くらいかかると思いますので、その後チャレンジしてみましょうか。
たぶん無理だと思いますが。

calseed

ご指摘ありがとうございます。

calseedさん ご指摘ありがとうございます。

作成意図が、最初に儲けありきだったんですね
使ったこと無いので友好的プログラムだと信じ込んでいました(笑)

しかも、逆に狭い縛りの情報操作に一役買っていたわけですか。
勘違いしてました。そんな綺麗なものでは無かったのですね。
残念です。

そうですか、アメリカ人が儲け度外視で発送すること等考えにくい。
レポートで出ている時点でバリバリ人の手が加わって、
表紙だけ、最新ネット情報を織り込んだとふれまわれば、
簡単に注目する人が点になり、流れを変え、陥れられますもんね。

私は基本、素直に単語を集めていただけだと思っていました。そんな恣意的露出では無く、自らプログラムを組まないとだめですかね。いやネット技術が巨大資本が作り、監視していたとすると、国の紐のついた思惑を一般人が超えて目にできる程、きっと甘くはないんですね、中国も含め。
トロンOSの様にアメリカ資本につぶされた秀逸な技術のように
善良な誰かが、SEOやメタダクを無視して、本来の単語型、単純ロボット型検索システム分析ソフトを開発したような情報が、もし今後どこかで見かけましたら、教えてください。

IT先進国のフィンランド技術者が作って、巨大資本がつぶしにかかったら既に遅く、ネットにあふれてしまっていたみなたいな。
腕自慢の暇つぶしでウイルス作っているロシア人等にも期待!。

感に頼って沢山のブログを巡回する単純作業に戻って
しまいました。過度に期待していたので本当に残念です。

No title

こんな初歩段階で目論見が外れるなんて
学が浅くてお恥ずかしいです。

私は、人間の皮をかぶった宇宙人も含めて
ハイパーな能力を持ったネットの住人が
それぞれ書き込むエッジのきいた
ネット上の極秘情報の収集が
糸口になると思い描いておりました。

「宇宙人」からの伝言については暫く静観し、
今後の分析予定はcalseedさんが提唱されている
地球への金星人侵攻後、運よく生き延びたら
「宇宙人」については暫く静観し、それから
考えようと思います。

各宇宙人イタコ霊能者の口伝は
今丁度上映されている映画インセプションの様に、
偽の映像を意図的にを見せられているか
どうか全く判断がつきません。
アダプション後だとしても見せられている
映像真偽の確証なし。悲しいです。

ジンとの会話

ホボット氏が話していた影の政府と結びついている異次元の生命体は我々の恐怖や不安などネガティブ感情を餌にしているようですが、これに対してどうしたらよいかのヒントになる記事がヤスさんのブログにあるハンク・ウェセルマンの神秘体験でジンとの会話の中にあります。ウェセルマンの新著「スピリットワールドに覚醒して」は、まだ日本語訳はでていませんが、早く翻訳された本が読みたいものです。 この事はわかる人には解るでしょう(笑)

http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-164.html

http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/878.html

Re: No title

Yoshihitoさん

別に卑下する必要はありませんよ。
すべてを分かっている人なんて誰もいないのですから。だから人類なのでしょうね。
宇宙人は全てを分かっていて退屈らしいではないですか。
膨大な意識もそうらしいですね。

幅広い意見を求め、真実を知るための手段として、私はこんなめんどくさいブログを続けている訳ですから。もう止めようと何度思ったことか。(笑)
今後とも何なりとご意見お願いします。

calsed

Re: ジンとの会話

沙門さん

ヤスさんのこの記事はスルーしてました。
今改めて読むと、ホボット氏に近いものが書かれていますね。
 「欺くもの」=低次元の生命体
  創造主=膨大な意識=我々人類の意識の総和?
といった感じでしょうか?

ハンク・ウェセルマンの「スピリチュアルウォーカー」は古書を購入してましたが、まだ読んでいませんでした。
身近にこう言った話題があったのですね。
ありがとうございました。

calseed

そら さん

素敵な体験をされたようですが、そらさんが参考にされましたエドガー・ケイシーの文献・資料を教えて頂けませんか?

