スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類の起源(続編)

今日の記事で100回目となります。
ブログを始めて半年経過しましたが、まさかここまで多くの読者の方に御閲覧いただけるとは思っておりませんでした。

当初はのんびり記事を書くつもりでしたが、だんだん読者の方が増えてくると、何か書かなければいけないという義務感のようなものに後押しされ、書いてきました。

おかけで、いろいろな読者の方と知り合いになり、またたくさんの有益な情報をいただきました。
本当にありがとうございます。
この場を借りて御礼申し上げます。

皆様のおかげで、(まだまだ分からない事だらけではありますが)目的である謎の解明に大きく近ずくことができたと考えています。
ブログを始めた頃とは雲泥の差です。

私は、これが真の引寄せの法則と思っています。
引寄せの法則は、手段ではなく、結果の事を言うのではないでしょうか。

今後は、今よりもゆっくりした更新になるかもしれませんが、2012年にかけてどういった陰謀が起こされていくのか見極めるためにも、謎に迫っていきたいと思います。


さて、100回記念にふさわしいテーマはやはり人類の起源です。

ブログを始めたばかりの頃に書きました。

<人類の起源>
  http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-12.html

この頃は、人類の起源が「サル」からの進化論ではない事はなんとなく分かっていたのですが、人類誕生には宇宙人の関わったのではないか、という曖昧な結論で終わっています。

現時点でも人類の起源の完全な結論は出ていませんが、当初よりも大きく進歩したと考えているので、補足したいと思います。


まず、進化論は何故違うのか?

これは、次のような直接的、間接的に進化論では説明できない事例が存在するからです。

・「サル」と「原人」の中間(進化過程)の生物の化石が発見されていない。
・現在多種いる「サル」は、なぜ人類に進化しなかったのか?
・「サル」よりも人類の方が起源が古いようだ。
・恐竜と人類が同じ地層からたくさん見つかっている。
・3メートルを超える巨人類の化石がたくさん発見されているのに報道されていない。


これ以外にもたくさんの反証事例があるので、進化論は間違っていると考えています。


そして、その進化論の間違いをアカシックレコードで見て来たのが、臨死体験の木内氏説です。

この事は、前回も書きましたが、少し情報が増えています。

①人類は約500万年前、突然変異で誕生した。
②100万年前には、人類として文化的な生活を送るようになった。
③約5万年前には相当立派な文明を持った人類となった。



その後、不可知さん他、これを補足していただける情報をもらいました。

①については、なんと人類はイルカからの突然変異だったそうです。
これを聞いた時には大変衝撃でした。
想像していた事と全く違っていたからです。

昔から、人魚伝説や竜宮城物語などの童話が残っている事を考えれると、イルカの突然変異説はサル進化論説よりも納得がいきそうです。

③については、伝説と思われていたアトランティスやムー時代の話です。
これまで触れて来たようにとんでもなく進んだ文明がすでに栄えていたのです。

これらの記録がバチカンに保管されていると言います。
人類の起源には、まだまだ驚愕の事実があるはずです。


ちなみに、浅川氏とホボット氏の対談本には、人類の起源に関して次のように書かれています。

~転載開始~
ホボット ・・・木星が惑星になってから、生命を発生させる役目は地球に移りました。生命は地球に自動的、自発的に発生したのではなく人工的に作られたのです。

浅川 ・・・私たちは学校で、この肉体はサルから進化したと教わっていますが、カヴァーロ氏によるとそれは全くのうそであり、彼は水の中に住んでいる爬虫類や両生類に近い生物を遺伝子操作して人類を作ったと言っています。そしてそのときの失敗作がゴリラだというのです。

ホボット 私が感じているのは、人間が先であり、その次にさまざまなサルの種類がでてきたということです。
人類の肉体を作るために、さまざまな文明(の宇宙人)が協力しています。人類の肉体の形状パターンは宇宙全体に広がっているものであり、そのような肉体を作るノウハウを持ってきて、地球上の生物の一番いい遺伝子の素材を使って人類の体を作りました。
 浅川さんの今おっしゃたような、水棲の爬虫類から作られたということに関しては、私はコメントを差し控えたいと思います。ともかく、全地球の生物から一番いい遺伝子の素材が使われたということです。
 ただし、こういう興味深い現象があります。通常、私たちの魂は、地球では人間にしか転生しませんが、珍しい例として、クジラのような水中の哺乳類に転生することがあります。それを考えると、人間の肉体の素材には水棲の動物からの遺伝子がたくさん使われたということになります。
 いずれにせよ、爬虫類という言葉はあまり使わない方がいいでしょう。なぜなら、恐竜なども実際には爬虫類ではないからです。恐竜は自分の体温を調節できる恒温動物です。

