スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資本主義もシナリオどおり?

これまで地球、宇宙の謎について、私の感じていること書いてきました。
もちろん自分で見たわけではないので証明できませんが、大方は正しいのではないかと思っています。

そもそも我々が習ってきた歴史自体、伝聞であり誰も見ていないわけで、現代の常識が正しいとは限りません。
今まさに世の中の情勢が動き出しいているようなので、今後、解明されていくと思います。

さて、今回は現実の世界経済を中心とした欺瞞について触れてみます。
私は、証券会社に勤めていたこともあり、経済や投資については20年以上ウオッチしてきました。
2年くらい前までは、投資を中心としたブログしか見ていませんでした。
玉蔵師匠のブログもその一つでした。

2007年の終わり頃、サブプライム問題を知り、自分なりに調べた結果、これは大変な金融危機が来ることが分かり、金投資を始めました。

そして、リーマンショックの直前、2008年9月初旬、たまたま副島隆彦氏の講演に参加する機会があり、世界には米国大統領を裏で操っているロックフェラーが存在することを知りました。
それから、闇の勢力とやらに興味を持ちました。

そして、闇の勢力のトップには、ロスチャイルドという国際金融資本家が君臨していることを知りました。(さらにその上もいるらしい)

表向きは国連やサミットなどで世界秩序を保っているように見えますが、すべては背後にいる闇の勢力が世界を動かしており、彼らが世界中の富を支配するために、
二つの世界大戦を起こし、イスラエルを建国、
米ソ冷戦の対立軸を構築した後、ソ連など共産主義を崩壊させる、
資本主義バブルを発生させ、その後崩壊させる、
そして、911のような自作自演テロを起こした、
ということが分かりました。

しかし、その頃の私は、「我々の手ではどうしようもない。株が暴落したときに買えば儲けられるチャンスだ」、くらいに呑気に考えていました。

ところが、昨年9月、毎日拝見していた政治・経済主体の武山祐三氏のブログに、闇の勢力の悪事が近いうちに明るみに出る。その後の世界は、宇宙にある技術を利用して再興していく、というような驚くべき事が書かれていました。
http://takeyama-y.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-b1cf.html

また、ケネディ元大統領が、暗殺前に演説しようとしていた宇宙人との交流に関する原稿も掲載されました。
http://takeyama-y.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-5017.html

宇宙人、地球外生命体?まさか?
それから歴史や科学、宇宙の欺瞞について調べるようになりました。
また、玉蔵師匠のブログの内容もこの頃から、内容が変わりだし、投資から闇の支配者やUFO、人工地震など扱うようになりました。

どうも何かが迫っている!

最近分かったその迫っているものとは、2012年ニューワールドオーダー(新世界秩序、または世界統一政府)がキーワードのようです。

2012年は、マヤの長期カレンダーが終了するタイミングですが、これを利用して映画『2012』などで天変地異を煽る。
(2012年には、太陽活動が活発になると予測されているので、本当に天変地異が起こるかもしれません)
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-152.html

また、アセンション(地球と人類が次元上昇)を謳って、正義の宇宙人が救世主となるかのように洗脳し、混乱させる。(もちろん宇宙人は実在するようです)

そして、最終目的である世界統一政府の樹立
聞こえはいいが、実態は一部の人間の支配構造で、一般大衆は奴隷扱いになる、とか。
また、地球人口が多すぎるため、インフルエンザ(すでに実験済ですよね)や世界大戦を引き起こし、削減していくとも。恐ろしいことです。

国内政治も、鳩山首相や小沢幹事長は知ってか知らずか、そういう方向に向かっているようです。
民主党政権になって、急に東アジア共同体や外国人参政権という話題がでてきました。

これらの闇のシナリオは、最近拙速に練られたモノではなく、数百年、数千年かけて周到に計画され、実行されてきたのかも知れません。
日本の歴史を振り返っても、フランシスコ・ザビエルが来日しキリスト教を布教、明治維新、日露戦争、・・・。
すべて背後でユダヤ資本に操られていたと言われています。

進化論やビッグバンを始めとした科学のねつ造、人類誕生からの歴史のねつ造、これらは用意周到に計画されてきたのではないでしょうか?

そして、世界が資本主義で完成したところを、一気に経済崩壊させ2012年に向けて目的を達成させようとしているのではないか?

サブプライム問題を発端に、金融危機が起こり、今は沈静化しているように見えますが、裏では米国、EU、日本の経済はむしばまれています。JALやトヨタがいい例です。
1929年の世界大恐慌(これもシナリオどおりのようです)のときは、4年後の1932年が一番経済はきつく、NYの株価は1/4になっています。
今回は大恐慌を上回り、資本主義の終焉となるような気がしてなりません。

玉蔵師匠の試みは、私は、本来持っている日本人の『和のこころ』によって、欧米の闇の勢力の支配に対抗するものだと理解しています。

私が、ホピの預言や木内氏の臨死体験で見た未来に触れたのは、ノストラダムスやジュセリーノの予言(預言と予言は意味が異なる)と異なり信頼性が高いと考えているからです。
そして相当悲惨な未来が迫っているのは間違いなさそうだ、という結論に達しました。

闇の勢力の動向について、もっと詳細を知りたい方は、本日のカレイドスコープさんの記事をご覧ください。
本当に時間が切迫しているようです。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-55.html

皆さん、目覚めましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

コミュニティからです。

興味深い内容でした。

第二次世界大戦や日中、太平洋戦争はロックフェラー、ロスチャイルドが引き起こした、というのはどっかの本でみたことがあります。

まあさすがに自分の中ではこれまで起きたことすべてが「闇の勢力」なるものによる、というのは信じられるレベルではないですが。

Re: No title

コメントありがとうございます。
私がいろいろ調べた範囲では、そういう背景だったようです。
過去の欺瞞を調べることで、未来も見えてくるのではないかと、
思っています。
現時点では相当厳しそうな未来のようです。
今年1年で、今後の方向性が見えてくると考えています。


> コミュニティからです。
>
> 興味深い内容でした。
>
> 第二次世界大戦や日中、太平洋戦争はロックフェラー、ロスチャイルドが引き起こした、というのはどっかの本でみたことがあります。
>
> まあさすがに自分の中ではこれまで起きたことすべてが「闇の勢力」なるものによる、というのは信じられるレベルではないですが。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

calseed

Author:calseed
新しい時代へ向けて何をすべきか模索しつつ行動していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PING送信プラス by SEO対策