アカシック

エドガ―ケイシーの書籍・資料ですが、書店で立ち読みをしたのでタイトルを覚えてなくて…
すみません。

現在、泊まりで出かけているので書店に確認に行けないのですが、先程ネット検索をして探してみたんですが、どの書籍か分かりませんでした。
参考にならないかもしれませんが、検索途中で同じような事を書いているHPを見つけたので載せておきます。

http://gxc.google.com/gwt/x?client=ms-nttr_docomo-jp&guid=on&output=xhtml1_0&wsc=tw&wsi=571096dde3c9031c&u=http%3A%2F%2Fascension.mikosi.com/&ei=gcRvTK_sB4GusQLHsfHoDw&ct=np&whp=32830


アカシックレコードを体験するために訓練してる人がいるんですね… ちょっと驚きました!
私はかなり無知すぎるので、体験したことしか理解できません。
アカシックの映像を見たり何かを体験してもほとんど意味不明です。
知らない人や土地ばかりだし、自分の身の危険を感じたりして混乱してしまうこともあります。

それに、今まで現実で役に立って助かったことは、知らない土地にある知人宅に地図なく迷わず辿りつけたことくらいです。

シャンバラというものがよく分からなかったので、これから調べてみたいと思います。

UFO,宇宙人関係の話は慎重に。

霊界とか、神霊の話もそうなのですが、
どうも本人の「主観」が影響を与えるみたいなのです。

見る人、によって、形、ストーリーが変わってくる。

最後には「落とし穴」が待ってます。

「闇の勢力」は、それを熟知している。そしてコントロールしている。

極力、「慎重」に。

Re: UFO,宇宙人関係の話は慎重に。

かづ23さん

お気づかいありがとうございます。
私は霊界やUFOについては慎重にしているつもりですが、
そういった誤解を与えたなら申し訳ないと思います。
変な方向に誘導するつもりは毛頭ありません。

calseed

ガラス様の建物

そらさん、有難うございます、良く理解できました。類似の情景が、秋山氏著「スピリチュアル前世リーディング」やマクモニグルの著書中にもあったように思います。私も夢でその様な建物の中に居て、巨大なロボットに攻撃されたSFの様なシーンがありました。

「遠い記憶・過去からの約束」ブログが参考になると思います。
アカーシャにアクセスする事の意味を深く探求されて、無知な我々に人間の可能性をお示し頂けらたと、思います。

Re: すみませんでした

いろはさん

いろはさんが謝る事は何もないと思います。
このブログは私の責任で管理しているのですから。
特に変なコメントではありませんでした。

私は謎ときをするためにブログを運営しています。
今回の記事は必要性があったから書いています。

今後ともよろしくお願いします。

calseed

Re: アカシック

そらさん

アカシックレコードを覗けるようになった状況に興味ががあります。
通常は臨死体験とか体外離脱によって見る事が多いようです。
そらさんの場合はどういった状況だったのですか?
よろしければお聞かせください。

calseed

太古の水

不可知さん

話は全く変わりますが、以前ご紹介していただいたフルーツティーの「太古の水」ですが、やっと購入し飲んでみました。

効果覿面ですね。
疲れがとれ、体中が活性化しているように感じます。
普段も近くの湧水天然水を飲んでいますが、全く異なります。
やはり凄い水ですね。
高いのが難点ですが。

calseed

太古の水

そうですか、凄いですね。ただ、長期飲用すると段々慣れてくるかもです。私も五月から再開しましたが特に変化を感じず、身体が慣れてしまっているのかな、と思いました。脂肪燃焼効果とリラックス効果はあるようですが、その他の特別な効果について私はまだ客観的な実例を集められないでいます。コストパフォーマンスが良いと思える間は買い続けるけれど、はて、何時まで続けるかが次のテーマとなります。なんとか木内さんに喜んで頂けるようなケースを集めたいとは思っています。

ここ一週間、アジュライト、ラピスラズリと親しんでいます。無理矢理アカーシャに行きたくて(笑)。なのに知り合いの霊能婦人からは、そのうち霊が視えるようになるとおどかされました。近刊世界百不思議に秋山氏UFO観測情報が載ってます。

アカシック

calseed様

アカシックレコードを覗けるようになった状況ですが。
わかりずらかったらすません。

体外離脱、映像、夢、このようなものが多いです。
私が思うに、アカシックは体温と意識状態と精神状態で見え方やつながるものが変わるのではないかと思っています。

私の場合、体外離脱は眠る時、目を閉じた瞬間に移動していることがあります。目を閉じているのに周りが見えて音も聞こえます。
この場合はたいてい自分の知っている場所だったりします。

それと、目を閉じてしばらくして睡眠状態に入る瞬間にすごい勢いでどこかに引っ張られていきそうになることがありますが、このときに自分の体をみたときは幽霊かと思うほど体がものをすり抜けていたり自分の体から自分が出ています。
この引っ張られる勢いがどうも気味が悪くて怖いのですが、こういう状態の後にアカシックをみていたり、移動している気がしています。