~転載終了~



木内氏は宇宙人の関与に関しては言及していないようです。(詳細は聞いたことがなので分かりません。)

しかし、カヴァーロ氏やホボット氏は、人類誕生には宇宙人の積極的な関与があったことをはっきりと話しています。

注目すべきはホボット氏の発言で、人類の誕生にはクジラなどの水棲動物の遺伝子が利用されている、という点です。

「イルカからの突然変異」に結びつく話です。

さらにホボット氏は次のように述べています。

「カヴァーロ氏の考え自体は事実に近いものであり、人間は水棲の動物に近い存在です。たとえば、皮膚の下に脂肪が集まっているのは哺乳類にはない特徴だと言えるでしょう。」

ホボット氏は単なる超能力者ではなく、生物学者でもあります。
生物学的な見地からも人類が水棲動物に近いと主張しています。

これらの話を読んで、私も気づいた事があります。

哺乳類は一般的に汗をかきません。
猫も犬もライオンやサルも汗をかきません。
呼吸で体温調整をしています。

人類は汗で体温調整をしています。
どうみても人類は特殊な動物ではないでしょうか。



現時点での人類の起源の結論は、クジラ、イルカなどから派生したもの、ということになります。

派生の過程では、「宇宙人による関与があった」と考えるのが自然のようです。


それと、以前書いた、一部の闇の勢力者はアヌンナキとの混血、という話ですが、これは今回否定しようと思います。

アヌンナキは、おそらくホボット氏がいうパラレルワールドの知識レベルの低い生命体

<影の政府>
  http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-97.html

闇の勢力は、この生命体と手を結んでいるため、D・アイクを使ってレプティリアン(爬虫類人)なる話を広めて、一般の人類を恐怖に陥れようとしたのではないでしょうか。


ともかく、人類の起源を知る事で、世の中の陰謀が見えてくるのは確かです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメント

非公開コメント

祝100回!

全く凄い事です。単なるコピペでなく、この内容このペースで、本業の傍ら続けられたのですからね~。私などにはとても真似できない偉業(笑?)と思います。確かに、今後は少しペースダウンしてでも時代の流れに鋭い推論を提示し続けて頂きたいです。

さて、人類の起原です。アカデミックには今のところ、イルカ・クジラの祖先はカバとか。人類の海生起原説には賛成反対両論あるようです。チンパンジーのゲノム解読は終了していますが、イルカゲノムも解読されたら新発見があるかも知れませんね。アトランティスの高位神官はイルカに変態して生きのびたとか、人魚は人とイルカのキメラ生物とか、危ない人類創成説もありますね。

未来の人類はどう進化しているか? 頭脳とハートにはもっともっと開発する余地あり。テレパシー能力向上とフリーエネルギーの普及が文明のブレークスルーとなるでしょう。

Re: 祝100回!

ありがとうございます。
不可知さんと知り合ったおかげです。
そうでなければ、今頃50回くらいでしょうね。

カバですか?
逆のような気がしますが。
確かにカバも水棲ですね。
哺乳類も宇宙人の創作物なのでしょうね。

一つ当初からの疑問がありまして。
月の誕生による大洪水が間違いないとしたら、哺乳類もほぼ絶滅したはずなのですが、どうやって増殖したのでしょうかね。
ノアの方舟の種だけで今のように増殖したと思えません。
やはり、ここでも宇宙人の関与があるのでしょうね。

ますます分からなくなっていきます。

calseed


白頭山噴火

という夢を今日見ました。意味は分かりませんが。

過去数億年で地球(地上も海中も)生物の90%以上が絶滅した大変動が数回あったと言われています。その度に生き残った生物から進化が再開された事になってはいます。
現代でもひょっとして、宇宙存在が勝手に地球生物のDNAをコレクションしてるかも。「超能力大全」という本には別次元に隔離された一家族の透視情報がありました。もっとも、水準を越えて進歩した人には、宇宙人が迎えに来て移住してしまうケースがあるそうです。
デマルケの本には月が地球に捕らえられた記述がありますが、時代が合いません。全てがパラレルワールドの出来事と思って、私のように節操無しのゆるゆるで行くと楽ではあります。

祝100回

おめでとうございますと言うべきところですが,ありがとうございました今後ともよろしくお願いしますという気持ちも強いです.

私も自分のブログを初めて半年になります.当初から自分が面白いことを書けるとは思っていませんでしたので,期待するものはあまりありませんでした.ところが,始めてみてからこちらをはじめとして知り合ったブログの凄さに圧倒されました.

calseedさんも当初は支配の構造とか人類の起源とかあまり深く追求なさってはいなかったように思います.それが,毎回資料を収集分析して少しずつ全体像を構築してきたのがこの半年のできごとでした.その体系化のプロセスをリアルタイムに見せていただける幸運にあずかったというのが,私の実感であります.よくぞ毎回これだけの質と密度の記事が書けるものだと驚嘆しております.不可知さんが提出される課題に臆することなく挑戦して解答を導き出してくるところは圧巻であります.

不可知さんをはじめとするコメントを寄せている皆様方ともども.今後ともよろしくお願いします.

Re: 白頭山噴火

> という夢を今日見ました。意味は分かりませんが。

北朝鮮の暴発による南北朝鮮戦争を阻止するために噴火するかも知れませんね。

> 過去数億年で地球(地上も海中も)生物の90%以上が絶滅した大変動が数回あったと言われています。その度に生き残った生物から進化が再開された事になってはいます。
> 現代でもひょっとして、宇宙存在が勝手に地球生物のDNAをコレクションしてるかも。「超能力大全」という本には別次元に隔離された一家族の透視情報がありました。もっとも、水準を越えて進歩した人には、宇宙人が迎えに来て移住してしまうケースがあるそうです。
> デマルケの本には月が地球に捕らえられた記述がありますが、時代が合いません。全てがパラレルワールドの出来事と思って、私のように節操無しのゆるゆるで行くと楽ではあります。

やはり宇宙人の関与なしで短期間に生態系が復活することはあり得ないですよね。
木内さんがこの点を話いただければ(本当に見ていないのかも?)、臨死体験の情景は完ぺきだと確信できるのですが。

宇宙人は文明の終末から現れる回数が増えてくるのでしょうね。
新文明の夜明け時が一番多く出現し、新たな地球作りを行うのでしょう。

calseed


Re: 祝100回

BgNさん

ありがとうございます。
確か、BgNさんは2番目くらいにコメントしていただいたと思います。嬉しかったですよ。
それから今日まで、お付き合いいただきありがとうございます。
HAARPの見方やブログ記事の表示方法など、ご教示いただき助かりました。

いままでは謎・陰謀の知識整理の意味でブログを書いてきましたが、これからは陰謀の本番が来ると考えています。
今後ともよろしくお願いします。

calseed

Re: 人類の起源

arianaさん

コメントありがとうございます。
アマーリエ氏のその著書は私も読みました。
最初は興味深く読んでいたのですが、その後の他の情報と比較すると、現在ではかなり妄想が含まれていると思います。
是非、浅川氏とペトル・ホボット氏の対談本を読んでみてください。
こちらの方がより可能性が高いと思っています。

calseed

No title

お返事ありがとうございます。

やはり、読まれてたんですね。
浅川さんとホボットさんの対談本も読みました。こちらも信憑性が高いですね。でも、内容が多岐に渡るので一つ一つのトピックの情報量が足り無くて、じれったくなりました。