映像ですが、これは目を閉じていたら出てきます。
映像が見えるまで数分かかる時もあれば数秒で見える時もあります。
絵だったり写真のようだったり、スライド映像だったり、漫画絵だったり文字だったり数字だったり風景だったりします。
とにかく次から次へといろんなものがみえます。
意識を保ちながらずっと見ていると知らないどこかへたどり着きます。どこかにたどり着くと一気に意識と体の状態が変わるのがわかります。

夢をみているときですが、どうでもいい夢をみていたり、周りの状況でへんてこな展開の夢だったり、意味不明な同じ夢ばかりだったり、予知夢と言われるものをみていたりしてますが、アカシックを見ているだろうと思われるときは感覚と意識が違う感じがします。
意識のあるところが突然変わる感じがします。

アカシックについて調べているときに、如月マヤという人を知ったのですが、この人はわかりやすい表現をしてることに最近気がつきました。
アカシック映像がでたり移動するときなのですが、ブランコを勢いよくこいだ時に息が止まったようなできなくなるような瞬間があるかと思いますが、そのときに一瞬の落ちたような感覚があると思いますが、そのなんとも言えない落ちた時の無の感覚のときとアカシックの時の状態が似ているか近いかと思います。
なので、如月マヤさんは信用してもいいかと思うようになりました。

ゲリーさんが有名なようで書籍を読んでみましたが、ごちゃごちゃしすぎていて混乱するのは私だけ?でしょうか?

長文すみません。
質問の答えになってなかったら申し訳ないです。


不可知様

秋山氏著「スピリチュアル前世リーディング」
読んでみます。
不可知様と同じ景色を見ていたかもしれないですね。
また見れるかもしれませんね。
同じような体験をしている人がいてホッとしました。

「遠い記憶・過去からの約束」ブログも見てきますね。
何か発見があるといいな。

情報、ありがとうございます。


何だかモヤモヤしていたものが取れそうな気がしています。
私のような何が何だかわからないコメントにお返事いただいた皆さん、ありがとうございます。


Re: アカシック

そらさん

ありがとうございます。
アカシックについて、生の情報を伺ったのは初めてです。
凄いですね。
神の導きに違いありません。

ゲーリーの本、3冊ほど読みましたが、分かりづらいうえに矛盾しています。
そもそもアカシックで金儲けしようとしている所が偽物だと思っています。

calseed

そらさん

訂正です。遠い記憶・前世からの約束 でした、ここの右上のリンクから行けます。
如月マヤの本も読みましたが、確かにそらさんに近い感じがします。右回転、左回転で過去、未来を見れるというのは説もありますので、お試しを。

追伸

出典は 22を超えていけ 辻某著。参考までに。

No title

calseed様

これから色々と勉強して何かの役にたてれるようにしていきたいと思います。

ありがとうございます。

追記
龍は関西でみたことがあります。
ものすごいエネルギーでした。
赤い色の空をながれてました。
とても大きい龍でした。
関西に住んでいる人は水をもっと大切にしなければ・・・
ということを感じました。


不可知様

右回転、左回転
回転といえば、私が見ている光の回転のほとんどは右に回転しています。
上下、前後、ごちゃごちゃしているときもあります。
回転に注意をしてみます。

22を超えていけ、ですが、何かわかるかと思い、買ったまま放置してあります・・・
あること忘れてました。

ありがとうございます。

22を超えてゆけ

「辻 麻里子」著  22を超えてゆけシリーズ

最近、Ⅲ の 宇宙の羅針盤 上下が発売になりました。

前作Ⅰ、Ⅱは、たぶん、中古でしか手に入りません。

私も読みましたが、10分の1も理解できません。

著者本人にも理解できていないふしがあります。

超古代物なら、こちらがおすすめです。

ブックレビューを見てください。価値ある本です。

私も読後、しばらく興奮してました。

ガイアの法則 ロスチャイルド、フリーメーソン、アングロサクソン――なぜ彼らが世界のトップなのか? (超★スピ) [単行本(ソフトカバー)]
千賀一生 (著)

Re: No title

そらさん

えっ~!
奇跡のりんご、木村さんと同じ体験をしているではないですか。
そらさんは凄い人ですよ。
創造主に選ばれた人ですよ。
何かの運命を持っているはずです。
龍を見たのは六甲山ですか?

calseed

No title

かづ23 様

ガイアの法則 ロスチャイルド、フリーメーソン、アングロサクソン――なぜ彼らが世界のトップなのか? (超★スピ) [単行本(ソフトカバー)]
千賀一生 (著)