引き続き、いろいろウォッチしていこうかなと思います。

今後とも宜しくお願いします。

ariana

Re: No title

arianaさん

人類の起源について、全てを分かっている人間は世の中に誰もいないと思います。
ホボット氏も完全に過去が見える訳ではないと思います。
私の想像ですが、木内氏は、おそらく全てを見てきたはずですが、一般の人が想像できないなような衝撃的な事実が隠されているので、(宇宙人の関与は)話さないのだと思います。
話しても信じてもらえないし、話したところで世の中が変わるわけでもない、と考えて。
これらの情報を纏めたのが今回の私の記事のつもりです。
今後ともよろしくお願いします。

calseed

肉体進化は強いものが残る。

宇宙人介入説:詳細は想像できませんが、
どうやらそんなことなんでしょうね。

進化論の過程でより環境に順応し強いものが、猛烈な変化に
晒されても残るというの一節があります。

で、根拠の一つに人間は動的能力においてサルより劣る。
関東地方で先日走り回っていたサル1匹を捕まえるのに大苦戦。

決定的といわれるのが、サルの骨に比べ人間の骨は8倍
軽くて(脆くて)筋力は1/10説。

ダーウィンの公式に当てはめるなら、生存競争で勝ち抜くなら
サルよりより筋力もあって、体も頑丈だろうとする学説。

猿までは綺麗に進化の系譜をたどれて、体型進化的強さは
 サル>人間。動物肉体的進化の頂点は実は猿。

知られている宇宙人ってリトルグレイをはじめとした小型で
肉体的ひ弱系。なので、肉体から見た生きものとして
猿+宇宙人のハイブリッド=人間<猿 納得!






クジラ目からはアリ!嬉しい

うひとつ、環境に、より適合する肉体的順応が進化とする中で、
地上の生き物の構造は、ざっくり単純に脳が中心にあり
便利系触手として手足が生えただけ、とする考え方があります。

小学校で習う知識として、
脳の構造ランクはクジラ目(イルカ)>サル目(人)
なので、陸上の人間の様に、海中生物の有り様を
考えている「長」って体は小さくても「イルカ」なんじゃないか
ってよく子供の頃、想像しませんまでしたか?
大体人間の可聴域でも鳴ける(しゃべっている)のに
超音波の使い手。コミュニケーションの達人。
一方、障害物があっても少ない出力で、より遠くの距離
まで通信(声)が届くようにする電波帯は?
そう長波系、潜水艦のソナーを含めて利用されている。
で、これって体から出すのって、そこいらの大きさでは
難しいですよね。でもクジラって無駄にでかいので
超低周波が出せて会話しているって研究が近年ありますよね。

なので、人類があくせく金属を集めて無線機を使って
長距離通信に苦労していますが、

そのクジラの近場に居るイルカからの指令→クジラが中継・低周波に変換→
遠方のクジラが受信→近場のイルカが指令受信
の流れで考えれば、
数千キロなんてカバーできてしまうんではないかと。
そんな研究どこかに無いでしょうか?

その人達は、牛を何千万頭も殺して、食べているのに
イルカ撲殺には、世界が狂ったように非難する。
これって我々の遠い過去のDNAの記憶で、自分の祖先を
傷めつけているように感じることへの極端な
反応だと思うんですけど。

批判する欧米人の言っていることは支離滅裂ですよね
イルカは心を持って感じるけど、牛には無い!
そうかもしれませんが、痛いのはみんな同じ(笑)

どこかで蛙を遺伝子操作して→人間誕生って情報を
見た気がするんですが、へこみました。
でも本当はハイパー生物のイルカからだったら少し嬉しい!。

夢の中で講義を受けている夢をよく見ます。その中で『生物の発生』の講義では、『生物はその星の環境に合わせて最初から住み分けを行う。星の目や耳の代わりに生物がその役目を担う。支配者となる人類は必ず二足歩行の形態をとる。魚類の長はアトランティス文明を創造し、海上と海底を支配地域とした。鳥類の長は天使と呼ばれ、衛星軌道上の小惑星に国家を築いている。哺乳類の長はすでに滅んでしまったが、鉱物採掘の為の家畜が君達だという事だ。』

夢なので、ホントかどうかは分かりませんが、私自身は妙に納得してます。

Re: タイトルなし

あれこれさん

普通の夢でない事は確かですね。
潜在意識、もしかしたら前世が関わりあるのかも知れませんね。
さらには、別次元のメッセージか?
この手の話は考えれば考える程、迷宮入りとなります。
木内さんに言わせると、死んだら全てが分かるので焦る必要はないとか。
でも、死ぬ前に知りたいですよね。

calseed
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策