読んでみますね。
ありがとうございます。

calseed様

奇跡のりんごの木村さんと同じ体験をしているんですか?
龍を見たということでしょうか?
追記、書いて良かったです。

関西の場所ですが、移動ばっかりでそのことに追われていてしっかりと、ここだと言える場所を覚えてないのです・・・
でも、そのうち思い出すかもしれません。

Re: No title

そらさん

http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-32.html
この記事読んでみてください。

より詳細が木村氏の著書「すべては宇宙の采配」に書いています。
http://blog.fc2.com/goods/4809408043/calseed-22

そらさんの体験に似ているように感じます。

calseed

記事読みました。
ありがとうございます。

木村さんの本もじっくり読んでみたいと思います。

時間がないという感覚も私にあります。
何かあるたびにそういう感情がでてきます。
どうしてかは自分でもわかりません。
普段こういうことを周りに言うと生き急ぐなとか生き急いでるとか大丈夫だとか言われて相手にされません…

私の幼少の頃はどこにでも自然の香りがありましたが、今は自然の香りを身近に感じることはほとんどありません。
雨の香りさえ感じない時があります。
外でも家の中でもどこでもその場所の香りがありました。
香りで記憶が蘇ったり、自分の魂がどこかへ誘導されることがあります。
自分にとって特別な香りは一瞬で脳内と体と精神が変わります。

芳香剤や人工的につくられた香りなどありますが、こういうものは意図的にストレスを人間に与えるために作られたものだと思います。
良い香りと自然の香りは別物で、人体や動物に与える刺激はそうとう違うはずです。

人工的な香りを減らすことで人も動物も地球も良い方の意識へ変わるだろうと思ってますが、身近にありすぎて無くすことは不可能ですね…

Re: タイトルなし

そらさん

こちらこそありがとうございます。
貴重なお話しを伺えて大変喜んでおります。
こういうお話しを聞きたいためにブログを始めました。

多くの方は不思議体験を理解できないので、相手にしないと思いますが、少しずつですが変って来ていると思います。
私がそうでしたから。(笑)


>私の幼少の頃はどこにでも自然の香りがありましたが、今は自然の香りを身近に感じることはほとんどありません。

私も長崎の片田舎、自然いっぱいの所で生まれ育ちましたので同じように感じています。
社会人となり東京で十数年過ごしましたが、あまりにも空気が汚いので、九州に戻ってきた次第です。

地球が悲鳴をあげているのは間違いなく、それがそらさんや木村さんの体験になっているのではないでしょうか。
近い将来の様子は木内さんが見てきているようですが、最近はあまり多くを語っていないようです。
おそらく大変な危機が待っていると想像しています。
その後は明るい未来の可能性もあるようですので、そちらに期待しています。
ただし、人類は本来の生き方に戻る必要があると感じています。

今後ともよろしくお願いします。

calseed

No title

calseed 様

ありがとうございます。
おもいきってコメント書いてみて本当に良かったです。

長崎の出身なんですね。
私は北海道です。

私も、人類は本来の生き方に戻る必要があると感じています。
みんな、自分で自分の首を絞めて生きていると思います。

こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

沙門さん

情報ありがとうございます。
印象としては金星人は元地球人ですね。
ヘブライ語ですものね。
辻褄が合い、少し安心しました。

calseed

残る可能性

calseedさん
一休さんの豆電球が頭に光るまで時間がかかりました。
すばやいブログ更新されたスピードに頭が
追いつけませんでした。(笑)

ツイッターを一つのシェルとして「単語」と見立て、
データーマイニングbyアルゴリズム無しに、情報収集と
他言語翻訳できる環境が近く整う可能性について何か
観想は御座いますでしょうか。
「悲しい」と書いたメタファーはいずれ2013年から、陰の全体
収容モードに入るので、今まで、何も考えてなければ
無意識に自我の拡大していたものが、これ以降は何も
考えないと全体への収容になっていくので、2013年以降は
別に技術の発想が見えずに進んで行くので気にしていません。

しかしながら、その前にあっけなく3次大戦/侵略で大多数死滅
→やり直しとなれば、すっきりするのですが、
共有意識確認→回避(沢山意味がありすぎて割愛)となれば、
キーボードを使って石に刻む様な、原始技術のPCネット
利用しか思い浮かびません

Re: 残る可能性

Yoshihitoさん

題材が難解かつデリケートすぎて答えるのが難しいですね(笑)

今後、アングロサクソン資本主義が導入していくネット支配については、断固反対したいですね。
私の究極の考え方は、今の資本主義が終焉し、新しい希望の持てる社会システムが到来することです。
しかし、これは簡単には成しえませんよね。

それに向かう過程で、恐慌、戦争等が起き、犠牲が出てしまう。
今まさに、その初期段階にあるのではないでしょうか。
過去の文明興隆・滅亡まではいかないけれど、それに近い状況が迫っていると考えています。
あまり嬉しくない状況かもしれませんが。
しかし、その後は期待が持てる未来が待っていると前向きに考えています。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策